AWSエンジニアになろう!IT業界に必須とされるAWSの仕事内容とスキルとは

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

Web開発関連でAWSという単語を耳にすることがありますが、実際にはどのようなものなのでしょうか。AWSとはアマゾンが提供しているクラウドコンピューティングサービスであり、セキュリティの高さと先進性で市場をけん引しています。

ここではAWSについてと、AWSエンジニアの仕事内容や年収、求められるスキルなどを紹介しながら、AWSエンジニアの需要、将来性について理解を深めるとともに、そこから考えられるキャリアパスなどについても説明していきます。

AWSの基礎

AWSは「Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス)」の略で、アマゾンが提供しているクラウドコンピューティングサービスの総称です。

クラウドコンピューティングとは、インフラ環境を構築せずにインターネット上でサーバーやアプリケーション、データベースなどの様々なITリソースを利用することができる仕組みのことです。そして現在市場にあるクラウドコンピューティングの中でも、AWSはサービスの種類が豊富なうえ、セキュリティの高さでも知られています。

必要なサービスだけを選び、利用した分だけ支払う課金制のため、初期費用を抑えられるのも特徴です。具体的にどんなことができるのか、代表的なものをあげていきます。

サーバー環境の構築・運用(EC2)

AWSには、クラウド上に仮想サーバーを構築・運用できるEC2というサービスがあります。社内に物理的な設備を導入してインフラ構築を行う従来のオンプレミスとは異なり、ネットワークを介して仮想サーバーを構築します。

場所を取らず、早ければ数分でシステムを立ち上げることができ、メモリやハードウェアの拡張、安定したシステム稼働を保守する冗長化についても、簡単な操作で行うことができます。

データ保存・コンテンツの配信(S3)

AWSのサービスには、S3と呼ばれるオンラインストレージがあります。保存できるファイル数、データ容量は無制限で、データ保護機能も優れています。文書や図などの静的コンテンツの配信も可能です。

データベース活用(RDS)

RDSはデータベースサービスで、セットアップ、バックアップ、パッチ適用など、時間のかかる作業を自動化するため、効率的な管理を行うことができます。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSの求人動向

現在、スタートアップ企業から大企業、個人に至るまで、クラウドコンピューティングシステムを利用する流れに移行しています。クラウドサービスはGoogleやマイクロソフトなどでも提供していますが、その中でAWSは初期費用が抑えられること、セキュリティが強固であることなどから、利用する人や企業が増えています。

そうした流れの中で、AWSエンジニアの需要は高まっており、今ではIT業界には必要な存在となっています。

それでは、どのくらいの求人があるのでしょうか。フリーランスHubから、実際に募集している求人・案件を見ていきましょう。

2021年6月9日現在で、案件数は4631件です。募集内容は、インフラ構築の仕事が多い傾向にあり、インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、システムエンジニアなどの職種を募集する求人が多くなっています。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSエンジニアの仕事内容

AWSエンジニアの仕事は、大まかに分けるとインフラ環境の設計・構築・保守の3つがあげられます。

設計

まずは、仮想サーバーやストレージなど、サービスのアーキテクチャを設計します。可用性や拡張性、そしてセキュリティを意識しながら、クラウドサービスのメリットを活かした運用計画、トラブルにも迅速に対応できる管理方法など、あらゆる視点から企画していきます。

クラウドサービスの導入を検討している企業が、オンプレミスの環境をもっている場合は、連携した運用を企画する必要があります。

構築

AWSエンジニアは、アーキテクチャの設計をもとに、AWS上にデータベースや仮想マシン、セキュリティ、ネットワーク、ストレージなどのサービスを使ってインフラを構築していきます。開発したWebサービスを稼働させるためにはきちんと構築を行う必要があり、とても重要な作業になります。

保守・運用

システムが構築できたあとでも、AWSエンジニアはサービスが安定的に稼働しているかを監視・保守していく必要があります。ソフトウェアのアップデート、メンテナンス、システム障害への対処のほか、必要に応じて環境の構成を変更し、最適化していくのも運用の仕事です。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSエンジニアに必要なスキル

AWSエンジニアとして働くためには、身につけておきたいスキルがあります。いくつかのポイントを抑えておきましょう。

AWSの知識と経験

あらゆるエンジニアの仕事に言えることですが、携わる分野の知識と経験など、専門性が求められます。その中でもAWSはサービスが100種類以上あり、どのサービスを利用すればクライアント企業に有益か、熟知している必要があります。ほかのクラウド関連の仕事と比較しても種類が豊富で仕様も異なるため、基礎部分から仕組みをしっかりと理解し、実務に活かしていく必要があります。

例えば、同じWebサービスの開発でも、費用を抑えるか、セキュリティを強化するか、可用性や拡張性を優先するかなどによって設計の構成は異なります。経験だけでなく、クライアント企業の話をよく聞いたうえで、要望に合わせて最適化された環境を提案するために、知識が必要不可欠です。

インフラスキル

AWSエンジニアは、サーバーやストレージなどのインフラ構築が主な仕事になるため、インフラエンジニア、ネットワークエンジニアなどがもっているインフラ基盤の知識やスキルなどが求められます。

また、クラウド上のネットワークであるAmazon VPC(Virtual Private Cloud)や、AWS Direct Connectなどを使った仮想インターフェースに関するスキルが求められることもあります。

ミドルウェア

基幹システムやWebアプリケーション開発に携わる分野では、ミドルウェアの知識が必要になります。ミドルウェアとは、制御を担うOSと、データ処理を行うアプリケーションソフトウェアとの間に位置するソフトのことを言います。

LinuxなどOS知識、Web・アプリケーションサーバー、RDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)などの関連知識、経験があるとAWSでの仕事に有利です。

アプリケーション開発と運用

AWSエンジニアは、どちらかと言えばインフラ構築の分野が専門ですが、AWSクラウドサーバーを管理するためには、Webサービスやシステムの構造を理解したうえで構築する必要があります。プログラマーやWeb開発の知識・スキルを身につけることも重要です。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSエンジニアの年収・単価相場

今度は、AWSエンジニアの単価相場や年収がどれくらいになるのかを見ていきましょう。

3,000件以上のAWSエンジニアの募集があることから分かるように、多くの企業が、クラウドサービスを導入する流れとなっています。一方で需要の高さに対し、AWSエンジニアの数は十分ではないため、報酬の良い案件を獲得しやすくなっています。

レバテックフリーランスでは、サイトに掲載されている案件から、求人・案件の月額単価相場を公開しています。それによると、2021年4月1日現在、案件数3,808件から算出した月額単価は、次のようになります。

AWS求人・案件の月額単価
平均単価 76万円
最高単価 165万円
最低単価 15万円

これを税金などは考慮せず、12か月分とすると、年収は次のようになります。

AWS求人・案件の想定年収
平均年収 912万円
最高年収 1,980万円
最低年収 180万円

AWSエンジニアでも、案件の内容や業務範囲、スキルや経験などによっても差があるため、一概に単価や年収を当てはめることはできません。参考程度にとどめておきましょう。

また、募集案件を見ると、求める職種・ポジションはインフラエンジニア、ネットワークエンジニア、システムエンジニアなどが多く見受けられます。参考までに、職種別の月額単価を見ていきましょう。2021年4月1日時点の掲載案件から、算出された月額単価をもとに年収を計算しています。

インフラエンジニア 月額単価 年収
平均 73万円 876万円
最高 135万円 1,620万円
最低 12万円 144万円

4,282件

ネットワークエンジニア 月額単価 年収
平均 63万円 756万円
最高 135万円 1,620万円
最低 30万円 360万円

1,013件

システムエンジニア 月額単価 年収
平均 73万円 876万円
最高 145万円 1,740万円
最低 30万円 360万円

7,741件

一番近しい業務とされるインフラエンジニアと比較すると、AWSのほうが年収が高めになる傾向があります。平均単価、最高単価では、システムエンジニアよりも高くなっています。もっているスキル次第では、かなりの高額報酬を目指すことができると言えます。ただし、こちらも案件の内容やスキル、経験により実際に支払われる金額とは異なっています。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSエンジニアになるために

AWSエンジニアは、AWSの専門知識はもちろん、エンジニアとしての幅広い知識、高いスキル、豊富な経験が求められます。そのため、いきなりAWSエンジニアを目指すのではなく、経験を積みながらステップごとに知識とスキルを身につけましょう。

初心者なら企業で実務経験をする

エンジニアとして未経験である場合、AWSエンジニアを目指す前に、IT関連企業への就職または転職をしてスキルを磨くところから始めましょう。そこでインフラエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニアなどになって、案件に参画しながら経験を積んでいくことで、AWSに必要となるスキルを身につけていきます。もちろん、その間にAWSや言語の習得など、勉強も欠かせません。

インフラエンジニアからのステップアップ

インフラエンジニアからAWSエンジニアを目指す場合、業務の類似性から、キャリアパスとして近道となるでしょう。オンプレミス環境、クラウド環境の違いはありますが、インフラ環境の構築に必要な知識とスキルを身につけることができます。オンプレミスのエンジニアをしている場合は、クラウドやAWS関連の勉強をしながら、知識を蓄えていきましょう。

プログラマーからのステップアップ

プログラマーとして業務を行いながら、インフラやAWSの知識を身につけていくことで、システム全体を学ぶことができます。AWSエンジニアの案件には、Web開発経験やプログラミングのスキルを求める仕事もあります。開発技術をもっているAWSエンジニアは、案件の獲得に有利と言えます。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWS認定資格

AWSでは、「AWS Certification」という認定資格を設けています。AWSエンジニアになるために必須の資格ではありませんが、AWSエンジニアを目指す、またはスキルアップとして学ぶうえで、役割や専門分野ごとに様々な認定試験を選択することができ、効率的に学習できるように設計されています。

また、認定試験を受験する前に、レベルごとの体験学習、試験ガイド、オンライン対策セミナーなどを提供しています。

役割別認定資格

それぞれのレベルで、AWSエンジニアとしての知識、技術を評価する資格試験で、資格は3段階になっています。
1.基礎コース
2.アソシエイト
3.プロフェッショナル

まずは「基礎コース」ですが、AWSクラウドの基本と全体的な業界知識を学びます。約6か月分の学習内容が問われます。

次に「アソシエイト」です。AWSクラウドを使った問題の解決、また解決策など実務的な内容を評価します。1年間の学習と実践が問われます。

そして「プロフェッショナル」があります。AWSクラウドを使った設計・運用、トラブルシューティングに関する包括的な経験が問われます。これは2年間の学習と経験が求められています。

専門知識認定資格

この資格は、AWSのより専門的な知識を評価する資格です。受検するには、「基礎コース」または「アソシエイト」に合格している必要があります。専門のカテゴリーは、「ネットワーク」「セキュリティ」「ビッグデータ」「機械学習」「データベース」「アレクサ」の6つ。それぞれ非常に高度な知識が求められています。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSエンジニアとしての希少性を高めるために

オンプレミスからクラウドへの移行が進めば、AWSエンジニアのニーズが高まることは必然ですが、その中で今後は、どのようなエンジニアが求められていくのでしょうか。

クラウドサービスの拡大に際しては、従来それぞれの企業で異なったやり方をしていたWebシステムが整備され、シンプルでより効率的、合理的になることが予想されます。エンジニアたちの業務の効率化が進めば、インフラエンジニアなどの仕事は減少することも考えられますが、一方でAWSに特化したエンジニアが増加することで、企業が提供するサービスが多様化していくのではないかと考えられます。

AWSの特徴の1つとして、様々な種類のサービスがあることがあげられます。その中には、IoTや機械学習などの最先端分野も含まれており、今後これらの技術やサービスが活用されていけば、AWSエンジニアにはより幅広い知識とスキルが求められることになります。

そのため、インフラ構築以外にも、ミドルウェアやセキュリティ関連など継続的に学んでいき、幅広い知識を身につけていくことで、最先端技術に対応できるAWSエンジニアとして希少性を高めていくことができるでしょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSエンジニアのキャリアパス

AWSエンジニアは幅広い知識と質の高いスキルを求められるため、その特徴を活かしたキャリアパスも考えられます。AWSエンジニアのキャリアパスは様々な職種がありますが、その中からいくつかあげてみましょう。

プロジェクトリーダー

AWSエンジニアの知識を活かせる職種の1つに、プロジェクトリーダーがあげられます。プロジェクトリーダーとは、Web開発などにおけるチームのリーダーで、現場の責任者のことです。

AWSエンジニアは、クライアントの要望を聞き、工程の中で起こり得る様々な可能性を考慮しながらインフラ設計や構築を提案していきます。ものごとを客観的かつ多角的な視点で捉えるスキルは、チーム全体を見ながらプロジェクトを成功させるプロジェクトリーダーとして活かすことができます。

フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアとは、インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、またはサーバーやセキュリティなどに精通しているなど、複数の分野でマルチに活躍できるエンジニアのことを指します。AWSエンジニアの幅広い知識とスキルを活かすことのできる職種です。

ITコンサルタント

AWSを活用する企業が増えれば、AWSに強みをもつITコンサルタントの需要も増えることが予想されます。AWSエンジニアとしての豊富な知識とスキル、実績に基づいたアドバイスを行うことで、ITコンサルタントとしての価値を高めることができます。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSエンジニアに関する質問

AWSエンジニアを目指す前に、知りたいこと、感じている不安など、よくある疑問を集めてみました。

AWSエンジニアの仕事はきつい?

AWSは、シンプルな操作、冗長化された安定したシステム稼働、高速化されたデータ処理などに加え、アマゾンが設計するインフラ環境により安全性が高いことから、これまでオンプレミスで発生していたような、トラブルに対処しなければならないきつい状態と遭遇するケースは少なくなっています。

文系でも目指せる?

文系出身でも、卒業後にエンジニアとして働いている人はたくさんいます。ただし文系の人は、大学などでエンジニアとしての専門知識や実践を学んでいないことが多いため、スクールで学ぶ、独学で学びながら資格を取得するなど、自分のスキルを証明すれば、就職・転職に有利になります。

未経験でも大丈夫?

AWSエンジニアは、専門的で高度なスキルを求められることが多いため、全くの未経験からAWSエンジニアとして働くのはかなり厳しい道のりでしょう。まずはIT関連企業に就職・転職してプログラマーやエンジニアとしての経験を積むことが求められます。

就職先で案件に関わりながら、AWSの勉強を行っていきましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSの利用は今後も伸びる。その根拠とは

AWSは、今後もますます需要が伸びると予想されています。パブリッククラウド市場はその利便性やコスト面から急成長しており、その中でもAWSは、システムの汎用性やセキュリティなどの面で高く評価されています。

多くの企業がクラウドへの移行に取り組んでいる中、AWSはクラウド市場でのシェア率が高く、安定した需要が見込まれます。

またAWSには、機械学習やIoT、人工知能の先進技術もサービスに組み込まれているほか、負荷の高いビッグデータも瞬時に利用可能になるといった利点があることから、データ収集や分析などでビッグデータの活用が促進されれば、AWSの需要も高まっていくと予想されます。

このように、AWSでは今後も様々なサービスの活用が見込まれていることから、利用が伸びると考えられています。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

結論 AWSエンジニアの未来は明るい!

AWSエンジニアの需要は、今も拡大しており、先進技術により将来的には様々な分野で活躍できる可能性があります。幅広い知識やスキルがあれば、仕事も獲得しやすい状況になっています。

今後もさらにIT分野が発展していくことによって、AWSエンジニアは活躍の場をさらに広げていくことができるでしょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    171,931の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 11月30日(水)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

その他のコンテンツ

AWSエンジニアになろう!IT業界に必須とされるAWSの仕事内容とスキルとは