資格で実力を証明!データサイエンティストに役立つ資格の合格体験記まとめ

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

データサイエンティストの資格には、データサイエンティスト検定や基本情報処理技術者試験/応用情報技術者試験、統計検定などさまざまな資格があります。
いずれも必須資格ではありませんが、資格を取得することで自分の実力を証明できるなどのメリットにつながるでしょう。

このページでは、データサイエンティストに役立つ資格の合格体験記・勉強方法のブログ記事を紹介しています。資格取得を検討している方はぜひ、こちらの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?
※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

データサイエンティスト検定(DS検定)の概要と対策(YoheiKoブログ)

記事スクショ

データサイエンティストに必要なスキルや知識が備わっているかどうかは、データサイエンティスト検定(DS検定)という資格の保有により証明できます。

そこで今回は、DS検定を実際に受験した方の体験記に注目。ご紹介するのは、アプリ開発やWebの個人開発などを手掛けるYoheiKoさんのブログ記事《データサイエンティスト検定(DS検定)の概要と対策》です。記事内では、DS検定の概要や対策、勉強方法などについて詳しく解説されています。

DS検定の合格ラインの目安は、正答率80%(総得点360点)と言われているそうです。近年では、DX(デジタルトランスフォーメーション)やデータサイエンティストへの関心の高まりにより、受験者数も年々増加しているとのこと。それに伴う合格率の低下も見られるなど、DS検定の動向にも注目した内容が紹介されています。

試験対策でYoheiKoさんが主に取り組んだのは、通称「黒本」と呼ばれている問題集を解くことです。しかし、試験後に「公式ブックの白本を勉強したほうがよかったかもしれない」と感じたのだとか。なぜ白本を参考にすべきだったかについては記事内に書き綴られているので、ぜひチェックしてみてくださいね。
また、試験範囲の傾向と対策についても、「データサイエンス」「データエンジニアリング」「ビジネス」の3項目別に詳しく解説。しっかりと傾向と対策を練ったうえで、DS試験に臨んでみるとよいかもしれません。

『YoheiKoブログ』では、JavaScript のライブラリである【React】、Google提供のプラットフォーム【Firebase】に関する記事も多数掲載されていますよ。エンジニアとして多くの学びを得たい方におすすめのブログサイトです。

■データサイエンティスト検定(DS検定)の概要と対策
https://yoheiko.com/blog/データサイエンティスト検定の概要と対策/

Pythonエンジニア認定基礎試験の勉強方法!参考書はコレ(SeLife365)

記事スクショ

資格取得に向けた勉強は効率的に行いたいものですよね。そんなときには、実際に体験したことがある人の声を聞いてみるのがおすすめです。

今回は、データサイエンティスト向け資格の一つとされるPythonエンジニア認定試験の体験記をご紹介。《Pythonエンジニア認定基礎試験の勉強方法!参考書はコレ》というブログ記事で、合格への効果的な勉強法が書き綴られたものです。

試験に臨んだのは、ブログサイト『SeLife365』の運営者である「SEおっさん」。筆者は、20年以上SEとして走り続けるベテランの現役エンジニアです。
記事には、Pythonエンジニア認定試験の【基礎試験】に向けて行った勉強方法が記載されています。そのなかで伝えているのは、「合格するためには学習コスト(時間)が必要」であるということ。50時間の学習コストをかけて筆者が取り組んだのは、主教材や模擬試験サイトを活用した繰り返し学習です。

とはいえ、最初にするべきことは「試験範囲の分析」なのだとか。まずは試験範囲を確認し、出題率や出題される頻度についてリサーチするそうです。記事内では2022年8月時点の情報をもとに、出題頻度の高い項目をピックアップして紹介。どの項目を重点的に勉強したほうがよいのかを知ることができますよ。

しかし、出題傾向を読み解く学習方法は出題率の低い項目に目をつむることになるため、あくまでも「合格するだけのテクニック」になるとのこと。分析による学習方法で合格を手にした場合には、実践で困らないように、飛ばした部分の知識もあとからしっかりと身につけておくことを伝えています。

ブログサイト内には、Pythonエンジニア認定試験の【データ分析試験】の勉強方法も掲載中です。試験にチャレンジする際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

■Pythonエンジニア認定基礎試験の勉強方法!参考書はコレ
https://kenko-keep.com/python-siken-kiso-studymethod/

OSS-DB Silverの難易度と勉強方法を解説!【合格体験記】(IT JOBLOG)

記事スクショ

LPI-Japanが運営する認定資格「OSS-DB」は、オープンソースデータベース(OSS-DB)に関する知識・技術力を証明できる資格です。RDBMSとSQLに関する知識に加え、オープンソースを利用したデータベースの運用・管理、PostgreSQLを用いたデータベースシステムの開発、運用管理を担当できるかといった内容が問われます。資格を取ることで幅広いスキルが身につき、エンジニアとしての価値を高められほか、データサイエンティストとして活躍するための足がかりにもなるでしょう。
こちらでは、ブログ『IT JOBLOG』より《OSS-DB Silverの難易度と勉強方法を解説!【合格体験記】》を紹介します。

ブログの筆者である「おると」さんは、これまでに金融系システムや医療の現場を支える公共システムなどのサービス開発を手掛けてきたITエンジニアです。
おるとさんが資格取得を目指した理由は、「オープンソースデータベースに関する基礎的な知識・技術力をアピールできるから」とのこと。
オープンソースは世界中のシステムで運用されており、オープンソースデータベースの技術も今後需要が高くなると予想されています。データベースはエンジニアと切り離せない関係にあり、常にデータベースに関する知識が求められるのだそうです。
そこでおるとさんは、オープンソースデータベースに関する基礎的な知識・技術力をアピールできる資格として、OSS-DB Silverの取得を目指したといいます。

おるとさんが試験勉強に利用したのは、参考書1冊とudemyのみ。
参考書は問題文を解いた後に解説を見て学習するタイプのものを利用したそうです。
■おるとさんが実践した勉強方法
1.1章分の問題を解く
2.解説を要約してノートにまとめる
3.要約したノートで復習する
4.udemyの模擬試験問題集を解く
記事には、おるとさんが利用した参考書の詳細をはじめ、勉強方法の補足や実際にかかった勉強時間、試験結果などが記されています。記事の詳細を知りたい方は、ぜひ本文で確かめてくださいね。

またおるとさんは、Java SilverやJava Gold、AWSなどさまざまな資格を取得しています。ブログには資格取得時の体験記が掲載されており、どの記事も参考になる内容ばかりです。ぜひ『IT JOBLOG』を訪れてみてはいかがでしょうか?

■OSS-DB Silverの難易度と勉強方法を解説!【合格体験記】
https://it-joblog.com/study-oss-db-silver/

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    185,241の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 2月6日(月)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事