NEW イラストレーターを仕事にしたい!気になる年収、夢をかなえる ために必要なスキルとは

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

絵を描くのが好きで、イラストレーターになりたいと考えているけれど、どのような仕事があって、どのようなステップを踏んだらよいのでしょうか。

これからイラストレーターを目指す人向けに、イラストレーターの仕事内容や働き方、気になる年収など、具体的な実態や知っておきたいポイントなどを紹介していきます。

イラストレーターとは

イラストレーターは、商品や雑誌、書籍、ゲーム、ポスターなど、クライアントや企画者の要望に合わせて絵を描く仕事です。自分の描きたいものではなく、クライアントがイメージするものを読み取り、案件によって画風なども変えていく必要があります。

多くは商業を目的としていることが多く、クライアントの要望を受け、ディレクターやプランナー、グラフィックデザイナーなどの指示でイラストを描きますが、実はまったくの受け身でイラストを描くわけではありません。

商品やサービスであれば消費者の行動を促す、購買を促すイラストなど、戦略的なクリエイティブを生み出す積極性が求められます。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

イラストレーターとデザイナーなどの違いって?

絵やデザインに携わる職業、関連する職業はほかにもありますが、間違えやすいものもあります。イラストレーターと何が違うのか、これから目指す方向性のヒントとして、大まかな違いを説明します。

画家との違い

画家は自分の描きたいテーマで自由に作品を仕上げて個展などに出展し、気に入った人が購入することで収益を得ます。対してイラストレーターは、前述の通り商業目的であることが多く、出版社や広告代理店、企業などの依頼を受け、要望や企画のイメージに合わせてイラストを描くことが求められます。

キャラクターデザイナーとの違い

キャラクターデザイナーは、アニメやゲームなどに登場するキャラクターに特化してデザインする仕事です。人、動物、架空のモンスターなど、現実とは異なる世界観を含めた設定でデザインを行っています。

ゲームであれば、ゲームプランナーが作成した企画書をもとに登場人物の作成を行います。近年需要が高くなっている分野で、ゲーム制作の基本的な知識も必要になります。

マンガ家との違い

どちらもイラストのスキルが求められますが、同じストーリーを表現する場合、マンガ家は複数のページが必要ですが、イラストレーターは1枚で表現します。

グラフィックデザイナーとの違い

グラフィックデザイナーは、主に印刷物のデザインを行います。例えば、新聞広告、雑誌、看板、カタログ、ポスター、パッケージなどのレイアウトを考え、編集・入稿データの作成を行います。

グラフィックデザインも、イラストレーター同様クライアントの企画するテーマや要望に添って、イラストや写真、文字などすべてのデザインとレイアウトを行います。

デザインによって効果的に情報を伝える、消費者に訴求する魅力あるものを考えます。企画から印刷設計まで行う範囲が広いのが特徴です。

イラストレーターは、デザインの中に存在するイラストを担当します。近年では、イラストレーターがグラフィックデザインも手がけるケースもあります。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

イラストレーターの仕事内容とは

主に商業イラストを描く仕事です。イラストレーターの主な仕事内容は、出版物の表紙、挿イラスト、広告、プロモーション、日用品のイラストなどがあります。

ほかには絵本イラストレーター、投影図や分解図などの図版を専門に制作するテクニカルイラストレーター、解剖図や生物に関する詳細なイラストを描くメディカルイラストレーターなど、専門分野に特化して制作している人もいます。

私たちの生活の中で、あらゆる機会で目にしている身近なイラストですが、イラストレーター自身が露出することはないため、その活躍が注目されることは希です。

自由度は低めで、クライアントのイメージや要望を読み取る能力が求められます。相手の思うように表現しなければならず、依頼主のイメージに近づけるまで、何度も修正します。自分の思うように書きたいと強く意識する人にとっては、違和感となるケースもあります。

人によってイラストの手法は様々ですが、近年ではデジタルでの入稿を求められるため、デジタルツールを使いこなすスキルも必要になっています。

イラストレーターのやりがいと魅力

イラストレーターのやりがいは、イラストが多くの人の目に留まることです。自分の手がけたイラストがポスターとして、本の表紙として、Webサイトのトップページとして世の中に出ていくのを見ると、嬉しさや誇らしさを感じます。

クライアントの要望を反映し、そのイラストが印象に残った、魅力を感じて購入したなど多くの人の心を動かすことができれば、自分の絵を通してメッセージが伝わったことになり、大きな達成感となるでしょう。

反対に、描いたイラストが何度やっても認められないときがあります。どんなに繊細で美しく傑作だと思っても、クライアントのニーズに合わなければ作品にはなり得ません。

そのときは、自身の個性が認められなかったと悩んだり、アイデアが出せなかったりして、苦しさを感じることもあります。ですが、自分の描きたいもの、表現したいものだけではなく、そこに「ビジネス」が存在することを意識していきましょう。

クライアントの要求でイラストを描くとはいえ、オリジナリティやセンス、トレンドやコンセプトに沿った技術が要求されます。独自の世界観や個性が認められれば、自分のイラストを使った企画なども提案されるチャンスがあり、ステップアップや収入アップにつながります。

イラストレーターの魅力は、好きなことを仕事にしていることです。働きながら、またはフリーランスとして、柔軟な働き方ができ、続けやすいのも特徴です。

イラストレーターの雇用形態や働き方は?

イラストレーターの雇用形態は、主に次の3つが考えられます。

1.フリーランス
2.デザイン事務所
3.一般の企業

イラストレーターは、フリーランスとして働く人が多い職業となっています。一般の企業に勤めながら、複業としてイラストレーターをしているケースもあります。フリーランスの場合は、イラストの技術だけでなく、営業活動や人脈づくりなど、積極的な活動が求められます。

一方、デザイン事務所、広告代理店、制作プロダクションなどにイラストレーターとして所属し働くケースがあります。この場合は会社としてクライアントから受注するため、自分の画風にこだわらず、違うタッチなど柔軟に対応する必要があります。

デザインや広告の業界では、大きなプロジェクトを扱うことがあるため、グラフィックデザイナーやライターなどとチームを組んで行うことがあるほか、複数のイラストレーターと「コンペ」で競い、採用されるケースもあります。

一般の企業で活躍するイラストレーターでは、広報部に所属しているケースや、ゲーム業界で働くイラストレーターもいます。これらの人たちは、基本的に会社員ですから、イラストの技術だけでなくほかの業務や知識を求められることがあります。

デザイン事務所や制作会社では、すぐに社員になるわけではなく、アルバイトからスタートして、段階的にステップアップして正社員になる、というところもあります。

イラストレーターの仕事の流れ

イラストレーターの仕事の流れはどのように行われているのか、フリーで働いているイラストレーターを例にとって説明していきます。

仕事を受注したら、クライアントの提示するイメージや要望を読み取り、1つ、または複数サンプルを作成します。その後クライアントに見せますが、クライアントが気に入るまで、何度も手直しをしてサンプルの再提出を繰り返します。

決定したら、イラストを制作します。クライアントに提出して最終確認をしてもらい、修正や補足があればそれに従い、OKがもらえたら完成となります。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

どうやったらイラストレーターになれるのか

イラストレーターになるための方法や条件、学歴などは必要なく、絵が好きであれば誰でも目指すことができます。とはいえ、デッサン力など絵画の基本的な知識とスキルは必要です。

美術系大学や専門学校で学ぶケースが多い

イラストレーターの多くが、美術系大学やデザイン専門学校でデッサンやデザインなどを勉強しています。

描く力をつけることは、イラストレーターにとって必須ですが
、学校によってはデザイン事務所、広告代理店、ゲーム会社への採用情報や就職の斡旋などを行っているところもあるため、仕事を探す上でもメリットがあります。

美術系大学や専門学校の費用は高くて通えないという場合は、民間のスクールに通う方法もあります。大学や専門学校のような内容ではありませんが、イラストの基本を学ぶことができ、より実践的です。

就職先は制作部門や広告関連

学校を修了したあとの就職先は、前述したように広告制作会社、広告代理店、ゲーム会社、デザイン事務所などがあります。ここで経験と実績を積んでいき、最終的にフリーランスとなって活躍する人もいます。

スキル/使えるとよいソフト

イラストレーターに求められるスキルは、基本的なイラスト力とデッサン力はもちろんですが、
近年ではイラストの仕事はほとんどデジタルでの提出を求められているため、デザインソフトを使えることが必須条件となっています。

主なソフトとして、Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)、SAI、CLIP STUDIOなどがあり、これらを使用したイラスト制作を求められる、または経験を問われるので、学んでおく必要があります。

ほかにも、様々な絵柄を描き分けるスキル、キャラクターイラストの経験なども強みになります。ゲーム業界では、好きなキャラクターを手に入れるために課金する人も増えており、魅力的なキャラクターづくりのできるイラストレーターを求める傾向にあります。

イラストのスキル以外では、コミュニケーションスキル、行動力などが求められています。イラストレーターの仕事は、商用目的が多いため、オリジナリティがあっても自分だけの世界に留まってはいけません。

どのようなイラストが売上につながるか、ユーザーに満足してもらえるかなど、消費者目線で興味や関心を持ち、市場動向をチェックしたり、積極的に学んだりする姿勢が大切です。

とるべき資格にはどんなものがある?

イラストレーターは、イラストや実績が重視されるため、就職のための条件になることはありませんが、いくつか取得できる資格があります。

その中にPhotoshopクリエイター能力認定試験Illustratorクリエイター認定試験があり、これはデザインソフトを使って、画像編集の操作をどの程度使いこなせるかを測定するものです。検定には「スタンダード」と「エキスパート」の2種類があります。

また色の基本的な知識を必要とする色彩検定は、公益社団法人色彩検定協会が主催、色に関する知識に加え、技能も問われるカラーコーディネート検定は、東京商工会議所が実施しています。これらは3級から1級まであり、1級が難易度が高くなります。

ほかにも、映画・アニメーション、CM、ゲーム、アプリなど映像編集の基本や知識を問われるCGクリエイター検定などがあります。

これらはすべて、イラストレーターが持っていなければならないスキルではありませんが、デザインやデジタルへの知識の幅が広がり、身につけておくことでイラストのクオリティに役立つことがあるでしょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

イラストレーターに向いている性格

イラストレーターを目指すに当たり、その仕事でやっていけるのかどうか不安になります。どんな人が向いているのでしょうか。

まず、絵を描くのが好きであること。イラストレーターは作品がそのまま評価される実力主義の厳しい世界だけに、「好き」という情熱を持っている人が仕事として続けられます。そして同時に、個性も求められます。

また、探究心があり、トレンドを日々取り入れてデッサン力や色彩感覚を磨き、能力を高めようとする向上心があることも大切です。

ほかにも、自分ならでは個性を活かしながら、クライアントが求めるもの、消費者などほかの人に親しまれるものをつくる柔軟性がある人が向いています。

イラストの世界も日々変化しており、時代に合った絵柄、傾向、親和性があります。1つの手法や長年やってきた手法にばかりこだわる人は、イラストレーターには向いていません。

追い詰められて力を発揮できるタイプもイラストレーターに向いています。限られた時間の中で、納得してもらえるような作品を生み出すのは簡単ではありませんが、厳しい実力社会の中で、そのプレッシャーに打ち勝つ精神的な強さが必要です。

イラストレーターの働き方は、所属、抱えている案件の内容、時期などによっても変わってきます。仕事がない期間もあれば、忙しくて寝ることもままならないということもあります。

オフィスで働くように決まった時間、安定した仕事と収入を望む人には向いていないでしょう。自宅での作業がほとんどですから、自己管理スキルなども身につけておきたい要素です。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

イラストレーターの年収ってどれくらい?

イラストレーターになれたとして、フリーランスで生活していくことは可能でしょうか。イラストレーターが、実際のところどれくらい収入を得られるのかは働き方や認知度によります。

広く認知されれば、フリーランスのイラストレーターとして独立することもできますが、1,000万円以上など高額な報酬を得ている人はごくわずかです。

イラストの単価の相場そのものが下がってきていることもあり、独立したフリーランスとして安定した収入を得るのは難しくなっています。

レバテッククリエイターの単価診断テストでイラストレーターの目安を見てみると、経験なしで230,000円、3~5年で350,000円、5年以上で450,000円となっています。

これはあくまでも大まかな目安であり、案件や働き方によって異なります。

実際には、会社員でもフリーランスでも、かなりの数のイラストレーターがお金には苦労しており、企業で社員として働いていたり、アルバイトをしたりしながら複業で生活しているのが現状です。

デザイン制作会社で働いている場合、年収は300万円〜500万円程度が相場と言われており、年収は高くありません。クリエイティブ系としては低めで、実際の収入についても男女差や年齢による差はほとんどありません。

イラストレーターの需要

イラストレーターとして就職するのは、かなりの難関です。というのも、イラストレーターを募集している求人の数は多くないため、条件のよい応募には優秀な人材がたくさん集まります。競争が激しく、美術大学や専門学校を出ていても、正社員として就職できる人は多くありません。

それまで別の仕事をしていた人が、憧れであったイラストレーターを目指し転職しようと考えるケースもありますが、経験や実績がない状態での転職は、かなり厳しいでしょう。これまで働いてきたオフィスワークの経験が、転職ではあまり活かされないからです。

何よりも、学歴・職歴以上にスキルや経験が重視されます。アシスタントとして下積み生活をする人もいれば、アルバイトなどをしながら何度もコンペなどに参加して、仕事を獲得している人もいます。

イラストレーターとして生活できるようになるまでは、大変な道のりと考えておきましょう。

成功するのは簡単ではないにしても、日常生活で様々なイラストを目にするように、時代を問わず需要のある仕事と言えます。イラストレーターの仕事はクリエイティブ系の中でも重要な要素となっているため、仕事がなくなることはないでしょう。

自分の個性が一般の人に受け入れられ、話題になれば、次に大きなプロジェクトのオファーや、自分のイラストの特集などが組まれ、有名になる可能性もあります。

イラストレーターの将来性

イラストの仕事は、数多くあります。

雑誌やチラシ、DM、カタログ、ポスター、パッケージ、文具など、日常生活でイラストを見る機会は多くあり、さらに近年はインターネットの普及で、Web上やアプリでのイラストの需要も増えています。

デジタルの世界は、表現方法も多種多様になり、ソフトなどのツールを使いこなせることで、受注の幅が広がります。

それでも、イラストレーターは実力社会のため、クライアントの要望に応えながら、オリジナリティや親和性のあるイラストを描けるように、日々自分の実力を磨いていく必要があります。

画風などを研究しながら、こまめに求人情報などをチェックし、求められるスキルを満たしていくようにしましょう。

仕事を探す場合は、求人情報誌のほか、クラウドソーシング、エージェントサービスなどを利用する方法もありますが、多くのイラストレーターが集まり、競争が激しくなる可能性もあります。

特に地方などでイラストレーターの仕事をしている場合は、需要のあるところを探し営業活動をしながら開拓していくことも必要です。また知り合いを通しての紹介も心強いものとなるため、周りの人とコミュニケーションをとりながら人脈をつくっていきましょう。

キャリアパスも考えてみよう

新たに仕事を獲得するために、営業活動や人脈づくりをしながら、キャリアパスを考慮してみることもできます。

イラストレーターにはキャリアパスはありませんが、今日のイラストレーターは、デザインソフトを使いこなすデジタルスキルを持っているころが多く、関連する職種を広げる、転向することが可能です。

近年では、イラストレーターでありながら、グラフィックデザインをしている人もおり、レイアウトとイラスト、それぞれ自身の作品でデザインすることもあります。

IllustratorやPhotoshopなどが使えれば、イラストだけにこだわらず、Webデザイン、ロゴデザイン、キャラクターデザインなど、様々なデザインにもチャレンジすることができます。

また、アートディレクターへの転向も考えられます。アートディレクターとは、広告・Webサイト、ポスター、パッケージなどを制作するプロジェクトチームの責任者であり、クライアントとヒアリングを行い、プロジェクト全体のコンセプトに沿って指揮をとります。

デザイナーやコピーライター、カメラマン、イラストレーターなど各デザイナーのディレクションやマネジメントを行うといった要素が強く、イラストなどを実際に描く作業は行いませんが、それまで培ってきたセンスやスキル、経験を活かすことができます。

マネジメントスキルに加え、コミュニケーションスキルも求められますが、広告代理店やデザイン事務所、出版社などの職場やチームで働いていた実績があれば、転向することも可能です。アートディレクターとして活躍できれば、大幅な収入アップの可能性も広がります。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

まとめ

イラストレーターの仕事は、実力がものを言う世界であり、世間から認められなければ生活していくのはかなり難しいでしょう。

ですが「絵を描くことが好き」という情熱を持ち続け、コツコツとたくさん絵を描き、スキルアップしていくことで、必ず成果が出てきます。

また、イラストはデザインの世界の1つと考え、あらゆるスキルや知識を身につけ、キャリアパス、キャリアアップにつなげていくことも考えてみましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 1国内最大級のフリーランス案件数

    国内最大級のフリーランス案件数

  • 2あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 1国内最大級のフリーランス案件数

    国内最大級のフリーランス案件数

  • 2あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

その他のコンテンツ

イラストレーターを仕事にしたい!気になる年収、夢をかなえる ために必要なスキルとは