AI関連の資格取得を目指すなら!事前にチェックしておきたい合格体験記の紹介

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

AIや機械学習の分野を深く理解するには、資格取得を目指して勉強するという方法もおすすめです。AIに関連する資格として挙げられるのは、Azureの「AI-900」や、日本ディープラーニング協会が実施している「G検定」「E検定」など。これらの資格は、知識習得のために試験にチャレンジする人や、活躍の幅を広げるために取得する人も増えてきているようです。
そこで今回は、受験対策の一つとして参考にしている人も多い「合格体験記」を集めてみました。ブログ記事を通して、実際に試験に合格した方々の実体験や勉強方法などを詳しく知ることができます。合格までの近道にぜひご活用ください。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

【合格体験記】AI-900に独学で一発合格したので、勉強法を紹介します(Yasumori Journal)

記事スクショ

AzureとAIの全体を把握できる初級レベルの「AI-900」。機械学習と人工知能に関する基礎的な知識が身についているかどうかを証明できるMicrosoftの認定試験一つです。Microsoftの資格は世界各国で評価されているため、取得することで活躍の幅を広げられるかもしれません。

今回はAI-900の受験対策として、《【合格体験記】AI-900に独学で一発合格したので、勉強法を紹介します》という記事に注目してみました。発信しているのは、外資系エンジニアとして活躍中のyasumori(ヤスモリ)さん。記事内では、AI-900に一発合格した際の勉強方法について詳しく書き綴られていますよ。

yasumoriさんが勤めている会社では資格取得が必須なわけではなかったようですが、入社時にAzureのAIサービスを使った研修を受けたことが受験するきっかけの一つになっていたようです。また、AI-900を受験する前に同じ初級レベルの「AZ-900」の認定試験に合格しており、この試験でAzure自体に興味を持ったとも語っています。

勉強法では、Azureの実務経験ゼロの状態から取り組んだ内容を紹介。まず筆者が行ったのは、無料公開されている学習ツールの【Microsoft Learn】で概要を把握することです。そのあとに、AI-900の試験対策用オンデマンド講座を視聴し、習得したAzure用語への理解を深めたのだとか。そして最後に、IT系試験向けに無料で提供されている【Examtopics】というサイトで過去問に挑戦したそうです。
ただ、英語サイトのため、日本語で利用したい方は多少の準備が必要かもしれないとのこと。その方法も別記事で紹介されているので、日本語で勉強する際にはぜひ参考にされてみてくださいね。

ブログサイト『Yasumori Journal』では、筆者がこれまでに挑戦したマイクロソフト認定資格である「MS-600」「PL-900」の合格体験記も発信中です。受験する前にご一読してみてはいかがでしょうか。

■【合格体験記】AI-900に独学で一発合格したので、勉強法を紹介します
https://yasumori1996.com/ai900_howtostudy/

【最短合格】数学9点の私が25時間で合格したG検定の勉強法を公開(ソホビービー株式会社)

記事スクショ

G検定は、一般社団法人日本ディープラーニング協会が実施する、AI・ディープラーニングの基礎的な知識、ビジネスに活用するための基礎知識を有しているかを問われる検定試験です。AI・ディープラーニングの技術とビジネス活用を理解でき、双方の橋渡しの役目を担えるでしょう。
こちらの記事では、ソホビービー株式会社のブログより《【最短合格】数学9点の私が25時間で合格したG検定の勉強法を公開》を紹介します。

記事の筆者は、ソホビービー株式会社の営業部に所属するKuZさんです。
同社では、Salesforceを利用したクラウドシステムの導入支援やAIクラウドサービス「HAMPANAI AI」、画像セグメンテーション技術を用いた不良品判定用のAIシステム「totemiru」などを提供しています。
営業部でも「HAMPANAI AI」の販売に際してG検定の取得が推奨されており、KuZさんも受験に挑戦したそうです。

KuZさんが勉強を開始したのは受験の3週間前から。まずはG検定について調べるところから開始し、公式テキストと問題集で理解を深めたそうです。
まずは公式テキストと問題集に1周ずつ取り掛かり、問題集が終わったらまた公式テキストと問題集にそれぞれ取り掛かったそうです。問題集の最終章は総仕上げ問題となっており、こちらは試験の前日に模擬試験として取り掛かったといいます。

そして試験当日の午前中は、受験の準備に時間をかけたそうです。
G検定は試験中に検索することが認められており、参考書や問題集などを見ながら解答することが可能です。しかし、1問あたりの解答時間が非常に短いため、あまりダラダラと検索に時間を費やしてしまうと全ての問題への解答が難しくなるとのこと。そのため、何度読んでも分からなかった部分に付箋を貼っておいたり、体系図やメモなどを目につく場所に置いておいたりなど、分からない問題について調べ方を工夫することを徹底したと話しています。
また、実際の試験には参考書や問題集に載っていない問題が出題されることがあるそうで、ここでいかに冷静に対応できるかが、合格に近づくポイントだそうです。

記事では、KuZさんが実際に行っていた解答方法を詳しく紹介しています。G検定の受験を控えている方、また受験を検討している方は、ぜひ記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

■【最短合格】数学9点の私が25時間で合格したG検定の勉強法を公開
https://www.sohobb.jp/event/jdla-deeplearning-for-general/

G検定とは? AIエンジニアのファーストステップ 【合格までの最短手法】(Brain Snacks)

記事スクショ

AI技術の革新的な未来が取り上げられている今、その流れに乗ってみようと思うエンジニアたちも多いことでしょう。そこで、将来の投資として、AIエンジニア向けの資格とされる「G検定」を受験する人も増えてきています。
データサイエンティストとして活躍中のkazu_gladさんも、AI活用の未来を見据えてG検定を取得した一人です。

今回は、kazu_gladさんが書かれた受験体験記である《G検定とは? AIエンジニアのファーストステップ 【合格までの最短手法】》というブログ記事をご紹介します。
G検定の試験時間は120分あり、受験方法はオンラインにて実施されるとのこと。筆者は自宅PCから在宅受験したそうです。記事内では、筆者が実施した勉強方法をステップ別に詳しく解説。読み進めることで、G検定合格までの最短手法を確立することができるでしょう。

筆者がまずおすすめしているのは、日本ディープラーニング協会が推薦している書籍です。受験勉強をはじめる前に、AIの定義について理解を深めるならこの本が最適とのこと。推薦図書を読んで、AIの楽しさから会得することが合格までの最短ルートにつながるのかもしれません。

書籍を読んでスタート地点に立ったあとは、演習問題をひたすら解くという勉強方法に取り組んだそうです。さらに、単語帳を使った試験対策では、問題集の出題単語をまとめたリストを作成。通勤中に使用したり、試験当日にも役立てられたりと重宝するのでおすすめとのことです。そのほかに、AIの最新情報を入手できる方法や資格を取得するメリットなどにも触れられているので、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

kazu_gladさんが運営する『Brain Snacks』では、Pythonや機械学習に関する記事も多数配信されています。学びの場としてサイトに足を運んでみてはいかがでしょうか。

■G検定とは? AIエンジニアのファーストステップ 【合格までの最短手法】
https://brainsnacks.org/gkentei/

【体験・感想】初心者がE資格に合格するための難易度や勉強方法、対策などを解説(Pyming)

記事スクショ

AI資格として広く知られるE資格。AI・機械学習のスキルを習得するために、E資格の取得を検討している方も多いのではないでしょうか?
今回ご紹介するのは、そんなE資格の勉強方法や対策について紹介しているブログ記事《【体験・感想】初心者がE資格に合格するための難易度や勉強方法、対策などを解説》です。

記事を書いたのは、IT業界で活躍中のカズさん。カズさんのブログ『Pyming』では、Pythonを始めとするプログラミング言語や、それらに関する知識などを発信しています。
こちらの記事では、E資格の概要やカズさんが実際に行った勉強方法などを詳しく紹介。これから機械学習を始めたい方に向けて、分かりやすく丁寧に解説されています。

受験当時、カズさんは機械学習については未経験だったのだそう。しかし、1日平均3時間の勉強を5ヶ月続け、見事1回の試験で合格。E資格は「しっかり計画を立てて勉強すれば、とれるような難易度の資格」と語っています。
さらに、「講座で学んだ知識をしっかりと把握できていれば合格できる可能性がぐっと上がる」とも記載。受験に必要なJDLA認定講座について触れ、「受講前」「受講後」「受講後テスト前」の段階ごとに勉強方法と対策を詳しく紹介しています。また、実際に利用した書籍も併せて紹介されているのでぜひチェックしておきましょう。

記事には勉強方法のほかにも、難易度や試験の流れなども紹介。カズさんは、E資格について知識習得のための観点としつつも「受けて良かった」と思ったのだそう。効率的に知識が習得できるだけでなく、転職活動や就職にも有効なため、これからAIを学びたい方にとっては、おすすめの資格であると記載されています。これから機械学習・AIの勉強を始めたいとお考えであれば、ぜひ参考にしていただきたい記事です。

■【体験・感想】初心者がE資格に合格するための難易度や勉強方法、対策などを解説
https://pyming.info/2021/05/04/zerokaku_esikaku/

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    226,976の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 12月8日(Fri)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ITスキルを磨きたい!フリーランスにもおすすめのプログラミングスクール

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

フリーランス学習

2 years ago

おすすめのオンラインで学べるプログラミングスクール7選

プログラミングスクールに興味があるけれど、「自宅や職場の周辺にプログラミングスクールがない」「人が集まる場所に行くのは抵抗がある」という方も...

学習

2 years ago

転職支援サービスあり!初心者にオススメのプログラミングスクールまとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

学習

2 years ago

Webデザイナーを目指せ!座学でもオンラインでも学べるWebデザインスクールまとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

Webデザイナー学習

2 years ago

Webマーケターを目指したい方必見!おすすめのWebマーケティングスクールまとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

学習

2 years ago