学習のコツがずらり!プログラミング学習方法まとめ

本記事では、プログラミングの学習経験をした方による学習記や学習方法を集めてみました。
プログラミングを学習する前に、どんな学習方法が有効なのか知っておきたいですよね。
効率よく学習したい…、勉強でつまずかないか不安…などの思いがある方はぜひ参考にしてみてください。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

プログラミング学習を独学で効率よく進める方法とは?(C#で学ぶプログラミング入門)

プログラミングを勉強しようと思っても何から始めたら良いのか分からないという人は少なくありません。
さらに、独学ともなると効率的かつモチベーションを維持しながら勉強を続けることは大変です。

今回取り上げる記事の筆者プロ太さんは、独学でプログラミングを学び、現在は大手IT企業の技術者として活躍しています。
こちらの記事《プログラミング学習を独学で効率よく進める方法とは?》では、そんな筆者がおすすめするプログラミングの学習方法について記載。筆者自身の経験に基づいた学習方法を紹介しています。

記事スクショ

プロ太さんは、以下4つの手順で学習を進めることをおすすめしています。
(1)ざっくり概観・雰囲気を学ぶ
(2)目的意識を持って作りたいものを決め、それを作りきる
(3)体系的・網羅的に学ぶ
(4)わからない点は人に教えてもらう

筆者は、高校生のときにゲームに興味を持ちプログラミングの学習を始めたのだそう。上記の手順は、当時部活でゲームを作成し、そのときの学習プロセスに基づいて考えられています。
その実践を通じて感じたことは現在の仕事にも繋がっており、「企業の実務で行うプログラミング・そしてソフトウェア開発においてもとても重要」と語っています。

記事では、学習の手順とともに筆者の経験談も併せて紹介。プログラミング学習を始めたい方はもちろん、独学でも効率良く勉強したいという方も参考になるでしょう。
このほかにも、プロ太さんのブログ『C#で学ぶプログラミング入門』には、C#に関するプログラミング記事が充実。プログラミングの学習に役立ててみてはいかがでしょうか?

記事スクショ

■プログラミング学習を独学で効率よく進める方法とは?
https://prota-p.com/how_to_learn_programming/
トップページ
https://prota-p.com/

ChatGPTを使ったプログラミング学習方法やメリットを解説(株式会社クラウドシード)

プログラミングの学習方法として一般的に知られているのは、スクールや通信講座の利用ですよね。
そのほかに新しい学習方法があれば知りたい…そんな方は少なくないでしょう。
今回は、そのような学習方法に関する記事《ChatGPTを使ったプログラミング学習方法やメリットを解説》をご紹介します。

記事が紹介されているのは、株式会社クラウドシードのブログ『CLOUDSEED BLOG』。記事では、ChatGPTでの学習方法やコツ、注意点について具体的に解説しています。

近年、急激に普及が加速しているChatGPTですが、プログラミング言語への理解も高く、PythonやJavaScript、Java、C#など広範に対応できるといいます。
こちらのブログでは、ChatGPTでプログラミングを勉強するメリットとして以下5点を挙げています。

・無料で利用できる
・わからないところを質問することができる
・機能を実装してもらいそのソースコードを確認できる
・エラーの解決方法を教えてくれる
・ChatGPTの検索力を身に付けられる

上記にもあるように、多機能でありながら無料で利用できることがChatGPTで勉強をする大きなメリットといえるでしょう。
また記事では、これらのメリットを活かした学習方法や、ChatGPTへ指示をする場合のコツも紹介されています。
記事を読めば、すぐに学習に取り組むことが可能なので、興味がある方はぜひご一読ください。

記事の最後には、情報の正確性や個人情報の取り扱いなどの注意点にも触れており、分かりやすくまとめられています。
ChatGPTを使った学習に興味がある方は、ぜひ記事を参考に取り組んでみてはいかがでしょうか?

記事スクショ

■ChatGPTを使ったプログラミング学習方法やメリットを解説
https://blog.cloudseed.co.jp/2023/06/02/chatgpt-programming/
トップページ
https://cloudseed.co.jp/

プログラミング初心者必見!楽しく学びたいならProgate!(株式会社サイバーシップス)

「プログラミングを勉強したいけど、何から手をつければ良いか分からない」という方、既にプログラマー・エンジニアとして活躍している方でも「新しい言語を習得したいけど、書籍や勉強サイトを探すのが手間だな」と思っている方はいらっしゃいませんか?
そんな方は、楽しくプログラミングを学べる[Progate]を使ってみてはいかがでしょうか。

記事スクショ

こちらでは、株式会社サイバーシップスのブログ記事より《プログラミング初心者必見!楽しく学びたいならProgate!》をご紹介します。

Progateは、100以上の国で提供されているオンライン学習サービスです。基礎からしっかり学べるので、これからプログラミングを勉強するという初心者の方に適しています。
学習できる言語はHTML&CSSをはじめ、PythonやRuby、JavaScriptなど、現場で使用されているさまざまな言語を学習することが可能。言語だけでなく、jQueryやReactなどのライブラリ、Node.jsなども学習できる点がポイントです。

記事では、Progateの魅力や学べる範囲についてなど、Progateの使い方について詳しく書かれています。
筆者が考えるProgateの魅力の一つは、「何といっても分かりやすさ」だそうです。Progateでは「スライド学習」を採用しており、先にスライドでインプットし、練習問題でアウトプットしていく方式で学習していきます。練習問題では手順とエディター、プレビューが1画面上に表示され、コードを書いたそばからプレビューが変化していくことがポイント。自分が今どの部分のコードを書いているのかを視覚的に確認でき、ゲーム感覚かつ自分のペースで学習することが可能です。

また同記事の本文には、筆者がおすすめするProgateの使い方が紹介されています。Progateを効率的かつ経済的に活用したい方は、ぜひ記事で確かめてみてはいかがでしょうか?

■プログラミング初心者必見!楽しく学びたいならProgate!
https://cyberships.co.jp/progate/

プログラミング書籍 – 入門書読破の次にやるべきことは?(プログラミング中級者以上の習慣)

プログラミングの学習に、入門書を購入した方も中にはいるでしょう。しかし、その入門書を読んだ後、何をすべきか悩む方も少なくありません。

そこで、ぜひ読んでいただきたい記事が《プログラミング書籍 – 入門書読破の次にやるべきことは?》です。こちらの記事では、入門書を読んだ後のステップについて「プログラミングを始めた目的に沿った行動をとること」を勧めています。

記事スクショ

筆者によると、プログラミングを始めた目的に立ち返ることで、次の行動が見えてくるそうです。
逆に、目的を特定できないと、何のためにプログラミングしているのか分からなくなってしまうことがあると、記事に書かれています。

筆者が、その目的を実現する方法として勧めているのが「アプリ開発」です。
実際に、筆者が書類選考をした経験に基づいて、アプリ開発のメリットを語っています。
アプリを1つ開発し、わずかでも利用者数を持てば、自身の強みとなるそうです。特に、エンジニアへの転職希望の方や、フリーランスで活躍したい方には、書類選考のアピールポイントになると、筆者は語っています。
実力を上げたい方や、中級にステップアップしたい方にとっても、モチベーションが向上する内容なので、気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

筆者は、さまざまな言語や環境に触れ、個人で複数のアプリを制作しています。
ブログ『プログラミング中級者以上の習慣』では、その経験から得た知識や情報をほかにもたくさん発信しているので、ぜひ学習に役立ててみてはいかがでしょうか。

■プログラミング書籍 – 入門書読破の次にやるべきことは?
https://computer.sarujincanon.com/2022/05/06/beginner_next_book/
トップページ
https://computer.sarujincanon.com/

Python入門者のための100日勉強方法(びぎんぱいそん)

プラスアルファのスキルとして、Pythonの習得を新たに試みるエンジニアの方もいることでしょう。
Pythonといえば、AI開発やWebアプリ開発、データ解析などを得意とするプログラミング言語で、需要もあるため身につけておいて損はありません。

そんなPythonの学習のヒントを得られるのが、ブログ『びぎんぱいそん』に掲載されている、こちらの《Python入門者のための100日勉強方法》という記事。
執筆しているのは、プログラミング歴13年以上の経歴を持つみやびのさんです。Pythonをメインに勉強を重ねてきたみやびのさんだからこそ語れる、納得の勉強方法が紹介されています。

記事スクショ

記事によると、Pythonの到達レベルを10段階で表した場合、100時間ほどの勉強時間でレベル1に到達し、基礎を理解できるとのこと。
みやびのさんは、1日1時間の勉強を100日間行う前提で、10日間ごとに区切って全10工程のスケジュールを組み、それぞれの工程でゴールを設定しています。
もちろん、得手不得手や確保できる時間は人それぞれなので、各工程で何をゴールとするかや、重点的に勉強するかは自分で設定しても良いとのこと。あくまで自分のペースで学んでいくことが大切なのだそうです。
そして、実際にプログラムを書く時間を作ったほうが良いといいます。

この100日間勉強方法で、Pythonのレベル1に到達する目標は、「動かし方を理解する」「変数・関数・制御文を理解する」「簡単な遷移図やフローチャートを書ける」です。
これらの目標を達成すると、ようやくスタートラインに立てるとのことなので、記事を参考に自分なりのゴールを設定し、有意義に勉強を進めてみてはいかがでしょうか。

■Python入門者のための100日勉強方法
https://miyabikno-jobs.com/pc/python-100-days/

Solidity(ソリディティ)の学習方法をわかりやすくご紹介!(ブロラボ)

Solidity(ソリディティ)はコントラクトの実装に特化しているプログラミング言語で、ブロックチェーンの開発に適しています。近年は仮想通貨や金融業界などでブロックチェーン技術を採用するケースが増えており、「Solidityを身につけたい」というエンジニアも多いのではないでしょうか。
こちらでは、ブロックチェーン技術の学習方法や最新情報を紹介するブログ『ブロラボ』の記事より《Solidity(ソリディティ)の学習方法をわかりやすくご紹介!》を紹介します。

記事スクショ

筆者は、Webディレクションやフロントエンド開発、Webマーケターとマルチに活躍しているYuuKIさんです。

筆者はSolidityの学習方法について、以下のパターンがあると話しています。
・オンラインソースを利用
基本的な文法や構文、デザインパターンなどが学べるほか、公式ドキュメントやGitHubなどを参照して学習できます。記事やチュートリアル、動画なども多く公開されており、初心者から上級者まで誰でも学べることがポイントです。

・実践を重視した学習
筆者いわく「Solidityは実際にコーディングすることで理解を深められる」とのこと。実際にアプリケーションを作成したり、サンプルプロジェクトをこなすことで効果的な学習が可能です。

・コミュニティへの参加
SlackやDiscordなどのチャットツール、オンラインフォーラムなどで参加できるそう。他のエンジニアと交流できるほか、Solidityの最新情報も入手できます。

・専門のコース、トレーニングを利用
効率的に学習したい方におすすめ。オフラインの学習コースやセミナーなどがあり、自分のスケジュールに合わせて学べます。

記事本文では、Solidityの開発環境である「Geth」の構築方法、Solidityの開発の流れ、Solidityでできるサービスについて紹介しています。
そして記事の最後に、筆者が考える「Solidity学習で大切なこと」が記されています。今後エンジニアとして長く活躍するためにも必要な内容となっているため、気になる方はぜひ記事本文で確かめてみてくださいね。

記事スクショ

■Solidity(ソリディティ)の学習方法をわかりやすくご紹介!
https://block-chain-lab.jp/programming/howto-study-solidity/
トップページ
https://block-chain-lab.jp/

C言語を学んでからPHPを学んだ際に感じたあれこれ(株式会社ジェイオンライン)

大阪に拠点を構え、Webサイトの企画・提案・制作やWebシステム開発などの事業を展開している、株式会社ジェイオンライン。
同社は、スタッフの学習意欲と向上心を刺激し、高い意識を持って新たなスキル習得に挑戦できるよう学習環境を整え、個々の成長を支援しています。

記事スクショ

その様子が、同社のブログ記事《C言語を学んでからPHPを学んだ際に感じたあれこれ》にて窺えます。
記事によると、筆者は新卒エンジニアとして内定が決まったあと、入社前後で手厚いサポートを受けたのだとか。
もともとC言語、C++、C#を習得しているため、プログラミングの知識はあるものの、Web開発については理解せずに入社したため、入社前からPHPの学習に励んだといいます。

記事には、すでに心得ているC言語と、新たに学んだPHPを比べてみて、両方学習してみた感想や、実際にはどのようにPHPを学んだのかについて、プログラミング経験者ならでの気づきを綴られているのが印象的です。
たとえば、PHPを学んでみて最初に感じたのは、動的型付けの便利さと楽さだったのだそう。
というのも、C言語は真逆の静的型付けのため、言語内で自動的にオブジェクトを識別して型を決めてくれるPHPの記述方式に驚き、楽に感じたと語っています。そのほかにも、C言語と比べてPHPの魅力やデメリットも学習する中で実感し、新鮮な気持ちで学べたとのことです。
詳しくは、記事にてご確認ください。

PHPの学習としては、入社前は会社の書籍で自己学習し、入社後は会社が準備した開発環境で、映像教材を活用してSQLとの連携やLaravelの研修も行い、確実に身につけていくことができたようです。
筆者は、C言語を理解しているからこそ、その知識を少し変換して流用できたと語っており、別の言語でも新たな学びに活かせるため、もしプログラミングの知識があれば自信を持ってほしいとエールを送っています。

筆者のように、プラスアルファのスキル習得を目指したい方は大変心強いのではないでしょうか。
心構えをしておくためにも、ぜひくまなく目を通してこれからの学習に役立ててみてくださいね。

ちなみに、同社ではエンジニアを通年募集しています。エンジニア自身が新たなフェーズに向かうための成長できる環境を整え支援する取り組みに、今後も注目したいところです。

記事スクショ

■C言語を学んでからPHPを学んだ際に感じたあれこれ
https://j-online.ne.jp/blog/システム開発/c言語を学んでからphpを学んだ際に感じたあれこれ

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    258,984の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 5月20日(Mon)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

ITスキルを磨きたい!フリーランスにもおすすめのプログラミングスクール

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

フリーランス学習

3 years ago

おすすめのオンラインで学べるプログラミングスクール7選

プログラミングスクールに興味があるけれど、「自宅や職場の周辺にプログラミングスクールがない」「人が集まる場所に行くのは抵抗がある」という方も...

学習

3 years ago

転職支援サービスあり!初心者にオススメのプログラミングスクールまとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

学習

3 years ago

Webデザイナーを目指せ!座学でもオンラインでも学べるWebデザインスクールまとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

Webデザイナー学習

3 years ago

NEW Webマーケターを目指したい方必見!おすすめのWebマーケティングスクールまとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

学習

6 days ago