どの資格が役に立つ?Webマーケティング資格に関する記事まとめ

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。
またお出かけの際は、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

インターネットが普及し、WebサイトやWebサービスを利用することが多くなった昨今、Webマーケティングの需要はますます伸びています。Webマーケティングのスキルを持つ人材も求められており、これらの資格取得をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回、そんなWebマーケティング資格に関するブログ記事をご紹介!Webマーケティングに役立つ資格の紹介から、その勉強方法、受験体験記まで、どれも実体験に基づいて書かれた記事ばかりです。すでに資格取得を目指している方はもちろん、マーケティングに役立つ資格をお探しの方もぜひ参考にしてみてくださいね。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

Google広告認定資格とは?傾向・難易度・おすすめの受験順番と勉強方法をご紹介(株式会社 キーワードマーケティング)

記事スクショ

マーケティングを仕事にする際、顧客に対し専門的な知識やスキルを有する証明があると、納得感や信頼感が得られます。しかし、広告運用はコンプライアンスの面から実績を提示できないこともあり、自分のスキルや経験を数字で示すことは難しいのが実情です。

今回取り上げるのは「Google広告認定資格」に関する記事です。Google広告認定資格は、Google広告に関する知識やスキルがあることを証明できる資格です。
こちらの《Google広告認定資格とは?傾向・難易度・おすすめの受験順番と勉強方法をご紹介》は、Google広告認定資格の概要や資格取得のメリット、勉強方法などを解説している記事です。この記事を発信している株式会社キーワードマーケティングは、新卒研修の一環としてGoogle広告認定資格の取得をおこなっています。実際に受験してみてわかった試験の傾向や、試験を受けるおすすめの順番などがわかりやすく紹介されています。

記事によると、Google広告認定資格のメリットは3つあります。

1.代理店パートナーバッジを取得できる
2.最新情報を把握できる
3.知識があることを示せる

代理店パートナーバッジ「Google Partners バッジ」を取得するためには、Google広告認定資格の取得が条件の一つです。このバッジを取得することで代理店としての信頼度も高まります。知識を示しづらい分野だからこそ、「外部へ対して自分の知識やスキルを示すこと」ができるのは大きなメリットになりますね。

記事の後半は、実際に受験した同社の新卒メンバーの勉強時間や難易度などについても紹介しています。Google広告認定資格の試験科目は6科目に分かれており、同社では新卒研修の一環として「検索広告」「ディスプレイ広告」「ショッピング広告」「動画広告」の4つを取得するのだそうです。記事には受験した新卒メンバーのアンケート結果がまとめられており、そこから見える傾向やオススメの受験順番、勉強方法が紹介されています。

Google広告認定資格は、取得から1年間有効です。試験問題がアップデートされるなど受験内容も大きく変化していることもあるため、すでに合格経験がある方も「自身の理解度確認のために改めて受けてみるのも良い」と記事には書かれています。Google広告認定資格はオンラインで24時間365日受験することが可能。簡単に受験できるため、こちらの記事を参考につつ、ご自身の理解度をチェックしてみるとよいでしょう。

■Google広告認定資格とは?傾向・難易度・おすすめの受験順番と勉強方法をご紹介 記事詳細
https://www.kwm.co.jp/blog/google-ads-qualification/

【合格者が語る】Webアナリスト検定の難易度や勉強方法・取得する意味について(いとをかしnet)

記事スクショ

Webマーケティングが盛んに行われるようになった昨今、Webアナリストの需要も高まりつつあります。Webアナリストは、Webサイトへのアクセス内容などを分析・把握し、改善案を提案する職種。Webアナリストとして活躍したい方や、これらのスキルを仕事に活かしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介するブログ『いとをかしnet』の筆者いとうさんは、企業でWebマーケティングや情報管理に携わっています。そんな筆者は、「Webアナリスト検定」の合格者の一人。Webアナリスト検定とは、Webアナリストとしてのスキル・知識があることを証明するJWA認定の資格制度です。こちらの記事《【合格者が語る】Webアナリスト検定の難易度や勉強方法・取得する意味について》は、筆者がWebアナリスト検定を受験するにあたり行った勉強方法や資格のメリット・デメリットについて書かれています。

筆者は、試験の10日前に受験を申し込み、さらに公式テキストは試験1週間前に受け取ったのだそう。時間が圧倒的に足りない状況での試験勉強でしたが、結果は見事合格。記事には、そのような状況で筆者が行った勉強方法について具体的に紹介されています。
まず筆者は、試験対策として公式テキストと付録の対策問題集を活用。少しボリュームのある公式テキストですが、試験に出題される範囲は1章~7章までとのこと。記事には「8、9、10章は最悪すっ飛ばして構いません」と書かれており、時間の足りない筆者は試験に必要な範囲だけを勉強したそうです。

また、記事では試験の注意点も記載。特に試験前に行われる5時間の講義は「試験に出る単語のニュアンスや計算問題などを把握しておくという意味合い」で受けたほうが良いとのこと。「講座の内容がテスト問題とリンクしている箇所も多かった」こともあり、この講義の受講を勧めています。

さらに記事には、Webアナリスト検定を受験したメリット・デメリットも紹介。受験料などがコストが掛かるものの、「Web解析をするにあたって、基本的ではあるものの必須の知識を身に着けること」ができた点はメリットだったと書かれています。
また、最後には「実務にすぐ活かせる知識を多く得ることができ、筆者にとっては得たモノの価値の方が大きい」とも記載。Webアナリストを目指す方だけではなく、これからWebマーケティングを学びたい方なども、こちらの記事を参考に受験を検討してみてはいかがでしょうか?

■【合格者が語る】Webアナリスト検定の難易度や勉強方法・取得する意味について 記事詳細
https://run-emotion.net/web-analyst-examination/

【2021年に合格】ネットマーケティング検定を「独学1週間」で合格する勉強方法(ポジりすブログ)

記事スクショ

マーケターとして活躍したい方やマーケティングの知識を仕事に役立てたいという方は年々増えています。しかし、マーケティングに関する資格は幅広く、どれから取得したら良いのか迷っている方も多いかもしれません。今回は、そんなマーケティング資格の一つ「ネットマーケティング検定」に関する記事をご紹介します。

《【2021年に合格】ネットマーケティング検定を「独学1週間」で合格する勉強方法》は、ネットマーケティング検定について書かれた記事。ネットマーケティング検定は、インターネットマーケティングに関する基本知識や方法論を有する人材であることを証明できる資格です。「デジタルマーケターとして売上に貢献できる人材となりたい」という筆者のポジりすさんが運営する『ポジりすブログ』には、そんなネットマーケティング検定合格までの勉強方法が記載されています。

ポジりすさんは普段、某Sier会社に勤務しており、ある有名ECサイトの保守開発を担当しているのだそう。そんな筆者は、独学でネットマーケティング検定に一発合格したとのこと。記事には、筆者が実際に行った勉強方法について分かりやすく解説。社会人でも1週間で資格取得を目指せるノウハウが紹介されています。
ポジりすさんは、勉強前からSEOや多少のマーケティング用語は知っていたそうですが、マーケティングはほぼ未経験だったとのこと。そんな筆者は、試験の1週間前から勉強を開始。記事には勉強時間の目安やその際に活用した教材についても丁寧に紹介されています。

元々マーケティング用語を知っていたポジりすさんは、「平日は1.5h、休日は3h=10時間程度」の勉強時間を確保。教材には公式テキストを活用したのだそうです。記事には、テキストを用いながらどのように勉強を進めたのかが順を追って紹介されており、その一つひとつにどの程度時間を要したのかも細かく記載されています。

ポジりすさん曰く「過去問で7割以上取れたら合格できるレベルなので、自信を持って試験に臨んでください!」とのこと。ポジりすさんの勉強方法を参考にすれば、働きながらでも独学で合格が見えてくるかもしれませんね。マーケティングに関するスキルを習得したい方はぜひこちらの記事を参考にネットマーケティング検定にチャレンジしてみてください♪

■【2021年に合格】ネットマーケティング検定を「独学1週間」で合格する勉強方法 記事詳細
https://posirisu.com/license-study/netmarleting/

ビジネス統計スぺシャリスト(エクセル分析ベーシック)にたった一週間で合格した学習のポイント!(統計LIFE~ゼロから始める統計学~)

記事スクショ

データ分析のスキルを証明するための資格はいくつかありますが、その中にExcelでビジネスデータ分析を行えることを証明するビジネス統計スぺシャリストという資格があります。
ビジネス統計スぺシャリストには、基礎レベルの「エクセル分析ベーシック」と、応用レベルの「エクセル分析スペシャリスト」の2種類があり、統計の知識を正しく身につけたい場合には基礎レベルの資格取得が最適。さらに、基礎レベルとはいえ、実践的にデータ分析できるかどうかの知識も習得可能です。

Webマーケターにとっても仕事に役立つとされているデータ分析スキル。ビッグデータ活用の重要性が増しているIT業界においても、データ分析スキルを有する人材の需要は高まりつつあります。
ビジネスにも役立つ分析スキルの知識を得たい方には、《ビジネス統計スぺシャリスト(エクセル分析ベーシック)にたった一週間で合格した学習のポイント!》という記事がおすすめです。こちらは、『統計LIFE~ゼロから始める統計学~』というブログを管理しているにっしーさんが発信されているもの。基礎レベルであるエクセル分析ベーシックの資格を短期間で取得した体験記が綴られています。

記事内では、資格の詳細や取得するメリットのほか、試験勉強におすすめの書籍や試験対策に役立つWebサイトを紹介。難易度についても触れており、レベル的には統計検定3級と同程度だと感じたそうです。それほど難しい試験ではないため、統計学に少しでも興味があれば学びの一歩として勉強してみるのもいいのでは、と伝えています。
自分のデータ分析スキルを試したいという方はぜひ、基礎レベルの資格取得から目指してみてはいかがでしょうか。

ブログ内では体験記のほか、統計学に関するさまざまな記事を発信。統計学の魅力にハマったという筆者がお届けするのは、学び多きものばかりです。試験体験記とともに他の記事もぜひ覗いてみてくださいね。

■ビジネス統計スぺシャリスト(エクセル分析ベーシック)にたった一週間で合格した学習のポイント! 記事詳細
https://life-analyze24.com/businesstoukeispecialist/

統計検定2級に、文系出身・数学の素人が独学で合格するまでの体験談(統計とってみた!)

記事スクショ

膨大なデータを処理する技術が発展してきた昨今、統計学をマーケティングに活かそうとする企業も増えています。統計に関するスキルを持った人材の需要も高まっており、統計学を学びたいとお考えの方も多いのではないでしょうか?

『統計とってみた!』は、「統計学を使って身のまわりの様々な日用品を紹介」するというブログ。独学で統計学を学んだという筆者まちゅけんさんが運営しています。筆者は統計に関する資格を取得しており、こちらの記事《統計検定2級に、文系出身・数学の素人が独学で合格するまでの体験談》では、取得までの道のりが記載されています。

記事によると、筆者は会社で昇格試験を突破したことをきっかけに統計学を学び始めたとのこと。なぜ突破したにも関わらず統計学を学び始めたのか…それは「昇格した自分にあるのは会社によって作られた立場だけ」という無力感を感じたからだそうです。
文系出身で長く数学に触れてこなかった筆者でしたが、数字を追いかけることは元々好きだったのだそう。「数字の分析が得意なひとになりたい」という想いからデータ分析に関心を持ち始め、結果それが統計学を学び始めるきっかけになったそうです。

筆者は、まず完全無料のオンラインコンテンツを利用し統計検定2級の取得を目指し勉強を開始。「統計学の超基礎を学ぶ」ことから始めたそうですが、勉強を進めるうちに2つの挫折を経験します。
その一つが、文系出身者の壁となる「微分積分の数式・記号」。さらにもう一つの挫折は、「統計検定2級が思った以上に難しく受験を見送ったこと」でした。筆者はこの2つの挫折から、まずは統計検定3級を受けることにしたとのこと。2級受験を見送った筆者でしたが、3級の学習では「挫折しがちな要素を少しだけ含みながら統計学の超基礎を学べる」ことに繋がり、結果的にはメリットも多かったと書かれています。

記事の後半は、3級合格後に行った2級の勉強法を紹介。筆者はまず費用・時間を節約するために「やること・やらないことを整理」したのだそう。記事には、実際に用いた問題集の紹介や勉強法とともにやらなかったことも記載。しかし、最初の挫折にもなった微分積分に関しては妥協せずに学習を行ったと書かれています。

挫折も経験した筆者でしたが、その後統計検定2級に一発で合格。記事の最後には「2級までの内容はたとえ文系出身者だとしても独学が可能」と書かれています。
文系出身でも諦めずに統計学を学びたいという方は、まちゅけんさんの記事を参考に学習を進めてみてはいかがでしょうか?

■統計検定2級に、文系出身・数学の素人が独学で合格するまでの体験談 記事詳細
https://machuken.com/post-1058/

社会人が統計検定2級に挫折しないための勉強方法(とくきちのゆるログ)

記事スクショ

急速な進展を遂げるIT化ですが、データ分析の分野においても能力ある人材の市場価値が高まりつつあります。データを客観的に正しく分析・判断するためには、体系的な統計スキルが必須です。
そのスキルを証明するための資格として、統計検定という資格があります。統計検定2級は、大学基礎過程の知識と理解度があることを示すもの。もし大学レベルの習得度に達していないと感じた場合には、3級からチャレンジして知識力を身につけておくのも一つの方法です。

そこで、実際に3級から2級の資格取得にチャレンジしたWebエンジニアのとくきちさんの体験記に注目してみました。筆者は、試験に備えて取り組んだ方法を《社会人が統計検定2級に挫折しないための勉強方法》という記事に書き綴っています。

自宅での勉強では環境づくりが大切ですよね。モチベーションを維持させるために筆者が取り入れたのは「勉強Live」という方法。動画内ではリアルタイムで24時間ライブ配信されているため、誰かに監視されているような感覚で勉強できる環境が筆者には合っていたそうです。今になって思うと勉強を続けるための一番大事な要素だったと話しています。

3級の勉強で取り組んだのは、総務省統計局の学習教材と統計検定3級・4級の公式問題集。公式問題集では、問題に慣れること、回答スピードを上げることを目的に問題集を3回繰り返し解くという方法を紹介しています。
3級合格の次はいよいよ2級にチャレンジ。過去問を中心に勉強をはじめたところ、体系的な知識を理解していないと検索しても内容を理解できずにお手上げ状態だったそうです。そこで基礎からコツコツ勉強する方法へとシフトチェンジ。丁寧に解説されている書籍を3冊活用しながら基礎固めを行い、98時間の勉強時間をかけて2級合格を果たしました。
統計スキルはあらゆる業種で役立つため、一つの知識として習得しておくと仕事に活かせる機会があるでしょう。マーケティングへの理解を深めたいときには、統計検定の資格取得を目指してみるのもおすすめです。
『とくきちのゆるログ』では、体験記のほかにWeb系エンジニア向けのさまざまな記事を発信。現役Webエンジニアがお届けする情報もぜひチェックしてみてくださいね。

■社会人が統計検定2級に挫折しないための勉強方法 記事詳細
https://tokukichi.com/posts/63

簡単60秒!案件が見つかる・スカウトが届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    153,779の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 10月1日(土)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

その他のコンテンツ

どの資格が役に立つ?Webマーケティング資格に関する記事まとめ