「ChatGPT」の登場でどう変わる?作業や今後のライフプランを左右する話題のツール特集!

2 months ago

話題のAIチャットサービス「ChatGPT」が登場して以来、エンジニアやWebデザイナーをはじめ、多くの人たちがその可能性と動向に注目しています。本記事では、そんなChatGPTをより深く理解し、賢く活用するためのヒントが綴られている記事を集めました。職種や作業工程によって、使い方次第で有用性のあるChatGPT。抱えがちな不安と疑問を払拭し、進化するAI技術と向き合い有効活用するためにも、ぜひ記事を参考に試してみてください。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

ChatGPTで遊んでみた!~webエンジニアらしくチャットボットも作ってみました~(株式会社CMねっと)

「お客様のビジネスに貢献する」という視点でのWeb制作を強みとしている、株式会社CMねっと。
常に、わかりやすい説明と円滑なコミュニケーションを心がけている同社は、発信するブログ『CMNET BLOG | 株式会社CMねっと』でも自然とその意識が働いているのかもしれません。
掲載されている記事自体は、Web関連の技術やWebコンテンツ、デザインといった専門領域の内容ですが、すんなりと頭に入ってくる内容です。
ぜひランダムに検索してみて、すきま時間に読んでみてはいかがでしょうか。

その中から注目したのは、こちらの《ChatGPTで遊んでみた!~webエンジニアらしくチャットボットも作ってみました~》という記事。

記事スクショ

当該記事では、ChatGPTに4段階のレベルでパターンを変えて指示を出した結果と感想、使いどころについて紹介されています。
たとえば、レベル1の場合は、ChatGPTに「遊ぼう!」と誘ったところ、推測ゲームが提案されました。
お互いの回答が2ラリーまで続いたところで、打ち切られたのだそう。
また、レベル2では献立を考えてもらい、レベル3ではSNS運用サポートとしてSNSの投稿計画作成と投稿内容のサンプル作成をお願いしてみました。
レベル4では、ChatGPTにコーディングさせてみて、何度もやりとりをして問題点を絞り込み、最終的には実用的なコードを答えてくれたのだとか。これには筆者も感動したようで、そのときの様子が記事に綴られています。

筆者は、そうしたあらゆるパターンでChatGPTを試してみた結果、プログラミングやアイデア出しの壁打ち相手などに使えると思ったそうです。
その理由と、4段階で試したChatGPTとの具体的なやり取り、ChatGPTの使用上の注意点については、ぜひ記事にて詳細を確認してみてくださいね。

■ChatGPTで遊んでみた!~webエンジニアらしくチャットボットも作ってみました~
https://cmnet.co.jp/blog/post-2505/
トップページ
https://cmnet.co.jp/

【ChatGPTを知りたい方必見!】AIにブログ制作を手伝ってもらいました(クアッドコンピテンス合同会社)

誰でも気軽に会話ができるAIとして話題になったChatGPT。さまざまなメディアでも取り上げられ、実際に使ってみたという方もいるのではないでしょうか。
しかし、その仕組みや活用方法については、まだ理解していない方も少なくありません。
そこで、今回は《【ChatGPTを知りたい方必見!】AIにブログ制作を手伝ってもらいました》という記事に注目してみました。

記事スクショ

この記事はクアッドコンピテンス合同会社の『TIPsブログ』に掲載されており、ChatGPTの仕組みや活用法を分かりやすく解説しています。
タイトルにあるように、この記事の構成や一部はChatGPTによって作成されました。佐藤氏(同社代表)の原稿を基に、ChatGPTのサポートを受けながら完成させています。

記事では、まずChatGPTの概要について解説。OpenAIが2022年に発表した高性能な言語モデル「GPT-3」について紹介しています。
GPT-3は、膨大なテキストデータを用いて、多大な労力を要するファインチューニングなしに言語モデルを形成する技術です。ChatGPTは、この技術を採用しているため、精度の高い文章を生成できるのだそうです。
現在は、その後継モデルであるGPT-4も発表されており、記事内で紹介されています。

続いて、ChatGPTの活用法についても紹介。高度な自然言語処理能力を持つChatGPTは、自然で流暢な応答を生成できるため、チャットボットに向いているのだそうです。
加えて、文字起こしでの活用についても紹介されているので、ぜひチェックしておきましょう。

精度の高い言語モデルを持つChatGPTですが、一方でまだ問題点もあるのだそう。しかし、記事の結論では「現在の自然言語処理分野において重要な位置を占めている」と述べられており、今後のChatGPTのさらなる進化に期待を寄せています。
ChatGPTについての解説だけでなく、ChatGPTを活用して作成された記事の構成や文章にも注目して読むことをお勧めします。

■【ChatGPTを知りたい方必見!】AIにブログ制作を手伝ってもらいました
https://quadcom.jp/system/chatgpt/
トップページ
https://quadcom.jp/

サーバエンジニア的ChatGPTの活用方法(株式会社フューチャースピリッツ)

サーバーやクラウドのインフラ構築から保守、運用までを担い、そのほか各種プロダクト、Webシステム・サイト制作などの事業を通して、クライアントのインターネットでのビジネス展開をサポートしている、株式会社フューチャースピリッツ。
「つながり」という価値を大切に、長きにわたって培ってきたノウハウでソリューションを提供している企業です。

そんな同社が発信する『フューチャースピリッツのエンジニアブログ』の中から、ここでは《サーバエンジニア的ChatGPTの活用方法》という記事に注目してみました。

記事スクショ

当該記事には、サーバーエンジニアの場合はどのようにChatGPTを活用できるのかが紹介されています。
インフラサービス部門にてマネージャとして活躍している筆者は、文章チェックや考え事のときの壁打ち役など、いろいろなシーンで活用しているのだとか。
また、サーバー調査に必要なスクリプトを作成する際にもChatGPTが使えるようで、記事には実際に活用した事例が記載されています。

タスクは、Webサーバーのトラブルによるアクセス元のIPアドレスと国名の洗い出し。
筆者によると、アクセス元は数百単位で、手動では難しいケースだったため、ChatGPTを使ってスクリプトの作成を試みたといいます。
記事には、ChatGPTとのやり取りの様子がスクショされており、概ね思った通りの回答が返ってきたのだそう。しかし、多少不満が残る部分もあり、改修を依頼したところ、即座に改良したスクリプトを返してくれたと書かれています。

今回の事例を見てもわかるように、ChatGPTは多少問題点もありますが、活用の仕方と情報が正しいかどうかの見極めさえできれば、大幅に時間短縮するのに有用なツールのようです。
とはいえ、筆者はChatGPTを気軽に聞けるバディーというスタンスで活用しているのだそう。
記事には、筆者の経験則にもとづいた活用法や問題点の解決策についても触れられているので、業務で使用したい方はぜひ参考までに覗いてみてくださいね。

■サーバエンジニア的ChatGPTの活用方法
https://blog.future.ad.jp/chatgpt_utilize
トップページ
https://www.future-s.com/

GPTsとAssistants APIでノーコードでGPTをカスタマイズしSlackと連携する(株式会社Crosstab)

データ解析受託事業やデータ解析・AIコンサルティング事業などを展開し、企業のデータ解析における課題を解決している株式会社Crosstab。同社は、これまでの実績から得た豊富な知見や情報をコラムにて発信しています。
今回は、そのコラムの中から《GPTsとAssistants APIでノーコードでGPTをカスタマイズしSlackと連携する》という記事をご紹介します。

引用元:GPTsとAssistants APIでノーコードでGPTをカスタマイズしSlackと連携する

記事の筆者は、Crosstab社の代表取締役である漆畑 充さん。筆者は、これまでデータ分析による支援やコンサルティングといった業務に携わってきた経験があり、特にビジネスアウトプットを重視した分析を得意としているそうです。
こちらの記事では、ChatGPTの機能である[GPTs]と[Assistants API]に触れ、さらにGPTsの作成手順とAssistant APIを用いたSlackとの連携方法について解説。2023年11月に発表されたGPTsとAssistants APIは、以前に比べより簡単にカスタムChatGPTを作成できるようになったのだそうです。

記事スクショ

ChatGPTは、GPT4の登場によりさらに多くの場面で活用されるようになってきましたが、記事ではその活用方法の一つとして「自社にカスタマイズしたオリジナルのChatGPTを導入する」手順について解説しています。
新たにリリースされたGPTsは、このような導入に関して「ほぼノーコードでカスタマイズが可能」なのだそうです。
記事では、実際に同社の資料を用いてGPTsを作成している様子を紹介しているので、ぜひご覧ください。

また、記事後半では作成したGPTsをAssistants APIを用いてSlackに連携する方法も紹介。どの手順も実際の画像と併せて確認できるので参考にしてみましょう。

大規模言語モデル(LLM)の技術は、今後ますます進化することが期待されており、記事の最後にはこれからの動向の予測についてもまとめられています。
筆者は、LLMに関する分野の調査・企画への注力や、それらのPoCに至るまでを予測。LLMは、これからも目が離せない分野といえるでしょう。
LLMを始めとする技術のキャッチアップのためにも、ぜひ記事や同社のコラムに目を通してみてはいかがでしょうか。

■GPTsとAssistants APIでノーコードでGPTをカスタマイズしSlackと連携する
https://crosstab.co.jp/gptsとassistants-apiでノーコードでgptをカスタマイズしよう/

ChatGPTを活用したWeb制作。Webデザイナーの仕事は本当に無くなるのか(STUDIO NNC合同会社)

ChatGPTの登場によりAIの存在を身近に感じるようになった方も多くいらっしゃるでしょう。
AIの進化は目まぐるしく、このままでは人間の仕事が奪われてしまうのでは…といった話もよく耳にします。では、実際のところどうなのでしょうか。

今回ご紹介する《ChatGPTを活用したWeb制作。Webデザイナーの仕事は本当に無くなるのか》は、そんなChatGPTの活用方法や仕事に与える影響について紹介した記事。記事が掲載されているのは、制作事業と教育事業をメインに手掛けているSTUDIO NNC 合同会社の技術ブログです。

記事スクショ

同社では、Web制作におけるChatGPTの活用方法について日々模索しているのだとか。こちらの記事には、Web制作にChatGPTを取り入れるメリットや、ChatGPTがWebデザイナーの仕事に与える影響ついて記載されています。

記事では、まずWeb制作におけるChatGPTの可能性について具体的に紹介。続けて、利用する際の留意点や生成物の品質についても言及しています。
記事によると、ChatGPTはコンテンツ生成やブログ記事作成、コーディングもできるなど多くの活用方法があるようです。しかし、機密情報といったデータを扱う際のセキュリティでは気をつける必要があったり、適切なコンテキストを提供しなければ正確な回答が得られなかったり、利用時に留意する点もあるとのこと。また、生成された文章やコードが必ずしも完璧であるとはいえず、最終的には手動で調整することも必要であると記載されています。

さらに、記事ではAIがWebデザイナーの仕事に与える影響ついて記載。AIの進歩によってWebデザイナーの仕事がなくなってしまうのかについて言及しています。
ChatGPTの活用や利用時のポイントを踏まえた上での見解を記載しているので、気になる方は記事を最後までチェックしておきましょう。
同社のブログでは、Web制作やデザインのノウハウが紹介されている記事も多数掲載されています。ぜひ併せてご覧ください。

記事スクショ

■ChatGPTを活用したWeb制作。Webデザイナーの仕事は本当に無くなるのか
https://nnc-studio.jp/plugin/2023/12/08/chatgpt_web/
トップページ
https://nnc-studio.jp/

ChatGPTでWordPress化はできる?実際にやってみた【コピペOK】(らくらくエンジニア)

ChatGPTが普及してからというもの、AIがさらに身近なものになりましたね。
一方で、どんなことができるのか、どんなことに活用できるのかについてはまだ未知数なので、開拓段階といえるでしょう。
そこで今回ご紹介したいのが、筆者であるま〜ちさんが運営する『らくらくエンジニアブログ』の中にある記事です。

記事スクショ

こちらの《ChatGPTでWordPress化はできる?実際にやってみた【コピペOK】》という記事では、ChatGTPを使ってHTMLサイトをWordPress化できるのか検証した結果や、詳しいコードを紹介しています。
筆者が実際にChatGPTとやりとりした流れも記述しているので、興味がある方にはとても参考になるでしょう。

結果的に最低限のWordPress化はできたそうで、その過程で感じたメリット・デメリットを筆者の視点から紹介しています。
筆者は、「利用者にも最低限のスキルは必要」としながらも、よかったところについて「爆速でWordPress化してくれる」「手作業でWordPress化するより圧倒的に早い」と語っています。
ChatGPTは「あくまで補助ツール」ではあるものの、「補助ツールとしては超有能」であり、これからも使っていきたいと思える性能だったそうです。

Webエンジニアとして活躍している筆者。ブログは、勉強したことをまとめる目的で始めたといい、サイト内にはWordPress、Laravel、Next.js、ほかさまざまな技術に加え、開発に便利なツールの紹介など、幅広く記事にしています。気になる言語やツールについての情報が得られるかもしれませんよ。
興味がある方はぜひサイトを訪れてみてください。

■ChatGPTでWordPress化はできる?実際にやってみた【コピペOK】
https://rakuraku-engineer.com/posts/chatgpt-html-wordpress/

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    275,185の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 7月18日(Thu)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ITスキルを磨きたい!フリーランスにもおすすめのプログラミングスクール

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

フリーランス学習

3 years ago

おすすめのオンラインで学べるプログラミングスクール7選

プログラミングスクールに興味があるけれど、「自宅や職場の周辺にプログラミングスクールがない」「人が集まる場所に行くのは抵抗がある」という方も...

学習

3 years ago

転職支援サービスあり!初心者にオススメのプログラミングスクールまとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

学習

3 years ago

サービス充実!おすすめのコワーキングスペース ~渋谷・新宿・池袋 編~

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

フリーランスコワーキングスペース

3 years ago

渋谷でクリエイティブな仕事をしよう!フリーランスにおすすめのコワーキングスペースを紹介

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

フリーランスコワーキングスペース

3 years ago