Webデザイナーの資格|必要なスキルや向いている人も知ろう

クリエイティブな仕事の中で、Webデザイナーに憧れる人は多くいます。ただ、活躍するためにはデザイン以外にも幅広いスキルを習得しないといけません。そこで活用したいのが、スキルを客観的に測る試験や検定です。

本記事では、Webデザイナーのスキルアップに役立つ資格を紹介します。難易度によっては、初心者もチャレンジ可能です。Webデザイナーを目指したい人は、資格を通して効率的にスキルを身につけましょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

Webデザイナーのスキルアップに適した資格

Webデザイナーが働くには多くの知識やスキルが必要です。スキルアップに適した方法の一つに、試験・検定の受験があります。以下の資格取得を目指せば、Webデザイナーに必要なスキルを効率良く習得できるでしょう。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、政府より認められている国家技能検定です。Webデザインに関する知識・技能、実務能力を測る内容になっています。1級から3級まであり、合格者は「ウェブデザイン技能士」として認定されます。

Webデザイナー検定

Webデザイナー検定はコンセプトや予算、メイキング、テストなど、Web制作の工程の知識を測る検定です。Webデザイナーだけでなく、WebディレクターやWebプランナー、プログラマーなども対象になっています。

HTML5プロフェッショナル認定資格

HTML5プロフェッショナル認定資格はHTML5やCSS3、JavaScriptなどの知識が問われる資格で、2つのレベルがあります。レベル1では、これからHTMLを学ぶ人に適した基礎知識が身につきます。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、Web制作に必須の実務スキルを証明する資格です。Web制作技術の国際標準に準拠したスキルを測る内容になっており、スタンダードとエキスパートの2種類があります。

各グラフィックツールの能力認定資格

グラフィックツールの資格としては、lllustratorクリエイター能力認定試験があります。基本的なグラフィックツールであるlllustratorを使用したWebサイト制作能力を検定する試験です。

このほか、Photoshopクリエイター能力認定試験CLIP STUDIO PAINTクリエイター検定といった試験もあります。

自分の使っているソフト、将来的に使いたいソフトの資格を取得すれば、使い方を心得ているというアピールができるでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

そもそもWebデザイナーとは

Webデザイナーは、Webサイトのデザインをする仕事です。クライアントの要望を受け、Webサイト全体の構成と設計、デザイン、レイアウト、カラーなどを選定します。

Webサイトの見た目は、ユーザーを引き付け、目的を達成するためにとても重要な要素です。デザインのクオリティ、デザインセンスが求められるのは事実ですが、実際にはグラフィックを作るだけではありません。

サイト1つの制作が出来上がるまでには、ラフやレイアウトの作成、配色などさまざまな工程があります。Webデザイナー1人で複数の工程を担当する場合もあれば、Webディレクターやプログラマーを含むチームで制作する場合もあるでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

Webデザイナーの働き方

Webデザイナーは企業で働くほか、フリーランスとして活躍する道もあります。Webデザイナーの働き方を3つ紹介します。

インハウスで働く

インハウスは「社内の」という意味です。インハウスで働くWebデザイナーは、社内でWebサイトを運営する企業に属して働きます。

数多くのブランドサイトを持っていて、高い頻度でアップデートを行う企業では、インハウスWebデザイナーが重宝されます。その都度Webデザイナーを外注するより、社員として雇った方がコストパフォーマンスが良いからです。

インハウスWebデザイナーはWebサイトの目的や内容も理解しているので、安心して制作を任せられます。Webデザイナーにとっても、自分が携わったWebサイトを長期的に育てていけるのは魅力でしょう。

広告代理店・制作会社で働く

広告代理店や制作会社に所属するWebデザイナーもいます。こちらも雇用形態は社員、派遣社員、契約社員、アルバイトなどが中心です。Webサイトの自社運営チーム・部署を持たない企業の外注先になります。

多様な種類の案件を受けるため、アイデアや技術、企業や案件に応じた柔軟性が要求されます。スケジュールの調整・管理スキル、コミュニケーション力なども必要です。

仕事の幅が広がってスキルアップにつながるため、Webデザイナーとしては恵まれた環境だといえます。ただ、納期前は忙しくなるケースもあるようです。

フリーランスで働く

フリーランスは企業や組織に属することなく、個人で業務委託契約を結ぶ働き方です。在宅で好きな時間に作業できる案件もあるので、育児や介護で決められた時間に通勤できない人も働きやすいでしょう。

一方で、案件を獲得するために営業活動をする必要があり、収入も不安定です。特にフリーランスを始めたばかりの頃は、営業活動をしてもすぐに案件を獲得できない可能性があります。

独立を希望するなら、デザイン事務所や制作会社で経験を積んでおくのが望ましいです。未経験であれば、まずはWebデザイナー案件を扱うクラウドソーシングなどを利用して実績を積みましょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーに必要なスキルは、デザインセンスだけではありません。マーケティングやコーディングの知識なども求められます。以下で詳しく見ていきましょう。

マーケティングの知識

ずっと活躍し続けられるフリーランスのWebデザイナーは、クライアントが何の目的でWebサイトを作りたいかをしっかり把握できています。クライアントのイメージや目的に合ったデザインに仕上げ、さらに納品後にきちんと成果を上げています。

クライアントはお金をかけてWebサイト制作という投資をするので、大きな成果が上がる可能性が高い人を選ぶのは当然です。そこで選ばれるのは、どうすれば成果が上がるかを知っている「マーケティングの知識がある人」です。

コーディング・プログラミングの知識

Webデザイナーが制作したデザインは、その後エンジニアがコーディングをすることでWebサイトとして機能します。Webデザイナーがエンジニア視点で作業しやすい配慮をすれば、作業がスムーズに進んで工程全体の工数短縮につながるでしょう。

HTMLやCSS、JavaScriptなどによるコーディングは、フリーランスWebデザイナーとして活動するならぜひ身につけておきたいスキルです。幅広い作業を担当できれば、単価アップの可能性もあります。

動画・アニメーションの知識やスキル

WebデザイナーはIllustratorやPhotoshopを使えることが前提です。近年はそれに加え、動画・アニメーションのスキルに注目が集まってきています。After Effectsの知識や簡単なイラスト・アニメーション制作ができると受注できる幅が広がり、単価が高くなる可能性もあります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

Webデザイナーを目指すための勉強方法

Webデザイナーを目指す方法は大きく分けて2つ。学校に通うか、実務を通してスキルを習得するかです。それぞれ解説します。

学校でじっくり学ぶ

大学・専門学校・ビジネススクールなどでじっくり学ぶ方法があります。デザイン自体は、デザインソフトとコーディングの知識・スキルがあればできます。ただ、ビジネスである以上、マーケティングの知識やクリエイティブな発想を習得するのも大切です。

そうした知識を系統立てて学べるのが学校のメリットです。Webデザインとは直接関係ない他の教養科目も知識として身につけ、仕事に活かせるでしょう。

現場でしっかり学ぶ

制作現場で実際に働きながら、本やインターネット、講座などで学ぶのも手です。現場で一連の仕事の流れを経験して作品を目の当たりにしながら、自分なりに研究してスキルを磨いていくことができます。

チームでの作業の進め方、コミュニケーションの取り方、クライアントへの対応など、学校や本では経験できない実践力を現場で身につけられるのがメリットです。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

効果的なポートフォリオを準備して仕事に備えよう

営業活動に備え、ポートフォリオを準備しておきましょう。ポートフォリオとは自分の作品集であり、スキルや技術、デザインセンスをアピールする資料です。紙またはWebサイト形式でポートフォリオを作って提出してください。

作品は多めに提出する

ポートフォリオには、できれば10~20作品ほど掲載してください。数が少ないと、経験不足ととらえられてしまう可能性があります。個人で作ったサイトを提示しても良いでしょう。

成果は数字で示す

成果は具体的な数字で示してください。作品の中で、トラフィック数やセッション数など数値が上がった実績があれば、注目してもらえます。

興味を持ってもらえるテーマを探る

応募する企業の理念やサービスを研究し、それに合わせたポートフォリオを作成します。興味を持ってもらえると、説明やアピールもしやすくなるでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

Webデザイナーは将来性がある!

インターネットやスマートフォンの普及により、Web業界は成長しています。Webデザイナーの需要は高まると考えられるでしょう。

Webデザイナーとしての需要を見据える

PCとスマートフォンでは、デザインの仕様も変わってきます。特に近年は、すべてスマートフォンで情報を収集したり、商品を購入したりする人も増えました。PC・スマートフォンのどちらのデザインにも対応できるようスキルを磨いておきましょう。

また、地方ではWebサイトを持っていない中小企業もあります。これらの企業がサイト立ち上げて事業拡大や海外進出を図れば、Webデザイナーの需要が高まるでしょう。

Webデザイナーの知識を広げていく

長くWebデザイナーを続けていくためには、日々変化・進化するIT市場動向に目を向け、新しい知識をアップデートする必要があります。たとえば、集客の最適化を図るSEO対策、Googleアナリティクスなどを使った測定、プロジェクト管理などをするスキルです。

プロジェクトの幅広い工程への理解があれば、よりユーザーに訴求できるWebサイトを制作でき、需要の高い人材として活躍できるでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

Webデザイナーに向いている人

Webデザイナーの業務には、求められる適性がいくつかあります。ここでは、向いている人の特徴を解説します。

デザインやイラストを作ることが好き

Webサイトにはグラフィックが多用されます。文字だけのサイトではユーザーの興味を惹く内容になりにくいためです。デザイン・イラストを作成する知識とスキルがあれば、ユーザー本位のWebサイトを作れるでしょう。そうしたスキルがすでにある人は、Webデザイナーに向いています。

地道で細かい作業を効率良くやれる

Webサイト制作は地道で細かい作業が多くあります。細かいところを間違えただけでも、サイト内容に大きく影響します。地道な作業が好き、かつ小さな間違いにすぐ気付ける人は、Webデザイナー向きです。

加えて、作業には納期が設定されています。効率良く作業を進められる方は、さらに適性があるでしょう。

新たな知識を積極的に取り入れられる

Webサイトの内容は時代の流れによって変わり、Webデザイナーの世界でも常に新しい技術やデザイン手法が生まれています。ユーザーの好みも日々変化するでしょう。

こうした変化に合わせ、時代の流れに合う新たな知識やデザインを積極的に取り入れる姿勢が必要です。最新情報のキャッチアップが苦にならない人は、Webデザイナーの適性があります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

日々の情報収集が大切

IT・デザイン分野は日々進歩し、変化が激しい傾向にあります。スキルを磨いても、アップデートしなければ変化に追いつけません。1つスキルを習得しても、次の年には別のことを覚える必要が出てきます。

向上心が必要ですが、Webデザイナーはその分やりがいを感じられる仕事だといえます。経験を積むことで収入が上がり、キャリアや人生の選択肢も広がるでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    275,185の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 7月18日(Thu)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

インフラエンジニアの仕事内容とは?必要スキルやなり方を解説

インフラエンジニアの仕事内容について、詳しくご紹介します。メリット・デメリット、役立つ資格、フリーランスの報酬額についてもまとめました。イン...

インフラエンジニア人気仕事内容年収将来性

a year ago

イラストレーターの平均年収は?収入アップの方法を解説

イラストレーターになりたいものの、年収が不安と感じる方は多いでしょう。本記事では、イラストレーターの平均年収や収入を上げる方法をご紹介。必要...

イラストレーター仕事内容

a year ago

デザイナーの種類と仕事内容は?年収やあると活かせる資格も解説

デザイナーの仕事は、業界によって求められる知識やスキル、センスが異なるのが特徴です。この記事では、デザイナーの種類や仕事内容、あると活かせる...

デザイナー仕事内容年収

25 days ago

Pythonを仕事に活かそう!できることや将来性は?

この記事では、PythonでできることやPythonを活かした仕事にはどんなものがあるのか、Pythonプログラマー・エンジニアになる方法や...

Python仕事内容年収将来性

3 years ago

イラストレーターの仕事内容とは?なる方法についても解説

イラストレーターの仕事は多岐にわたり、実力や実績があれば会社から独立して多様な案件に関わることも可能です。この記事では具体的な仕事内容のほか...

フリーランスイラストレーター仕事内容

7 months ago