フリーランスのマーケティング業務とは?年収や案件獲得方法についても解説

消費者のインターネットの使い方が変化するのに伴い、マーケティングの方法も変わってきています。

特に今、多くの企業が力を入れているのがSNSでしょう。移り変わる流行に対応して利益を上げるため、斬新なアイデアと確かなスキルを持つマーケターは常に求められる傾向にあります。

今後の技術進歩とともに求められるものも変化し、そのつどマーケターの需要は増えていくと考えられます。

本記事では、フリーランスでマーケティングを行うために知っておくべきスキルや知識、案件の種類、年収などを紹介します。フリーランスWebマーケターになって活躍する機会を増やし、高収入を目指しましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

マーケティングとは?

マーケティングの細かな定義やその意味するところについては諸説ありますが、概要を示すなら「(モノやサービスが)売れるための仕組み作り」ということができるでしょう。

業務としてのマーケティングがカバーする範囲は、市場調査や商品企画、パッケージ作り、広告の打ち方の模索など多岐にわたります。時には、1人の担当者がこれらすべてに関わることもあります。

マーケティングを通じて最終的に目指すのは、企業が設定したコンバージョンを増やすことです。

マーケティングの発祥は1900年代のアメリカといわれています。日本には少し遅れて1950年頃に伝わりましたが、すでに江戸時代(1650年代)からマーケティングの手法が使われていたものとされます。

マーケティングに精通した著名人は、ピーター・ドラッカーやフィリップ・コトラーなど。彼らの考え方や手法はマーケティングの基礎として、時代や販売チャネルが変化するごとに進化を続け、今も活用されています。

マーケティングとは、売るものや売り方がどんなに変わっても、売りたい人と消費者がいれば必須ともいえる活動なのです。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

Webマーケティングの仕事の市場ニーズ・将来性

現在、大きく需要が高まっているWebマーケターは、Web上での売買に対してマーケティングを行う職業です。近年はインターネットを利用した売買が多くなっているため、マーケターといえばWebマーケターを指すのが一般的でしょう。

Webマーケターに求められるのは、検索エンジンやSNSなどを駆使して消費者に商品や広告を印象づけること。そして、商品の購入やサービスの利用、企業イメージの向上につなげることです。

Webマーケティングは、その行動すべてが売り上げやブランディングに影響するといっても過言ではない業務です。良い結果が出ればやりがいを感じられ、評価もされるでしょう。反対に、結果が出なければ企業の売り上げは伸びず、場合によっては企業イメージの低下につながってしまう場合もあります。

近年は個人消費者を対象としたWeb販売が大きく需要を伸ばしており、常に新しい商品やサービスが開発され、世にあふれている状態です。そのため成果を出せるWebマーケターは常に求められており、今後も必要とされるでしょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

フリーランスWebマーケターの仕事の種類

今や販売の中心はインターネットになっているため、Webマーケターは常に求められています。特に、近年はフリーランスとしてマーケティング活動に従事するWebマーケターの活躍が目立つ傾向にあります。

Webマーケターの業務は多種多様ですが、主な種類としては以下の3つがあります。フリーランスはどれかの業務に特化していることが多く、プロジェクトに合ったマーケターが参画する傾向にあります。

案件ベースで働くフリーランスは、マーケティング実績や経験が多いほど高単価を目指せるでしょう。ただし、常に確実な成果を求められるため、時に大変な仕事となりがちなことも頭に入れておきたいところです。

広告運用

Web広告はWebサイトやSNS、検索エンジンなどさまざまな場所に使われています。広告を運用するWebマーケターは、広告の配信先選びや結果の分析・改善をし、より効果的に集客できる施策を講じます。

PDCAサイクル(Plan・計画、Do・実行、Check・評価、Action・改善)と呼ばれる方法を使って、常に広告運用の最善策を考えます。

SNS運用

今やあらゆる人とのコミュニケーションツールとして定着したSNSも、マーケターにとって重要なツールです。SNSを運用するWebマーケターはSNS上のタイムラインを使って、集客に取り組みます。

「いいね」やリツイートでプレゼントがもらえる企画をしたり、ユーザーが求める商品を提示したり、ユーザーと積極的にコミュニケーションをとったりして興味・関心を持ってもらい、コンバージョンにつなげていきます。

発信した内容にどのような反応があったかを確認し、改善策を考えて実践していく分析力が必要です。

Webディレクション

商品を利用してもらうためには、ターゲットに興味を持ってもらえるWebサイト作りが必要です。そのWebサイトをどのように作るか、そして作ったWebサイトをどのように運営していくかを考え、取りまとめるのがWebディレクション業務を担うWebマーケターの仕事です。

Webサイト制作の現場を管理するリーダー的な位置づけとなるため、Webサイト制作に関わる幅広い知識を持っておく必要があります。クリエイターやプログラマたちともやりとりする機会が多いため、コミュニケーション力も求められます。

Webディレクションは需要が高い業務とされ、それを専門とするWebディレクターという職業もあります。WebディレクションができるWebマーケターは重宝されるでしょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

Webに限らない、デジタルマーケティングとは?

WebマーケティングはWebサイトを訪れる人に向けたマーケティングの方法であり、一般的にマーケティングと呼ばれる中の、選択肢のひとつです。

基本的にWebマーケティングは、Webサイトに訪れた人のデータを分析し、コンバージョンを増やすための施策を講じます。

対してデジタルマーケティングは、リアル店舗やWebサイトといった販売方法に限定せず、デジタル技術を駆使してデータを分析し、コンバージョンを増やすことを目指します。近年は商品やサービスがSNSで話題となり、注目度が急に高まっていくという流れも珍しくありません。

個人が誰でも気軽に拡散できる仕組みや、蓄積されてきたデータをうまく活用すれば、広告すら出しておらず誰も知らない商品を、一躍有名にすることも可能でしょう。

デジタルマーケティングは基本的なマーケティングの仕組みと、Webに特化したWebマーケティングの仕組みをうまく融合させた手法なのです。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

Webマーケターの案件数はどれくらい?

フリーランスのクリエイターやエンジニアに案件情報を提供するFreelance hubでWebマーケター案件を探すと、2022年7月時点では56件ヒットしました。Webマーケターとしての実務経験や実績があれば、フリーランスとして得意ジャンルの案件に参画できる可能性があります。

もちろん、新しいスキルを身につけて、仕事の幅を広げていくことも可能です。また、関わる案件次第では、会社員としてWebマーケティング業務に携わるよりさらに高い収入や幅広い交友関係が得られることも。これは需要が常にあるWebマーケターだからこその、フリーランスになるメリットだといえるでしょう。

気の合うクリエイターたちと協力し、大きなやりがいと楽しさを感じながら仕事をすることは、フリーランスとしてマーケティングに携わる醍醐味であるといえます。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

Webマーケターの収入について

Freelance hubには、月単価20万~130万円のWebマーケター案件が掲載されていました(2022年7月時点)。12ヶ月分とすると、想定年収は240万~1560万円になります。

フリーランスWebマーケターの場合は、契約した案件が終了すれば収入が途切れてしまいます。フリーランスとして活動を続けるのであれば、常にスキルを磨き続けて案件獲得のために行動する必要があります。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

Webマーケターの案件獲得方法とは

Webマーケターが案件を獲得する方法は、大きく分けて3つあります。簡単に説明しましょう。

クラウドソーシングサイトを利用する

フリーランスとして手始めに案件獲得を経験する、または副業としてWebマーケティングの仕事をするなら、クラウドソーシングサイトを利用する方法があります。

クラウドソーシングサイトは業務を依頼したい個人または企業と、受注したい個人をマッチングするサイトです。単価はそれほど高くない傾向にあるものの、副業には適した案件が多いといえます。

単発から長期まで多種多様な案件があり、前払い制度を導入しているものもあるため、初めてのフリーランス業務でも安心して受注することができます。

エージェントを利用する

フリーランスエージェントや転職エージェントは、比較的大きなプロジェクトを扱う案件や、正社員・契約社員といった継続的な働き方を求める個人と企業をつなぐサービスです。

エージェントとクラウドソーシングサイトの違いとして挙げられるのは、案件や就職先を獲得するためのサポートを受けられるかどうかです。エージェント利用時は一人ひとりにコンサルタントやカウンセラーが付き、スキルや経験、希望に合わせて求人・案件を提案(紹介)してくれるため、満足度の高い受注・転職が実現しやすいでしょう。

人の紹介を利用する

仕事仲間や知り合いを通じて案件を受注するのも良い方法です。最近ではSNSを通じて、同業者や特定の職種を求めている人から、案件を紹介してもらえることも少なくありません。

注意すべきは、最初にしっかりと単価などを含めた契約を交わしておくことです。仲介業者が入らず直接のやりとりとなるため、場合によってははっきりと交渉しづらく、メリットを感じられない案件を受けてしまうこともあり得ます。交渉が苦手な場合は、エージェントを利用する方が安心・確実でしょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

初心者でもWebマーケターになれる?

Webマーケティングは専門的な知識とスキルを必要としますが、Webマーケターは努力次第で初心者でもなれる可能性がある職業であるといえます。PDCAサイクルを理解し、WebサイトまたはSNS運用を経験すれば、ある程度マーケティングの感覚が理解しやすくなると考えられるためです。

近年は個人で簡単にブログやWebサイト、SNSなどを運用できるうえ、オンラインスクールなども充実しています。やる気がある人なら、実践的なスキルを身につけられるでしょう。

ただし、フリーランスのWebマーケターとして業務を受注するには、複数のツールを活用して確実に成果を出せる技術と実績を獲得する必要があります。個人で基礎を学んだあとは、まずWeb制作などを扱う企業に就職し、経験を積みましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

Webマーケターで年収を上げるポイント

高年収のWebマーケターに欠かせないスキルは、マーケティングやWebサイト、取り扱うツールに関する基礎知識、そしてプロジェクトを成功させるためのコミュニケーション力、マネジメント力などです。

コミュニケーション力やマネジメント力は、すぐに身につけるのが難しい場合もあるでしょう。これらはWebマーケティングの業務に携わり、実務経験を積むことで少しずつ身についていくものであると考えられます。

Webマーケターが年収を上げるための道のりとしては、企業に長く勤め、まとめ役または管理職のポジションに就くことが一般的です。もしくは、多くの経験を積んで実績を作り、フリーランスとしてWebマーケティング案件に参画することでしょう。

雇用先・クライアント先の企業規模によっても、年収は大きく変わります。常にスキルアップを目指しながらたくさんの案件に関わり、経験を積みましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

フリーランスでWebマーケティングに携われるかは努力次第

Webマーケターは、初心者でも努力次第で目指せる職種だといわれることがあります。しかし、常に新しいスキルやシステムを学び続けていかなければ、あっという間に時代に置きざりにされ、仕事に関われなくなってしまう可能性もあります。

フリーランスに求められるのは、結果を出すことです。企業が求めるものをしっかりと理解し、それを実現させるためのWebマーケティングを心がけましょう。

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    170,739の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 11月27日(日)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

その他のコンテンツ

フリーランスのマーケティング業務とは?年収や案件獲得方法についても解説