NEW フリーランスWebデザイナーの単価とは?独立前の準備や単価設定の注意点などを解説

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

Webデザイナーがフリーランスに向いている理由

Webデザイナーという仕事は、フリーランスという働き方との親和性が高いと言われています。

その理由はどこにあるのでしょうか。

小規模案件が多い

まず、Webデザイナー向け案件の特徴として、手頃な規模感のものが多いということが挙げられます。具体的な案件としてはWebサイトあるいはランディングページ(LP)の制作をはじめ、ECサイトの運用更新などがあります。

それらには、個人で請け負うには適切な小規模案件も数多くあります。一定水準以上のスキルを持つWebデザイナーにとって、フリーランスとして独立してからの案件確保は決して難しくありません。

在宅案件も多い

在宅案件の多さも、フリーランス向けと言えます。収入アップを目指し、より多くの案件をこなすためにはやはり在宅で、フルリモートあるいはそれに近い体制で仕事ができることが望ましいです。

フリーランスのWebデザイナー向けの案件には手頃な規模感のものも多く、在宅のメリットを発揮しやすい働き方であるとも言えます。

経験年数を問わない案件もある

経験年数を問わない案件も、相応に存在します。その多くは単価が低いものですが、実績作りやスキルアップが容易な環境であると言うことも可能です。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

Webデザイナー、フリーランスと会社員との違いは?

フリーランスという働き方と、会社員という働き方との違いはどこにあるのでしょうか。

最大の違いは、会社員は被雇用者ですが、フリーランスの多くは個人事業主という事業者であるという点です。会社員デザイナーは企業と雇用契約を結んでおり、働くシーンではその指揮監督下に入ります。いっぽうで、フリーランスにはそういった制約は存在しません。

フリーランスと会社員、それぞれにメリットとデメリットが存在します。以下、フリーランス目線でのメリットとデメリットを示します。

メリット

フリーランスWebデザイナーという働き方を選ぶことで得られるメリットは、以下に示す3つに集約されます。

  • 収入増となる可能性がある
  • 案件の選択肢が増える
  • 働き方の制約が少ない

大きな魅力となるのは、収入の増加が見込めることです。Webデザイナーとしての実力という裏付けが必要とはなりますが、会社員と比較すると収入アップの機会が広がります。なかでも、20代や30代といった若手とされる世代では会社員時代の収入が2倍以上になることも珍しくなく、チャンスは大きいと言えそうです。

Webサイトのデザインが、業績に影響を与える時代を迎えているだけに、実力のあるWebデザイナーに対する需要は旺盛です。実績を重ねることで、指名での受注を得るような知名度を身につけることも可能ですし、そのことでより高い単価の案件を獲得できる可能性が広がります。

案件選択の自由度が増えることも、フリーランスのメリットとなります。会社員の場合は、営業担当が獲得してきた仕事を割り当てられるのは基本であり、そこに自身の意思を反映させることは困難です。

フリーランスであれば、得意分野の案件を重点的に受注する、スキルアップに適した案件を優先するなどのように、自身が受けたい案件を狙うことができます。高単価案件を集中的に狙って、収入アップを目指すといった戦略を取ることも十分可能です。

フレキシブルな働き方ができることも魅力です。仕事の密度をある程度コントロールすることが可能ですので、プライベートが忙しくなるタイミングでは受注を控え、重点的に仕事をこなしたい時期には密度を高めることが可能です。

在宅など、リモート可の案件であれば仕事場所も選びません。機材や環境を移動できれば、リゾート地等で仕事をすることも可能です。リモート可案件であれば、仕事をする時間帯や曜日についても自由度が高くなります。

デメリット

フリーランスのデメリットは、概ね以下の2つに集約されます。

  • 収入が不安定になるリスク
  • 事務手続きなど全て自分で行う必要がある

フリーランスとして避けられないのが、収入が不安定になるリスクです。デザイナーとしてのスキルが不足していた場合には、なかなか仕事が受注できずに、思ったような収入が得られなくなることがあります。

こういった事態を避けるには、フリーランスとして独立する前に必要なスキルをしっかり磨くなどの準備が必要です。新しい技術は日々生まれていますので、独立後もスキルアップを意識しながら仕事を進めましょう。

仕事の受注だけでなく、納品後の請求処理など、会社員時代はスタッフ部門が行っていた事務作業も全部自分で行うことになります。税務など、経験や知識がないとやや難しい作業もあります。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

フリーランスWebデザイナーの単価相場

Webデザイナーがフリーランスとして独立した際に、気になるのはやはり収入です。会社員のWebデザイナーとの違いなど、気になるポイントについて見て行きましょう。

会社員Webデザイナーの年収は?

厚労省の職業情報提供サイトに掲載されているデータ(2020年調査)によると、会社員デザイナーの平均年収は以下のとおりです。

集計項目
年収 460.9万円
年齢 39.2歳

残念ながら、Webデザイナーをターゲットにした公的な統計は存在しません。この統計には一般に年収が高目とされるプロダクトデザイナーなども含まれており、平均年齢も20代から30代とされているWebデザイナーのボリュームゾーンを考えると、実態を反映しているとは言えません。

会社員Webデザイナーの平均年収は、実際にはもう少し低いと考えるべきでしょう。実際の給与額についても、年齢層ごとの統計は存在しないため、これをベースに考えるほかはありませんが、平均的とされる給与に比較して、やや安いと考えることができます。

なお、会社員Webデザイナーの場合、以下に示す条件がむしろ変動要因としては大きくなります。ここで示した指標は、あくまでひとつの目安として考えてください。

項目
業種 制作会社か、事業会社か
規模 大企業か、中小企業か
スキル UI/UXなど応用スキルを持つか

フリーランスWebデザイナーの単価事情

フリーランスのWebデザイナーは、会社員に比較しても収入には大きなばらつきがあります。

ここでは、企業に常駐するデザイナーのケースを見ます。レバテッククリエイター の、Webデザイナー案件一覧を確認すると、月単価は最高で80万円、最低が19万円です。実際に複数の案件があるのは40万円台から70万円台で、50万円台と60万円台のものが多くなっています。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

Webデザイナー案件のとりかた

案件探しにはいくつかの方法があります。それぞれの特徴を示します。

クラウドソーシングサイト

まず考えられるのが、クラウドソーシングサイトです。受注のためにはポートフォリオの充実等が求められますが、案件数は多く、支払いもクラウドソーシングサイトが仲介してくれますので、安心して利用することができます。

全体に単価の低い案件が多いため、実績のあるWebデザイナーには利用価値は乏しく、未経験からフリーランスを目指すデザイナーなどの実績作りの手段と考えるべきでしょう。

ブログやSNSでの情報発信

フリーランスが仕事を獲得する場合、自らの専門性や技術をアピールすることは不可欠と言えます。そこで有用なのが、ブログやSNSを用いた情報発信です。

ブログやSNSであれば、ある程度まとまった形で自身が持つスキルや経験を周知することができます。クライアント側からもアクセスがしやすいことも、これを用いる大きなメリットです。

人脈の活用

Webデザイナーの仕事確保で、思いの外重要になるのが知人友人という人的なコネクションです。特に、自身がどういうデザイナーかをよく知る会社員時代の同僚やクライアントがいる場合は、仕事を得る上で有効な人脈となりえます。

可能であれば、会社員Webデザイナーとして在籍中に、人脈を構築しておきましょう。また、案件が終了した際に、他のクライアントを紹介してもらうこともいい方法です。

エージェントの活用

フリーランスのWebデザイナーにとって、何よりも強い味方になるのがエージェントです。エージェントによって特徴があり、たとえばフリーランスに強いところや、Webデザイン関連などクリエイターに特化したところなど、複数のエージェントに登録することで、希望条件に近い案件を見つけやすくなります。

エージェントを利用することで、営業活動に関係する時間を小さくすることが可能です。フリーランスとしての独立を検討している際には、独立後に紹介してもらえる案件についての相談など、利用価値が大きくなります。

自らが営業を行うという方法ももちろんありますが、エージェントには数多くの案件情報があります。エージェントを利用したほうが、高単価で自分に向いた案件は見つけやすくなります。フリーランスWebデザイナーとして成功するために、エージェントは大いに利用しましょう。

エージェントを利用して案件を探したいという方はこちらのページを参考にしてみてください。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

フリーランスの単価基準とは

仕事を請け負う場合は、単価の決め方が重要になってきます。フリーランスの場合、制作会社より少し安めの単価を設定しましょう。主なコンテンツについて、制作会社に依頼した場合の一般的な相場と、フリーランスが提示する最低価格の相場を示します。(下記の表はいずれもレバテッククリエイターを参照。)

コンテンツ 制作会社の相場 フリーランス最低価格
トップページ 5万~13万円 2万円から
下層ページ 2万~7万円 0.5万円から
派生ページ 1万~3.5万円 1万円から
アイコン・バナー制作 0.5万~5万円 0.3万円から
ロゴ作成 3万~15万円 1万円から

上表にない主なコンテンツの、フリーランスの単価相場も示します。

コンテンツ フリーランス 最低価格
企画・構成 1.5万円から
LPコーディング 3万円から

単価交渉に臨む前に、自身で仕事を行う場合の単価テーブルを作成しておくことをおすすめします。これがあると、クライアントも費用の概要を把握しやすくなりますし、追加の依頼があった場合などには、費用面での説明がしやすくなります。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

受注の際に心がけたいこと

フリーランスのWebデザイナーとして、受注時に心がけるべきことは単価設定以外にもあります。

仕事への受け止め方

依頼された仕事は原則として全部受けるという前向きな姿勢を心がけましょう。やりたい仕事と実際に受けることができる仕事との間に差があることは当たり前ですし、クライアントからすると、実績のないフリーランスにはじめて仕事を依頼するということはリスクでもあるからです。

経験が浅いうちは、この姿勢は特に重要な意味を持ちます。受けたのが小さな案件であっても、完璧にこなすことでクライアントと信頼関係を構築し、次の仕事につなぐことができます。どのような仕事であっても、間口を広げるチャンスと考えたいものです。

スケジューリングのポイント

フリーランスのWebデザイナーにとって、想像以上に重要度が高いのが納期です。スケジュールを組む際、まず納期を厳守するようにしましょう。受注した仕事と自分のスキルを考慮し、クオリティを確保して制作が行えるようにすることが重要です。

約束した納期を守れないのは論外です。納期ギリギリの納品もクライアントを不安にさせることがありますので、余裕のある日程で納品することを心がけてください。制作物のクオリティはもちろんですが、納期を重視するクライアントは思いの外多いということを覚えておきましょう。

仕事の範囲は細部まで決めておく

Webデザイナーの仕事には、意外と細かな決めごとが多いものです。受注時に細部の確認がおろそかになってしまうフリーランスは案外と多いもので、いざ仕事を進めてから再調整を行う必要が出てくるなど、進行中の制作に悪影響を及ぼすこともあります。

受注後の追加依頼も、かなりの頻度で生じるものと認識してください。受注時には、仕事の範囲や、制作を進めるために必要な条件を可能な限り細かく決めておくことが重要です。

単価下げは慎重に

当たり前ですが、フリーランスWebデザイナーとしての活動は継続を意識する必要があります。最初のうちは仕事を得るだけで嬉しいものですから、そのために必要以上のディスカウントを行うことがあるかも知れません。

しかし、その状況が続くと思ったほどは稼げず、疲弊してしまうこともあります。時々でいいので、自分自身のキャリアやスキルと、世の単価相場を比べてみましょう。スキルのあるWebデザイナーへの需要はかなり高いですから、受注額があまりに低い場合などは、仕事の獲得方法を考え直すべきです。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

受注の際のアピール方法は

仕事を獲得する際に必要となるのが、Webデザイナーとしての能力アピールです。前提として、自分自身のアピールポイントを把握しておく必要があります。

フリーランスになる前に、自身のスキルを棚卸ししておくことが必要です。これを行わないまま独立し、交渉時に自身が持つデザイナーとしての能力がクライアントに伝わらずに受注に至らなかったとしたら、悔いを残すことにもなります。

スキル以外の部分で、自身の実績をアピール可能であれば、それは大きな武器となります。特に「○○人のコンペから採用された」「サイトの売り上げが○○%上昇した」のような、具体的な数値を含めてアピールができれば、そこに大きな説得力が付加されます。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

未経験からフリーランスのWebデザイナーになれるか?

Webデザインの未経験者が、フリーランスのWebデザイナーになることはできるのでしょうか。基本的に、フリーランスのWebデザイナーに求められるのは即戦力としての能力です。未経験者がそこに入り込むのは、極めて困難であると考えるべきです。

フリーランスのWebデザイナーの道に進むには、まず会社員Webデザイナーとして経験を積んで、その後独立するという方法が一般的です。未経験者を採用する企業もありますので、まずはそちらを考えましょう。

ただ、Webデザイナーは若い人が多い職種です。年齢などの条件で就職が困難な人の場合は、スクールを利用する、あるいは独学で基礎的なWebデザインのスキルを習得することを検討してください。習得後、実績を積み重ねることで、Webデザイナーとして独立可能なスキルを身につけることも可能です。

実績作りには、実際に自身がデザインしたサイトを制作する、クラウドソーシングでの案件をこなすなどの方法があります。さまざまな案件をこなすことで、上達スピードを高めることも可能です。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

Webデザイナーとして必須となるスキルとは?

フリーランスのWebデザイナーにとって、必須となるスキルは何でしょうか。

Adobeのソフトに関するスキル

フリーランスのWebデザイナーとして仕事をして行く場合、Adobeのソフトは必要不可欠なものです。なかでも、イラストレーションを扱うIllustratorと、画像を扱うPhotoshopの2つの重要度は極めて高くなります。

経験がない場合はスクールやチュートリアル動画などを利用して、操作方法をマスターしておきましょう。

フロント開発言語のスキル

Webデザイナーにとっても、プログラミング言語のスキルは重要です。必要となるのは主に画面等の開発で用いられる言語で、HTMLやCSSはもちろん、JavaScriptは最低限学んでおきたいものです。

JavaScriptに関しては、ライブラリの知識も必要です。よく使われていたのはjQueryですが、近年ではReactやVue.jsといった新しいライブラリの利用も進んでいます。

コミュニケーションスキル

Webデザイナーに限らず、フリーランス全般に共通して必要となるのが、コミュニケーションスキルです。日頃から意識して磨いておきましょう。

Webデザイナーの仕事は、クライアントが希望するWebデザインの制作ですから、その意図を正確に読み取り、引き出すスキルの重要性は高くなります。単価や仕事の細部に関する交渉に際しても、コミュニケーションスキルが役立ちます。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

高単価受注のためのスキル

Webデザイナーとして高単価の受注を実現するには、どのようなスキルが求められているでしょうか。

フロントエンド開発スキル

ユーザーが直接目にする、フロントエンド部分の開発ができると、高単価で案件を受注できる可能性が高まります。HTMLやCSSといったマークアップ言語のコーディング能力は、Webデザイナーにも常識とも言える技術ですが、そこから動的なページを生成するために必要な技術が求められます。

そういった部分は、JavaScriptあるいはPHPのようなプログラミング言語のスキルが求められます。デザインのみを行うデザイナーに比べ、プログラミングもできるデザイナーは仕事の幅が広いですから、高単価となるのは当然と言えます。

マーケティングの経験あるいはスキル

多くの場合で、収益の向上がWebサイトの構築目的になります。マーケティングを意識したデザインを作り出すことで、クライアントの目的を実現することはデザイナーとしては大きな実績となりますし、その後の単価にも影響します。

例として、SEMなどのデジタルマーケティングの知識は有用です。Webデザイン以外に、こういったデジタルマーケティングのスキルを持つことで、Webデザイナーとしての市場価値を高めることが可能となります。

自分自身を発信するスキル

Webデザイナーとして大切なことは、ブログあるいはSNSなどで適切な情報発信を行うことです。これにより、潜在顧客の目につきやすくなりますし、商談の場などで利用することもできます。情報発信の能力も、磨いておきたいところです。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

独立前のチェックリスト

フリーランスとしての活動を開始する前に、やっておきたいことは以下のとおりです。

ポートフォリオの充実

ポートフォリオとは、Webデザイナーとしての作品集です。これがあると、自身のスキルやセンス、技術力を効果的に伝えることができます。可能な限り、独立前から作成を開始することをおすすめします。

開業資金の準備

フリーランスとして独立するということは、思いの外お金が必要になるものです。一般に、収入が安定するまでには時間がかかるケースが多いですから、そのような時でも安心してフリーランスのWebデザイナーとして活動するためには、ある程度手持ちの資金も必要です。早い時期から準備しておきましょう。

クレジットカードの準備

独立後、何かと必要になるのがクレジットカードです。フリーランスは、一般に収入が安定しないとみなされることもあり、独立後はクレジットカードの審査が厳しくなる可能性があります。可能な限り、会社員のうちに準備しておきましょう。

健康保険や年金の手続き

実際の手続きは独立後になりますが、健康保険や年金も忘れないようにしましょう。健康保険は社会保険から国民健康保険に変更となりますし、年金も厚生年金から国民年金へと変更になります。

双方とも、手続きは居住地の役所あるいは役場で行うことができます。退職の翌日から14日以内に行うようにしてください。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

Webデザイナーとして生き残るために

さて、Webデザイナーを取り巻く環境は決して安泰であるとは言えません。実際に、フリーランスとして働くWebデザイナーは将来的に淘汰され、消失する可能性について言及されることもあります。背景にあるのは、以下の2つです。

  • 企業等におけるデザイン担当チームの内製化
  • ツールの高品質化・自動化

デジタルマーケティングの重要性が大きくなっており、企業によっては社内にデザインチームを立ち上げるケースが増えてきています。デザインの内製化が進むと、フリーランスのWebデザイナーが受注可能な仕事は減少する可能性があります。

また、昨今では優れたツールがリリースされています。代表的なのがWordPressで、カスタマイズ性も高く、目的に沿った高品質なサイトをWebデザイナーなしで構築することも可能になって来ました。

重要なのはデザイナースキル

ただし、ここで淘汰されることになるのは、素人にプラスアルファした程度のスキルしか持たないデザイナーです。いかにツールが優秀であっても、デザインのプロフェッショナルが作ったものとの間を埋めることはできません。

何よりも重要なのは、自分自身のスキルです。日々の制作でもスキルアップを心がけ、レベルアップしましょう。デザインを内製するような企業でも、優秀なデザイナーというのは魅力的な存在であって、ぜひ力を借りたいと考えるものだからです。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

まとめ

内製化やツールの発達といった要素はあるものの、スマートフォンやソーシャルゲームの市場は拡大しいます。今後、デジタルトランスフォーメーション化も促進されることから、Webデザイナーに対する需要は安定的に推移すると考えていいでしょう。

全般的にIT人材の不足が懸念されており、Webデザイナーも例外ではありません。とはいえ、技術の移り変わりが早い世界ですし、より高い評価を得て自身の地位を揺るぎないものにするためには、日頃からスキルアップを意識したいところです。

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 1国内最大級のフリーランス案件数

    国内最大級のフリーランス案件数

  • 2あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 1国内最大級のフリーランス案件数

    国内最大級のフリーランス案件数

  • 2あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

その他のコンテンツ

フリーランスWebデザイナーの単価とは?独立前の準備や単価設定の注意点などを解説