NEW プログラミング講師とは?仕事内容や収入について解説!

2020年を皮切りに、小学校・中学校と徐々に導入が始まったプログラミング教育。もはやプログラミングおよびプログラミング的思考は、これからの社会を生きていくうえで欠かせないものになっていると言えます。

この記事では、これからさらに需要が増えていくと見られるプログラミング講師という働き方について解説していきます。自身が持つスキルを人に教えることで、プログラミングの良さを改めて感じたり、新たな気付きや可能性を感じたりすることもあるかもしれません。

何より、プログラミング講師はこれからの可能性を育てていくことができる非常にやりがいのある仕事です。これからプログラミング講師になりたいと考えている人は是非参考にしてください。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

プログラミング講師とは?

プログラミング講師とは、その名の通りプログラミングを人に教える役割を担う仕事です。

未来のエンジニアを育てるための基礎を担っているのが、現在国を挙げて進められているプログラミング教育です。また、幅広い年齢層の人に向けてプログラミング学習をサポートしていくのが、プログラミング講師と呼ばれる職業の役割であると言えます。

世の中の便利な仕組みのほとんどは、プログラムを組むことによって実現されています。とくに少子高齢化で働き手の減少が予測されるこれからの時代では、プログラミング作業やプログラミング思考によるさらなる効率化が必要不可欠になっていくでしょう。

しかし、2019年に発表された経済産業省の調査によると、2030年に向けてIT人材が大きく不足していくと予測されています。

この理由として上げられているのが、社会全体で急速にIT化が進むことによるエンジニアの人材不足です。

エンジニアやプログラマーを目指す人は少なくありませんが、実際にスキルを身に付け、仕事へと活かせる人はあまり多くないのが現状です。

その理由として、いざプログラミングを学んでもそれを本格的な仕事に活かすためには、想像以上に高いハードルを超えなければならない場合が多くあることが挙げられます。

エンジニアにはフロントエンドやバックエンド、そしてインフラやデータベースなど、専門的に担当するいくつかの分野があります。それぞれ使う言語や業務内容、働き方などが大きく変わってくることが多く、実際に作業にはいくつかの言語を併せて使用する場合がほとんどです。

そのため何かひとつの言語を学んだだけでは、実際の業務に携われるほどのスキルや知識を身に付けているとは言えません。その業務の複雑さ、そして大変さゆえに、エンジニアやプログラマーは非常に大変な仕事だと言われているのです。

プログラミング講師として教えられるのは、プログラミングの基礎となる知識やスキル、そして考え方等が主になります。大切なのは初心者にも正しく理解できるよう分かりやすく教えること、そしてプログラミングを活かして働くビジョンを持ってもらうことです。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

プログラミング講師になるには?

プログラミング講師として働くためには、まず自身がプログラミングを確実に行える知識・スキルを持っている必要があります。

さらに、プログラミングが分からない人に教えるということが前提であるため、正しく理解してもらえるように分かりやすく伝えられる技術や、コミュニケーション力も必要だと言えるでしょう。

プログラミング講師になるために必要な資格はとくにありませんが、資格を取得することでスキルと知識の証明になります。保有していればプログラミング講師としての案件獲得に繋がりやすくなる場合もあるでしょう。

プログラミング講師を目指すうえでおすすめなのは情報処理推進機構の情報処理技術者試験などです。資格試験を受けることで自身のスキルレベルの再確認にも繋がるため、資格試験は積極的に取得を目指してみると良いでしょう。

また、教える立場になる前に一度スクールを利用して、実際に教わってみる経験をし、“教わる側”の気持ちを理解してみるのも良いかもしれません。教える立場として必要なのは、分からない人の気持ちに寄り添い、どうすれば理解できるのかを考えることです。

プログラミング講師の求人へ応募しよう

プログラミング講師を目指す場合、必要なスキルを身に付けたうえで、プログラミング講師を募集している求人サイトやエージェントなどで仕事を探すのが現在の一般的な方法です。

働き方としては雇用された会社員のプログラミング講師として働く方法と、持っているスキルと知識を活かしてフリーランスとして活動する方法があります。

フリーランスとしてプログラミング講師の案件を受注する際に注意しておきたいのが、求められる言語やスキルレベル、経験などが案件によって大きく変わる場合があることです。

フリーランスとして働く場合、やはり経験とスキルが豊富で実績を多く持つ人の方が仕事を獲得しやすい傾向にあります。そのためプログラミング講師になりたてで実績がない場合は、案件の獲得が難しいと感じることもあるでしょう。

ただし、システム開発やWebデザインなどで使われやすい“需要が多い言語”ほど、学びたい人も多くなるために講師としての募集案件は多くなる傾向にあります。これからプログラミング講師を目指すのであれば、まず自身が需要の多い言語を身に付けるところから始めるのも良いかもしれません。

エージェントを利用して案件を探したいという方はこちらのページを参考にしてみてください。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

プログラミング講師の概要

プログラミング講師の業務内容として挙げられるのは、コードの書き方を教えるといった実務的なものを始めとして、それぞれの受講者に対しての適切なフィードバックや進捗管理、さらには理解を深めてもらうためのこまめなサポートなどです。

また、大人向けの講座や子ども向けの講座など、担当する年齢やレベルに合わせた適切な指導・コミュニケーションを行うことも求められます。場合によっては受講者の「こんなプログラムを作ってみたい」という相談に乗るシーンも生まれるでしょう。

人に何かを教えるのは、非常に難しいことです。講師が分かりやすく説明したと思っていても、受講者が分かりにくかったと感じてしまえば一定の成果を上げたとは言えないでしょう。

そうなると講師としての案件を発注してくれているクライアント(プログラミング講座を開いている企業)の評判に影響が出ることはもちろん、実際に講師を担った自分自身の評価にも悪影響を与えてしまうことが考えられます。

それぞれの受講者に満足してもらうためにはどうすれば良いか、どうすれば正しいスキルと知識を身に付けてもらえるかなど、プログラミング講師が考えるべきことは非常に多いのが実情です。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

プログラミング講師のメリット

現在主流となっているプログラミング講座は、学校や学習イベント等で直接対面によって教える方法と、オンラインを使って画面越しに指導を行う方法の2つがあります。

子ども向けの講座であれば、実際に対面でロボットを製作しながら理解を深めていくことが多くなるでしょう。大人向けの講座であれば画面を見ながら実践的な学習を行うことが多いため、オンラインでサンプルを利用しながら進めていくことがほとんどです。

プログラミング講師を行うメリットは子ども向け講座か大人向け講座かにもよりますが、共通するのは人の成長を間近で見て、やりがいを感じられることです。

その他のメリットについても解説していきます。

時間の有効活用ができる

オンラインを使ったフリーランスのプログラミング講師であれば、自身のスケジュールやライフスタイルに合わせて自宅で働けるというメリットがあります。

時間を有効に使えるため、プログラミング講師を本業として行うことはもちろん、副業として活動することも可能でしょう。

教えながら知識を深めることができる

プログラミングは非常に奥が深く、かつクリエイティブなものです。どれだけ学んでもまだまだ分からないことばかりだと感じる人は非常に多いのではないでしょうか。

しかし、どんな知識やスキルでも、人に教えながらアウトプットを行っていけば自身のスキルや知識を見直しに繋がるため、自然とスキルアップしていくことが可能です。

知識不足だった部分を学び直して強化することで、プログラミング講師としてもプログラマーとしても、さらなるスキルアップが望めるでしょう。

「プログラミング講師をやってみたいけれど、自信がない」と考える人こそ、積極的に講師を目指してみるのがおすすめです。

大きなやりがいを感じられる

プログラミング講師は、これからの時代に求められるIT技術者やクリエイターを育てるための入り口を担う仕事です。

ここで基礎をしっかりと理解して目標を持ってもらうことで、将来素晴らしいエンジニアたちを生み出せる可能性が高くなると考えられます。ただし、この入り口で教え方を間違えてしまえば、有能なエンジニアの芽を摘んでしまうことにもなりかねません。

やりがいはもちろん、責任も非常に大きい仕事であることは間違いないでしょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

プログラミング講師に必要なスキル

プログラミング講師に求められるのは一般的なプログラマー程度のスキルと知識、そしてコミュニケーション力と適切に教えるスキルです。

いくらエンジニアとして優秀な人でも、プログラミングが分からない人に対して丁寧に分かりやすく伝えるためのコミュニケーション力がなければ、プログラミング講師として活躍することはできないでしょう。

受講者の中には、同じ内容を伝えてもすぐに理解できる人とそうではない人がいるはずです。そのような場合にも、理解できない人にどう伝えれば理解してもらえるのかを考え、実践していくのがプログラミング講師の仕事です。

分かりやすくかみ砕いて説明するには、プログラムに関する深い知識が必要です。プログラミングスキルもコミュニケーション力も、バランス良く求められる難しい職業がプログラミング講師であると言えます。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

プログラミング講師の収入について

プログラミング講師としての働き方には、雇用契約で会社員として働く場合と、フリーランスとして委託で働く場合の大きく分けて2つの方法があります。

そしてその働き方によって、業務内容や収入にはいくつかの違いがあります。結論から言えばフリーランスの方が自由に働きやすく収入も高い傾向にありますが、それだけの実務経験と実績が求められるため、案件獲得のハードルは高くなると言えます。

担当する言語やプログラミングの種類にもよりますが、雇用されて働く場合は年収300万円~400万円程度が一般的です。

フリーランスの場合は企業に所属して会社勤めのように働く方法もありますが、比較的自由度が高めです。ただ、スキルや知識・働き方や専門性によって年収は大きく変わるため、安定感は高くないと言えるでしょう。

フリーランスのプログラミング講師は働く時間や場所を自由に決めやすいというメリットがある反面、需要の多い言語や講座でなければ仕事を取りにくいなどのデメリットもあるでしょう。

また、プログラミングに関する知識やスキルがどんなに豊富でも、初心者である受講者に対して適切な指導ができなければ、プログラミング講師として仕事を続けていくことは難しいと言えます。

プログラミング講師として高い収入を目指すなら、初心者である受講者に寄り添った分かりやすい指導と、さまざまな疑問や質問に的確に回答できる豊富な知識とコミュニケーション力が必要不可欠となるでしょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

プログラミング講師の募集案件

フリーランスhubでプログラミング講師の募集案件を探すと、2021年12月17日時点で案件は27件となっています。

こちらの案件ではC++など実際に多く使われやすい言語における実務経験が求められていますが、実際にプログラミング講師として働く場合には、講義を行うための準備から内容作り、そして課題の作成などが含まれることも多くあります。

そのため、エンジニアとしての実績があるだけでは、実際に講師として案件を受注した場合に認識の違いが生じる可能性もあります。エンジニアやプログラマーからプログラミング講師への転向を考えているなら、まずは講師としての業務内容をしっかりと確認し、擦り合わせることが大切です。

また、講師として携わるには特定の言語を使った実務経験を求められる場合が多くなっています。期間としては3年以上あれば、案件受注に有利であると言えるでしょう。

講師としての募集が多い言語は、Webサイト制作の基本となるHTML/CSSやJavaScriptをはじめ、システム開発で需要の高いJava、注目度と人気が高いRubyなどがあります。

もちろんそれらの言語を使った実務経験が少ない、もしくは該当しない言語の実務経験しか持っていないという場合もあるでしょう。レバテックフリーランスであれば、そのような場合もとりあえず相談してみるということが可能です。

プログラミング講師に必要なのはスキルと知識、実務経験ですが、人に教えるためのコミュニケーション力も非常に重視される傾向にあります。自身の持つスキルと経験が募集案件に足りない場合でも、積極的に相談してみると案件獲得に繋がる可能性は少なくありません。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

副業で講師業をするのは可能?

現在は社会全体のIT化とリモートワーク化が進み、インターネットを使って働いたり学んだりする人が増えてきています。

プログラミング講座もインターネットを利用したリモート講座が非常に増えてきているため、受講者はもちろん教える立場である講師も、環境さえ整っていればどんな場所からでも開講・受講が可能になりました。

つまり、受講者が希望する時間と講師が稼働できる時間が合えば、プログラミング講師はいつでもどこでも働くことができます。受講者側も講師側も“本業が始まる前”もしくは“本業が終わった後の時間”で稼働することを考えれば、副業として講師業を行うことは十分に可能だと言えるでしょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

基礎からしっかりと教えられるプログラミング講師を目指そう

プログラミングをはじめとしたIT系の仕事は、常に新しい情報にアップデートされ続けることが多く、どこまで学んでも終わりが見えることはありません。

そのためどんどん新しい情報を学ぶことばかりに意識が向いてしまいがちですが、大切なのはやはり基礎となる知識や技術であると言えるでしょう。

プログラミング講師はその基礎的な部分を教える役割を担う大切な仕事です。基礎がしっかりとできていれば、その後どんなに難しい業務が降りかかってきても上手く乗り越えることができるでしょう。

現在プログラマーやエンジニアとしての実務経験を持っているなら、プログラミング講師としての働き方も積極的に模索してみるのがおすすめです。

自身が持つスキルや知識・ノウハウを活用し、これからの社会を担う新時代のエンジニアやプログラマーたちを育ててみてはいかがでしょうか。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

その他のコンテンツ

プログラミング講師とは?仕事内容や収入について解説!