NEW HTMLから仕事を広げよう!コーダーの仕事内容や将来性までご紹介

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

インターネットで情報を検索する際、欲しい情報を求めてどこかのサイトを訪れることがあると思います。その訪れたサイトをあなたのパソコンやスマートフォンで見やすく表示している技術、それがHTMLです。

今回は初心者でも比較的簡単に身につけやすいと言われるHTMLについて、そしてHTMLを使って仕事をするコーダーについて、仕事内容や年収、必要なスキルや目指し方、将来性などについてご紹介します。

HTMLとは?コーダーの仕事とあわせて解説

情報化社会となった現在の企業マーケティングは、Webサイトの運用が必須になっていると言っても過言ではありません。そしてそのWebサイトは、多くのものがHTML(エイチティーエムエル)という言語によって作られています。

コーダーの仕事は、Webデザイナーが作成したWebサイトデザインを、HTMLを使ってインターネット上で実際に使えるWebサイトへ作り上げていく役割を担っています。

HTMLはITに詳しくない人でも比較的身につけやすい技術だと言われていますが、その理由としてHTMLがマークアップ言語であることが挙げられます。コードを記述すると言えばプログラミング言語というイメージがありますが、一体どんな違いがあるのでしょうか?詳しくご説明します。

HTMLはプログラミング言語ではない!

パソコンの画面上でコードを記述するHTMLは、一見Java(ジャバ)PHP(ピーエイチピー)、JavaScript(ジャバスクリプト)などのプログラミング言語と違いはないように見えるかもしれません。

しかしHTMLはプログラミング言語ではなくマークアップ言語と呼ばれるものであり、使用する目的や記述の方法は大きく異なります。

プログラミング言語はWebシステムやアプリケーション、ゲームなどで“より便利に、よりさまざまなことができるように”という目的で使われます。しかしHTMLは“Webサイトの構造を作ってブラウザに表示させる”ために使われるものです。

マークアップ言語は、文字列を特定のタグで囲むことにより「この文字列はこんな役割を持っています」と指定することができます。

例えば見出しならh、太字ならbを使ったタグで文字列を囲みます。基本構造からテキスト内の簡単な装飾まですべてタグで囲んで役割を指定し、Webサイトとしてブラウザに表示されるよう組み上げていくのがHTMLです。

Webサイト作成と縁が深いHTMLですが、裏を返せばWebサイト作り以外では用途の少ないのがHTMLだとも言えます。そのためHTMLを身につけて仕事につなげようと思った場合は、関連するさまざまなスキルや知識も必要になることがほとんどです。

コーダーの仕事内容

コーダーはWebデザイナーが作成したデザインを、HTMLを使ってWebサイトとして実際に使えるよう組み立てていく役割を担っています。すでにデザインとしての形はできているので簡単なのでは…と感じるかもしれませんが、多くの人に役立つWebサイトを作るのはそう簡単ではありません。

また、Webサイトを作る際にはHTMLだけでなく、装飾などを含む文章のスタイルを整えるためのCSS(カスケーディングスタイルシート)や、動きのあるページにするためのJavaScriptのスキルも必要になります。

多くの場合コーダーがこれらをすべて担います。そのため仕事内容としては、実際にインターネット上で使えるWebページを新規で完成させる、または現在あるページを修正・リニューアルする、などが主になります。

Webデザイナーの仕事は、クライアントの目的を達成しながらもユーザーが使いやすいと感じるサイトデザインの制作であり、コーダーの仕事も目的は同じです。

しかしすべてのWebデザイナーが幅広い知識とスキルを持った人ばかりではないため、ときには実現が大変な作業や、よりユーザーライクにするための提案や相談をすることもあるでしょう。

デザイン通りのWebサイトが作れたり、クライアントにもユーザーにも利便性の高い素晴らしいサイトができたり、また実際にサイトを使って成果が上がったという報告をもらえたりしたときは満足度が高く、やりがいを感じる人が多いようです。

また、リモートでできる作業も多いため、副業として活躍する方法もあります。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

HTMLコーダーに向いている人の特徴

コーダーの仕事はWebサイトを作ることですが、そのためにおこなう主な作業はひたすらパソコンに向かいコーディングをすることです。コーダーに向いている人の特徴を挙げるとすれば、以下の4つだと言えるでしょう。

もくもくと作業をするのが好きな人
トライアル&エラーで満足感と自信を得られる人
気になったことは何でもすぐ調べて解決しようとする人
適切なコミュニケーションで相手の意図を正しく理解できる人

素早く簡潔に「最善の結果」へ導くべし

コーダーのメイン作業となるコーディングとは、簡単に言えば使用する言語のルールによって文字を順に並べていき、1から10までが滞りなく正確につながって動作するよう組み立てることです。

コーディングはパソコンに分かる言葉で動作の指示をおこなうことなので、スペルミスや記述方法の間違いがあると本来の目的通りに動作せず、エラーが起こることもあります。

もしそうなったらコーダーは、膨大な文字の羅列の中から誤動作やエラーになっている原因を探し出し、修正して正しく動くかどうかを検証しなくてはなりません。

小さなバナーを作るのであればコードも少なく、チェックの労力は少なくて済みます。しかしそれが何層にもなる大きなWebサイトだった場合、原因究明の作業は多大な気力と体力を要するでしょう。気力と体力が必要となるでしょう。

また、コーディングはとても時間がかかる作業のため、よく似ている記述は使い回しができるように「ライブラリ」として蓄積されていることもあります。しかし使おうと思って探せば見つけられますが、その存在すら知らなければ使うことができません。

コーディング作業やサイトの利便性に関して「もっと効率化するための方法はないか、ユーザーが使いやすくするためにはどうすればよいか」など、常に考え続けることが大切です。

HTMLコーダーに向いているのは、元のデザインを忠実に表現しながらも、新しい可能性を考え続けられる人だと言えるでしょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

HTMLコーダーになるには

ITエンジニアに興味がある、普段の仕事の延長で触れたことがある…など、少しHTMLの経験がある場合はもちろん、まったく未経験の人でもHTMLコーダーになれる可能性は十分にあります。

まずはインターネットの情報や動画・書籍などで知識とスキルを学び、とにかく手を動かしてアウトプットするのがおすすめです。

HTMLはコードを書いていくエディターと、それを表示するブラウザがあれば開発環境を整えられます。プログラミング言語を学び始めるよりも環境構築が簡単で、作成したものをすぐに確認しやすいというところも、HTMLが初心者に向いていると言われる理由です。

HTMLを学ぶための動画や書籍を選んだら、実際に指示に従いながら手を動かしていきましょう。多くの場合、それらを見終える頃には簡単なWebサイトの形がなんとなくできあがっていることがほとんどです。

この時点でWebサイト制作に必要な力は身についているので、あとは繰り返し練習し、さらに複雑な階層のWebサイト制作にチャレンジしてみましょう。

また、実際のWebサイト制作時、HTMLとセットで必要となるのがCSSとJavaScriptです。仕事を受注する際にはほぼ必要となるスキルなので、徐々にこれらの学習も取り入れていくのがおすすめです。

学習のためにまとまった時間が取れるのであれば、オンラインスクールを利用する方法もありますが、どちらにしても実際に手を動かしてアウトプットしなければ身につかず、実践に使えません。自身のライフスタイルや学びやすさ、続けやすさを考えて学習方法を選ぶとよいでしょう。

ある程度の力がついたら小さな案件を受注してみるのがおすすめ

たくさんの練習を重ねると「そろそろ実際の案件を受注してみたい」という気持ちになると思います。そんなときはぜひスキルに合った案件を、シンプルな作業の多いクラウドソーシングで探して受注してみるとよいでしょう。

やはり実際に使われるWebサイトを制作する案件と、自分のパソコンの中だけで完結している練習の成果物では違う部分がたくさんあります。

実際の仕事になるとどんなやりとりが発生するのか、どんなことが求められるのか、さらに磨くべきスキルは何かなど少しずつたくさん経験し、ステップアップしていきましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

HTMLコーダーだけではスキルアップしにくい!

HTMLコーダーの主な仕事は、WebデザイナーがデザインしたWebサイトデザインをWeb上で実際に使えるよう組み立て、形にしていく作業です。

基本的に画面の表示と移動に関わる部分に限られた作業であり、コーディングするデザインも決まっているので、初心者でも目指しやすく身につけやすいというメリットがある反面、コーディング以外の知識やスキルが身につきにくいというデメリットもあります。

そのため仕事以外にも学びの時間を設け、積極的に知識を増やし実践していくことがスキルアップするためのポイントになります。HTMLコーダーがスキルアップするにはどのような知識を身につけるのが有効か、目指しやすい方向性をご紹介しましょう。

デザインを学んでスキルアップする

HTMLコーダーからスキルアップしていく方向としてWebデザイナーがあります。デザインの知識やPhotoshop(フォトショップ)Illustrator(イラストレーター)のスキルを学んでWebデザイナーを目指せば、デザインからコーディングまでまるごと受注することもできるようになります。

自身でデザインからコーディングまでできれば、どのようなデザインにすればコーディングしやすいかなど、コーダー側の状況を考えながら作業できるようになります。

そのため、もし誰かとデザインやコーディングを分業する場合でも、的確な指示・やりとりができるため非常にスムーズかつ、質の高い仕事ができるでしょう。

プログラミング言語を学んでスキルアップする

HTMLはプログラミング言語ではなくマークアップ言語ですが、コードを記述する感覚や論理的な考え方は言語が違ってもあまり大きな差はありません。

また、Webサイト制作で使用するJavaScriptはプログラミング言語なので、PHP(ピーエイチピー)Python(パイソン)Java(ジャバ)などのよく使われる言語の習得も、HTMLやJavaScriptを理解したあとなら比較的スムーズです。

プログラミング言語を学べばWebシステムやアプリケーション開発などできることが一気に広がり、ITエンジニアとしてのスキルアップを目指せます。作りたいものや目指したい働き方を考え、学びたい言語を探してみるとよいでしょう。

画面周りのプロ・フロントエンドエンジニアを目指す

HTMLコーダーはWebデザイナーのデザインをWeb上で再現する仕事を担いますが、さらにSEOやスマートフォン・タブレットに対応するレスポンシブデザインなど、もっと幅広い業務を担えるようになるとフロントエンドエンジニアと呼ばれる“見える画面周りを担うプロフェッショナル”となります。

もちろん目的に応じたプログラミング言語の習得やバックエンド(ユーザーからは見えないシステム側)の知識も必要となりますが、ステップアップとしてはおすすめの職種です。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

HTMLコーダーの単価と年収

レバテックフリーランスによると、HTMLコーダーのHTML求人・案件の月額単価相場は60万円から70万円前後が多めとなっています。また、レバテッククリエイターによると、フリーランスHTMLコーダーの平均年収は実務経験1年未満で約300万円、実務経験5年以上で約480万円となっています。

こちらはフリーランスHTMLコーダーの単価・年収の調査となっているため会社員として働くHTMLコーダーとは金額が変わってくること、またHTML以外の言語をあわせて必要とする業務も含まれているため、単価は比較的高めに出ていることも考慮しておくことが大切です。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

HTMLコーダー案件の探し方

HTMLコーダーはWebサイトに関わる仕事としても、エンジニアへの入り口のための仕事としても役立つものです。しかしずっとHTMLコーダーとしてコーディング作業のみをしているだけでは、スキルアップはできず年収は上がらないままです。

HTMLコーダーとして働くのであれば、やはりコーディング以外の作業も少しずつ任せてもらえるような環境に身をおけるとベストです。在宅でできる案件を受注しつつさまざまな知識を身につけていくことはもちろん、必要であれば社員として働き、実際のやりとりや上流工程のポイントを学びましょう。

HTMLコーダーの案件を探すなら、初心者のうちならクラウドソーシングサイトを利用してたくさんのクライアントから仕事を受けてみるのがおすすめです。たくさんの案件を受けて作業し自信がついたら、少し大きめなプロジェクトを受けやすいレバテックフリーランスなどの転職エージェントを利用しましょう。

フリーランスは案件探しからアポ取り、実際の作業から請求書の送付まですべておこなわないといけません。そのため雑務にかかる時間は意外に多く、思うように仕事を受けられないと感じるフリーランスも多いようです。

エージェントを利用すれば自身のスキルや状況に合った適切な案件を探してきてくれるため、仕事に集中しやすくメリットは非常に大きいと言えるでしょう。将来的な目標や身につけたいスキルを相談しておけばそれも考慮してもらえるため、ぜひ活用したいサービスです。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

HTMLコーダーの需要と将来性

HTMLコーダーはWebサイトを制作することが主な業務です。現在のインターネット社会ではビジネスのためにWebサイトは必要不可欠なので、将来性はあるように見えます。

しかし現在はHTMLの知識やスキルがなくてもWebサイトを編集できるCMSがかなり普及してきており、そのCMSはプログラミング言語のPHPなどを使って作られています。

つまりCMSが多くのWebサイトで利用されるようになれば、HTMLコーダーは需要が減り、CMSを使っていないサイトのメンテナンスやその他の業務が主な仕事になると言われています。

HTMLはWebサイトの基礎であるため知識とスキルは持っておきたいものですが、その他のスキルをあわせて身につけないと活躍できる場は徐々に減ってくるかもしれません。

しかしあわせてPHPやJava、Pythonなどのプログラミングスキル、そしてAWS(アマゾンウェブサービス)といったクラウドスキル、SQL(エスキューエル)などのデータベース言語を身につけると、活躍の場はかなり広がります。

HTMLが身についていれば他のプログラミングスキルの身につきやすさは格段に上がるので、プログラマーやエンジニアの入り口としてまずはHTMLコーダーを目指してみるとよいでしょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

HTMLコーダーはステップアップの入り口!

初心者でも比較的身につけやすく、年収もあまり高いとは言えないHTMLコーダー。しかし学ぶとWebサイトの基礎やコードを記述する雰囲気、論理的思考も身につきます。CSSとJavaScriptも一緒に学べばWebサイト制作の案件受注も可能なうえ、働きながら新たなスキルや知識を増やせる可能性も広がります。

たくさんのWebサイトを制作していると、クライアントやユーザーから喜びの声をもらえることもあります。それがやりたいことや新たな目標を見つけるきっかけになるかもしれません。HTMLコーダーは大きなチャレンジのためのスタートラインです。ぜひいろんなWebサイトに関わり、得意を伸ばしていきましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

その他のコンテンツ

HTMLから仕事を広げよう!コーダーの仕事内容や将来性までご紹介