知っているのと知らないのでは大違い!効果的なECサイトの作成と運用のコツとは?

3 months ago

ECサイトを作成する際、いかにユーザーの目に留まり購買欲を刺激する仕様にするかが求められます。また、運用していくうえで、既存・新規ユーザーに満足感を与える対策も欠かせません。そこで、本記事ではECサイトの作成・運用を成功に導くためのコツが綴られた記事を集めてみました。ぜひこれらのヒントを参考に、魅力的なECサイトの作成・運用に役立ててください。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

自社ECのVMD変更だけで売上262%アップした方法とは?|成果へ導いた本人が徹底解説(フルカイテン株式会社)

フルカイテン株式会社は、小売企業のための在庫分析クラウドサービスの開発・提供を手掛ける会社です。
同社が提供するサービス[FULL KAITEN〈在庫分析〉]は、企業が抱える全ての在庫の商品力をAIの力で可視化できることが特徴です。また、分析・集計業務を数クリックで終了できるため、業務時間の大幅な短縮と余計な値引きの抑制になるというメリットもあります。

今回紹介するブログ記事《自社ECのVMD変更だけで売上262%アップした方法とは?|成果へ導いた本人が徹底解説》では、同社の担当者がクライアントである大手衣料専門店のECサイトリニューアルに伴走した際の、作業工程と売上アップの秘訣が記されています。

記事スクショ

当時、「売上・粗利を伸ばす」というテーマを掲げ、クライアント会社のEC部門・運営部門担当の方と隅週で定例会を開催していたそうです。
その中で、今まで着手できていなかった新作以外の商品の表示順に着目。「お客さまが欲しいと思っていただいた際に購入まで至れるように」というテーマのもと、表示順の変更に着手したといいます。
紆余曲折と試行錯誤を重ねた結果、施策対象商品の売上前週比を約262%アップすることに成功したそうです。

記事では、今回の施策のポイントを以下のようにまとめています。
・重要テーマから訴求する対象商品を絞り込む
・施策を実行した後は細かくPDCAを回し、成果を出ない場合は原因を追求する
・ECサイトの場合は、よく閲覧される媒体や訴求対象以外の商品を考慮する

記事本文では、今回の施策の工程や同社サービス[FULL KAITEN〈在庫分析〉]を使うポイント、売上アップへの近道に関して書かれています。さらに、施策を続けることにより別の効果も得られたとのこと。その効果が何かが気になる方は、ぜひ記事本文で確認してくださいね。

■自社ECのVMD変更だけで売上262%アップした方法とは?|成果へ導いた本人が徹底解説
https://full-kaiten.com/news/blog/6277

ECサイトのリニューアルを成功させるコツ!手順、タイミング、注意すべき点を解説(株式会社イーシーキューブ)

国内でもトップクラスのシェア率を誇るECオープンプラットフォームの開発・提供を軸にビジネス展開している、株式会社イーシーキューブ。
運営するサービスサイト『EC-CUBE』では、ECサイト事業を成功させているからこそ語れるノウハウや耳寄り情報を発信しています。

記事スクショ

その中から今回ピックアップしたのは、こちらの《ECサイトのリニューアルを成功させるコツ!手順、タイミング、注意すべき点を解説》という記事。ここでは、ECサイトのリニューアルを検討している方向けに、専門的な視点に立って失敗しないためのポイントがいくつか紹介されています。

たとえば、ECサイトをリニューアルするタイミングは、システムの老朽化やデザインの古さ、機能の不足、運用コストが高いと感じたときなどを目安に考えると良いようです。
また、リニューアルを成功させるためには、まずは目的と与件を明確にしておくことが大切とのこと。
既存のECサイトの現状について、何を改善したいのか目的をはっきりさせるとともに、リニューアル後の具体的なゴールを定め、リニューアルにかける予算や制作期間などを検討するのがポイントだと言います。

そのほか、基幹システムやクラウドサービスと連携できるかや、3年後の事業およびサイトの規模を視野に入れることなども考慮すべきポイントなのだとか。

なお、記事には要件定義漏れや、開発スケジュール遅延といったリニューアルに伴う注意点についても言及し、考えられる影響の解説とトラブルを回避するためのヒントが綴られています。
記事後半では、リニューアル前にやっておくべきこととして6つの作業を推奨されているため、記事にて詳細を確認しながら実践してみてはいかがでしょうか。

■ECサイトのリニューアルを成功させるコツ!手順、タイミング、注意すべき点を解説
https://www.ec-cube.net/know_how/ec_renewal.php

ECサイトのリニューアルを失敗しないためには?手順や注意点などを解説(株式会社 WCA)

システムの老朽化や事業拡大など、さまざまな理由からECサイトのリニューアルを考えるケースも多いのではないでしょうか。リニューアルのタイミングと手順をしっかりと把握しておくと、大幅な売上アップにつながる可能性があります。
こちらでは、EC総合支援サービスを提供する株式会社 WCAのコラムより《ECサイトのリニューアルを失敗しないためには?手順や注意点などを解説》という記事を紹介します。

記事スクショ

記事では、ECサイトのリニューアルを考える際に大切なポイントとして以下の2つを挙げています。
・正しいタイミングであるか
タイミングがずれてしまうと、逆に売上ダウンにつながってしまう可能性があるそうです。
事業拡大などで構成が複雑になってきたとき、マルチデバイス対応にしたいとき、システムに問題が生じたときなど、リニューアルに適したタイミングを見計らうことが大切だといいます。
・何から始めてどのように進めるか
サイトデザインや機能の追加などを考える前に、まずは「具体的な数字や数量の目標を立てること」が大事だそうです。具体的にしっかりと目標を定めることによって、リニューアルが必要な箇所や項目を見つけやすくなり、売上アップにもつながりやすくなると話しています。

正しいタイミングやリニューアルの手順については、記事本文に詳しく書かれています。また、記事の終盤に「失敗しないためのECサイトリニューアルでの注意点」という項目があり、リニューアルを進めるうえで気をつけておきたいポイントが書いてあります。複数の工程を重ねるうちに見落としてしまうこともあるかもしれないので、リニューアル作業に興味がある方はぜひ一読してみてくださいね。

また、同社のコラムには、ECサイト運営のヒントになる記事を多く掲載しています。ECサイトについて勉強中の方、ぜひコラムを参考にしてみてはいかがでしょうか?

記事スクショ

■ECサイトのリニューアルを失敗しないためには?手順や注意点などを解説
https://wca.co.jp/ec-column/ec-analysis/ec_renewal_howto/

食品ECサイトとは|課題や市場規模・EC化率から成功事例を解説(株式会社これから)

食品ECサイトとは、インターネット上で食品を販売し、自宅まで配送するオンラインショップや通販サイトのことです。

記事スクショ

食品ECサイトの種類には、一般的な食品ECサイト、ネットスーパー、サブスクリプション型の食品ECがあります。これらの違いや特徴について紹介されているのが、株式会社これからの公式サイト内にあるブログ記事《食品ECサイトとは|課題や市場規模・EC化率から成功事例を解説》です。
こちらの記事では、食品ECサイトに関するさまざまな情報が記載されています。

記事によると、食品業界のEC化率は他の分野に比べて後れをとっているのだそう。その理由として、「生鮮食品との相性が悪い」「実店舗の利便性が勝る」「利益が出にくい」などを挙げています。一方で、食品ECには以下のようなメリットもあると書かれています。

・商圏・販路の拡大を狙える
・機会損失を低減できる
・ニッチな商品も取り扱える
・詳細な商品情報・ストーリーを伝えられる
・顧客の声を商品・サービスに反映させる仕組みがつくれる

中でも、食品ECの最大のメリットとして、商圏・販路の拡大が挙げられるとのこと。少子高齢化、商圏人口の減少を打破できるのが、EC化だと説明しています。ほかにも、上記のメリットごとに詳細を書いているので、気になる方は記事を読んでみると良いでしょう。

この記事は、食品ECサイトの現状や課題、そしてそのメリットについてわかりやすく解説しています。
食品業界、食品ECに関心がある方には参考になる情報があるかもしれませんよ。

■食品ECサイトとは|課題や市場規模・EC化率から成功事例を解説
https://corekara.co.jp/contents/sales-up/food-ec-toha/
トップページ
https://corekara.co.jp/

売れるECサイトを作る5つの法則。デザイン、商品、ターゲット、集客、運用を理解し売れるECサイトの構築は福岡ECサイトへ(福岡ECサイト株式会社)

福岡を拠点に、ECサイトに特化した各種デザイン制作やコンサル、運用代行、顧問活動などの事業を展開している、福岡ECサイト株式会社。
EC市場の動向やノウハウを知り尽くし成功を収めている同社だからこそ、提案する戦略には説得力があります。

たとえば、同社のブログ『福岡ECサイト』に掲載されているこちらの記事《売れるECサイトを作る5つの法則。デザイン、商品、ターゲット、集客、運用を理解し売れるECサイトの構築は福岡ECサイトへ》では、商品やサービスが注目されるためのECサイトの作り方と、運用する際に心がけたいことについて綴られています。まさに今悩んでいるというエンジニアやデザイナーの方にとっては、心強いアドバイスとなるのではないでしょうか。

記事スクショ

記事によると、ECサイトの構築ではユーザーの使いやすさや分かりやすさを意識したデザインが望ましいようで、そのUIデザインの例が挙げられています。
また、商品力をアップするための施策として、売れる商品ページの作り方やSEO対策を考慮した文章の作成方法などにも言及。
そのほかにも、ECサイトを作成する際にマーケティングの実施によるペルソナ判断の大切さや、ECサイトへの集客経路を確保する仕組みづくりのコツなどが記載されています。
そして、ECサイトは作って終わりではなく、その後の運用の仕方もしっかり考慮し対応が必要なようです。

記事には、それぞれのポイントについて例を挙げ、具体的な対策と根拠についても解説されています。より魅力的でユーザーの心を掴むECサイトを構築・運用したい方は、ぜひ記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

■売れるECサイトを作る5つの法則。デザイン、商品、ターゲット、集客、運用を理解し売れるECサイトの構築は福岡ECサイトへ
https://fukuoka-ecsite.co.jp/blog/fukuokaecsite/e-commerce-sitet-5rules/

顧客管理データベースの作り方は?設計方法や効率的な管理方法を解説(株式会社ロフタル)

記事スクショ

ECサイトの作成・運用代行を行っているフリーランスも多いでしょう。データ量が増えてくることで悩むのが、顧客情報の管理。安全性や効率性が気になる場合には、顧客データを一元管理すると悩みもスッキリ解消するかもしれません。

そこで今回は、効率的に顧客管理ができる方法について書かれた『株式会社ロフタル』のブログ記事に注目しました。
情報技術による「楽を追求する」ことに尽力している同社。物事をシンプルになるよう取り組み、技術力による効率化を目指しているそうです。
そんな同社が発信するブログ記事《顧客管理データベースの作り方は?設計方法や効率的な管理方法を解説》は、ECサイトの顧客管理に悩むフリーランスにも大いに役立つ内容となっています。

記事内では、顧客データベースの作り方や設計方法をメインに解説。そのほかに、構築方法や運用に関する内容にも触れられています。
記事前半でまず伝えているのは、顧客情報をデータベース上で管理した場合に得られる以下3つのメリットです。

・営業活動の精度が上がる
・顧客情報が整理され、業務効率が上がる
・経営判断やマーケティングへ役立つ

これら3つのメリットを把握したうえで顧客データベースを運用すると、上手に使いこなせることでしょう。
記事内では、使いこなすポイントについても解説されています。運用する前に決めておくと良いルールもあるそうなので、ぜひ本文をチェックしてみてくださいね。
また、構築におすすめのツールも紹介されており、比較検討に役立つでしょう。運用を検討する際はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

■顧客管理データベースの作り方は?設計方法や効率的な管理方法を解説
https://loftal.jp/blog/detail/how-to-create-a-customer-database

CTAボタンとは? 作り方の基本・クリックしたくなるCTAボタンを解説(サイバーウェーブ株式会社)

サイバーウェーブ株式会社が運営しているサービスサイト『ぽちっとクリック』からは、こちらの記事《CTAボタンとは? 作り方の基本・クリックしたくなるCTAボタンを解説》をピックアップしてみました。

記事スクショ

当該記事で取り上げられているのは、効果的なCTAボタンの作り方について。そもそもCTAボタンとは、Webサイトに訪れたユーザーへ特定の行動を促すために設置するボタンで、より効果的なコンバージョンと多くのユーザーの獲得に繋げるために重要です。

では、実際にはどのような点を意識してCTAボタンを作成すると良いのでしょうか。
たとえば、CTAボタンはひと目でボタンであることをユーザーに認識させる必要があり、そのためには押してほしいボタンを立体的にしたり、カーソルを合わせると色が変化したり、クリックできるボタンであることを瞬時に判断できるようにします。

そうしたデザインに加え、ボタン内にそのCTAボタンをクリックするメリットを明確にしたフレーズを簡潔に示すことも大切なのだとか。それも、具体的なメリットを表記することで、どのような変化が起きるのかを容易にイメージさせることができ、クリックするハードルを下げられると言います。
そのためには、簡潔なテキストながらも、ユーザーが押したい衝動に駆られるような魅力的なフレーズを選ぶことが大切なようです。

また、記事ではCTAボタンをより目立たせる方法についても言及。
これらのCTAボタンを作成するポイントについては、参考サイトを例に挙げて詳しく解説されているので、ぜひ記事にて確認してみてください。ECサイトのコンバージョン率を劇的にアップさせる手立てとなることでしょう。

■CTAボタンとは? 作り方の基本・クリックしたくなるCTAボタンを解説
https://pochitto.click/blog/CTAボタンとは? 作り方の基本・クリックしたくなるCTAボタンを解説

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    251,042の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 4月20日(Sat)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

集客アップにつながる!参考にしたい「SEO施策」のブログ記事まとめ

SEOは[Search Engine Optimization(直訳すると「検索エンジン最適化」)]の略称です。具体的には、検索結果の上位表...

SEO

a year ago

LP制作の悩みを即解消!すぐに試したくなる集客方法や改善方法を紹介

「ユーザーの目を惹くようなページを作りたい」「集客をもっと上げたい」という思いから、クオリティの高いLP(ランディングページ)の制作に興味を...

a year ago

フロントエンドエンジニアに役に立つ資格とは?資格とその勉強方法をチェックしよう!

Webサイトやアプリケーションにおいて、ユーザーの目に触れる部分がフロントエンドです。フロントエンドは、ユーザー側の目線を最も重視する部分。...

資格フロントエンドエンジニア

25 days ago

資格で実力を証明!データサイエンティストに役立つ資格の合格体験記まとめ

データサイエンティストの資格には、データサイエンティスト検定や基本情報処理技術者試験/応用情報技術者試験、統計検定などさまざまな資格がありま...

資格データサイエンティスト

a year ago

AI関連の資格取得を目指すなら!事前にチェックしておきたい合格体験記の紹介

AIや機械学習の分野を深く理解するには、資格取得を目指して勉強するという方法もおすすめです。AIに関連する資格として挙げられるのは、Azur...

資格学習

2 months ago