フリーランス女性の仕事13選!未経験で踏み出す注意点やステップを解説

9 months ago

結婚や出産を機に仕事を離れたり、育児と両立しながら働いたりする女性もいます。復帰や将来の働き方に不安を感じる方も少なくありません。柔軟な働き方ができるフリーランスに興味を持つ方も多いでしょう。そこで本記事では、未経験でも挑戦できる仕事やフリーランスがおすすめの理由、フリーランスになる際の注意点やステップを解説します。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

フリーランスで仕事をする女性・男性の基本情報

近年、フリーランスの働き方が注目されています。本記事では、「フリーランス白書2022」(一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会)を参照し、平均年齢や収入、労働時間などを紹介します。

フリーランスで仕事をする女性・男性の割合

2021年11⽉30⽇から2021年12⽉27⽇までの間に、フリーランスとして働く男女1245人を対象としたオンラインアンケートが実施されました。回答者の割合は、女性が50.3%に対して男性は46.1%となっています。

当アンケートは2018年度から実施されており、2018年度以外はすべて女性の比率がやや多い傾向です。なお、調査方法は毎年同じですが、調査人数や回答期間は年によって異なります。

フリーランスで仕事をする男女の年齢

アンケート回答者の年齢の割合は、以下のとおりです。

  • 20代:5%
  • 30代:28.2%
  • 40代:36.4%
  • 50代:23.8%
  • 60代:0.5%
  • 70代以上:0.2%

40代以上が約60%と全体の過半数を占めるのは、会社員経験を積んでからフリーランスになる人が多いからだと考えられます。会社で身につけた技術や人脈を使い、独立しても問題ないと判断してからフリーランスになる人が多いといえるでしょう。

フリーランスで仕事をする男女の年収

アンケート回答者の年収は、以下のとおりです。

  • 200万円未満:21.8%
  • 200〜400万円:29.4%
  • 400〜600万円:17.5%
  • 600〜800万円:11.2%
  • 800〜1,000万円:8.7%
  • 1,000万円以上:8.8%

世帯収入を半分以上負担する人は回答者全体の7割以上存在し、8~10割を負担する人は全体の約半分を占めるのが特徴です。フリーランスとして家計を支えている人が多いことが分かります。

フリーランスで仕事をする男女の作業時間

フリーランスで仕事をする方の働く時間は以下のとおりです。

  • 20時間未満:5.9%
  • 20〜60時間:15.6%
  • 60〜100時間:12.6%
  • 100〜140時間:17.6%
  • 140〜200時間:32.9%
  • 200〜250時間:10%
  • 250時間以上:5.4%

最も多いのは140〜200時間未満で、140時間以上の人が全体の半分弱を占めました。8時間の作業を20日間した場合の労働時間は160時間のため、多くの人が会社員以上に働いていると分かります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

未経験でも挑戦しやすいフリーランスの仕事6選

これまでのキャリアに頼らず、未経験の分野でフリーランスになりたい人もいるでしょう。そこで、フリーランスとして仕事をしたい人におすすめの仕事を紹介いたします。未経験からフリーランスを目指したい方は参考にしてください。

ブログ・SNSでの広告運用

インターネットを利用した広告収入は、近年発展している分野です。自分が投稿したブログやSNSの記事に広告を貼り付け、見た人に購入や申し込みをしてもらうことで収入が得られます。

特別なスキルがなくても継続力があれば運営できるため、初心者に人気です。比較的初期費用がかからず、気軽に始められます。ただし、多くの人に広告を見てもらうには知名度や独自性が必要で、開設直後は収入に結びつきにくいのが難点です。

Webライティング

Webライターは、Webサイトに掲載される文章を執筆する仕事です。インターネット上に文章を公開する点ではブログと似ていますが、Webライターは企業やメディアから依頼を受けて記事を執筆します。

ブログ同様、パソコンがあれば比較的簡単に始められるのが利点です。一方で、執筆した文字数で報酬を計算することが多く、時給換算したときの報酬額が安い傾向があります。

事務職・データ入力

事務職は多くの場合、Microsoft 365のOfficeアプリを使った資料作成やデータ入力などを担当します。そのほか、Webサイトの運用やDM送付が業務に含まれるなど、企業ごとに事務作業の定義はさまざまです。

誰でもできる仕事ほど単価が低い傾向があるため、稼ぎたい場合はできる人が少ない仕事をこなすスキルを身につけましょう。

カメラマン

カメラマンは、依頼者が指定した被写体を撮影して対価をもらう仕事です。近年は撮影した写真のデータを素材提供サイトにアップロードし、ライセンス使用料を得る方法もあります。

素材提供サイトによってはスマートフォンで撮影した写真もアップロードできるため、特別な機材がなくても始められます。Photoshopのような画像編集ソフトが使えると、より求心力のある素材の制作が可能です。

イラスト制作

イラストレーターは、依頼主が希望するイラストを描いて対価を得る仕事です。カメラマン同様、近年は素材提供サイトにイラストデータをアップロードする方法もあります。記号やシルエットなどにも需要があるため、複雑な絵が描けなくても挑戦できます。

ただし、デジタルイラストの制作にはPhotoshopやIllustratorのような画像編集ソフトのスキルが必要です。報酬はイラストの大きさや点数のほか、依頼者次第でも変化します。

翻訳

語学に自信がある方は、翻訳の仕事もおすすめです。翻訳の場合は1ワードごとに単価が設定されています。大きく分けて文芸翻訳(小説関連)と産業翻訳(企業関連)が存在しますが、ニーズが高いのは後者です。

翻訳する文章に合わせた知識、とりわけ医療や金融などの知識があると高単価の仕事が狙えます。ただし、TOEICのようにスキルを証明できる資格を求められるため、独立前に取得するのが望ましいでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

経験を活かせるフリーランスの仕事7選

フリーランスとしてメジャーな仕事のうち、実績重視で準備期間に時間がかかる仕事を紹介します。これらは未経験でも始められるものの、経験者がなるケースが多いといえます。

Webデザイン

依頼を受けてWebサイトのデザインを制作する仕事です。ユーザーが閲覧しやすいWebサイトの設計やブランドコンセプトに合わせた配色など、多角的・専門的な知識が求められるため、経験者が優遇されやすい傾向にあります。

案件を獲得するには、過去に携わった作品や制作したデザインの意図などをまとめたポートフォリオを作り、実績や能力をアピールする必要があります。

システムエンジニア・プログラマー

システムエンジニアはITシステムを設計し、プログラマーは設計内容に沿ってプログラミング言語を入力します。設計から携わるシステムエンジニアの方が高度なスキルを求められるため、収入が高くなりやすいです。

どちらもシステム開発に関する専門的知識や、プログラミング言語の習得が不可欠です。そのため、会社員としてプログラミングを学んだ人が独立してフリーランスになるケースが多いと考えられます。

動画編集

近年は動画コンテンツの需要が高まっているため、動画編集を仕事にするのも手です。
TikTokのようなショート動画もあれば、YouTubeや企業説明動画、レクチャー動画のような数十分に及ぶ動画もあります。

企業から依頼を貰うには、今まで制作した動画のテイストや編集技術が分かるポートフォリオが求められる傾向にあります。動画の長さやクオリティ次第では、編集作業の負荷に耐えられるハイスペックなパソコンが必要です。

そして、当然ながらフリーランスとして活躍するなら、ワンランク上の動画編集スキルが求められるでしょう。業界のニーズを知り、あらゆるノウハウを吸収する意味でも、充実した講座カリキュラムをマンツーマンで学べるオンライン動画編集スクール「デジハク」で着実に実践力を身につけるという方法を選択するのもいいかもしれません。

営業代行・サポート

営業代行は、新規顧客の開拓やルートセールスの代行、インサイドセールスなど関係構築やアポイント取得を目的とした仕事です。営業職や営業サポート職の経験がある方は、前職の経験をそのまま生かせます。

営業代行ではヒアリングや販売する商品への理解、プレゼンテーション力などさまざまなスキルが求められます。企業での営業経験があるとスキルの証明になり、依頼を貰いやすくなるでしょう。

マーケティング・コンサルティング

マーケティングやコンサルティングといった分野も、経験者がフリーランスとして独立しやすい傾向にあります。自分のSNSや経営している事業が成功していれば、その実績をポートフォリオとして提出可能です。

近年、コンサルタント業界は専門知識のある人材の育成に苦労しているため、高いスキルを持つフリーランスコンサルタントは重宝されます。稼働時間や作業場所などを自分で決められる場合が多いため、フルタイムで働けない事情がある方も続けやすいでしょう。

インストラクター

ヨガやピラティス、パーソナルトレーニングなどのインストラクターも近年人気の仕事です。自分の趣味を発展させ、資格や大会出場などの実績を経て挑戦できます。

ただし、個人でインストラクターとして活動する場合は、自分で集客しなくてはなりません。教える分野そのものに対するスキルに加え、コミュニケーション能力やSNS・Webサイトを運営するスキルなど、人を呼び込む能力があると望ましいです。

サロン経営

美容院・ネイルサロン・エステサロンなどで勤務経験がある方は、独立して自分のサロンを経営するのも手です。独立すれば自分の技術に見合った料金やコースの設定ができます。

店舗全体の雰囲気を自分好みのテイストにしたり、SNSやWebサイトで情報を発信したりと、自分で営業するからこその楽しみもあるでしょう。ただし、前述したインストラクターと同様、集客スキルも必要です。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

フリーランスの仕事が女性に向いている理由4つ

前述したように、近年フリーランスとして働く人の男女比は女性の方が高い傾向にあります。ここからは、フリーランスで働く女性が多い理由を4つ紹介します。フリーランスになるかどうか迷っている方は参考にしてください。

在宅で仕事ができて家事・育児と両立しやすい

会社員として勤めている場合、朝夕は子どもの送り迎えをして、仕事をしながら家事もこなす必要があります。キャリアプランに不安を抱く方も少なくありません。

一方、自宅で働ける仕事を選べば、通勤時間がない・仕事の時間を自分で調節できる・学校の行事にも参加しやすいなどの理由から、家事・育児と仕事の両立がしやすいといえます。家事・育児をしながら働きたい方は、フリーランスが向いているでしょう。

自分や子供の体調に合わせて仕事量を調節できる

人によっては、生理痛や子どもの体調不良などで突然仕事ができなくなることがあります。サポート制度を設ける企業もありますが、手続きが面倒で使いにくい場合もあるでしょう。

フリーランス案件は会社員と比べ、働く場所や時間を柔軟に選びやすいのが特徴です。突然仕事を休みたくない人は、フリーランスになって仕事量や作業タイミングを調整すると良いでしょう。

キャリアが途切れず働き続けられる

会社で働いている場合、結婚や夫の転勤、出産などを機に仕事を辞めたり休んだりしなくてはならないことがあります。職種によっては一度ブランクができると再就職が難しく、キャリアに穴が空くのを懸念する方も少なくありません。

その点、フリーランスは働く時間や場所を柔軟に設定できるため、自分がやめない限りキャリアが続けられます。生活スタイルの変化に振り回されたくない方は、フリーランスとして独立することを目指しましょう。

人間関係のストレスが軽減できる

企業で働くうえで切っても切り離せない悩みの1つが、職場の人間関係です。仕事内容に不満はなくても、人間関係が原因で仕事を辞めてしまう人も少なくありません。

フリーランスは案件を選べば、職場ストレスを軽減できます。仕事をする相手も選べるため、長期の人間関係で悩むことは減るでしょう。とはいえ、仕事を得るためのコミュニケーション力は会社で働くときと同様かそれ以上に必要です。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

女性がフリーランスで仕事をする際の注意点7つ

フリーランスには利点も多いものの、気を付けたい点もあります。ここからは、フリーランスとして働くうえで注意しておきたいことを7つ紹介します。

確定申告・開業届などの申請を自分でやる

会社員をやめてフリーランスとして仕事をする場合、確定申告や保険、開業届の手続きなどをすべて自分でやる必要があります。確定申告は必要なのにしていなかった場合、納付すべきだった税額に応じた無申告加算税がかかるため要注意です。

確定申告は税理士に依頼できますが、料金がかかるためある程度収入が安定するまでは自分でやるのが無難です。フリーランスとして活動するなら、申告や手続きに関する知識や判断力が必要だといえます。

仕事を自分で見つける必要がある

フリーランスは自分で案件を見つけたり、顧客を集客する必要があります。経験者から独立する場合は前職で培った人脈を生かして集客できますが、未経験からフリーランスになる場合は外部への売り込みが重要です。

そのためには、実績を積み上げてポートフォリオを作ったり、SNSで活動内容を投稿してアピールする必要があります。仕事に必要なスキルに加え、集客や情報発信・情報収集のスキルも大切です。

スケジュール管理を徹底する

フリーランスは、プライベートの時間と仕事の時間の区別がつきにくくなることがあります。納期を守るためには、スケジュール管理が重要になるでしょう。

複数の依頼主から仕事を受けたり、1日に何人も接客したりする場合、スケジュールを管理しなければクオリティや顧客満足度が下がる恐れも。どのぐらいの仕事をさばけるのかを把握し、破綻しないスケジュールを組んで仕事に臨みましょう。

体調管理を徹底する

フリーランスとして働く場合、緊急時に仕事を代わってくれる人材がいません。そのため、体調不良でも依頼主に迷惑がかからないよう計画的に仕事を進める必要があります。

文章やイラストなど成果物を提出する仕事では、締め切りに余裕を持った作業を心掛けてください。想定外の出来事で1日潰れても間に合う程度のスケジュールにするのが理想です。

同時に、常日頃から体調管理を心掛け、予定外の休みを取る必要がないよう気を付けましょう。

責任感を持ち信頼を得る必要がある

フリーランスは会社員とは異なり、サポートしてくれる仲間や一緒にミスを謝ってくれる上司はいません。そのため、不手際の責任はすべて自分が被ります。

大きなミスが起こった場合、顧客からの信用を失い次の仕事がもらえなくなる恐れもあります。そのため、仕事の内容やスケジュールなど、思い違いがないように自分で管理することが不可欠です。

また、仕事の結果に満足してもらえるよう、内容についてよくヒアリングしたり、提出の前にデータに誤りがないか再三確認したりしましょう。

収入が安定しない

退職しない限り毎月給料が支払われる会社員とは違い、フリーランスはこなした仕事の実績ごとに収入が変動します。また、常に同じ量・単価の仕事がもらえるとも限らないため、毎月固定の収入は得られません。

体調不良や家庭事情で仕事の量を減らせば、その分収入は減少します。特に、駆け出しのころは、仕事がもらえなかったり単価が低かったりすることも多いでしょう。会社員時代に比べて収入が下がる可能性を考慮する必要があります。

常に自発的な行動が求められる

フリーランスで働く場合、すべてにおいて自発的な行動が求められます。営業やSNSでの発信、貰った仕事をこなすためのスケジュール管理はもちろん、税務関係の手続きも自分でこなす必要があります。

単価や時給を上げるためには、常に勉強してスキルアップを目指したり、実績を積んだりするのも重要です。収入が変動するのは大変ですが、向上心の高い人にとってはやりがいにつながるでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

フリーランスの仕事に向いている女性の特徴3つ

利点と欠点を踏まえ、どのような人がフリーランスに向いているのか気になる方は多いでしょう。ここでは、フリーランスに向いている人の特徴を3つ紹介します。

体調・スケジュールの自己管理ができる人

フリーランスは働く場所や1日の作業時間に縛りがないため、自分で立てた計画を守って行動しなくてはなりません。仕事を締め切りに間に合わせるだけではなく、規則正しい生活を意識することもパフォーマンス維持には重要です。

睡眠時間の確保や適度な運動、食事時間などに気を配り、生活リズムを整えられる人がフリーランスに向いているでしょう。

自発的に行動ができる人

フリーランスは自分が行動しなければ仕事が入ってこないため、人から指示されなくても、自分がやるべきことを見極めて行動に移せる人が向いています。

仕事の確保以外でも、その時々に何をすべきかを見定めて行動する必要があります。たとえば、独立する際の手続きや税金の管理はすべて自分で済ませなくてはなりません。

スキルを高めて仕事を増やしたり収入を増やしたりしたい場合は、勉強や資格に関する下調べと勉強も必要です。

孤独な環境や地道な作業ができる人

接客業の場合は顧客とコミュニケーションを取る機会もありますが、業務時間外は1人で作業することもあります。また、文章の執筆やイラストなど在宅でできる仕事の場合は1人で作業することが多いでしょう。

近年は顧客とのやり取りが電話やメールで完結することも増えました。そのため、1人の環境の方が集中できる人、静かな環境で地道な作業を長時間続けられる人は、フリーランスに向いています。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

女性がフリーランスで仕事を始めるための準備5つ

フリーランスの働き方の基本情報やメリット、向いている人物像をまとめました。ここまでの情報を踏まえ、これから新たにフリーランスを目指す方が行いたい準備を5つ紹介します。

何を仕事にするのかを決める

前職の経験や趣味を活かすほか、未経験の職種に挑戦するのも良いでしょう。一見関連のない仕事でも、これまでの経験で培ったスキルが役立つこともあります。

たとえば、元看護師の人がWebライティングの仕事を選べば、医療に関する記事が書けるため案件獲得に有利です。未経験の仕事を選ぶ場合は、将来性・収入・夢中に取り組めるか・習得に時間がかかるかなどを事前に調べるとギャップが生まれずに済みます。

必要なスキル・資格を身につける

フリーランスで働く場合、最初のうちはスキルを証明できる実績がないことで依頼を断られたり、報酬額が低かったりします。

Webデザイナーやエンジニアのように、デザインソフトやプログラミング言語が分からなければできない職種もあります。そのため、職種に応じたスキルや資格が必要です。

自分の生活スタイルに合わせて独学したり、スクールに通って身につけたりしましょう。近年ではオンライン講習も充実されています。

ポートフォリオを準備する

ポートフォリオとは制作した作品や実績をまとめたもので、決まった資格が存在しない分野でスキルを証明するのに有用です。案件に応募する際に提出を求められることがあるため、伝えたい情報がある場合は忘れずに準備しましょう。

また、WebサイトやSNSなどに掲載しておくと、インターネットを通じて仕事がもらえる可能性があります。単に作品や経歴を羅列するのではなく、作品の制作意図や今後の展望を添えると効果的です。

必要な手続きをする

前職が会社員の場合、退職後は個人事業主になるため社会保険や年金の切り替えが必要です。

また、フリーランスとして事業を始める場合は1ヶ月以内に開業届を出しましょう。開業届を出せば、確定申告が青色申告にできる上、さまざまな優遇措置を受けられます。所得税の控除が受けられたり、仕事に必要な費用を経費扱いにできたりなどです。

そのほか、必要な場合は仕事用の銀行口座も事前に作っておくと万全です。

家族に相談する

フリーランスの仕事を始めると収入が下がるケースがあります。家計を圧迫する可能性があるため、家族がいる場合は同意を得るために事前に話し合いましょう。

フリーランスの働き方の利点や今後の展望などを分かりやすく説明し、なぜフリーランスになりたいのかを理解してもらうことが重要です。1度の話し合いで意見がまとまらない場合は何度かに分け、どうしても理解が得られない場合は少し間を置きましょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

女性がフリーランスで仕事を獲得する方法4つ

フリーランスとして開業したからには、自分の仕事を探す必要があります。ここからは、仕事の獲得方法として代表的なものを4つ紹介いたします。どのように仕事を探せばいいか分からないときに参考にしてください。

知人や前職の人間関係を活かす

過去に就いていた仕事の関連分野でフリーランスになった人がよく利用する方法が、知人や前職の人脈を活かして仕事を得る方法です。

前述した2022年のアンケート調査では、5割以上の人が知人を含む人脈や過去・現在の取引先から仕事を得ています。すでに信頼関係が築けているため、仕事をもらいやすいのがこの方法のメリットです。

エージェントから探す

過去に築いた人脈を利用しない場合、フリーランス向けに案件を提案しているエージェントを活用するのがおすすめです。エージェントでは、経験やスキルを元にアドバイザーが案件探しを代行してくれます。

フリーランスを始めたばかりで仕事の探し方や優良なクライアントの見分け方が分からない人の大きな助けになるでしょう。最初のうちは他の手段も利用しつつ、エージェントに相談するのが得策だといえます。

クラウドソーシングから探す

クラウドソーシングはインターネット上で仕事を探せるサービスです。隙間時間で稼げる簡単な案件から長期的な契約の案件まで、幅広く掲載されています。自分の都合に合った案件に参画したり、未経験の分野に挑戦できたりするのが利点です。

ただし、エージェントとは異なり、クライアントの質や仕事の種類は自分で見極めなければなりません。また、クラウドソーシングに仲介手数料を払う必要があるため、報酬に対してどの程度の料金が差し引かれるのかを事前に把握しておきましょう。

SNSから仕事を獲得する

近年イラストや写真の分野で発展している仕事の受注方法です。SNSは自分のフリーランス活動を発信できるツールであり、ポートフォリオの役割も果たします。

SNSで公開した作品を見た人が、SNSのメッセージ機能で仕事を依頼してくることもあります。また、自らSNSで仕事の募集を呼びかけるのも可能です。他の方法で仕事を受注しつつ、隙間時間でSNSの情報を充実させると、追加で依頼が来る可能性があります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

女性がフリーランスで結果を出すポイント5つ

フリーランスになったものの、思うように収入が得られなかったり、仕事が貰えなかったりという方は少なくありません。ここからは、長期にわたってフリーランスとして成功するために心掛けたいポイントを5つ紹介します。

顧客や依頼主と良好な人間関係を築く

フリーランスになる上で、人間関係は重要なポイントです。1度の失敗で依頼されなくなるリスクがある一方で、誠実に仕事をすれば他の仕事も任せてもらえたり、単価が上がったりする場合もあります。

そのためには、受けた仕事の納期を守るのはもちろん、仕事を受注する前後にも迅速で丁寧なコミュニケーションを心がけるなど、信頼関係を築くのが大切です。返信が遅れる際は、その旨を一言伝えましょう。

学習と仕事を繰り返す

単価を上げるには、新しい知識とスキルを身につけて仕事に取り組み、経験を積み重ねるのが重要です。隙間時間や仕事を受注していない期間に少しずつでも勉強する習慣をつけましょう。

今取り組んでいる分野を勉強する以外にも、未経験の分野について学び、受注できる仕事の種類を増やすのも効果的です。ただし、受注済みの仕事が疎かにならないよう気をつけましょう。

高収入を得る努力をする

フリーランスは昇給やボーナスがないので、収入を増やすためには自ら動いて報酬額を上げる必要があります。受注する仕事を増やす、資格を取って高単価の仕事に挑む、継続して依頼してもらえる受注先を作るなど、方法はさまざまです。

自分の生活スタイルや仕事に割ける時間に合わせた手段を選ぶのが重要です。ただし、案件数を増やす方法は勉強や情報収集に割ける時間が削られるため、無理のない量を受注することを心掛けましょう。

SNSで発信する

SNSはポートフォリオ代わりとして大きな役割を持ちます。自分の実績を他者に知ってもらうツールであり、SNSから仕事の依頼が来る可能性もあるため、日々の活動を積極的に発信しましょう。

また、同じようにフリーランスとして活躍するコミュニティの場でもあるため、似た境遇の仲間が作れたり、困ったときに経験者に相談できたりもします。適切に運用し、フリーランスの活動に大いに役立てましょう。

稼ぎ口を増やしリスクを分散する

突然契約を切られたり、新型コロナウイルスが蔓延したときのように経済活動が低迷したりする可能性があります。こうしたリスクを回避するには、稼ぎ口を増やすのが効果的です。

たとえば、Webライターをしながらブログ運営をしてアフィリエイト広告で収入を得ると、片方で収入が得られなくなってももう片方は維持され、稼ぎが0になりません。

複数の仕事を両立することは大変ですが、稼ぎ口を増やして軌道に乗せられれば、収入が増える可能性もあります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

まとめ

フリーランスは場所や時間に拘束されず、柔軟な働き方を可能にする選択肢です。フリーランスとしての働き方に魅力を感じる女性は、ぜひ今までの経験や興味を生かし、新しい働き方に挑戦してみましょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    266,450の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 6月20日(Thu)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

フリーランスの代表的な仕事は?職種例や案件獲得方法を紹介

フリーランスで仕事を請け負いたいと考えている方に向け、活躍しやすい職種や案件の獲得方法などをご紹介。平均年収や収入アップの方法、事前にやって...

フリーランス人気

a year ago

フリーランスエンジニアの種類は?会社員との違いやメリットとは

フリーランスエンジニアについて知りたい方に向け、職種の種類や会社員との違いを解説します。フリーランスエンジニアとして活躍するうえで必要なスキ...

フリーランスエンジニア

a year ago

【チェックシート付き】フリーランスの始め方が分からない?必要な準備や手続きを解説

フリーランスに興味がある、フリーランスとして自分の力を試してみたいが決断できないという人のために、フリーランスの始め方や、具体的な手続きの仕...

フリーランス

3 years ago

フリーランスとはどんな人?言葉の意味や働き方の種類、始め方を解説

この記事では、フリーランスの基礎知識や働き方の種類、活躍していくために必要な手続き、ノウハウなどを幅広く解説しています。フリーランスとして働...

フリーランス

a year ago

SEの仕事とは?転職・フリーランスを目指すための方法

SEに興味がある方に向け、具体的な仕事内容や必要とされるスキル、メリットなどをまとめました。SEになるための方法やキャリアパスなどについても...

フリーランス社内SE仕事内容年収

a year ago