LP制作の悩みを即解消!すぐに試したくなる集客方法や改善方法を紹介

13日前

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

「ユーザーの目を惹くようなページを作りたい」「集客をもっと上げたい」という思いから、クオリティの高いLP(ランディングページ)の制作に興味を持った方も多いでしょう。コンバーション率(CVR)や集客アップのために何をやるべきなのかが分かると、効率的にLP制作を行うことができます。

そこで今回は、LP制作で参考にしたくなるようなブログ記事を集めてみました。集客をアップさせるために何をやるべきか、LP最適化のために必要なことは何か、既存LPを使う効率重視の方法など、すぐにでも試してみたくなる情報が満載です。まずは、LPを作る際のポイントや手順をチェックし、効率的に取り入れてビジネスチャンスを掴みましょう。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

既存のランディングページを改善しながら、CVR向上に成功したLPO事例-調査・分析編-(株式会社ポストスケイプ)

記事スクショ

「コンバーション率(CVR)を上げるために、ランディングページ(LP)を一から作り直したほうがいいのだろうか」と悩んでいる方に読んでいただきたいブログ記事のご紹介です。

記事のタイトルは《既存のランディングページを改善しながら、CVR向上に成功したLPO事例-調査・分析編-》。こちらの記事は、LP制作会社ポストスケイプが運営する『コンバージョンラボ』のKAIZEN REPORTブログに掲載中です。

記事内では、ランディングページを新しく作り直すのではなく、改良を行うことでコンバーション率を上げるという方法について紹介。「今すぐにCVRの改善が必要」という状況のなかで、既存のLPを活かす施策がどのようにして行われたのか、という実例を交えたプロセスが書き綴られています。
大きなビジネスチャンスを掴むには、効率重視の選択も時には必要なのかもしれない…と熟考するような内容です。新規でLP制作を行う時間がないという場合には、既存LPを改善させる方法に着目してみるとよいかもしれません。

既存LPの改善方法として取り組んだのは、基本となる調査分析や情報収集。ランディングページを正しく運用するためには欠かせない作業とのことです。時間をかけて現状を分析し、商品やサービスを理解することが何よりも最短ルートだと伝えています。さらに、既存LPのコンバーション率を改善するためのヒントやポイントについても触れられているので、ぜひ読み進めてみてくださいね。

ブログ内では、ランディングページ(LP)に関する記事を多数発信。自社開発のLPO支援ツール「CVX」を活用した記事も掲載されているので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

■既存のランディングページを改善しながら、CVR向上に成功したLPO事例-調査・分析編-
https://conversion-labo.jp/report/analyze/10676/

LP(ランディングページ)への集客方法を伝授!成功するページの特徴も解説(株式会社DOPEZINE)

記事スクショ

たくさんのユーザーに訪れてもらえるようなページを作るには、やはりLPの作り方が重要なポイントになります。
そこで注目したのが、今回ご紹介する《LP(ランディングページ)への集客方法を伝授!成功するページの特徴も解説》という記事です。こちらの記事は、写真撮影・映像制作・マーケティング・デザインなどのプロモーションに関わる事業を展開している株式会社DOPEZINE(ドープジン)という企業サイトに掲載されています。

記事では、集客方法の悩みを解消するためのヒントを紹介。「アクセス数が増えたのに売上につながらない」といった根本的な悩みを解決する糸口を見つけることができます。

記事の前半で伝えているのは、ユーザーをゴールまで導くためにはLPへのアクセス数を増やすことも大事だけど、「商品に興味を抱かせる工夫もしなければいけない」とのこと。まずはLPの特徴を知ることが集客アップのヒントになるようです。

特徴について理解したうえで、次に行うのが集客アップのためのサイト作り。記事内では、主な集客方法である【自社のリソース】【SNS広告】【リスティング広告】の3つの方法についても触れられています。記事の後半では、「ユーザーがアクションを起こしやすいLPの特徴」として5つのヒントを紹介。ユーザーの心を掴むための大切な要素が伝えられていますよ。

同企業のサイト『Knowledge』のページでは、LP制作に関する記事を多数発信中。デザインに関する記事をはじめ、映像・動画制作やSNS・Twitter・noteの運用、マーケティング関連など、さまざまな情報が満載です。ぜひほかの記事もチェックしてみてくださいね。

■LP(ランディングページ)への集客方法を伝授!成功するページの特徴も解説
https://dopezine.co.jp/knowledge/detail/82

LPO対策とは?意味や具体的な方法まで詳しく紹介します(株式会社クロスバズ)

記事スクショ

コストパフォーマンスが高いLP(ランディングページ)を制作したい、という方におすすめなのがこちらの《LPO対策とは?意味や具体的な方法まで詳しく紹介します》というブログ記事です。
当記事は、LP制作をはじめとするWEBサイト企画・制作事業や戦略コンサルティング事業を展開する『株式会社クロスバズ』が発信しています。

記事の冒頭では、LPを最適化するために行う「LPO対策」について詳しく記載。LPに関する概要や実施するメリット、検索エンジン最適化を表す「SEO」、エントリーフォーム最適化を表す「EFO」についても丁寧に紹介されています。
LPO対策では、【分析】【施策立案】【検証】という3STEPの方法をピックアップして解説。LP最適化を行うには、この3つのステップをしっかりと踏む必要があるとのことです。
さらに、LPO対策で押さえておきたい3つのポイントについても触れられています。キーポイントとなるのは【ニーズ】。ユーザーのニーズとコンテンツが合っているかどうかを把握するための手順が書き綴られているので、参考にしつつニーズの修正を行ってみてはいかがでしょうか。

同企業では、行動経済学を取り入れた【バズLP】というサービスを提供しています。「LPに答えはない」という視点から、失敗しないLP制作を提案。ビジネスの規模や目的、商材などによってベストな選択をするためのLP作りを行っています。
『クロスバズ ブログ』では、LP制作に関連した多くの記事を掲載中です。基礎から解説されたものから、すぐにでも取り入れたくなるポイントまで豊富に発信されています。記事なる記事をぜひチェックしてみてくださいね。

■LPO対策とは?意味や具体的な方法まで詳しく紹介します
https://x-buzz.co.jp/lp/blog-lp/3004/

【LP集客のプロに聞く】ランディングページの作り方とは?最初にやるべきことは〇〇!(株式会社GoodUP)

効果的に集客するためのLP(ランディングページ)制作できていますか?
今回は、「ランディングページを作るときに最初は何からはじめたらよいのか」といったLP制作での悩みを解消できる記事をご紹介します。

注目したのは、《【LP集客のプロに聞く】ランディングページの作り方とは?最初にやるべきことは〇〇!》というブログ記事です。発信しているのは、『株式会社GoodUP』を運営している士業Webプロデューサーの榎本元(えのもとはじめ)さん。当記事には、LP集客の専門家として相談者の悩みに答えたときの内容が書き綴られています。

記事のなかで分かりやすく説明するために榎本さんが使用したのは、戦略設計の全体像を示した図式。一目見るだけでLP集客の流れを理解できるようピラミッド型で例えられたものです。ピラミッドの土台には、戦略にあたる「顧客分析」「競合分析」「自社分析」という3つの要素が描かれています。

タスクイメージ

最初に行うべき戦略は「顧客分析」です。記事内では、3STEPに分けて重要なポイントを丁寧に解説。ターゲットとする顧客のニーズを把握すること、プロセスを明確化すること、検索キーワードを決定することなど、顧客分析を行う際の重要なポイントが記載されています。
「競合分析」と「自社分析」も重要な項目とのことですが、何よりもまずは顧客分析に取り掛かることが勝てる戦略の秘訣なのだとか。基盤となる部分をしっかりと固めてから、競合・自社の分析を進めていくとよいと伝えています。

LPの伸びは「“戦略設計”で8割決まる」と話す榎本さん。集客のプロが発信する成果につながるLPの作り方を知りたい方はぜひご一読ください。

【LP集客のプロに聞く】ランディングページの作り方とは?最初にやるべきことは〇〇!

失敗しないLPOの【思考】と【実践】12選(株式会社nano color)

記事スクショ

引用元:失敗しないLPOの【思考】と【実践】https://nanocolor.jp/blog/5530/

何も考えずにLPO(LPの最適化)を目指しても簡単に成功させることは困難です。
そこで今回は、LPOを実施するためのチェックポイントが分かる《失敗しないLPOの【思考】と【実践】12選》という記事に注目してみました。こちらの記事は、ブランド戦略支援と獲得施策に特化したWeb制作を行っている『株式会社nano color(ナノカラー)』のサイトに掲載中です。

LPOを行うにはまず、部分的または全体的な最適化が必要なのかを見定めなければいけない、とのこと。記事内にはその方法として、【思考編】と【実践編】という2つの視点から考察した内容が書き綴られています。

思考編では、以下5つの項目に分けて詳しく解説。LPOを実施するうえで押さえておくべきポイントについて、図を用いて分かりやすく伝えています。

1)必ず仮説をたててからデータを見る
2)「点」の解析から「線」の分析を意識する
3)誰に対しての改善施策なのかを明確に
4)導線全体でLPをみる
5)LPOが施策全体でどの位置でどの目的なのか俯瞰で理解する

実践編では、以下7つの項目を取り上げ解説。思考編と同様に図を用いて分かりやすく説明されています。

6)比較によって発見が生まれる
7)定点観測でCVRとの因果関係のあるKPIを探る
8)アテンションヒートマップの計測はツール仕様によって異なる
9)ユーザーの動きから流入前と流入後の心理を仮説立てる
10)各要所のスクロール到達率目安とLP構成の役割
11)LPO改善箇所の見つけ方のコツ
12)LPの構成を色分けしてみる

項目のなかには、CVRを向上させるために重要視されているCTA(Call To Action)について触れているところもあり、あらゆる方向性からLPO対策を考えることができる内容となっています。

記事の最後で語られているのは、「訪問した1PVが感情のある人であることを認識しなければいけない」ということ。また、LP制作・LPOに正解はなく、「絶えず最適解を求め続けること」が大切なのではとも伝えられています。
LPO対策を行う際にはぜひ、こちらのブログ記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

■失敗しないLPOの【思考】と【実践】12選
https://nanocolor.jp/blog/5530/

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    185,241の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 2月6日(月)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事