多忙なの?自由時間はあるの?気になるフリーランスの一日を紹介

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

「フリーランスになると忙しい」というイメージを抱いていませんか。実際はどのような日常を送っているのか気になる方に向けて、フリーランスの一日に注目したブログ記事を集めてみました。
とある一日を覗いてみると、仕事のタイムスケジュールや過ごし方は人それぞれの様です。本記事では、フリーランス生活で自由を手に入れられるのかといったお話や、多忙なときの過ごし方などを紹介。独立後のスケジュール管理にぜひお役立てください。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

【フリーランスの1日】作業量や過ごし方・スケジュールに完全密着!(SUGI WORKのブログ)

記事スクショ

埼玉県越谷市と山形県上山市で活動する杉山さん。Web制作を請け負う『SUGI WORK』の運営と、山形密着型メディア「ヤマログ」の編集長を務めるフリーランスのクリエイターです。
今こそ仕事もプライベートも充実した時間を過ごしている筆者ですが、会社員時代は朝早くから夜遅くまで働いていたとのこと。
こちらでは、筆者の会社員時代と現在のタイムスケジュールを比較した記事《【フリーランスの1日】作業量や過ごし方・スケジュールに完全密着!》をご紹介します。

杉山さんの前職は、中古車買取・販売の営業マンだったそうです。
会社員の頃は、7時に起床して8時30分に出社し、25時に自宅に帰り着き、26時に就寝するというハードスケジュールをこなしていたといいます。また、この頃は休みが週1日しかなかったとのこと。このような生活を毎日送っていては、いつか身体を壊してしまいます。

結局、新卒3ヶ月で前職を辞めてフリーランスとして独立したそうです。しかし事業が軌道に乗るまでは、ブログの執筆やWebサイトの制作、外注ライティングの受注など、忙しい日々を送ったといいます。

フリーランスとして開業してから5年以上経った現在は、心身的・経済的にも少し余裕が生まれ、ようやく理想に近いフリーランス生活が送れるようになったとのこと。
現在は8時に起床し、9時頃に仕事を開始。合間の時間に打ち合わせやジムに行くなどプライベートの時間を挟み、18時には仕事を終えるそうです。それから25時頃に就寝するまで、映画鑑賞や読書など好きな時間を過ごすといいます。
25時頃に帰宅していた会社員時代と比べると、プライベートの時間を充実できていることが明らかですね。

記事本文では、社員時代とフリーランスになってからのタイムスケジュールの詳細が確認できます。続きが気になる方は、記事本文を一読することをおすすめします。

『SUGI WORKのブログ』では、フリーランスになる前に準備しておきたいことなど、フリーランスを目指す方に役立つ記事を読むことができます。また、名刺やWebサイト、チラシ制作など、フリーランスになりたい方を応援する「開業支援サービス」も提供しているそうです。詳しくはぜひ、ブログで確認してみてくださいね。

■【フリーランスの1日】作業量や過ごし方・スケジュールに完全密着! 記事詳細
https://sugi.work/article/freelance-1day/

とあるデザイナーの一日(photohibi)

提供画像

デザイン業界の繁忙期には、ハードスケジュールをこなすデザイナーの方もたくさんいることでしょう。デザイン会社でアートディレクター兼グラフィックデザイナーとして活躍するte23(てつみー)さんも多忙な日々を過ごしているデザイナーの一人です。

筆者はかなり忙しかった日のことを《とあるデザイナーの一日》という記事に書き綴っています。

とある一日では11件の案件を抱えて多忙を極めていたとのこと。その日は朝7時半に起床し、8時半にはメールチェックの作業から一日がスタートしました。
午前中には現場の視察に出かけ、その間にほかの案件のメール対応をしたり、デザインのチェックや資料作成をしたりなど、休む間もなく作業に追われていたようです。
仕事はそれだけではありません。打ち合わせやデザインの提出、色校正のチェック、修正対応、電話対応、外注発注など、多岐にわたる作業を夜の22時過ぎまで行ったそうです。
帰宅したのは深夜近い23時。就寝前には『photohibi(フォトヒビ)』のブログ執筆をこなすといった超ハードスケジュールを終えて、日付が変わった午前2時にようやく眠りにつき、てつみーさんの一日が終わりました。

デザイナーはこんなにハードなのか…と思われるかもしれませんが、この日は予定外の仕事が複数入ってきたことで忙しくなってしまったのだとか。とはいえ、繁忙期にはこんなスケジュールの日々もあるそうで、パズルのように作業を進めているとのことです。

デザイン業界は「今日言われたら明日出す」という感覚が当たり前なのだと認識している筆者だからこそ、予定外の仕事にも柔軟に対応できるのかもしれませんね。
「忙しいのはとてもありがたい」と話すてつみーさん。一つひとつ丁寧に仕事をするための十分な時間があったら…と多忙な日々を振り返りつつ語っています。

てつみーさんのブログでは、グラフィックデザイナーの視点に立ち、趣味である写真に関するさまざまな情報を発信中です。写真やカメラに興味がある方はぜひ覗いてみてくださいね。

■とあるデザイナーの一日 記事詳細
https://www.photohibi.work/entry/20190829_timetable

【1日のタイムスケジュール】転勤族ママが自宅保育しながら在宅でお仕事。(nico design)

記事スクショ

最近、育児をしながらママフリーランスとして活躍する人が増えています。時間が自由に使えるフリーランスですが、仕事と育児を並行するママフリーランスの場合、自由に時間が使えるとは限りません。
そこで今回取り上げるのは、《【1日のタイムスケジュール】転勤族ママが自宅保育しながら在宅でお仕事。》という記事。筆者のあかねさんは、「nico design」として活躍するフリーランスのWebデザイナーです。2歳ごろまでお子さんを在宅で見ながら仕事をしていたのだそう。

記事には、「お子さんとの1日のタイムスケジュール」と「時間づくりのために意識したこと」について記載されています。

「仕事時間は子どもが寝ている時」とマイルールを決められ、「家事の時間」を減らすことを意識したのだとか。
例えば、普段から断捨離を行い「物を減らす」ことを意識したり、「やらなくてもいい家事を手放す」ためにアイロンが不要な服を選ぶようにしていたり、家事の時間を減らして仕事に集中できる時間を作っていたのだそうです。

最後に「仕事時間=子どもが寝ているとき」とルールを決めてからはメリハリも付いて、お子さんとの時間もより大切にできるようになったと語っています。
ライフステージの変化は、フリーランスにとっても避けることはできません。諦めることなく活躍し続けたいというママフリーランスの方に、ぜひ読んでいただきたい記事となっています。

■【1日のタイムスケジュール】転勤族ママが自宅保育しながら在宅でお仕事。 記事詳細
https://nico-de-sign.com/time-schedule/

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    152,904の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 9月29日(木)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

その他のコンテンツ

多忙なの?自由時間はあるの?気になるフリーランスの一日を紹介