NEW 将来有望な期待の言語Scalaとは?高単価案件獲得に必要なのは何かを知ろう

2ヶ月前

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

Scalaとは何か?案件から見る仕事の種類

近年、将来性のあるプログラミング言語として注目を集めているのが、Scalaです。

このScalaとはどのようなプログラミング言語なのか、将来が期待されている理由はどのようなものなのかを見ていきます。

プログラミング言語Scalaの歴史

Scalaの最初のバージョンが公開されたのは、2003年です。現在人気のある他のプログラミング言語と比較した場合、1990年に登場したPythonに比べると十分新しいですし、1995年頃に相次いで世に出てきたJavaやJavascript、Rubyと比較しても新しい言語と言うことができます。

Scalaの開発を行ったのは、スイス連邦工科大学ローザンヌ校のマーティン・オーダスキー教授です。設計は2001年に実施され、2003年には内部リリースし、2004年にはJavaと.Netのプラットフォームで公開されています。.Netプラットフォームでのサポートは2012年以降中止されていますが、Javaでのサポートと開発は継続されています。

Scalaが注目される理由には、Javaの後継言語のひとつとして紹介されることもあります。開発者であるオーダスキー教授はjavacなどのJavaに関係する開発も行っており、こうした経緯からもScalaとJavaは多くの共通点を持ちます。

それでは、Scalaはどのようなシーンで活用されているのでしょうか。

Webアプリケーション

近年急速な普及を見せているのが、タブレットやスマートフォンに代表されるスマートデバイスです。これに伴い、Webアプリケーションの開発需要は高まっており、プログラミング言語としてScalaが選ばれるケースも増加傾向にあります。

日本国内での開発事例はまださほど多くはないのですが、代表的な事例と言えるのが、ビジネスユーザー向けのチャットサービスでよく知られているチャットワークです。

チャットアプリケーションには、リアルタイム性の高い処理が欠かせません。Scalaはそういった処理を得意としており、チャットワークは当初PHPで構築されていたものを、ゼロベースでScalaへと移行したのです。

世界的にも、Scalaの評価は高まっています。ScalaによるWebアプリケーションの開発事例が少ない日本国内においても、今後はそういった機会が増えていく可能性があります。

システム開発

Scalaが、システム開発に採用される機会も増えています。日本Scalaユーザーズグループでは、以下のようなシステムの開発事例が紹介されています。

  • リワード広告システム
  • クラウド労務管理システム
  • 会計EDI
  • VB6パーサー

システム開発でも、安定稼働が求められる業務システムでScalaが採用されるケースも多くなっています。その背景にあるのは、Scalaであれば安定性と実行速度が両立可能ということです。

ソーシャルゲーム

Scalaを開発に活用している分野として、ソーシャルゲームがあります。GREEやmixiなど、よく知られたプラットフォームでプレイ可能なソーシャルゲームが、Scalaで開発されています。

ソーシャルゲーム分野でも、Scalaを利用した開発は早い時期から行われていました。事例にも、古いソーシャルゲームがリストアップされています。Scalaでソーシャルゲームを開発している企業で、メディアに取り上げられる機会が多いのは以下の2社です。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

認知度の高いサービスにも活用されている

数々のすぐれた特徴を持つことから、Scalaは海外での採用事例が豊富です。具体的な事例を見てみましょう。

Twitter

多くの人が利用するTwitterは、2006年にサービスが開始されています。サービス開始当初にはRubyで作成されていたバックエンドプログラムのうち、一部をScalaに置き換えはじめたのは2008年で、これはScalaの最初のバージョンがリリースされてからわずか5年後のことでした。

その後、ScalaはTwitterにおける基盤の大部分で利用されることとなりました。Twitterでは自社内で実際に両中のソフトウェアをオープンソースとして公開していますが、その多くはScalaによって記述されたものになります。

LinkedIn

ビジネスSNSとしてよく知られているLinkedInも、Scalaを積極的に活用しています。2020年時点における全世界での登録ユーザー数は6億人を超えており、フォーチュン500に名を連ねるような企業の幹部もユーザーとして利用しています。

The Guardian

ガーディアンはイギリスの高級紙です。当初、同社はWebサイトの運用をJavaで行っていました。2011年、運用をScalaに切り替えることを発表し、それは実現して現在に至っています。

同社はまた、Scalaによって実装されたOpen Platform APIを運用しており、サービスの利用者は、同社が保有する200万個を超えるコンテンツにアクセスすることができます。

これらの他にも、国内では前出のチャットワークをはじめ、ドワンゴやGMOでも古くからScalaを採用してます。国内外問わず、知名度の高い企業でScalaの採用事例は数多いのですが、それはどのような理由からでしょうか。

その多くは、Scalaが持つプログラミング言語としての特性の由来していると考えることができます。代表的なものを示します。

  • スケーラビリティ(拡張可能性)
  • Javaとの互換性
  • コード量と工数が削減される
  • バグが発生しにくい

Scalaの、プログラミング言語としての特徴についての詳細は後述しますが、ここに列挙したポイントを見るだけでも、安定的に動作するプログラムの効率的な記述が可能な言語である、と考えることができそうです。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

Scalaの特徴と他言語との相性は?

プログラミング言語として、Scalaはさまざまな特徴を持ちます。まず挙げられるのは、Scalaはオブジェクト指向と関数型のプログラミング、双方に対応している点です。

オブジェクト指向言語の長所である、プログラム完成後に生じた変更にも柔軟に対応できるという特性を活かしつつ、シンプルな記述が可能で保守性や再利用性で優位という関数型プログラミングのメリットも享受することが可能です。エンジニアにとっては、大きな魅力であると言えます。

また、Scalaは分散処理や並行処理を得意とします。クラウドコンピューティングのように、現在高いニーズがある分野に関しても、問題なく対応できるプログラミング言語がScalaであると言うことも可能です。

意識したいのは、オブジェクト指向と関数型のプログラミングの双方に対応するなど、複雑な仕様を持つScalaは、習得のためのコストが高くなる可能性があるという点です。学習の前提として、後述するようにScalaとの親和性が高いJavaを先に習得しておくことで、学習コストを下げることが可能になります。

ScalaとJavaとの関係は?

ScalaはJavaとの互換性が高いことも、魅力のひとつです。ScalaはJava仮想マシン(JVM)上で動作しますので、ほとんどのJavaライブラリを利用することが可能です。Javaでの開発が多い日本においては、Scalaを利用しやすい環境にあると考えることができます。

冒頭でも述べた通りで、Javaに関しても重要な開発を行ったマーティン・オーダスキー教授を中心にしてScalaは開発されたという経緯があります。Javaとの親和性が高いことはもちろんなのですが、オブジェクト指向と関数型、双方のプログラミング概念を活用した、Javaに比較してもシンプルなコードで同じ機能を実装することも可能です。

数多のWebシステムやアプリケーション、ソーシャルゲーム等でScalaを用いた開発が行われています。Scalaは、我々が想像している以上の潜在能力を秘めているのです。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

未経験でこなせる仕事はあるのか

数々の特徴を持つScalaは、実に魅力的なプログラミング言語です。Scalaの未経験者でも、こなせる仕事はあるのでしょうか。これは、未経験の意味するところにより違います。

  • プログラミングの経験がない「未経験者」
  • プログラミング経験はあるがScalaは「未経験者」

それぞれについて、簡単に説明します。

プログラミングの未経験者

開発業務の経験を持たないエンジニアの場合、Scalaを使ったプログラミングの仕事に参画できる機会は極めて少ないと考えるべきでしょう。仮に、プログラミング未経験でScalaの仕事に参画した場合、学習コストが高いとされるScalaというプログラミング言語の性質上、かなり厳しい状況に陥る可能性もあります。

まずは、プログラミングの経験を積むことが必要です。後述する通り、Javaなどのオブジェクト指向言語を中心に学習し、実績を作ることからはじめましょう。

Scala未経験者

一方で、Scalaの経験はなくても、プログラミングの経験があるエンジニアであれば、Scalaの仕事を得る可能性はあります。時々ある「Scalaの経験は問わない」といった案件では、Javaなど他のプログラミング言語での開発経験があるエンジニアを想定しています。

Javaと書いたのは、ScalaはJavaと共通する部分を多く持ち、Javaでの経験をかなり活かすことができるためです。こういったことから、Javaの経験を持つエンジニアであれば、Scalaが未経験であっても比較的高い単価の案件を獲得できる可能性があります。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

職場か在宅か、Scala案件の働き方とは?

昨今の社会情勢もあって、リモートワークという働き方が身近なものになってきています。フリーランス向けのScala案件では、在宅で働くことも視野に入るリモート可の案件は、どのくらいあるのでしょうか。

レバテックフリーランスで、言語要件としてScalaが指定されている案件を検索しますと、全体の案件数は289件です(2021年7月22日時点)。うち、リモート可となっている案件は62件であり、在宅で仕事ができる案件は20%ほどであることがわかります。

他の、案件数が多いプログラミング言語と比較してみます。

言語 案件数合計 うちリモート可 比率
Scala 289 62 21.4%
Java 6,235 887 14.2%
Python 1,626 474 29.2%
Ruby 1,693 388 22.9%

案件数が多い分リモート可の案件も多いですが、JavaはScalaより比率は小さくなっています。Pythonとは有意な差が見られるものの、Rubyとの差は小さいと言えます。

一般に、Scalaでの開発はアジャイル手法を用いることが多く、仕様の変更が多く開発、テストが繰り返されることもあって、職場にエンジニアを集めたほうが効率的なため、リモート案件は多くはありませんでした。現在でも比率が高いとは言えませんが、全体の2割ほどがリモート案件ですので、在宅でScalaを用いた仕事をするチャンスはあると考えることができます。

なお、Scalaの案件に関しては、ほぼ東京都に集中しています。案件数289件のうち、東京都の案件は286件となっています。同様に、他の言語との比較を示します。

言語 案件数合計 うち東京都 比率
Scala 289 286 99.0%
Java 6,235 4,977 79.8%
Python 1,626 1,459 89.7%
Ruby 1,693 1,606 94.9%

この業界の仕事は、もとより首都圏への偏在傾向が強いという現実があり、かつScalaに関してはほぼすべての案件が東京都に集中しています。Scala案件にチャレンジしたいという気持ちが強い場合は、首都圏への転居を考慮に入れる必要があるかも知れません。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

Scala案件の単価相場は?

レバテックフリーランスで、Scala案件の単価相場を確認してみましょう(2021年7月22日時点)。

月単価について、平均、最高、最低は以下に示す通りです。

項目 月単価
平均 82万円
最高 165万円
最低 55万円

月単価帯別の案件数は、下の表の通りです。

月単価 案件数 割合(参考)
50万円台 1件 0.3%
60万円台 14件 4.8%
70万円台 81件 28.0%
80万円台 106件 36.7%
90万円台 66件 22.8%
100万円以上 10件 3.5%

これらの結果から、以下のことがわかります。

  • 平均単価82万円はJavaの69万円、Pythonの77万円と比較しても高い。
  • 50万円台以下の案件はほとんどない。
  • 70~90万円台の案件が全体の9割近くを占める。

個別の案件を確認すると、要求されるスキルや経験が比較的高度なものが多く、経験年数が浅いエンジニアを求めているものは見当たりません。50万円台以下の案件がほとんど存在しないことは、Scalaの案件では一定以上の水準のエンジニアが求められていることを示しています。

Scala案件の全体的な高単価の背景には、プログラミング経験3年以上、中には5年以上が求められる案件がほとんどであることと、要求されるスキル水準も高いことがあります。実績や経験が少ないエンジニアにとっては、案件を獲得することは難しいと言えそうです。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

効率的なScala案件探しにおすすめの方法

安定的な案件確保は、フリーランスにとって不可欠と言えるものです。会社員時代と違い、あらゆる業務をすべて自分自身でこなす必要があるフリーランスエンジニアには、いかに効率的な案件探しが行えるかも重要となります。

方法はいくつかありますが、代表的なものを紹介します。

知人などから紹介してもらう

この方法での案件確保が可能であるならば、検討したい手段のひとつです。ベンチャー企業等でScalaを用いた開発を行っている場合もあるため、特に経験の浅いエンジニアにとってチャンスが広がります。

こういった形で仕事を確保できた場合、契約条件等には十分注意して下さい。わからない部分があれば、遠慮せずに確認することが、後々のトラブルを防止することになります。

インターネットを利用する

直接的な知人がない場合でも、インターネットを利用して案件を探す方法があります。

ひとつはSNSの利用です。SNS上では時にエンジニアの募集が行われることがあり、中にはScalaを使った開発案件もあります。また、SNSのマイページ上でScala開発の実績をアピールすることで、スカウトされることもあります。

もうひとつの方法は、クラウドソーシングサービスの利用です。クラウドソーシングサイトにはさまざまな規模の開発案件が多数あり、それらの中にはScalaのスキルを活かせる仕事もあります。案件の見極めが難しいのですが、気軽に探すことができるのは魅力です。

なお、クラウドソーシングサービスでの案件単価は決して高くありません。仲介手数料も発生しますので金銭的な面を考えると魅力は薄いのですが、技術的な要求水準が高くない案件もあり、経験が少ないエンジニアにとっては、大切な実績作りの場と割り切れば、活用する価値はあると言えます。

フリーランスエージェントを利用する

Scala案件を獲得するにあたりぜひ検討したいのが、フリーランスエージェントの利用です。メリットは多く、代表的なものを以下に示します。

  • 個人の営業活動では困難な大手企業の案件も受注可能。
  • 高単価案件の受注も期待できる。
  • 好条件のものも多い非公開案件にもアクセス可能
  • 交渉等はエージェントが行ってくれる。
  • 税務など事務仕事のサポートを受けることができる。

エージェントは多様な案件を保有しており、その中で希望に一番あったものを選ぶことも可能です。また、直請け案件の多いエージェントであれば、単価面でも条件がよくなりますので、エージェント選びの参考にして下さい。

エージェントを利用して案件を探したいという方はこちらのページを参考にしてみてください。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

Scalaエンジニアのスキルアップ方法

Scalaエンジニアとしてのスキルを伸ばすには、いくつかの方法があります。ここでは、将来的な単価アップにもつなげることができる、代表的な2つのスキルアップ方法について示します。

利用可能なフレームワークを増やす

アプリケーション開発を行うにあたって、フレームワークは切り離せない存在になっています。JavaであればSpring FrameworkやJakarta EEがよく知られていますし、RubyにはRailsが、PHPではLaravelがよく利用されており、モダンな開発ではプログラミング言語に加えてフレームワークの知識は不可欠と言っていいでしょう。

Scalaでは、使われる機会が多いフレームワークがいくつかあります。以下に示します。

  • Play Framework
  • Finatra
  • Skinny Framework
  • Lift
  • Xitrum
  • Scalatra

これらのフレームワークを使いこなす能力があれば、さまざまなScalaのプロジェクトで活躍することができます。優秀なScalaエンジニアとして、重宝されるはずです。

Scala以外のプログラミング言語の習得

Scalaを使った開発プロジェクトで、よく使用されるScala以外のプログラミング言語は概ね以下の通りです。

  • Java
  • PHP
  • Python
  • JavaScript
  • Ruby

これらのうち、JavaはScalaとの関係性が高く、必須とも言える言語です。PHPやPythonなどは、Web開発の場でよく使われる言語で、これらを使いこなせれば、プロジェクト内でも頼れる存在となることでしょう。

ここで気になるのは、学習コストです。とはいえ、習得難易度が高いScalaを使いこなせるエンジニアであれば、ここで示されたALGOL系言語の習得は、決して難しいものではありません。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

高単価案件を獲得するために必要なスキルとは?

フリーランスエンジニアとして、中長期的には高単価案件の獲得を目標にしたいものです。Scalaに特化したエンジニアが、高単価の案件を獲得するために必要となるスキルは何でしょうか。

Javaに対する深い理解

Javaの後継言語という位置づけでScalaが用いられる案件は増加しています。そういった案件に参画する場合は、Javaを深く理解していることが求められます。

そもそもが、ScalaはJavaの影響を強く受けてますし、プログラミング言語としての親和性も高いものです。ある程度Javaが使えるのは当然のこととして、深く理解し、高いレベルで使いこなせることが上級のScalaエンジニアには求められていると言えます。

設計等、上流工程での経験とスキル

単価アップの手段として、定番とも言えるのが設計等、上流工程をこなすスキルです。近年ではScala案件でも、設計から開発、運用までを全部同じエンジニアに依頼したいというニーズも増加しています。

そういったこともあって、設計フェーズからの経験は単価アップへの強力なセールスポイントとなります。上流工程での経験は、プログラミング言語の種類を問いません。Scala以外の経験であっても、積極的にアピールするべきです。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

高単価案件を獲得するために必要なスキルとは?

フリーランスエンジニアとして、中長期的には高単価案件の獲得を目標にしたいものです。Scalaに特化したエンジニアが、高単価の案件を獲得するために必要となるスキルは何でしょうか。

Javaに対する深い理解

Scalaの案件では、Javaの後継言語という位置づけでScalaが用いられるケースが多くなります。そういった案件に参画する場合は、Javaを理解していることが求められます。

そもそもが、ScalaはJavaの影響を強く受けてますし、プログラミング言語としての親和性も高いものです。ある程度Javaが使えるのは当然のこととして、深く理解し、高いレベルで使いこなせることが上級のScalaエンジニアには求められていると言えます。

設計等、上流工程での経験とスキル

単価アップにおいて、定番とも言えるのが設計等、上流工程をこなすスキルです。近年ではScala案件でも、設計から開発、運用までを全部同じエンジニアに依頼したいというニーズも増加しています。

そういったこともあって、設計フェーズからの経験は単価アップへの強力なセールスポイントとなります。上流工程での経験は、プログラミング言語を問いません。Scala以外の経験であっても、積極的にアピールするべきです。

関数型言語への理解を深める

Scalaは、関数型言語としての側面も持ちます。オブジェクト指向を含めた手続き型言語の経験者は多く、理解も進んでいますが、一方で関数型言語に触れる機会は決して多くありません。

Scalaを使う場合には、この関数型言語としての特性を活かすことが多く、手続き型言語とは異なったアプローチが必要になります。関数型言語を深く理解することで、Scalaエンジニアとしてより高い評価を得ることが可能です。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

まとめ

Scalaは、Javaの後継言語として注目を集めています。現在のところ、日本国内での案件数はさほど多いわけではありません。それでも、国外では利用は進んでいますし、国内でも大手企業などでJavaをScalaに置き換える動きが出てきています。

あまりなじみのない関数型言語の要素を持つことから、Scalaは習得難易度が高い言語であるとも言われています。それでも、Javaをよく知るエンジニアには関数型言語への理解を深めることで比較的低コストで習得できます。Haskellなど、他の関数型言語の経験があるエンジニアにとっては、Scalaの習得でスキルに幅をつけることが可能です。

現在、Scalaの案件は高単価のものが多くなっていますが、これはエンジニアの絶対数が少ないことが理由のひとつに挙げられます。前述の通り国内でのScalaの採用は増加傾向にあるため、今後、Scalaエンジニアへのニーズは安定的に推移すると考えることができます。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 1国内最大級のフリーランス案件数

    国内最大級のフリーランス案件数

  • 2あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 1国内最大級のフリーランス案件数

    国内最大級のフリーランス案件数

  • 2あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

その他のコンテンツ

将来有望な期待の言語Scalaとは?高単価案件獲得に必要なのは何かを知ろう