NEW WordPressの仕事内容は?必要なスキルから受注の注意点までご紹介

2ヶ月前

ブログやWebサイトに関わる業務をおこなっていると、WordPressという言葉をよく耳にするのではないでしょうか。WordPress公式サイトによると、Web上にある世界中のサイトのうち約40%がWordPressを使っているとされています。

この数字からでも、WordPressの信頼と需要は、個人から企業まで非常に大きいことが分かります。さらに公式サイトでは実際に利用されているサイトを確認できるので、どのようなサイトが作られているのかチェックすれば、今後の業務に活きてくるかもしれません。

今回はそんなWordPressの仕事内容や案件の受注方法、必要なスキルや将来性などについてご紹介します。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

WordPressの仕事の種類4つ

WordPressを扱う仕事は、副業やフリーランスとしての人気が非常に高くなっています。その理由はWordPressの代表的な仕事内容である、以下の4つの業務を見ると分かりやすいでしょう。ひとつずつご紹介します。

【業務①】サイト構築・リニューアル

WordPressを扱う業務のなかでも非常に多いのが、新規でのサイト構築や、既存のHTMLサイトをWordPressに変更するなどのリニューアル業務です。今や企業から個人まで、職業に関わらずどんな人でも手軽にブログやWebサイトを持つ時代です。

簡単に使える無料ブログもたくさんありますが、やはり長く使うことを考えると、カスタマイズしやすく自由度の高いWordPressを利用したいと考える人は多いようです。

その理由として、WordPressは使い方次第でブログとしてもWebサイトとしても使えること、カスタマイズがしやすくオリジナル感を出しやすいこと、CMS(Contents Management System)であるために記事の更新・管理がしやすいこと、などが挙げられます。

WordPressエンジニアがおこなうサイト構築・リニューアルの業務内容にもさまざまなものがありますが、案件によってはレンタルするサーバーの選定から始まります。その後WordPressのインストールやクライアントからのヒアリングをおこない、適切なサイト制作を進めていきます。

WordPressはテーマのテンプレートが豊富なので、クライアントが希望するテーマがあればそれを利用します。しかしテーマを使用せず、ゼロからすべて作っていく完全オリジナルな案件も需要があり、その場合は少し難易度が高くなります。

【業務②】テーマのカスタマイズ・改修

続いて案件数が多いのは、既存のWordPressブログやWebサイト、テーマに対してクライアントの希望に合わせたカスタマイズをおこなう業務です。こちらはすでにできあがっているものに手を加えることになるため、通常あまり多くの時間はかかりません。

ただしカスタマイズの内容によっては時間と労力を要し、単価も高くなる傾向にあります。受注する際は自分の持つスキルの範囲でできる内容かどうか、しっかりとヒアリングをおこなってから受注するようにしましょう。

【業務③】既存ブログ・サイトからWordPressへの移行

既存のブログをWordPressへ移行する人は多くいますが、始めからWordPressでブログを作成しないのにはさまざまな理由があります。

そもそもブログを運営するためにはサーバーとブログサービスが必要ですが、現在無料で使えるブログサービスの多くは開設も利用も無料でできるものが多くあります。

ブログツールであるWordPress自体も無料で利用することができますが、こちらはサーバーのレンタルやドメインの購入が必要なため、初期投資とランニングコストがかかることになります。

そのためまずはお金のかからない無料ブログでスタートし、ある程度読者が増え、収入につなげられる準備が整ってからWordPressへ移行する人が多いのです。

Webサイトの場合は、以前HTMLで作ったサイトをCMSであるWordPressに移行させて、管理をもっと簡単にしたいと考える人が多いようです。こちらもあまりサーバーやWordPressに詳しくない人が多く、サーバーのチョイスから始めることも多くあります。

WordPressエンジニアは、それらのブログ・サイトをWordPressへ移行させる案件も担います。WordPressの知識はもちろんですが、移行元であるブログサービスの知識も持っておくとスムーズに進められるでしょう。

【業務④】オリジナルテーマの開発・販売

WordPressに関するスキルと知識が豊富な人なら、自分で作ったオリジナルのテーマを販売することもできます。ただしユーザーライクなデザインや機能性を考えながら制作する必要があるので、開発スキルはもちろんデザインスキルも必要です。

また、制作・販売したら終わりではなく、メンテナンスやアップデートなどのアフターサポートも必要なため、継続的に手をかけることが必要になります。そのためテーマ販売は、WordPress案件のなかでもかなり難易度が高い業務であると言えるでしょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

WordPress仕事の報酬相場は?

フリーランスITエンジニアのための転職エージェントレバテックフリーランスでWordPress求人・案件の月額単価相場を見ると、2021年3月時点で60万円台・70万円台の案件が多く、平均単価は66万円となっています。

ただしどのくらいの業務まで担えるかで単価は変わってくる傾向にあり、使える言語が多くWordPressの知識が多いほど、高単価の案件を受注しやすくなります。WordPress案件はリモートOKのものも多く、ライフスタイルに合わせて働きやすいと言えるでしょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

WordPressの将来性

WordPressはもともとブログ向けに作られたものでしたが、その使いやすさと機能性から、今ではブログとしてはもちろん、個人や企業のWebサイトとしても世界中で利用されています。

利用者が多いからこそさまざまなテーマやプラグインが開発されており、インターネットを少し調べるとカスタマイズのやり方もたくさん見つけられます。

既存のブログサービスではなくWordPressでブログ・Webサイトを運営することで、サービス提供元の都合に左右されにくいのも大きなメリットだと言えるでしょう。さらに誰でも簡単にコンテンツを追加・編集できるCMSであるため、今後もWordPressの需要は増えていくと見られています。

したがってWordPressの導入やカスタマイズ・テーマ作成を担えるWordPressエンジニアも、ますます需要が高まっていくと考えられます。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

WordPressで仕事をとるために最低限必要なスキル

WordPressは一般的なWebサイトと同じように、サイト構成や文字装飾をして画面に表示させるものです。しかし管理を一元的におこなえるCMSであるため、プログラミング言語のPHP(ピーエイチピー)が使われているという違いがあります。

WordPress案件ではWordPressを使ったゼロからのサイト構築や、コードを書き替えるカスタマイズ、HTMLサイトからWordPressへの移行などが求められます。そのためHTML・CSS・Java scriptの知識はもちろん、PHPのスキルも多くの案件で求められます。

さらに見逃してしまいがちですが、クライアント(ユーザーが目にする画面側)とサーバー(ユーザーに見えないシステム側)のやりとりをおこなうためのFTP(File Transfer Protocol・ファイル・トランスファー・プロトコル)や、必要な情報をしまっておくためのデータベース管理システムMySQL(マイ・エスキューエル)の知識も必要になります。

利用するサーバーによってはWordPressを導入しやすい仕組みを取り入れており、何気なく使っているだけでは必要だと気付かないツールもあります。しかしWordPressを仕事にするなら必要になる場面も多くあるため、しっかりと把握しておきましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

WordPressはプラグインもおさえる

WordPressの特徴として、プラグインを使えば希望する機能を簡単に実装できる点があります。プラグインはその名の通り差し込み口的な意味を持ち、プラグインとして提供されている特定のソフトウェアをインストール・適用するだけで、自分のWordPressにその機能を追加・拡張できる機能のことを指します。

インストール・アンインストールが簡単にできて非常に便利なうえ、ブログ・Webサイトとして利用するための必須機能も充実しているのがプラグインの大きなメリットです。代表的な機能の例を挙げると、お問い合わせフォームやSEO対策、バックアップやサイトマップ生成などがあります。

ただしプラグインは誰かが作ったソフトウェアであるため、信頼できるものかどうか、アップデートは常におこなわれているかなどをしっかりと確認する必要があります。WordPressの仕事をするなら、確実に必要かつ信頼できる機能のみの導入にとどめ、クライアントの損失やデメリットを防ぐことが大切です。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

WordPressで仕事を始める際の注意点3つ

これからWordPressエンジニアとして活動しようと考えている人のなかには、自身のブログやWebサイトをWordPressで運営している人は多いのではないでしょうか。

しかしWordPress自体を操作するエンジニア側になるのであれば、ユーザーとして使うだけでは分からなかったさまざまな知識やスキルが必要になります。

WordPressの仕組みが分かったからと言って簡単に案件を受注してしまうと、対応できずにトラブルにつながってしまう可能性もあります。まずはWordPressに関しての自分の知識・スキルを正しく把握し、レベルに合った案件から徐々にステップアップしていくようにしましょう。

【注意点①】小さな案件でスキル磨きから始めよう

サイト構築やリニューアル、大規模なカスタマイズであれば多くの時間と労力、そしてWordPressに関する深い知識が必要になります。

しかしWordPressエンジニアを始めたばかりでそのような案件を受けるとトラブルにつながる可能性もあるので、まずはサイトの問題改善や復旧、デザイン調整などから受注していくのがおすすめです。

問題なく対応できる自信がついたら、無料ブログサービスやHTMLサイトからのWordPress移行業務、そして新規サイト構築を経てオリジナルテーマ作成など、知識を学び実践しながら高難易度のものに挑戦していくとよいでしょう。

【注意点②】案件の相場を知っておこう

フリーランスとして活動する場合、募集している案件への応募や企業に直接営業をかけることで案件を受注します。しかし毎月常に同じ業務・同じ収入が確保できるわけではなく、持っているスキルによっては応募しても受注まで至らないこともあるでしょう。

そんなときは手当たり次第に営業をかけたくなってしまいますが、相場を大きく下回る案件を受注してしまうと「大変なわりに収入が少ない、でも受注しなければ収入が確保できない」という悪いサイクルに入ってしまう可能性もあります。

長く活躍できるWordPressエンジニアを目指すなら、案件の相場をしっかりと把握しておきましょう。そして求められている業務に見合ったスキルを確実に提供し、適正な報酬を得ることが大切です。

報酬相場の例を挙げると、比較的ハードルが低めなテーマの一部カスタマイズ・回収や復旧は個人案件であれば1万円程度から、企業案件であれば5万円程度からが相場になっています。

その他、別のサービスからWordPressへの移行業務などは5万円程度から、新規サイト構築やリニューアルなどは数万円から数十万円が一般的な相場となっています。

ただしこれらの相場は目安にすぎず、小さな業務のみであればもっと低く、複数の業務をまとめて依頼される場合はもっと高くなります。なかには新規サイト構築でも「トップページは制作済みなので、下層ページのみの作成依頼」や「ランディングページ制作」などタイプが違うものもあります。

また、依頼されるブログ・Webサイトの規模によっても単価が変わります。できるだけたくさんの募集案件を見て、平均相場を確認しておきましょう。

【注意点③】案件をいくつか受けたら確定申告を意識しておこう

WordPressで仕事をする場合、フリーランスでも本業を軸とした副業でも、所得が規定の金額を超えたら確定申告が必要となります。今後もずっとWordPressを仕事にしていくなら避けては通れないことなので、所得が少ないうちから早めに情報を集め、シミュレーションしておくのがおすすめです。

フリーランスと副業(給与所得者)では確定申告が必要となる所得額が異なりますが、それぞれの家族環境や収入のタイプなどにより、この金額が分かれ目などと一概に言うことはできません。

目安としてはフリーランスであれば50万円程度、副業であれば20万円程度が、確定申告が必要になるラインなので意識しておくとよいでしょう。

確定申告に関することは、会計士や税理士のほか、1月・2月あたりで開かれることの多い「自治体による相談会」などで相談できます。最初は無料で対応してくれるところも多いため、あらかじめ調べておきましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

WordPressの仕事を見つける方法3つ

WordPressに関する知識を深めたら、自分のスキルに合った簡単な案件の受注から始めることになります。仕事を見つける方法として1つめに考えられるのは、知人に声をかけてサイト制作を手伝う、WordPressエンジニアを求めている企業を紹介してもらうなどがあります。

しかし身近で声をかけてみても、意外とちょうどよい案件は見当たらないのが現状です。インターネットで求人サイトを調べてみてもよいですが、大型案件や会社員としての求人が多いと言えるでしょう。

2つめはSNSを使って同業者やクライアントとつながる方法です。現在はフェイスブックTwitterで案件の募集・受注が多くおこなわれているので、ぜひたくさん発信をしてみましょう。

3つめはクラウドソーシングサイトや転職エージェントなどを利用して、今のレベルに合わせた案件を受注しながらスキルを磨いていく方法です。

それぞれのサイトによって取り扱う案件のタイプが違うので、確保できる時間や磨きたいスキルに合わせていくつかのサイトを使い分けて利用してみましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

WordPressの受注に役立つおすすめサービス

サイト構築や大規模なカスタマイズは難しいけれど、テーマの一部カスタマイズや改修、復旧ならできるという人、そして副業のためにあまり多くの時間がとれないという人などにおすすめなのがクラウドソーシングサイトの利用です。

基本的に数千円~数万円の案件が多く、短期間・単発の案件が豊富です。なかには継続的な案件もあり、副業だけど安定的な仕事がほしいという方にもおすすめです。

人気が高く案件数が多いサイトとして、日本最大のクラウドソーシングクラウドワークスや、日本最大級のクラウドソーシング仕事依頼サイトランサーズなどがあります。

その他にもたくさんのクラウドソーシングサイトがあり、それぞれに特色や特徴的なサービスがあります。いろんなサイトを利用して自分に合うものを見つけてみましょう。

クラウドソーシングサイトよりもっと規模の大きい案件で、本格的にフリーランスWordPressエンジニアとして活動したい人におすすめなのがエージェントの利用です。

エージェントを利用すると、持っているスキルや目標に合わせて最適な案件を紹介してくれるほか、クライアントとの細かなやりとりなどをほとんど担ってくれます。そのため業務に集中しやすいというメリットがあります。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

個人から企業まで需要が多く、将来性のあるWordPressで働こう

WordPressはすでに世界的なニーズがあるうえ、自由度が高いので幅広く活用でき、今後もさらに需要は拡大していくと見られています。WordPressの知識とスキルを身につければ自身のブログ・Webサイトを自由にカスタマイズできるのはもちろん、さまざまな案件に携わることができるでしょう。

また、働き方としての難易度は非常に高くなりますが、オリジナルテーマをゼロから作って販売したり、WordPressで利用できるプラグインを開発したりという方法もあります。

どこまでもカスタマイズが可能で、柔軟な発想を活かせるWordPress案件。ぜひ誰よりも深いスキルと知識を身につけて、求められるフリーランスWordPressエンジニアを目指しましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

その他のコンテンツ

WordPressの仕事内容は?必要なスキルから受注の注意点までご紹介