キャラクターデザイナーの年収は低い?年収を上げるために必要な方法を紹介

アニメーションやゲーム、動画コンテンツや企業・商品のPRなど、近年さまざまなところで見かける“キャラクター”。それをデザインするのがキャラクターデザイナーの仕事です。

キャラクターはコンテンツの印象を左右する大きな要素となるため、キャラクターデザインは現在需要が高い傾向にあります。キャラクターデザイナーとして活動しようと思えば、幅広い知識とスキルが求められるでしょう。

本記事では今後需要の高まりが期待できるキャラクターデザイナーの年収や仕事内容、具体的な目指し方などを紹介します。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

キャラクターデザイナーとは

キャラクターデザイナーとは、その名のとおりキャラクターをデザインする職業です。

キャラクターはゲームやアニメーションをはじめとしたさまざまなシーンで使われ、コンテンツの印象を大きく左右する要素といっても過言ではありません。そのため、仕事内容はキャラクターが使われる媒体により違いが生じます。

ゲームやアニメーションのキャラクターデザインの場合は、作品の世界観をより魅力的にするキャラクターをデザインする必要があります。企業や商品PRのためのコンテンツであれば、企業や商品の良さを引き立て、ターゲットの心を動かすキャラクターデザインが必要になるでしょう。

キャラクターデザイナーに求められるのはデザイン力だけでなく、そのキャラクターを通じて提供できる付加価値であるといえます。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

キャラクターデザイナーの平均年収

キャラクターデザイナーの需要があるのは、アニメーション制作会社やゲーム制作会社、広告代理店やおもちゃメーカーなど、キャラクターを必要とするさまざまな場所です。年収は、地域や年代によって変わる傾向にあります。

フリーランスクリエイター・エンジニア向けの案件案内サイトFreelance hubを見ると、月単価約35万~70万円のキャラクターデザイナー案件が見つかりました。これを12ヶ月分にすると、420万~840万円ほどの年収が得られる計算になります

地域別のキャラクターデザイナー年収

働く場所は全国各地にあるキャラクターデザイナーですが、東京都は人口に比例して就職先となる企業が多く、地方になると選択肢が限られる傾向にあります。

平均年収はキャラクターデザイナー自身が持つスキルにもよりますが、その能力を活かして働けるかどうかも大切な要素となります。

都心部ではライバル企業も多く、求められるスキルや感性も高度になるため年収が高くなりやすいのに対し、地方の場合は都心部と比べ低めになると考えられます。

ただし、キャラクターデザイナーはパソコンとソフトさえあればどこでも働けるという強みがあり、近年は地方で大きな活躍を見せるキャラクターデザイナーも少なくないようです。ある程度の実務経験があれば、リモートワークで地方に住みながら高収入を得られる人もいるでしょう。

年代別のキャラクターデザイナー年収

キャラクターデザイナーは専門的な知識とスキルを必要とする職業であり、経験を多く積むほど質の高い作品が作れるようになるでしょう。また、多様な業務に携わった経験は、経験の少ない部下を育てるうえでも重宝されます。

そのため、年代別の年収でいえば、20代から30代よりも40代から50代以降のほうが高年収になると考えられます。企業に勤めるキャラクターデザイナーの場合、リーダー職およびマネジメント職に就くことで年収が上がる可能性が高いからです。

ただ、長く勤めたからといって必ずしも管理職に就けたり、高年収になったりするとは限りません。経験を積んで高年収を目指すのであれば、積み上げたスキルや経験を正しく評価してくれる企業に勤めることが大切です。

キャラクターデザイナーの初任給は?

企業に勤め始めたキャラクターデザイナーの初任給は、基本的に一般企業に勤めるサラリーマンと同程度の金額か、もう少し高めになるくらいであると考えておきましょう。

中途採用のキャラクターデザイナーではない場合は、年齢も若く、通常は実績も実務経験もありません。そのため、初任給はあまり高いところからのスタートではないことが一般的です。ただし、就職前に専門学校やスクールなどで身につけた技術などがあれば、それを考慮して少し高めになる場合もあります。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

キャラクターデザイナーの活躍の場

キャラクターデザイナーが活躍する企業は、業界を問いません。アニメーションやゲームはもちろん、書籍の表紙や公的機関のPRポスターなど、さまざまなシーンでキャラクターが活用されています。

そのため、キャラクターデザイナーは需要が高い職業であるといえます。注意すべきは、制作背景など、キャラクターを生み出すに至った理由がなければ、より多くの人に愛されるキャラクター作りはできない可能性があることです。

近年はSNSなどでキャラクターが注目され、話題になることがあります。そんなときに制作意図をしっかりと説明できれば、一般消費者の共感を多く得てさらなる人気への追い風とすることができる可能性が高まります。

反対にキャラクターの制作意図が曖昧な場合は、共感を得ることが難しくコンバージョンにもつながりにくいでしょう。

どのような業界で働く場合も、デザインするキャラクターを取り巻く環境へしっかりと配慮し、制作することが重要であるといえます。そのようなキャラクターデザイナーは、業界を超えて幅広い需要があるでしょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

キャラクターデザイナーの仕事内容

キャラクターデザイナーはコンテンツに対して、必要となるキャラクターをデザインしていく仕事を担います。そのため、まずはどのような媒体でどういった設定のもとに求められているキャラクターなのかを、正しく擦り合わせることが必要です。

制作するキャラクターはあらかじめディレクターなどが大枠を決めている場合と、キャラクターデザイナーがゼロから考えていく場合があります。

どちらにしても、コンテンツのクオリティを上げられるキャラクターデザインでなければ成功にはつながらないため、キャラクターを必要とするコンテンツの世界観やストーリーをしっかりと理解することが大切です。

仕事の流れとしては、まずクライアントやディレクターなどから、コンテンツやキャラクターに関する情報をヒアリングします。全体像をしっかりとつかんだら、ラフデザインを作成していきましょう。

ラフデザインは提出してさらに修正を加えることが前提となるため、複数案を出して擦り合わせながら決めていくのが一般的です。

ラフデザインは丁寧に作り込む必要はありませんが、色やテイストなど、キャラクターの仕上がりが正しく予想できるように制作しましょう。ここでイメージをしっかり共有できていないと、ある程度完成した時点で差し戻しになってしまう恐れもあり、プロジェクト全体に大きな影響を与えてしまう場合があります。

ラフデザインにOKが出れば、実際に使われるキャラクターを清書します。3DCGのキャラクターであれば、モデリングソフトを使っての作業も含まれるでしょう。キャラクターを完成させ、クライアントやディレクターからOKが出れば、キャラクターデザイナーの仕事は完了です。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

キャラクターデザイナーになるための具体的な方法と年収の違い

キャラクターデザイナーになるために絶対に必要な通過点、というのはありません。大学や専門学校を出てキャラクターデザイナーになる人もいれば、独学で知識とスキルを身につけて活躍する人もいます。

ただ、キャラクターデザイナーを目指すための大学や専門学校に通った場合、アニメーションやゲーム業界に関する基礎知識や、キャラクターデザインの基本をあらかじめ身につけることができます。

最短で確実にキャラクターデザイナーを目指すなら、アニメーションやゲームに関連した大学や専門学校に通うのが良いでしょう。

キャラクターデザインに必須であるデッサン力は、たくさん描くことも大切ですが基本的な知識を持った人に見てもらうことが何より重要です。

書籍や解説動画などを利用して独学で基礎を身につけられる人もいますが、その場合はしっかりと目標を立てて学ぶ力や、分からない部分を細かく調べて実践できる力が求められます。

キャラクターデザイナーは、キャラクターデザインに関連する学校以外に、美術大学を出た人も採用されやすい傾向にあります。学校を出て就職した人のほうが、独学で学んだ人よりも知識やスキルの基礎があるとみなされるため、年収は少し高めからのスタートになると考えられます。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

キャラクターデザイナーで年収アップのために必要な資格はあるのか

キャラクターデザイナーが年収アップを目指す場合、求められるのはさまざまなキャラクターデザインを担ってきた経験、キャラクター制作のための豊富かつ高度なスキル、そしてチームがスムーズにプロジェクトを進めていくコミュニケーション力です。

特に、近年は3DCGを使ったソーシャルゲームでのキャラクターデザイン需要が高くなっています。ストーリーやキャラクターが持つ背景、実用性とファッション性まで考慮したクオリティの高いキャラクターデザインが求められるのが特徴です。

新しいアイデアを常に出し続けられることはもちろん、キャラクターの魅力を引き出すための3DCGモデリング技術も持ち合わせていれば、重宝されるキャラクターデザイナーになるでしょう。

年収アップのために資格を取得するのであれば、キャラクターデザインの仕事に欠かせないソフトウェアのスキルを証明する、サーティファイ主催のPhotoshop®クリエイター能力認定試験Illustrator®クリエイター能力認定試験が適しています。

これらは作業の基本となるソフトウェアのため使える人が多い反面、機能が豊富なためしっかりと使いこなせる人は限られる傾向にあります。認定試験をクリアすることにより、ソフトウェアを使いこなせる証明になるでしょう。

アニメーションやゲームを中心としたキャラクターデザイナーの場合は、CG-ARTSが主催するCGクリエイター検定の受験が向きます。

こちらはデッサンや色、動きやタイポグラフィといったデザインの基礎から、モデリングや合成といった3DCGに欠かせない要素まで専門的な知識を必要とします。ベーシックとエキスパートがあるため、レベルに応じて受験しましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

キャラクターデザイナーが年収を上げるための方法キャラクターデザイナーが年収を上げるのに必要な要素は多くありますが、まず大切なことは与えられた目の前の仕事をしっかりとこなし、知識・スキル・経験を身につけていくことです。

どのような仕事をどのくらいやったか、という経験は重要な判断基準になります。多彩な仕事を任せてもらえるよう、全力でより良いキャラクターデザインができるよう努力しましょう。

その結果、信頼を得てプロジェクトのリーダーやマネジメント的な立場となり、管理職へと進めば年収は上がるでしょう。ただ、どんなに頑張っても年収が思うように上がらない場合もあります。

企業の大きさによって年収の上限が異なる可能性もあります。その場合はさらに大きな企業へ転職する、または実績と経験が豊富であるなら、独立してフリーランスのキャラクターデザイナーへの転向を検討しても良いでしょう。

注意しておきたいのは、フリーランス案件は比較的高単価である反面、案件ごとの契約であるためサラリーマンのような収入の安定感はないということです。

しかし、スキルと実績があれば多くの高単価案件に参画できる可能性があるため、キャラクターデザイナーとしての経験が豊富である場合は、検討してみましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

キャラクターデザイナーの現状と将来の展望

ソーシャルゲーム・コンシューマーゲームの人気が高まっている現在、それらに必須となるキャラクターデザイナーも需要が高まっている状態にあります。

今後は今までと同様に書籍や動画コンテンツのためのキャラクターデザインのほかに、ARやVRといった仮想現実のなかで活用されるキャラクターデザインの需要も増えるでしょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

キャラクターデザイナーに求められるたったひとつの能力

キャラクターデザイナーは今後の需要増加に伴って、目指す人も増えると考えられます。注意しておきたいのは、一緒に頑張れる同業が増えると同時に、ライバルも増えていくということです。

ほかのキャラクターデザイナーと差をつけるために、ぜひ身につけておきたいたったひとつの能力、それはデッサン力です。これからは3DCGを使ったモデリングも一般的になると考えられるため、よりクオリティの高い作品を作るためにデッサン力は必須となるでしょう。

魅力的なキャラクター作りには、しっかりとした基礎が欠かせません。デッサン力を向上させて、どんなキャラクターでも思い通りにデザインできるようになりましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

キャラクターデザイナーとしてさまざまな作品に携わろう

キャラクターデザイナーは多くの人を楽しませたり、注目を集めたりするためのキャラクター作りに欠かせない職種です。キャラクターは、今後さらに多種多様なシーンでの活用が期待できるでしょう。

これからますます需要の高まりが期待できるキャラクターデザイナーを目指して、まずはできるところから一歩踏み出してみましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    152,904の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 9月29日(木)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

その他のコンテンツ

キャラクターデザイナーの年収は低い?年収を上げるために必要な方法を紹介