NEW iOS案件の需要や相場、トレンドは?押さえるべきポイントもご紹介

18日前

2007年に誕生して以来、世界中で愛され続けているiPhone。特に日本での人気は高く、圧倒的なユーザー数を誇っています。そんなiPhoneシリーズに使われているオペレーティングシステム“iOS”を扱うiOSエンジニアは、アプリ開発を中心としたさまざまな業務で求められ、熟練すればフリーランスとして活躍する人も多くいます。

今回は、iOSエンジニアの案件動向や単価相場、フリーランスとして活躍するために必要なスキルや、今後の需要などをご紹介します。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

iOSのおさらい。アメリカより多い国内シェア率

iOSは2007年、Apple社「iPhone」のOSとして誕生しました。この時すでにタッチスクリーンで利用する“スマートフォン的概念”は存在していましたが、シンプルで洗練されたiPhoneの存在はスマートフォンの認知度を一気に高め、多くの人のライフスタイルに影響を与えました。

特に日本では爆発的な人気を呼び、現在もスマートフォン所有者の利用OSは半数以上がiOSとなっています。しかし海外では日本と逆で、iPhoneよりもAndroidが多く利用されている傾向にあります。

その理由として主に考えられるのは以下の3つであると言われています。

  • 海外ではiPhoneよりAndroidの方が、お手頃価格な場合が多い
  • GoogleやHUAWEIなど、さまざまな国のメーカーが開発に関わっている
  • 海外よりも日本の方が、iPhoneを手に入れやすい環境が整っている

簡単に説明していきましょう。

日本はiPhoneが広まりやすい環境が整っていた

Androidはさまざまなメーカーが開発を行っていますが、iOSはApple社のみが開発を行っています。そのためiPhoneと言えばデザインにほぼ変化はなく、サイズなどのモデルの違い程度しかありません。

しかしAndroidにはいろんな形や性能があり、それぞれ操作性に違いがあります。そのためAndroidと一口に言っても、特定の機種は思い浮かびにくいのではないでしょうか。

世界的に大きな注目を集めたiPhoneは3Gに対応したのち、日本でも販売され始めました。その際には大手キャリアがそれぞれiPhoneを取り扱い、iOSは価格競争のアイテムとして取り入れられることになります。

日本のiPhoneやiPad・iPodは価格競争により手頃な価格で手に入れることができたうえ、直感的で分かりやすい操作性、そしてアクセサリーの豊富さが人気を呼び、一気に世の中へ浸透していきました。iOSが日本で大きく広まった背景には、このような理由が考えられます。

近年はAndroidが急成長

ただし、現在はAndroidが低価格かつ高機能へと進化し、人気を高めてきています。おサイフケータイやSDカードが利用できることや、iOS・Androidの両方に対応するスマートフォン用アプリケーションが増えてきたことも、理由のひとつであると考えられるでしょう。

ただし動作の速さや操作のシンプルさは、やはりiPhoneに軍配が上がります。操作方法が分からずインターネットで調べる時に、モデルに応じた情報が多いのもiPhoneのメリットだと言えるでしょう。

また、iOSはiPhoneやiPad、Apple Watchと連携してデータを一元管理しやすいほか、近年はiPadがイラスト制作やクレジットカードの決済端末として活用されているシーンも多く見られます。

これはApple社が厳しい審査を行うiOSのセキュリティ面や、シンプルで長く使えるiOSデバイスだからこそ可能な使い方であると言えるでしょう。

常に新しい発想で開発を続けるiOSは、気がつくと私たちの便利な生活に欠かせないものになっていると言えるのではないでしょうか。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

今後スマホはハブ的存在に。iOSエンジニアの役割は?

以前は“情報検索やメールが可能な電話”という立ち位置であったスマートフォンですが、インターネットやハードウェア、ソフトウェアの進化と共に、現在はIoT製品を制御する経由点(ハブ)としての役割を担うことも多くなってきています。

例としてはWi-Fiを使ったロボット掃除機や玄関・窓の施錠、エアコンや自動調理鍋などが挙げられます。また、ケーブルを使わずにBluetoothを利用して、車載器と接続して音楽を流したりモニターを通して地図を表示したりと、家電製品以外にも利用シーンを広げています。

スマートフォンの多種多様な用途の進化に伴い、iOSエンジニアも求められるスキルが変わってきています。

以前はゲームなどの、スマートフォン内で完結するシンプルなアプリケーション開発がメインでしたが、現在はさまざまなデバイスと繋がることを想定し、幅広く深い総合的なスキルを求められるアプリケーション開発が多くなってきています。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

iOSエンジニアの仕事内容

iOSエンジニアの仕事は、前述したようにアプリケーション開発がメインとなっており、以前から需要が高いのはゲームアプリケーション開発です。

しかし現在は小売りサービス向けアプリケーションやショッピングアプリ開発、IoT機器連動アプリケーションなど幅広い分野での案件があり、アプリケーションに関する総合的な知識や専門性が求められる傾向にあります。

求められる仕事内容の例を挙げると、設計から開発およびテストまで、そしてアプリケーションのデータ分析からレポート作成、スキルや経験に応じてリファクタリング(外部構造を変えない、内部構造の改善)や追加機能開発、移り変わりの早い市場の調査などがあります。

開発言語は主に、Appleが標準開発言語としているSwiftまたはObjective-Cとなっています。iOS向けだけでなく、Androidでの利用も可能なハイブリッドアプリケーション開発を求められる場合も多く見られます。

MacやiPhone、iPad向けのアプリケーション開発を行うためにはXcodeスキルは必須です。それに加えてReact NativeやLinuxのスキルを身に付けておくことが望ましいと言えるでしょう。

ゲーム開発に関わる場合はUnityのスキルと知識も求められる傾向にあります。iOSアプリケーションは非常に身近で、個人での開発も可能だと耳にすることもあるでしょう。しかしエンジニアとして案件を受注する場合は、非常に高いスキルを必要とすることが分かります。

ただしiOSエンジニアとして熟練すれば、今までにない新しい発想のアプリケーションやサービスを生み出すことも可能です。また、受注単価が高めになりやすいため、やりがいと満足感を同時に得られる仕事であると言えるでしょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

iOSエンジニアの活躍の場

iOSエンジニアが活躍するのは、スタートアップ企業やベンチャー企業を中心としたさまざまな業界です。新しい発想を取り入れた単発的なアプリ開発を希望している企業も少なくないため、正社員としてiOSエンジニアを雇うのではなく、フリーランスへ業務を委託して開発を行う場合もあります。

そのためフリーランスのiOSエンジニアは幅広い業界に関わり、経験を積みやすい傾向にあります。また、iOSエンジニアは企業から案件を受注して業務を行うほか、自身でアプリ開発から販売まで行い、収入を得ることも可能です。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

実際の案件から見えるトレンド

iOSエンジニアの仕事として、以前も現在もアプリ開発がメインであることに変わりはありません。しかしIT業界はトレンドの移り変わりが早いため、iOSエンジニアに関しては利用する言語や求められるスキルに変化が生まれてきています。

使用する言語が変われば、受注できる案件に大きな違いが生まれる可能性は高くなります。そのためiOSエンジニアも含めたすべてのエンジニアは、常に最新の情報を得るためのアンテナを張り巡らせておくことが大切です。

言語トレンド

現在、iOS案件で多く求められる言語はObjective-Cから変わり、Swiftとなっています。そのためiOSエンジニアとしてさまざまな案件に参画するのであれば、Swiftをマスターすることは必須であると言えるでしょう。

ただしObjective-Cは求められるシーンもまだ多く見られます。なかにはObjective-CからSwiftへ移行する業務案件もあるため、iOS案件を幅広く受注するのであれば、両方のスキルを持っておくことが望ましいでしょう。

業務トレンド

iOS案件に多く見られるものとして、やはり多いのはゲームアプリケーション開発です。ゲームは以前から高い需要があるジャンルですが、今後は5GやVR・ARの進出に伴い、さらに需要は伸びると見られています。

また、新しいサービスに関連した業務系アプリケーション開発や、IoT機器向けアプリケーション開発なども近年は注目を集めています。以前はゲームアプリケーションの開発が主だったiOSエンジニアとしては、今の業務トレンドは非常にハードルが高くなったと感じるかもしれません。

iOSはAndroidよりも先行してアプリケーションが実装される場合も多くあります。そのためiOSエンジニアには、常に最先端の情報やスキルを得るための積極性と、新しい発想や探究心が求められる傾向にあります。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

iOSエンジニア案件の相場

iOS案件を取り扱う企業はスタートアップ企業やベンチャー企業が多いですが、大手企業からの需要も少なくありません。関わる企業の種類や案件によって業務内容に違いはありますが、フリーランスiOSエンジニアは基本的に即戦力として求められる傾向にあります。

そのため高単価案件が多く、豊富な経験と高いスキルを求められると考えておいた方が良いでしょう。

IT・Web業界のフリーランスエンジニア向け求人・案件を取り扱うレバテックフリーランスでiOS求人・案件の月額単価相場(2021年6月20日時点)を見ると、平均単価は76万円、最高単価は125万円、最低単価は35万円となっています。

案件数は45件とあまり多くはありませんが、ゲームアプリケーション開発だけでなく、新しいジャンルのマッチングサービスアプリケーション開発や社内用スマホアプリケーション開発、または幅広い種類のアプリケーション開発に関わるものなど、さまざまなものがあります。

多種多様な業界の案件に関わることで、幅広い知識やスキルを身に付けることができるため、iOSエンジニアはフリーランスとして活動しながら、じわじわと受注単価を上げていくことも十分に可能であると考えられるでしょう。

フリーランスではなく正社員のiOSエンジニア案件を取り扱う、IT・Web業界のエンジニアやデザイナーの転職エージェントレバテックキャリアを見ると(2021年6月20日時点)、正社員として働く場合の年収幅は、300万円から1,000万円とかなり広いことが分かります。

年収が高くなるほど幅広いスキルと知識、そしてディレクションやマネジメント力を求められる傾向にあり、努力や成果が年収に結びつきやすい職種であると言えるのではないでしょうか。

また、フリーランス・正社員共にリモート可の案件も多く見られます。エンジニアの中でも、より自由な風潮で働きやすいのがiOSエンジニアの特徴であると言えるでしょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

経験年数別 iOSエンジニアに求められるスキル

iOSエンジニアは比較的高単価な仕事が多くありますが、やはり持ち合わせているスキルと経験が少なければ、年収を上げることは難しいと言えます。

フリーランスとして安定的な受注と収入を得るなら、まずは実務経験をしっかりと積み、スキルを身に付けて基礎を固めることをおすすめします。今回は実務経験年数に合わせて、身に付けておきたいスキルをご紹介しましょう。

iOS開発未経験~2年未満

フリーランスとしてiOS案件に参画するには、ほぼ必ずと言って良いほど実務経験が求められる傾向にあります。そのため実務経験がほぼない状態の場合は、まず正社員として働き、経験を積むことを考えるのが現実的な選択肢だと言えるでしょう。

正社員として働く場合は実務経験が少なくても参画できる募集もあり、開発経験はSwiftやObjective-C以外の言語でも良い場合もあります。

年収が300万円台からの実際の案件を例に挙げると、Swift、C#、C++、Objective-Cのスキルと併せて、各種フレームワークでの実務経験1年以上、Android向け開発の経験やサーバーサイドの基礎知識を持っていることが必須条件となっています。

この案件では入社後から徐々にSwiftを学び、スキルアップを目指していくため、実践的なスキルを基礎から身に付けることができるでしょう。

フリーランスのiOSエンジニアとして案件を受注するなら、企業に所属して実務経験を積むほか、とにかく自身でiOSアプリ制作を行い、実績を作る方法も視野に入れても良いかもしれません。

SwiftやObjective-CといったiOS用開発言語や、React Nativeなどのフレームワークを活用した実践的な開発スキルを身に付ければ、実務経験が少なくても、参画できる案件が見つかる可能性も低くないでしょう。

iOS開発3年から4年程度

iOS案件に関する実務経験が3年から4年ほどになると、開発の前段階となる要件定義から設計、UI/UXに関する知識など、上流工程と呼ばれるスキルと知識を求められることが多くなるでしょう。

ゲームアプリケーション開発であればC#やUnityのスキル、そしてソーシャルゲームの知識のほか、コンシューマーゲームに関連する知識やクロスプラットフォームでの開発経験があれば重宝される可能性が高くなります。

業務系アプリケーション開発の場合は、PHPやJavaScript、Linuxなどの知識とスキル、さらにクラウドやデータベースなどの知識もあれば、さまざまな案件に参画しやすくなるでしょう。

また、アプリケーション開発は、概してチームで大規模にに行われます。GitおよびGitHubや、コミュニケーションのためのツールを問題なく利用できることも求められてくるでしょう。

iOS開発5年以上

iOS案件に関する実務経験が5年以上になると、上流工程の経験に加えてチームを引っ張るリーダーとしての役割や、プロジェクトをマネジメントするスキルが求められるようになります。

正社員として働く場合でも高年収になりますが、スキルや知識が豊富なiOSフリーランスであれば、800万円から1,000万円を超える年収も視野に入ってくるでしょう。

このレベルになると、動作を保証しながらの効率化およびアップデート作業や、素早いプロジェクトの進行など、クライアントやユーザーをより意識した作業を求められる傾向にあります。

確かな開発技術に加えて新しいサービスの企画力、製品やサービス問わず幅広い開発への意欲が評価されるでしょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

iOS案件はどうやってとる?フリーランスの受注方法

iPhoneやiPadなどのアプリケーション開発が主となるiOS案件は、ニーズが多いためさまざまな受注方法があります。

iOSエンジニアとして正社員で実務経験を積んでも、フリーランスになってからiOS案件をスムーズに獲得できるとは限りません。そのためフリーランスへ転向を考える際は、あらかじめ案件獲得に有利な方法を考えておくことが大切です。

実務経験が少ないならクラウドソーシングサイトで経験を積もう

実績や実務経験が少なく、対企業での案件にはまだ挑戦しにくいという場合、または本業および副業でも関わりやすい案件を探したいという場合なら、クラウドソーシングサイトを利用するのがおすすめです。

クラウドソーシングサイトで募集されているiOSアプリケーション開発案件のクライアントは、企業だけでなく個人も含まれます。

そのため内容も多種多様で、ゲーム開発から自社商品を販売するサイト開発およびアプリケーション開発などもあり、クライアントの指示通りに開発を行うものもあれば、開発内容から相談して決めていくものもあります。

コンパクトな案件が多いこと、そしてクライアントと直接やりとりしやすいことなどがあり、気軽に利用しやすいのがクラウドソーシングサイトの大きなメリットです。ただしそれゆえに注意しなければならないこともいくつかあります。

間に仲介役を挟まず、クライアントと直接やりとりを行うクラウドソーシングサイトは、案件の詳細がよく定まっていない場合もあります。その際、曖昧なまま進めてしまうとトラブルに発展してしまう可能性も考えられるでしょう。

特にアプリケーション開発など、クライアントが大きな損害を受ける可能性のある業務は、内容をしっかりと決めながらこまめなやりとりを行い、慎重に進めることが大切です。ただし上手に活用すれば幅広く新しい発想に触れられるサービスなので、積極的に活用してみると良いでしょう。

実務経験とスキルがあるならエージェントを利用して安定収入を目指そう

エンジニアとして1年から2年、またはそれ以上の実務経験があり、企業案件に参画できる実力があれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントの大きなメリットは、案件数が豊富なことや専門のスタッフが付いてサポートしてくれること、そしてポートフォリオや職務経歴書などの作成アドバイスをしてもらえることなどです。

また、専門スタッフと詳細までしっかりと擦り合わせれば、自身のスキルや目標に合った最適な案件を紹介してもらうことも可能です。

フリーランスにとって悩みの種となりやすい“案件探し”の手間を省いて、無駄な時間を減らすことが可能になります。より効率的に自身のスキルに合った案件に参画できるため、トータルで考えれば年収アップに繋がると言っても過言ではありません。

エージェントを利用するデメリットは特にないと言っても良いでしょう。iOSエンジニアとしてフリーランスで活動するなら、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

エージェントを利用して案件を探したい方は[
こちらのページ]
(https://freelance-hub.jp/agent/)を参考にしてみてください。

SNSで発信して案件獲得に繋げよう

以前は不特定多数の人と気軽な交流を行うことがメインだったSNSですが、近年はビジネスツールとして活用する人も多く見られ、今ではフリーランスにとってSNSは必須のツールであると言われています。

その理由として、SNSで自分の魅力やスキルを発信することでクライアントとなりうる人に見つけてもらえる可能性があること、発信を続けて知名度が上がることで、その可能性はさらに高まることなどがあります。

自身の作品をSNSにアップして注目を集め、案件受注に繋がる場合もあれば、同じ業界の人とSNS上のやりとりで意気投合し、一緒にプロジェクトを立ち上げる場合も少なくありません。今やSNSはコミュニケーションツールであると同時にビジネスツールでもあると言えるでしょう。

フリーランスとして活動を行うなら、フェイスブックやTwitter、Instagramのうち、どれかひとつは継続して発信を続けておきたいものです。まだどのSNSも利用していないというiOSエンジニアは、すぐにでも発信を始めてみることをおすすめします。

ただしSNSを通じて仕事を行う際は、エージェントやクラウドソーシングサイト以上に、慎重に案件の詳細を決める必要があります。

そもそもSNSは気軽なコミュニケーションツールであるため、確実な入金を約束するシステムも、単価を明示する機能もありません。そのため詳細まで確認せずに業務を進めてしまうと、トラブルに発展してしまう可能性が非常に高いのです。

前述したように、アプリケーション開発などの仕事は、何かあった場合にクライアントの大きな損害になりやすいことから、訴訟リスクも少なくないと言えます。そのため、もしSNSを通じて案件を受注する際は細心の注意を払い、すべてにおいて確実なやりとりをすることが大切であると言えます。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

契約の際の注意点

iOSエンジニアがフリーランスとして案件を受注する際、注意すべきことがいくつかあります。ひとつは前述したように、リスクを最低限にするために浅い商流で参画するのが望ましいこと、そしてもうひとつは自身のスキルや単価を低く見積もりすぎないことです。

ひとつずつ説明しましょう。

浅い商流で参画する

フリーランスエンジニアは案件を自由に選べるのが大きなメリットです。そのため、より高単価な案件を求めて、企業との直接契約を考えるエンジニアも多いかもしれません。

しかし直接契約を行って業務を進めた後、万が一大きなトラブルが起こってクライアントに損失があれば、場合によってはそれを開発者が負担しなければいけない可能性もゼロではありません。

エージェントを間に挟み“浅い商流”の位置で受注することで、手数料や仲介料分は金額が減ってしまいますが、その分味方を付けることができるのです。これはひとりで活動を行うフリーランスにとって非常に心強い点になるため、案件を探す際はまず“浅い商流”を意識して探してみるのがおすすめです。

自身のスキルや単価を低く見積もりすぎない

フリーランスになったばかりの人によく見られるのですが、自身の持つスキルや業務内容に対する報酬を、低く見積もりすぎることです。特にフリーランスは生活のための安定収入が必要になる場合が多く、目先の案件獲得を意識しすぎて低単価で受注してしまう場合があります。

低単価で受注する場合、数は多くこなせるかもしれませんが、本来もらえるべき金額を享受できないことになります。非効率的なのはもちろんですが、業界全体の単価平均を押し下げてしまう可能性もゼロではありません。

自身のことはもちろん、すべてのエンジニアのことを考えれば、できるだけ規定の単価で受注するのが適切であると言えるでしょう。また、案件を選ぶ際は自分のスキルに応じたものであるかという点も大切です。

クライアントや業務内容によっては、自身が持っているスキルが合う場合と合わない場合があると言えます。スキルがぴったり合う案件を選べば、業務内容に応じて単価も上がる可能性が考えられますが、活躍しにくい案件に携わる場合は単価アップも期待できないでしょう。

フリーランスとして案件を受注するなら、まずは自身のスキルにどの程度の需要があるのか、どのような案件であれば十分に活かせるのかをしっかりと把握し、受注する案件を選ぶようにしましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

iOSエンジニアの将来性はあり!

iOSの誕生は非常に画期的であり、多くの人を驚かせ、スマートフォンを一般の人々に定着させるきっかけになったと言えます。しかし現在はAndroidの進化がめざましく、iOSが安泰とは言えなくなってきている現状もあります。

とはいえ、iOSの強みはまだ健在です。そしてさらなる組み合わせデバイスの開発や機能の追加により、より便利に使うためのアップデートが進むと見られています。

またApple社が行う独自のアプリケーション審査により、その安全性は非常に強固なものだと言えるでしょう。そのためiOSエンジニアのニーズはまだ長く続くと考えられます。

ただし、今後は情報化社会への変化や5Gの普及、スマートフォンのハブ化により、さらに新しい発想のアプリケーションや、複雑な機能を持つアプリケーションの開発が求められるようになるでしょう。そのため活躍できるiOSエンジニアは、豊富かつ専門的なスキルを持った人に限定される可能性もあります。

長く求められるフリーランスiOSエンジニアとして活動していくためには、Objective-CやSwift、関連するフレームワークやライブラリのスキルだけでなく、Androidアプリケーション開発も視野に入れたKotlinやシステム開発も担えるJavaのスキルは身に付けておきたいところです。

また、クライアントサイドからサーバーサイドまで広く開発を行えるJavaScriptなど、より関われる範囲を広げていけるスキルを開拓していくことも大切であると言えるでしょう。

アイデア次第で、今までにないアプリケーションを世に送り出すことが可能なiOSエンジニア。もちろんスキルと経験があれば、高単価かつ安定的な収入も狙えます。iOS未経験からでもたくさんの経験を積み、求められるフリーランスiOSエンジニアを目指しましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

その他のコンテンツ

iOS案件の需要や相場、トレンドは?押さえるべきポイントもご紹介