どんな工夫が必要?効果的なランディングページの作り方やお役立ち情報まとめ

a month ago

ランディングページは、Web広告やSNSなどから流入した訪問者が最初に閲覧するWebページで、成果としてはコンバージョン獲得を目的としています。このランディングページ次第で商品・サービスの売上が変動するため、いかにターゲットユーザーに刺さるように制作するかが問われるでしょう。そこで本記事では、効果を上げるためのランディングページの作成方法や知っておきたいポイント、役立つ情報などが綴られた記事を集めました。これらのヒントを参考に、ぜひランディングページ制作やコンバージョン改善に役立ててください。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

【BtoB】ランディングページの作り方!お問い合わせを増やす制作のツボを理解する(株式会社アーチャレス)

デジタルマーケティングに強みを持ち、企業のビジネス成果を上げるためのマーケティングDXを支援している、株式会社アーチャレス。主に、デジタルマーケティング関連のコンサルティングや、マーケティングWeb構築・運用、WebのCVR向上支援などの事業を展開しています。

そんな同社が発信するブログ記事には、これまで培ってきたノウハウが惜しみなく掲載されており、まさにマーケティング手法で悩んでいる方のガイドブック的な役割を果たしてくれそうです。
そこで、今回はこちらの記事《【BtoB】ランディングページの作り方!お問い合わせを増やす制作のツボを理解する》に注目してみました。

記事スクショ

当該記事では、効果が期待できるランディングページの作成ポイントをBtoBの観点から解説しています。筆者によると、ランディングページ作成時はデザインや文言以上に配慮すべきポイントがあるのだとか。
たとえば、ペルソナ分析やカスタマージャーニーの設定は必要不可欠で、ランディングページ作成の手順でいえば、一番最初に行います。このフローでターゲットを明確にしていないと、成果に繋がりにくくなってしまうようです。
ペルソナ分析では年齢や職種、年収、役職、家族構成といった細かな設定を行い、具体性のあるユーザーモデルを抽出します。そこから、さらにカスタマージャーニーの設定によってペルソナの購買活動を分析・可視化し、ターゲットの具体化と心理をトレースすることが大切とのこと。
ランディングページの作成手順については、それぞれのフローでポイントと根拠が解説されているので、記事にてご確認ください。

また、コンテンツを構成する際には、「ファーストビュー」「興味・関心」「エビデンス」「信頼」「クロージング」の5つを留意したほうが良いそうです。その中でも重要なのがファーストビューで、キャッチコピーやアイキャッチ画像、CTAボタンをしっかり作り込み、ターゲットの興味を引くことで離脱率を下げる工夫が必要と綴られています。
さらに、エビデンスにおいてはBtoBならではの留意点もあるのでぜひチェックしておきましょう。

記事後半では、ランディングページを作る際の注意点にも言及。ランディングページの事例をいくつか挙げ、特徴が解説されているので、見比べてみるのもいいかもしれません。
これらのアドバイスを参考に、BtoBを始めとするさまざまなランディングページの作成に活かしてみてはいかがでしょうか。

■【BtoB】ランディングページの作り方!お問い合わせを増やす制作のツボを理解する
https://www.archeress.co.jp/blog/landing-page-point

効果の出るランディングページ(LP)の作り方とは?おさえておきたい構成やデザインのポイントを解説(株式会社clover)

株式会社cloverは、SEO支援、サイト・ランディングページ制作やコンテンツ制作、Webコンサルティング、Webマーケティングなどの事業を展開しているWeb制作会社です。同社が創業当初から変わらず大切にしているのは、エンドユーザー視点でのサービス提供。「IT業界の医者」になるという確固たる思いに基づき、クライアントが抱えるITの課題を「改善=治療」してきました。

クライアントの満足度を追求し、誇りを持って仕事に取り組む同社は、発信するサイト記事もWeb関連で悩む人の力になりたいという意識で共有しているのかもしれません。
たとえば、こちらの記事《効果の出るランディングページ(LP)の作り方とは?おさえておきたい構成やデザインのポイントを解説》では、ランディングページ制作でおさえておくべきポイントと、こだわるべきことについてノウハウが綴られています。

記事スクショ

記事冒頭では、ランディングページに取り入れるべき要素として、以下の7つを提示。

・キャッチコピー
・共感とベネフィット
・商品とサービスの紹介
・お客様の声
・よくある質問
・競合との差別化
・クロージング

上記の「共感とベネフィット」の場合は、ユーザー自身のニーズや問題解決に繋がり、共感や興味関心を引く要素を構造に取り入れます。かつ、提供する商品・サービスによって、ユーザーが具体的に得られるベネフィットを強調することが大切なようです。
残り6つの要素についても、記事中で必要な理由が解説されています。

ただ、これら7つの要素を構造に取り入れるだけでは、ランディングページの効果を上げる対策としては少々心許なく、完璧ではありません。
そこで、筆者は効果的なランディングページのデザインを作るコツを5つ紹介しています。
1つ例に挙げると、「顧客を意識したトンマナ」を取り入れることで、ブランドの独自性を反映させることができるのだとか。具体的には、ターゲットとするユーザーに合わせたトーンとマナー、ユーザーの共感を得られる言葉選びや色合いなどを選択する必要があるようです。

そのほか、記事後半ではコンバージョン率を上げる方法やSEO対策のポイント、テストと改善の重要性にも言及。それぞれ詳しい解説が綴られているので、記事をくまなくチェックしてみてください。
そして、自身のランディングページと比較して、足りない部分があれば補うための参考にしてみてはいかがでしょうか。

■効果の出るランディングページ(LP)の作り方とは?おさえておきたい構成やデザインのポイントを解説
https://clover-inc.jp/magazine/landing-page/

あえてランディングページでSEOをする【押さえるべき3つのポイント】(株式会社リラクス)

東京都台東区に拠点を置き、WebマーケティングとWeb制作の2本柱で事業を展開している、株式会社リラクス。コンバージョン増加のためのWebサイト改善を得意とし、Web戦略設計から施策実行までを行っているWebコンサルティング企業です。

株式会社リラクスTOPページ

そんな同社が発信するブログ記事の中から、今回はこちらの記事《あえてランディングページでSEOをする【押さえるべき3つのポイント】》をピックアップしました。

記事中で取り上げているのは、ランディングページでSEO対策をするデメリットと、あえてSEO対策する場合のポイントについて。
筆者によると、ランディングページではSEO対策を行うべきではないという考え方があるそうです。そこで、筆者は主なデメリットを2つ挙げ、それぞれの理由を解説しています。

デメリットの1つとして挙げられているのは、コンバージョン率が下がる可能性があるということ。そもそも、ランディングページ制作は、ユーザーをコンバージョンに導くことを目的としています。しかし、SEOを意識することにより、ページに記載する内容が本来の目的からブレてしまうリスクが生じるそうです。

ランディングページの場合、コンバージョン獲得のために、瞬時に訴求を伝えられる短く端的なメインコピーを作成したり、テキスト量を減らしたり工夫を凝らすケースもありますが、SEO観点ではこれらがマイナスに働く可能性があります。
ランディングページとSEO対策で考慮すべきポイントは両立するのが難しいケースが多く、コンバージョン率が下がるおそれがあるため、ランディングページでのSEO対策はデメリットとされているようです。
あと1つのデメリットである、ブランディング機会を損失する可能性についての詳細は記事をご覧ください。

ただし、これら2つのデメリットは、必ずしもSEO対策を避けた方が良いかというと、そうではないようです。要は、コンバージョン率を下げないように、かつブランディングの妨げにもならないという条件をクリアすれば問題ないとのこと。
ランディングページでSEO対策を行う場合のポイントとしては3つ挙げられており、その1つが「文字を画像ではなくテキスト要素で実装」することだといいます。
残り2つは「画像の容量を抑える」「本体サイトからリンクを貼る」としており、それぞれ詳しく解説されているので、参考までに覗いてみてはいかがでしょうか。
これらのポイントをおさえて、コンバージョン率の高いランディングページの作成に活用してみてください。

■あえてランディングページでSEOをする【押さえるべき3つのポイント】
https://rilaks.jp/blog/landing-page-seo/
トップページ
https://rilaks.jp/

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    275,185の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 7月18日(Thu)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

集客アップにつながる!参考にしたい「SEO施策」のブログ記事まとめ

SEOは[Search Engine Optimization(直訳すると「検索エンジン最適化」)]の略称です。具体的には、検索結果の上位表...

SEO

2 years ago

LP制作の悩みを即解消!すぐに試したくなる集客方法や改善方法を紹介

「ユーザーの目を惹くようなページを作りたい」「集客をもっと上げたい」という思いから、クオリティの高いLP(ランディングページ)の制作に興味を...

a year ago

フロントエンドエンジニアに役に立つ資格とは?資格とその勉強方法をチェックしよう!

Webサイトやアプリケーションにおいて、ユーザーの目に触れる部分がフロントエンドです。フロントエンドは、ユーザー側の目線を最も重視する部分。...

資格フロントエンドエンジニア

4 months ago

資格で実力を証明!データサイエンティストに役立つ資格の合格体験記まとめ

データサイエンティストの資格には、データサイエンティスト検定や基本情報処理技術者試験/応用情報技術者試験、統計検定などさまざまな資格がありま...

資格データサイエンティスト

a year ago

AI関連の資格取得を目指すなら!事前にチェックしておきたい合格体験記の紹介

AIや機械学習の分野を深く理解するには、資格取得を目指して勉強するという方法もおすすめです。AIに関連する資格として挙げられるのは、Azur...

資格学習

5 months ago