AWSジャパンの年収はジョブレベルが重要!転職するための手段や有利な資格も紹介

本や日用品・食品などをはじめ、ありとあらゆるものがそろうインターネット上のショッピングサイトAmazon。もともとは創業者のジェフ・ベゾス氏がインターネットでの物販業に可能性を感じ、オンライン書店を開いたことが始まりです。

その後、オンライン書店としてのAmazonはまたたく間に売り上げを伸ばし、取り扱う商品を広げ、現在はインターネットを使った多彩なサービスを提供しています。そのひとつが、企業のビジネスをサポートするクラウドプラットフォームサービス「AWS」です。

日本国内のAWSアカウントは2022年2月より、AWSジャパン社が管理することになりました。本記事ではAWSジャパンで働くために知っておきたい、同社の仕事内容や年収、目指すべき資格などについて紹介します。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSとは?

AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)は、世界中の企業を対象にデータベースやサーバー、それらに関連するさまざまなサービスを提供するクラウドプラットフォームです。

AWSが提供するクラウドプラットフォームは現在、世界190ヶ国における100万以上のユーザーが活用しており、世界中の企業に欠かせないものとなっています。

その理由として、クラウドを活用することによる物理的な負担の軽減、使用した分だけのコストで済ませられること、メンテナンスなどのサービスが費用に含まれていることなどが挙げられます。

セキュリティ面やカスタマイズの限度に関しては、デメリットやリスクがあるともいえるでしょう。しかし、AWSは長く続く確かな実績と信頼があるため、利用に関してはそれらを上回る大きなメリットがあると考えられます。

AWSは世界中に勤務地があり、もちろん日本にも法人があります。本記事では、そんなAWSの日本法人であるAWSジャパンに焦点を当て、年収や仕事内容について説明します。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSジャパンが転職先として人気の理由

AWSを運営しているAWSジャパンは現在、転職先として人気を集めているとされます。その理由として挙げられるのは、AWSが世界中で大きな市場を持つAmazonのサービスであることです。

Amazonは米国の主要IT企業を指す“GAFAM”の中のひとつとして人気の高い企業であり、常に時代を見越した新しい取り組みを導入してきました。

効率的かつ迅速な配達を行うドローン配送や、ユーザーの好みに合わせた家具などを提案するディスカバーなど、画期的なニュースを耳にした人も多いでしょう。

企業規模の大きさが魅力的なのはもちろん、次々と新しい取り組みを行っていくAmazonの姿勢は、さらなる活躍を望む人々に魅力的に映ります。そのAmazonが運営するAWSも、大きな安定感と信頼感、そして可能性があるといえるでしょう。

また、AWSジャパンは基本的に学歴を問わない職種を多数擁し、あらゆる人にとって大きなチャンスがある企業となっています。転職先として人気があるのは、これらの理由も大きいと考えられます。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSジャパンの仕事内容

AWSはクラウドプラットフォームに関する多様なサービスを取り扱っており、それを運営するAWSジャパンは、エンジニアのみならず幅広い職種の社員で成り立っています。

働き方はさまざまで、フルタイムやパート・アルバイトなどが選べます。また、職種としてはセールスやマネジメント職、ITサポートエンジニアや開発エンジニア、マーケターやカスタマーサービスまでさまざまです。

仕事内容の例を、実際に求められている職種を挙げて説明しましょう。

インフラストラクチャーアーキテクト

企業がAWSを効果的に活用するための運用支援や組織の作り方など、必要な支援を企業と相談しつつ導入し、実現していくのがインフラストラクチャーアーキテクトです。

仕事内容としては、顧客となる企業に訪問し(リモート含む)、新規もしくは既存のWebアプリケーションからのAWS移行を総合的にサポートするのが主となります。

求められるのは、顧客となる企業と議論しながらプロジェクトを進められるコミュニケーション力、効果的なサービスを提供していくためのロジカルな思考力、ITプラットフォームの設計・構築・導入経験、またはそれらのマネジメント経験などです。

デザインアーキテクトコンサルタント

Webアプリケーションにおいて、使いやすさは成果に直結するといっても過言ではありません。デザインアーキテクトコンサルタントは使いやすさに直結するUI/UXの面において、顧客となる企業の目的を達成するためのサポートを行います。

求められるのはエンドユーザーまでを見据えた、より良い結果を出すための課題分析力、ワイヤーフレーム等の作成スキル、顧客のニーズをはじめ必要になるサービス・デザインを一緒に考えるコミュニケーション力などです。

また、AWSジャパンは基本的に日本語でのやりとりとなるため外国語力を必須としませんが、海外とやりとりする職種は英語スキルが基本条件となります。AWSジャパンで働く場合、働きながら英語を身につけようという気持ちは持っておいた方が良いでしょう。

合う職種が見つからなければオープンポジションでの応募も

AWSジャパンには多くの職種があり、それぞれ仕事内容や必要なスキル・経験などが細かく記載されています。しかし、自身の経歴がどれにも当てはまらない場合や、自分に合った職種をAWSジャパンで新たに見つけたい、という場合もあるでしょう。

そんなときは、応募者の経歴を見て採用担当がポジションマッチングを行ってくれる“オープンポジション”を活用するのも手です。自分の経歴に合った職種が見当たらなくても、AWSに転職できる可能性があります。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWS関連の案件の年収例

AWSジャパンには多種多様な職種があるため、企業全体を通しての平均年収を正確に出すのは難しいでしょう。一般論で考えれば、高度かつ専門的な知識を要する職種や、コンサルなどのマネジメントを行う職種ほど、平均年収は高くなると考えられます。

ここでは参考までに、フリーランスHubに掲載されているAWS関連案件の年収例を紹介します。

2022年4月25日時点でのAWS関連案件は16264件。月単価は約30万~200万円までと幅広く、これを12ヶ月分とすると、AWS関連案件で得られる年収は約360万~2400万円となります。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSジャパンで年収2000万円は目指せるか?

もともと持っているスキルや素質は重要ですが、本人の努力次第では仕事の結果に比例して、収入もどんどん上げていけるでしょう。

多くの成果と信頼、実務経験を積むことができれば、管理職となって年収2000万円を目指せる可能性もあります。年収に比例して責任も大きくなりますが、大きなやりがいも得ることができます。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSジャパンの年収の基本となる職級「レベル」について

AWSをはじめとした外資系企業では、給与決定の基準としてジョブレベル制度を取り入れているところが多くあります。

これは日本企業によくある年功序列型とは違い、社員ごとにレベルが当てはめられ、そのレベルにおいて給与レンジが明確になるというメリットがあります。

AWSでは、レベル1からレベル12までが設定されています。レベル1から3までが契約社員やアルバイトなど、レベル4が正社員(新卒含む)、レベル5がマネージャーというように段階的に分けられているのが特徴です。最大レベルである12には、創業者であるジェフ・ベゾス氏の名前が入っています。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSジャパンの給与構成、RSUとサイニングボーナスとは

AWSでは、月給制ではなく年俸制を採用しています。入社してすぐはRSUとサイニングボーナスという仕組みもあり、きちんと理解しておくことでより高い年収を見据えた転職ができそうです。

月給制とは違う給与構成

年俸制の企業に転職する際に注意しておきたいのは、給与構成が月給制と大きく違うということです。年俸制は1年間の賃金を先に決め、それを12回以上に分割して支払います。

日本の月給制企業では一般的な家族手当や健康診断といった福利厚生も、年俸制の外資系企業では設けていない場合もあるようです。

ただし、その分、年収を高く設定している企業もあります。AWSジャパンをはじめとした外資系企業への転職を考える際は、面接などのタイミングでしっかりと確認しておきましょう。

RSUとサイニングボーナス

年俸制を採用している外資系企業では、転職者に対してレベルに応じた年収を提示し、オファーして同意すれば採用、という形になります。

転職した際に付与されるのが、RSU(譲渡制限が設けられている自社株)とサイニングボーナス(入社の際に与えられるボーナス的な一時金)です。

これらは継続して勤めてもらうためのモチベーションアップの狙いがありますが、あくまでもその人に働き続けて欲しいという思いを形にしたボーナスです。

転職前の年収が低い、即戦力としての期待が難しいなどといった場合には、必ずしも与えられるものではないことを理解しておきましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSジャパンの評価制度について

ここまで説明してきたように、AWSジャパンでは自分自身でキャリアアップの計画を立て、積極的にアプローチしてレベルを上げていくことが必要です。その計画や振り返りを直接上司と行い、評価を受けます。

さらに、AWSジャパンではOur Leadership Principles(OLP)と呼ばれる「全社員が大切にすべき16項目の行動指針」をもとに、上司や同僚などからも評価を受けて年収が決まります。OLPは、偏った評価にしないための制度であるといえるでしょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSジャパンで昇進するには推薦状が必要

また、AWSジャパンでは昇進するために上司の推薦状が必要となります。もちろんこの推薦状もただ待っていれば書いてもらえるものではなく、自分からアピールしていくことが大切です。

AWSジャパンでは、あらゆる面で自分自身の努力とアプローチが大切になります。積極性を持っている人にとっては、魅力的な環境となっています。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSジャパンに転職する際の試験内容

AWSジャパンに転職するには、まずどの職種へ応募するのか、その職種に必須となる条件を満たしているかを確認する必要があります。

基本的にAWSジャパンでは即戦力が求められているため、専門的なスキルを持っており、なおかつその技術を活用した経験があるかどうかが重視される傾向にあります。

試験内容は職種によりますが、1次面接と最終面接の2回の面接が基本です。面接は対面、もしくはオンラインで行います。転職の際に必須となるのが、AWSが掲げるOLPを今までの職種でどのように発揮してきたか、というアプローチです。

Amazonでは、STARメソッドと呼ばれる回答方法を使って面接の準備をするよう推奨しています。試験に臨む際にはAWSおよびAmazonのサイトをしっかりと確認し、理解しておきましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

持っていると役に立つAWS11種の認定資格とは

AWSには、技術スキルとクラウドの専門知識を検証するための認定試験が設けられています。それが以下の11種です。

・AWS認定クラウドプラクティショナー
・AWS認定ソリューションアーキテクト・アソシエイト
・AWS認定SysOps管理者・アソシエイト
・AWS認定開発者・アソシエイト
・AWS認定ソリューションアーキテクト・プロフェッショナル
・AWS認定DevOpsエンジニア・プロフェッショナル
・AWS認定アドバンストネットワーキング・スペシャリティ
・AWS認定データ分析・専門分野
・AWS認定データベース・専門分野
・AWS認定機械学習・専門
・AWS認定セキュリティ・専門

この11種の認定では、AWSクラウドに関する知識やスキルなどが問われます。AWSジャパンへの転職を考えているのであれば、職種に合わせた認定を取得するメリットはあるでしょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

AWSジャパンへ転職するための3つの手段

AWSジャパンは前述したように、OLPを非常に重視している企業です。新たなプロジェクトの話し合いでも、問題解決のためのアプローチでも、常にOLPを指針とします。

AWSジャパンへ転職するために取るべき1つめの手段は、OLPをしっかりと理解し、常にOLPを指針とした行動を意識すること。2つめの手段は、今までの職歴の中でどのようにOLPを発揮してきたかをきちんと洗い出し、面接で伝えられるようにまとめることです。

OLPの必要性は、AWSのキャリア採用ページでも説明されています。そのため、AWSジャパンへの転職を目指すなら、OLPを常に身近なものにしておくのが得策です。

AWSジャパンへ転職するための3つめの手段は、英語を学んでおくことです。ジョブレベルが上がるにつれてグローバルな業務も増えてくるため、英語は必須となります。

AWSジャパンへ転職するのであれば、英語はできないよりもできる方がキャリアアップにつながりやすいといえます。高収入を目指したいのであれば、少しずつで良いので英語学習に挑戦しましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

行動は早い方がベスト、気になったらすぐに動こう

AWSジャパンは学歴よりも、スキルや経験を重視する企業であるといえます。だからといって、たっぷり経験を積めるまで転職活動はしなくて良い、というわけではありません。

少しでも早く転職してAWSジャパンでの業務を始めた方が、年収もスキルも上がりやすく、チャンスが増えるでしょう。

だからこそ、AWSジャパンへの転職を望むのなら、すぐにでもそのための行動を起こすことが大切です。しっかりと準備を整えてAWSジャパンへ転職し、高年収と素晴らしいキャリアを手に入れましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    171,931の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 11月30日(水)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

その他のコンテンツ

AWSジャパンの年収はジョブレベルが重要!転職するための手段や有利な資格も紹介