ネットワークエンジニアとは?仕事内容や未経験でなる方法を解説

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

ネットワークエンジニアとは、ネットワークの設計・構築に携わる職種です。ネットワーク構築後は、運用・保守を担当する場合もあります。

本記事では、ネットワークエンジニアの仕事内容や他職種との違い、収入を上げるコツなどを解説します。未経験からなれるかどうかにも言及しているのもポイントです。ネットワークエンジニアに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、パソコンやOA機器をつないでデータを共有するためのネットワークを設計・構築する職種です。

企業によって業務範囲は異なりますが、ネットワークエンジニアはサーバーエンジニア・セキュリティエンジニアと同じ位置づけにあります。総称して「インフラエンジニア」と呼ぶこともあります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

その他のエンジニアとの違い

エンジニアは担当する業務によって多くの種類に分けられます。そこで、ネットワークエンジニアとその他のエンジニアの違いを紹介します。必要な知識やスキルの違いを理解しましょう。

インフラエンジニアとの違い

インフラエンジニアは、クライアントが求めるITインフラを設計・構築する仕事です。ITインフラとは、パソコン・ウェブサーバー・セキュリティといったシステム基盤を指します。

インフラエンジニアは、ネットワークエンジニアよりも幅広い知識やスキルを求められることが多いでしょう。ネットワークエンジニアとして経験を積み、その後インフラエンジニアにキャリアアップする人もいます。

システムエンジニアとの違い

システムエンジニアは、コンピュータシステムを作るのが仕事です。プログラミング言語をはじめとしたITの知識・スキルに加えて、論理的思考力やコミュニケーション力が求められます。

ネットワークエンジニアはネットワークシステムを構築するのに対し、システムエンジニアはコンピュータシステムを構築するのが特徴です。

サーバーエンジニアとの違い

サーバーエンジニアは、サーバーの構築や管理を行う仕事です。ネットワークエンジニアはネットワークシステムを扱うのに対し、サーバーエンジニアはサーバーを動かすための業務を担います。

ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの業務範囲はたいてい分かれています。近年は自社サーバーを持たない企業が増えているため、サーバーエンジニアにもインフラやアプリケーションなどの幅広い知識が求められるでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容について見ていきましょう。主な業務は以下の3つです。

ネットワークの設計

ネットワークシステムの設計がネットワークエンジニアの仕事の一つです。クライアントから必要なOA機器や業務ツール、セキュリティなどの要望を聞き取り、どのようなネットワーク環境にするか「要件定義」を行います。

要件定義に基づき、ネットワークの構成、機器の種類や数などを予測しながらさらに詳細な設計をしていきます。コストや構築スケジュールなどもこの段階で検討し、設計書を作成するのがポイントです。

要件設定やネットワークの設計は、適切な環境づくりの骨組みです。上流工程となるため、ネットワークや機器に関する幅広い知識・技術・経験を持った上級エンジニアが担当します。

ネットワークの構築

設計が決まったらネットワーク機器の設置・設定などを行い、環境を構築していきます。このとき設計した環境で機器が正常に動くか、トラブルがないかなどをテストしながら微調整していくのがポイントです。

それが終わったら、設計書どおりに動くか、エラーなどが起きないかなど、テスト検証や確認・調整したうえで運用を開始します。

ネットワーク構築が完成して初めてクライアントが作業できるようになります。ビジネスの遅れによる損失を回避するためにも、決められた期間内に設計・構築するのが重要です。納期を厳守する信頼性も求められます。

多くの拠点を持つ企業など、ネットワークの規模が大きいと構築作業は数ヶ月以上になるケースもあります。

ネットワークの監視・運用

構築後は運用・監視・保守を行います。ネットワークやサーバーが正常に機能しているかをチェックしたり、必要に応じて機器の構成や設定を変更したりなどです。

また、監視ツールを使って故障やトラブルを検知します。発見したら、原因をできるだけ早く突き止めて解決しなければなりません。すぐに対応が必要なものだけではない潜在的な問題の検知、データ処理となるリソースの状態把握など、さまざまな面を監視します。

ネットワークの運用・監視は未経験でもチャレンジしやすい工程で、実際にエンジニア初心者が受け持つことが多い業務です。対応や作業がマニュアル化されていることも多いので、この工程を実践しながら知識とスキルを磨けるでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

ネットワークエンジニアの活躍の場

ネットワークエンジニアの働き方には、次のようなものがあります。

組織の社内システム

社内システムのネットワークを持っている企業・組織では、専門のネットワークエンジニアが担当者として働いています。

公的機関・金融機関・保険会社・産業界など、さまざまなところで社内ネットワークシステムが導入されています。担当者はネットワークの設計・構築はもちろん、その後の監視・運用も行うでしょう。

SIer(エスアイヤー)

SIerとはSystems Integrator(システムインテグレーター)の略で、情報システムの開発・構築・運用・管理を一括で請け負う企業のことです。

海外では企業が直接ITエンジニアとして雇う傾向がありますが、日本は下請け会社との協力による受託開発が主流になっています。優秀な人材はニーズが高いのも特徴です。

携帯会社・通信会社・プロバイダー

ITエンジニアを直接雇用する企業はNTTドコモを始めとする携帯会社・通信会社、プロバイダーなどです。ネットワークをサービスとして提供している企業では高度なネットワーク設計・構築が求められるため、ネットワークエンジニアの報酬は高くなります。

中途採用なども行われており、即戦力が求められる現場でもあります。

インターネットサービス

インターネットサービスも同様に、ネットワークエンジニアが活躍している職場です。インターネット環境に対する的確なアドバイス、トラブルの際のサポートなど、ネットワークエンジニアの担う役割は決して軽くありません。

インフラ事業や広告・メディア事業など多彩な事業を手がけているため、使いやすいネットワークはビジネスの成長に不可欠です。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

フリーランスネットワークエンジニアの収入アップ方法

固定給がある会社員と違い、フリーランスは毎月収入があるとは限りません。できるだけ単価の高い案件を狙い、利益を確保する必要があります。単価アップのポイントを見ていきましょう。

中間マージンの少ない案件を狙う

二次請けや三次請けの案件は、発注を受けるたびに仲介手数料(マージン)が発生します。フリーランスに依頼が来るときには、かなり単価が低くなっているケースもあるでしょう。

反対に、マージンが少なければそれだけ単価は高くなります。できるだけ元請けに近い企業から依頼を受けましょう。

設計・企画の案件を受注する

ネットワークエンジニアの仕事内容「設計」「構築」「監視・運用」の3つのうち、案件として特に高額なのは「設計」です。設計案件に参画するには、上流工程の実務経験が必要になります。

ここで良い経験を得られれば、アドバイザーとしてのニーズに応えるのも可能になり、より高い報酬が期待できます。

キャリアアップする

長期的な視点になりますが、まずはネットワーク関連企業などでキャリアを積むのも手です。企業で大きなプロジェクトに参加し、知識と経験を増やしていきます。外資系の企業に転職すれば年収が上がる可能性がありますが、即戦力としての力量が求められるでしょう。

また、ネットワークエンジニアからプロダクトマネージャーを目指すのも大きな飛躍になります。プロダクトマネージャーはクライアントの希望や目標を満たすために、チームをまとめる役割を果たす職種です。

ネットワークシステムの設計・構築はもちろん、工程を理解し対応する範囲が広くなるため、大幅な収入アップが期待できます。そのためには統率力や管理力、判断力などが必要です。運用後のトラブルに対応する知識なども必要になってきます。

スキルアップのための資格を取る

スキルアップすれば年収が高くなる可能性があります。そのためには、資格取得も有効です。経験や年数を補うための国家資格などを持っていれば、フリーランス案件でスキルをアピールする材料となるでしょう。

国家資格には、IPAのネットワークスペシャリスト試験情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験情報セキュリティスペシャリスト試験などがあります。

中でも、ネットワークスペシャリスト試験は最も難易度が高く、難関とされています。

ほかにシスコ技術者認定という資格もあります。シスコシステムズ製品に関するIT分野の技術者を認定する資格で、最高位資格のCCIEは世界でも通用するレベルです。海外で働くことも視野に入れている人に向いているでしょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

フリーランスのネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアは専門性が高い職種なので、常にそれに見合った資質やスキルが必要です。主なスキルを紹介します。

ネットワーク機器・通信技術

ネットワークエンジニアとして、通信機器の知識やスキルは必須になります。通信プロトコル・TCP/IP、ルーティングの設定や接続などの知識、実際に現場で設置して運用するスキルなどです。

情報収集能力

ITの基礎知識・能力がないと、クライアントに対して最適なプランを提案することができません。また、IT業界の変化・成長は早いため、市場動向を探りながら新しい情報をキャッチして学び、実践する行動力が必要です。

コミュニケーションスキルと論理的思考

コミュニケーションによってクライアントが求めるものを理解・把握する能力が必要です。またシステム開発は、チームで仕事をすることが多いため、それぞれの意思伝達、情報共有も大切になります。

そのためには「論理的に物事を考える力」も必要です。ネットワークの設計や構築は緻密で、あらゆる環境や変化、トラブルを考慮して行われます。知識と事実に基づいて実践することで、トラブルが発生したときの原因究明、解決、対応が行えるようになります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

キャリアプランを立てる

ネットワークエンジニアを目指す、またはキャリアアップを目指すにあたって、会社員でいるか、転職するか、それともフリーランスになるか迷う人もいるでしょう。

ネットワークエンジニアは専門性が高く実績が求められるため、これから目指す人は長期的な視点でのキャリアプランが必要です。まずは通信会社、ネットワーク関連企業などでネットワークエンジニアとして働き、経験とキャリアを積むのが望ましいでしょう。

企業の中には、未経験者を採用して入社後に研修を行い、人材育成を行っているところもあります。これなら経済的にも時間的にも効率良く学べます。そこから幅広い経験を積んで、最終的にどんなエンジニアを目指すか計画を立てていきましょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

未経験からフリーランスに転向することは可能?

フリーランスの場合は即戦力が求められるため、経験のない状態では難しいでしょう。ある程度企業で働き、ネットワークエンジニアとしての経験・スキルを磨いた上でフリーランスを目指すのが得策です。

フリーランスを目指す人は、今後の進路について熟考する必要があります。現在自分が置かれている状況を整理し、フリーランスになるメリット・デメリットを書き出すのも方法の一つです。

フリーランスには向き・不向きがあり、会社員の方に適性がある人もいます。たとえば、「具体的に指示してもらわないと動きにくい」「安定した収入が欲しい」人などです。

フリーランスは自由な分、自分で選択・判断していかなければなりません。フリーランスになることは自分にとってメリットが大きいのか、別の選択肢があるのか、自分が目指すネットワークエンジニアのイメージを具体化して将来を考えていきましょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

まとめ

ネットワークエンジニアはネットワークの根幹をなす大切な仕事です。今後も必要不可欠な職業であり、その需要は高まっていくでしょう。

ネットワーク設計・構築・運用のスキルを磨き、フリーランスになることで収入アップできる可能性もあります。どのように働きたいか・稼ぎたいかを長期的な視点で見極め、幅広く活躍できるネットワークエンジニアを目指しましょう。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    266,450の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 6月20日(Thu)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

Javaでフリーランスエンジニアが案件を獲得する方法は?

この記事では、フリーランスのJavaエンジニアが、どのようにして案件を獲得するかを解説していきます。経験が豊富なエンジニアはもちろん、未経験...

フリーランスJava

3 years ago

インフラエンジニアの仕事内容とは?必要スキルやなり方を解説

インフラエンジニアの仕事内容について、詳しくご紹介します。メリット・デメリット、役立つ資格、フリーランスの報酬額についてもまとめました。イン...

インフラエンジニア人気仕事内容年収将来性

a year ago

イラストレーターの平均年収は?収入アップの方法を解説

イラストレーターになりたいものの、年収が不安と感じる方は多いでしょう。本記事では、イラストレーターの平均年収や収入を上げる方法をご紹介。必要...

イラストレーター仕事内容

a year ago

デザイナーの仕事の種類や年収、あると活かせる資格をチェック!

デザイナーの仕事は、業界や領域によって求められる知識やスキル、センスが異なります。この記事では、デザインの仕事の種類やあると活かせる資格など...

デザイナー仕事内容年収

3 years ago

Pythonを仕事に活かそう!できることや将来性は?

この記事では、PythonでできることやPythonを活かした仕事にはどんなものがあるのか、Pythonプログラマー・エンジニアになる方法や...

Python仕事内容年収将来性

3 years ago