デスクワーカー必見!試してみたくなる運動不足解消におすすめの方法を紹介

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

仕事で身体を動かす機会が少ないことから運動不足を実感する人も多いことでしょう。デスクワークで長時間座りっぱなしの生活を続けていると、健康リスクが高くなると言われています。
いつまでも健康体で元気に仕事を続けるためには、日々の健康管理や運動不足解消のためのアクションが必要です。
そこで今回は、運動不足を解消するための方法を紹介しているブログ記事を集めてみました。筋トレやゲーム感覚でできるアイテム、食事制限など方法はさまざまです。この機会にぜひ自分に合う方法を見つけてみましょう!

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

リングフィットアドベンチャーで運動不足解消(ITサービス指向エンジニアブログ)

記事スクショ

コロナ禍の影響もあり、最近では在宅ワークもすっかり定着してきました。しかし、一方で外出する機会が減り運動不足になってしまったという声もよく耳にします。

今回取り上げるのは、そんな運動不足を感じているエンジニアに向けて書かれた《リングフィットアドベンチャーで運動不足解消》という記事。ブログの筆者であるカイリーーさんは、『ITサービス指向エンジニアブログ』にて「未経験SESとしてスタートを切った貴方が勉強すべきこと」をコンセプトに情報発信を行っています。
こちらの記事では、ニンテンドーSwitchのフィットネスソフト「リングフィットアドベンチャー」の商品紹介やメリットについて記載されており、画像だけではなく、動画も使って分かりやすく紹介されています。

記事ではまず、リングフィットアドベンチャーの商品内容を紹介。「リングコン」や「レッグバンド」などの付属品も画像付きで紹介されています。筆者は実際に使用してみて「たかがゲームでしょ?というレベルではなく、超本格的なトレーニングゲーム」と感じたとのこと。さらに記事後半には、リングフィットアドベンチャーを使って感じたメリットについても記載されています。

筆者は、リングフィットアドベンチャーを使ってみて3つのメリットを感じたのだそう。例えば、ゲーム中のプレイヤーを走らせるためには自分も足踏みをする必要があり、速い足踏みで負荷の上がる歩き方が必要な場面もあるとのこと。筆者曰くこの動きは「インターバル速歩」といわれる歩き方に似ており、これが「運動不足解消」に効果があると感じたのだそうです。
その他にも「筋トレ効果」「肩こり改善」などのメリットも紹介されており、それらについても動画付きで丁寧に解説されています。

最後に、フィットネスジムに通った場合との金額も比較。Switch本体セットなども購入した場合はかなりの金額が掛かりますが、いつでも自宅でできたり、壊れたりしない限りは永年使えることから購入する価値はあるとのこと。カイリーーさんはお子さんと一緒にゲームをすることもあるようで、楽しみながら運動不足が解消できるのもメリットの一つかもしれませんね。自宅で運動不足を解消したいとお考えの方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

■リングフィットアドベンチャーで運動不足解消 記事詳細
https://kyrieee.com/ringfit-adventure/925/

Garminのスマートウォッチを使って日々の健康管理を行う(nyablog)

記事スクショ

エンジニアは座り仕事が多く、運動不足に陥りやすいため、運動不足解消のためにランニングやウォーキング、筋トレなどをしている方もいると思います。
せっかく運動するのなら、成果を可視化できたほうがうれしいですよね。ついでに健康管理もできれば、運動のモチベーションが上がるほか、病気の予防にもつながるでしょう。
この記事では、京都在住のシステムエンジニア・にゃぶろぐさんの『nyablog(にゃぶろぐ)~デジタル&京都の情報~』より、《Garminのスマートウォッチを使って日々の健康管理を行う》を紹介します。

健康維持を目的に約5kmのランニングを週1・2回行っているにゃぶろぐさん。ランニング実績の管理・確認用として、2019年11月にGarmin社のスマートウォッチを購入したそうです。購入から数年経った現在も使い続けているそうですが、ランニング実績の管理だけでなく、日々の健康管理にも役立っているといいます。
筆者が使っているのは、スマートウォッチと連動できるアプリ「Garmin Connect」。Garmin社提供のアプリで、心拍数やステップ数、運動量などが確認できます。また、心拍の変動や消費カロリー、ストレスレベル、睡眠の質なども確認できるため、休憩や運動のタイミング、良質な睡眠をとる際の目安にすることも可能です。
詳しい内容が気になる方は記事本文を読んでみてくださいね。

またブログには、Garminのスマートウォッチを1年間使ってみた感想の記事もあります。スマートウォッチの購入を検討している方は、ぜひ一読することをおすすめします。

■Garminのスマートウォッチを使って日々の健康管理を行う 記事詳細
https://nya1blog.com/garmin-health/

ダイエットで苦労が少なく続けやすい食事制限方法6つ【体験談】(健康オタクで読書と旅好きエンジニアのブログ)

ダイエットと聞くとすぐに「食事制限」を思い浮かべる人は多くいます。座ったまま仕事するエンジニアの場合、体を動かす機会が少なく体重が増えてしまったという方も少なくないようです。

体重増加イメージ

今回取り上げる『健康オタクで読書と旅好きエンジニアのブログ』は、「自分の実体験から役に立つと思ったこと」を紹介しているブログ。ブログの筆者は、エンジニアとして働きながら「10代から30代にかけて,体重に大きな変化がなく体型を維持できた」のだそう。こちらの記事《ダイエットで苦労が少なく続けやすい食事制限方法6つ【体験談】》には、そんな筆者が実際に行ってきた食事制限方法が丁寧に紹介されています。

筆者が長年体型を維持できたのは、「無意識および意識的に太りにくい食生活をしている」ことが理由なのだそう。例えば、筆者は「朝昼晩のどれかの食事量を大きく減らす」ことを実践。しかし、食事量を減らすことは実際には難しいため、一番お腹の空いていない朝に固形物を取らず自作野菜ジュースを飲むようにしているのだそうです。また、「食事の前に自作野菜ジュースを飲む」ことで、満腹感を得て食事量も減らせるとのこと。ブログには、この自作野菜ジュースのレシピや飲み方についての記事も併せて掲載されているので、気になる方はぜひチェックしてみるとよいでしょう。

さらに記事には、「空腹な時しか食べない」「筋トレ後の気持ち悪さを利用して食事量を減らす」といった食生活についても記載。厳しい食事制限ではなく、ちょっと意識するだけで効果が得られる方法が紹介されています。
苦労を感じにくい食事制限方法なら、忙しいエンジニアの方でも無理なく続けることができるかもしれませんね。記事を参考に、自分に合った食事制限方法を見つけてダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

■ダイエットで苦労が少なく続けやすい食事制限方法6つ【体験談】 記事詳細
https://diversification-blog.com/dietary-restrictions/

【運動不足】ITエンジニアが筋トレで得られる健康的なメリット(termination Live Blog)

記事スクショ

「腰が痛い」「眼精疲労気味だ」といったデスクワークならではの悩みってありますよね。
日々の疲れを取るために、仕事帰りに整骨院やマッサージ店に足を運ぶ人も多いでしょう。でも仕事が忙しいときには、リフレッシュのための時間を作ることさえ難しいものです。

そこで今回は、筋トレで運動不足解消につなげているというブログ記事《【運動不足】ITエンジニアが筋トレで得られる健康的なメリット》をご紹介します。記事を書かれているのは、フリーランスのインフラエンジニアとして活躍中のterminationさんです。
筆者自身もデスクワーク中心の日々で運動不足を実感。記事内では「ITエンジニアこそ筋トレを実践するべき理由」をもとに、筆者が本来はダイエット目的で実践したという「筋トレ」の習慣化を提案しています。

筆者の体験談から、筋トレをすることで以下のようなメリットが得られたそうです。

・デスクワーク中心の運動不足が解消される
・ストレス解消になる
・ダイエット効果がある
・夜の不眠に効果がある
・夜の不眠解消により、朝の目覚めが良くなる

記事内では、上記のメリットについて一つ一つ丁寧に解説。筋トレを習慣化させることで運動不足を解消できるうえに、ホルモンの分泌による集中力の向上や、肥満予防、不眠改善など、さまざまな利点を伝えています。

筆者が現在実践しているのは、スポーツジムでの筋トレ習慣。現在はテレワーク中ということもあり、朝の7時からスポーツジムにて筋トレに励んでいるそうです。また、昼休みやちょっとした休憩時間にも気分転換に筋トレをしているのだとか。
運動習慣がない方や多忙で時間を作れない方は、まず「スキマ時間の筋トレ」からはじめてみてはいかがでしょうか。こちらの『termination Live Blog』では、仕事のちょっとした合間にも実践できる筋トレ方法を紹介した記事も発信されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

■【運動不足】ITエンジニアが筋トレで得られる健康的なメリット 記事詳細
https://www.syeg.net/diet/deskwork-health-care/

運動嫌いなエンジニアでも失敗せずに10キロ痩せる方法(ITips)

提供画像

座りっぱなしで仕事するデスクワーク。運動量が少ないだけでなく、間食の誘惑など「太りやすい条件」が揃っています。ブログ『ITips』の筆者であるITエンジニアのからさんも、就職後3年で約10kg増加したそうです。
「運動は嫌いだけど痩せたい」というからさん。とある方法を編み出し、なんと10kgの減量に成功したそうです。今回『ITips』より、《運動嫌いなエンジニアでも失敗せずに10キロ痩せる方法》という記事を紹介します。

筆者はこれまでに以下のダイエット法を試したのですが、全て失敗したといいます。
・炭水化物抜きダイエット
夕食時に白米とスナック類を食べないようにしたとのこと。
9ヶ月試したそうですが、体重に大きな変化はなかったといいます。
・週末ランニング
週末の土曜日限定で、4km程度ゆっくりランニングするようにしたそうです。
2ヶ月続けたけれど効果が感じられなかったこと、「義務感による運動は楽しくない」ということで断念したといいます。
・EMS
安めの低周波マッサージ機で筋肉を刺激し、腹筋を鍛えるということを1ヶ月やってみたそうですが、効果は得られなかったとのこと。
・筋トレ
アニメ「ダンベル何キロ持てる?」を視聴している間に筋トレをしていたそうですが、アニメの放映が終了とともに筋トレの習慣もなくなったとのこと。

そんなからさんでしたが、仕事でインドに一時期滞在していた頃、食事が合わずに3ヶ月で3kgほど体重が落ちたそうです。
「食べなければ太らない」ーこの経験から、筆者は昼食を「とある食品に置き換える」というダイエットを思いつきます。実際に試したところ、1ヶ月に1kgずつ体重が減少。10ヶ月で10kgのダイエットに成功したそうです。
記事では置き換えた食品と、空腹を抑えられる食べ方なども紹介しています。
筆者が昼食に食べていたものとは一体何なのかー。続きはぜひ記事本文で確認してくださいね。

提供画像

また『ITips』には、IT関連のトラブルシューティング、ガジェット・ツールの紹介といった記事もあります。特にPythonや自作PC関連の記事は、からさんの経験が色濃く反映されているそうです。気になる方はぜひ、ほかの記事も一読してみてはいかがでしょうか?

■運動嫌いなエンジニアでも失敗せずに10キロ痩せる方法 記事詳細
https://itips.krsw.biz/lose-weight-for-lazy-engineer/

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    152,904の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 9月29日(木)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

その他のコンテンツ

デスクワーカー必見!試してみたくなる運動不足解消におすすめの方法を紹介