Webデザイナーとは?仕事内容や未経験からなる方法を解説

Webデザイナーの仕事は、Webサイトのデザインだけではありません。他サイトの分析やクライアントのヒアリング、コーディングなど幅広い作業に対応するスキルが必要です。

本記事ではWebデザイナーの具体的な仕事内容、スキルが身につく勉強方法、より稼げるWebデザイナーになるにはどうするかを解説します。未経験からWebデザイナーになりたい方、ワンランク上のWebデザイナーになりたい方はぜひお読みください。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

Webデザイナーとは?

Webデザイナーという職業名は聞いたことがあっても、具体的にどんな作業をしているかイメージできる人ばかりではないでしょう。ここでは、Webデザイナーとはどのような職種なのかを解説していきます。

Webデザイナーとはどのような職種?

Webデザイナーとは、クライアントからの依頼をもとにWebサイトをデザインする職種です。デザインを実装するフロントエンドエンジニアと連携しながら制作します。

仕事の特徴としては、IllustratorPhotoshopなどのデザインツールの使用頻度が高いことが挙げられます。とはいえ、Webデザイナーにとってデザイン作業は全体の一部に過ぎません。デザインの前後にも重要な工程があります。

重要なデザイン前の工程

デザイン前には、以下のような工程があります。

  • クライアントへのヒアリング
  • 競合サイトの調査および分析
  • サイトの設計
  • 画面情報設計

クライアントへのヒアリングは当然として、Webサイトを構築するからには競合となるサイトの調査や分析は欠かせません。クライアントの課題を解決できるようにサイトの構成・コンセプトを決定し、コンテンツの内容を決めていきます。

デザインからデザイン後の工程

準備が整ったら、実際のデザインを作り込んでいきます。人をひきつけるデザインを実現するためには、前述したデザインツールが欠かせません。

その後、HTMLなどでWebページを構成するコーディングを行います。こうした作業はWebデザイナーがすべて担うこともありますが、多くの場合、他職種の人たちと協力しながら行います。

Webデザイナーの働き方

Webデザイナーの働き方には、「会社員」「独立」の2パターンがあります。

会社員の場合は、Webサイト制作会社や広告代理店などで正社員、または派遣社員として働きます。固定給があって生活が安定するのが会社員のメリットです。

独立すれば、案件の内容によっては会社員以上の収入を得ることも可能になります。ただし、スキルが低いまま転身すると思うように案件を獲得できず、収入が下がる恐れもあります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

代表的な3つの仕事内容

Webデザイナーの代表的な仕事内容は以下の3つです。

  • Webサイトデザイン
  • ロゴ バナー広告
  • コーディング

それぞれの仕事内容について見ていきましょう。

Webサイトデザイン

Webデザイナーの仕事でメインとなるのは、Webサイトのデザインです。前準備としてWebサイトの構成やレイアウトを決め、それからデザインに取りかかるのが基本的な流れです。デザイン制作では、グラフィックソフトを用いてWebサイトの配色や装飾を決めます。

ロゴ バナー広告

Webデザイナーは、ロゴやバナー広告も制作します。ロゴとは、企業名の文字をデザイン化したものです。バナー広告は、Webサイト下部またはサイドバーの四角い枠内に表示される広告を指します。

ロゴやバナー広告のアイデアを社外のデザイナーから募る場合もあります。多くのデザイナーから案を集め、その中から決めるコンペティション方式が主です。いかにインパクトのあるロゴやバナー広告を制作するかがポイントになります。

コーディング

コーディングとは、HTMLやCSSのコードを書いてデザインを実装する作業を指します。Webサイトが見やすく表示できるのは、コードを正しく書くからです。言い換えれば、コーディングに長けていればユーザーが利用しやすいWebサイトを制作できます。

Webデザイナーは、Webサイトのデザイン制作を行うだけでも十分ですが、それに加えてコーディングもできれば活躍の幅がさらに広がるでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

未経験からWebデザイナーになるには

未経験でもWebデザイナーになれる可能性はあります。近年はWebデザインに関する情報や知識が得やすくなっているからです。以下で未経験から目指す際の手順を見ていきましょう。

基礎スキルを習得する

デザイナーにはデザインセンスが不可欠だといわれますが、大切なのは感性だけではありません。まずは以下のような知識を習得しましょう。

デザインに関する理論的な知識

Webデザイナー候補がまず身につけたいのは、デザインの基礎的な理論です。

Webデザインの基礎を身につける際に効果的なのは、Webサイトのトレースです。気になったサイトのレイアウトを分析し、配色や各要素の扱いを確認しましょう。最初は時間がかかって遠回りに感じますが、何回かトレースするとデザインの狙いがわかってくるはずです。

デザインツールを扱うスキル

IllustratorとPhotoshopを扱うスキルは必須です。必要に応じて他のデザインツールも学習し、習熟度を高めておきましょう。各ツールには自習サイトが用意されているので、それらを利用すれば効率的に学習できます。

SEOの知識

多くのユーザーに検索されやすいWebサイトを作るには、SEOの知識が必要です。SEOとは、「サーチエンジン最適化」という意味です。

SEO対策をすれば、検索エンジンの上位にWebサイトが表示されやすくなります。ページの表示速度やスマートフォンでも利用しやすいかなども評価につながるので、Webデザインする上で意識しないといけません。

コーディングスキル

WebデザイナーはHTMLやCSS、JavaScriptによるコーディングスキルがあると望ましいです。可能なら、PHPやRubyといったプログラミング言語の知識もあると良いでしょう。エンジニアとスムーズにコミュニケーションがとれ、制作が円滑に進みます。

クラウドソーシングサイトで仕事を受注する

基礎スキルを習得してある程度デザインができるようになったら、クラウドソーシングサイトで仕事を受注して実績を作りましょう。ただし、あくまでも副業レベルでの活動にとどめてください。本業にするのは十分な実績を作ってからでも遅くありません。

ポートフォリオを作成する

実績ができたら、ポートフォリオを作りましょう。ポートフォリオとは制作物をまとめた作品集で、自分のスキルを客観的にアピールする資料になります。自らのWebサイトを構築し、そこでWebデザイナーとしての実績や得意分野をアピールできれば効果的です。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

Webデザイナーとしてのスキルを身につける方法

Webデザイナーは資格が必要ないため、スキルや実績があれば仕事に就けるでしょう。ここでは、Webデザイナーとして活躍するためのスキルを身につける方法を紹介します。

独学する

独学で技術を学んでいる人は多いようです。Web制作が学べる書籍、無料の学習サイト、デザインソフトの体験版などを用いて知識を身につけます。学校や仕事が終わってから自分のペースで学習できるのが大きなメリットです。

美術・情報・工業系の大学で学ぶ

大学で情報・工業分野を専攻する人、美大でデザインを学んでいる人は、IT企業や制作会社、デザイン事務所に就職できる可能性があります。大学でスキルを磨いて経験を積めば、キャリアアップや転職、独立などさまざまなキャリアパスが開けるでしょう。

Webスクール/専門学校で学ぶ

Webデザインスクールで学んだ経験があれば、戦力として評価され就職に有利になります。
Webスクールや専門学校ではIllustratorやPhotoshopの使い方、コーディングに使う言語など、Webデザインに必要な知識とスキルが学べます。

オンラインスクールなら、勉強する場所や時間を自由に選べる可能性があります。専門学校は、就職セミナーや仕事紹介などのサポートが充実しているのが特徴です。

もし自分の好きな時間にWebデザイナーとしてのスキルを習得したい場合は、オンラインスクールを利用すると良いでしょう。
株式会社POST CREDITが運営するルートキャンバスは、同社が社内でクリエイティブ人材の育成に向けて行っていたトレーニングを一般の方向けにリニューアルして展開。目的や方向性に応じたトレーニングメニューを作成してくれます。
同社サイトにて無料説明会の案内をしていますので、気になる方はチェックしてみてください。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

Webデザイナーの仕事に将来性はある?

結論から述べるなら、Webデザイナーは将来的にも需要があるでしょう。IT業界の発展に伴い、Web業界に必要な人口は今後さらに増えると予想されます。

しかし、依頼されたデザインを制作するだけのWebデザイナーの需要は減少傾向にあるようです。AIやツールの発達によって、簡単なデザインなら誰でも作成できるようになったからです。

また、Webデザインやコーティングに必要な技術を簡単に学べる環境も整ってきました。こうした状況からWebデザイナーを目指す人口が増えたので、他の人との差別化が不可欠になっています。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

稼げるWebデザイナーになるために

将来的に需要のあるWebデザイナーになるには、スキルアップが不可欠です。ここでは、自身を差別化し、より稼げるWebデザイナーになるコツを紹介します。

付加価値を身につける

Webデザインスキルはあって当然なので、付加価値を身につけましょう。デザインだけしかできない人と、コーディングやディレクションもできる人との間には、評価の差が明確につきます。デザインスキル以外の付加価値があれば、案件の単価アップも期待できます。

契約と値下げには要注意

クライアント選びで重要なのは契約です。特に、デザインの修正回数については「〇回まで」と制限を明示した方が良いでしょう。デザインに理解がないクライアントの場合、際限なく変更を要求されることも少なくありません。

また、値下げの判断は慎重に行いましょう。値下げは簡単ですが、一度変えた価格を元に戻すのは難しいからです。

スキルアップを意識する

依頼される仕事をこなしているだけでは、日々の忙しさもあって新しいスキルの習得がおろそかになりがちです。Webデザイナーとして息の長い活動をするためには、スキルアップが欠かせません。

アンテナを高くし、デザイントレンドや新しい技術をキャッチアップしましょう。海外サイトを見てデザインを分析するのも効果的です。

デザイン企業で働いてみる

Webデザインはトレンドの変遷も早く、一度身につけたスキルもあっという間に古くなってしまいます。その対策として、最新のデザイントレンドを積極的に取り入れている企業で働く方法があります。

週3~4日程度でも、そうした企業で働けば新しい技術を習得できますし、収入も安定します。それ以外の時間を利用すれば、個人で業務を受けられる可能性もあるでしょう。収入を安定させたいとき、ブレイクスルーを得たいときには積極的に検討したい方法です。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

まとめ

Webデザイナーは厳しさがある反面、魅力も多い職種だといえます。長く活動するためにはWebデザインスキルだけではなく、関連するスキルを積極的に取り入れましょう。

新しいデザイントレンドをキャッチし、自身のものとして取り込んでいく柔軟性が求められます。困難は多いかも知れませんが、やりがいを感じられる仕事だといえるでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    275,185の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 7月18日(Thu)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

フリーランスの代表的な仕事は?職種例や案件獲得方法を紹介

フリーランスで仕事を請け負いたいと考えている方に向け、活躍しやすい職種や案件の獲得方法などをご紹介。平均年収や収入アップの方法、事前にやって...

フリーランス人気

a year ago

フリーランスエンジニアの種類は?会社員との違いやメリットとは

フリーランスエンジニアについて知りたい方に向け、職種の種類や会社員との違いを解説します。フリーランスエンジニアとして活躍するうえで必要なスキ...

フリーランスエンジニア

a year ago

フリーランスの始め方は?必要な準備や手続きを解説

近年、フリーランスは新しい働き方としてさまざまな業界から注目されています。自由な働き方をしたくて、フリーランスを目指している方も多いでしょう...

フリーランス

25 days ago

フリーランスとはどんな人?言葉の意味や働き方の種類、始め方を解説

この記事では、フリーランスの基礎知識や働き方の種類、活躍していくために必要な手続き、ノウハウなどを幅広く解説しています。フリーランスとして働...

フリーランス

a year ago

AWSエンジニアの仕事内容は?必要とされるスキルや年収を解説

AWSエンジニアの仕事内容を知りたい方に向け、主な業務内容や年収、将来性を解説しています。AWSサービスの概要もまとめているので、インフラエ...

仕事内容AWS年収将来性

a year ago