NEW PHPの案件を獲得するための方法は?どんな業務で使用される?

6ヶ月前

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

Web開発において使用されるプログラミング言語の一つに「PHP」があります。PHPは他の言語と比べると習得が比較的容易であるほか、使いやすいことが特徴であるため、人気の高い言語として注目を集めています。

この記事では、PHPは具体的にはどのような業務で使用されているのか、また、フリーランスのPHPエンジニアはどのような方法で案件を獲得すればよいのか、という点を中心に説明していきます。

PHPとは?

PHPとはC言語やC++などをベースとしたプログラミング言語の一種で、動的なWebサイトの制作に適しています。正式な名称は「Hypertext Preprocessor」、つまり、HTMLのプリプロセッサであることを表現しています。

HTMLとはWebサイトを制作するときに使用する言語であり、プリプロセッサとは、データ入力の前に準備的な処理をするソフトウェアを指します。

なお、PHPとは「Personal Home Page Tools」のうち、T以外の頭文字を取った略語です。「Personal Home Page Tools」を意訳すると、「ホームページを制作するために使用する個人的なツール」となりますが、「個人的」というワードに関しては次の項目で説明します。

PHPの歴史

PHPとは、もともとカナダ人のプログラマ、ラスマフ・ラードフ氏が動的なWebサイトを制作するために個人的に開発したものです。

同氏は1995年、PHPをオープンソースライセンスの下で公開しました。それ以降、誰でも複製・改良・再配布が自由にできるようになったため、開発者たちが新たな機能を順次追加し、新しいバージョンを随時リリースして現在に至ります。

2021年1月時点では、PHP 7.3.26、PHP 7.4.14、PHP 8.0.1が公開されています。

PHPはどんなところで使われる?

PHPとは、主にWebサービスの開発において使われる言語です。

サイトやブログを手軽に作成できるWordPressは、PHPを利用して開発されたものです。また、PHPを利用すると、Webサイト内で使用するお問い合わせフォームや予約システム、検索機能などを作成できます。

また、ECサイトやSNSもPHPで作成できるほか、企業で使用するスケジュール管理システムの「グループウェア」も作成が可能です。

なお、PHPはWebサイトの制作のほか、ゲーム開発においても使用されます。

PHPエンジニアが活躍している業界

PHPとは、先述したとおりWebサービスの開発に使われる言語であるため、PHPエンジニアは主にWeb業界において活躍しています。

主な業務としてはWebサイトの制作・運営など、Webサービスに関連した内容となりますが、PHPを利用してゲーム開発も行われることから、ゲーム業界で活躍するエンジニアもいます。

PHPのフレームワークとは?

フレームワークとは、枠組みや骨組みを意味する英単語ですが、ITの分野においてはプログラミングを効率的に行うための枠組み、あるいは土台となるようなものを意味します。

フレームワークについて具体的に説明すると、Webサービスの開発をスムーズに行うために、クラスやライブラリをまとめて誰でも利用しやすい状態に仕上げたものです。

PHPのフレームワークとは、Webアプリケーションの開発を効率的に行うためのソフトウェアを指します。PHPフレームワークを利用すると、プログラミングの作業期間を短縮することができます。

また、作業の効率化によってプログラミング中のミスも減るため、バグの発生を抑えやすくなります。

PHPのフレームワークの主なものとしては、理解が容易でコードを簡単に書けるLaravel(ララベル、開発作業をスピーディーに行えるCake(ケイク)PHP、高速での処理を可能にしたPhalcon(ファルコン)などがあります。

PHPの人気度は高め

IT・Web業界のエンジニアやデザイナーの転職エージェントであるレバテックキャリアがまとめた正社員エンジニア プログラミング言語別 新規求人案件割合ランキング TOP5(2017年度・2018年度)によると、PHPの順位は2017年、2018年ともにJavaに次いで2位となりました。

Webサービスの開発では、RubyやPythonが利用される機会が増えているものの、広く利用されてきた言語はPHPということもあり、人気度は高めとなっています。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

PHPのメリット・デメリット

PHPについての理解を深めるなら、メリットとデメリットについて知っておくことが効果的です。この項目では「PHPを学ぶメリット・デメリット」と「フリーランスのPHPエンジニアになるメリット・デメリット」について紹介します。

PHPを学ぶメリット・デメリット

PHPを学ぶメリットは、他の言語と比べると記述が容易なこともあり、習得しやすい点です。

また「PHPの歴史」の項目でも説明したとおり、PHPが公開されたのは1995年のことです。公開してから長い年数がたっていることからPHPを学ぶための書籍やライブラリが豊富にあり、学びやすい環境にあります。

さらに、ネット上にはオープンソースのプログラムが多く出回っているため、学ぶうえでの参考になりやすい点もメリットといえます。

一方、PHPを学ぶうえでのデメリット・注意点は、不正確であいまいなコードを覚えてしまう危険性があることです。

その理由は、PHPは記述内容に若干の違いがあったとしても、問題なく作動する場合があるためです。そのため、なんとなく覚えた状態でコードを記述した場合、一時的には作動しますが、さまざまなコードを書き加えることによってバグが発生し、エラーが表示されることもあります。

PHPの習得は他の言語と比べると容易ではありますが、正確な内容を学ぶことが基本となります。

PHPのフリーランスエンジニアになるメリット・デメリット

フリーランスのPHPエンジニアになるメリットは、高単価の案件を請け負うことで収入のアップも見込めることです。

一方、フリーランスのPHPエンジニアになるデメリットは、毎月収入が必ず得られるとは限らない点です。それに関連して社会的な信用も得られにくくなってしまいます。社会的な信用が得られなくなると、家を借りることやローンを組むことが難しくなるほか、クレジットカードを作る場合に審査が下りなくなることもあります。

社会的な信用を得るためには、案件を定期的に獲得して安定的な収入を得られるようにすることが大前提です。また、会社員からフリーランスに転身した直後は特に社会的な信用が得にくくなるため、ローンを借入したりクレジットカードを作ったりしたい場合は、会社員の間に行っておく方法もあります。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

PHPの案件数はどれくらい?

フリーランス向けの案件数については、ITエンジニアやクリエイター向けの案件を紹介するサービスであるレバテックフリーランスを参考にします。

レバテックフリーランスの記事では2017年8月から2018年7月までの1年間で、プログラミングに関する案件を3130件取り扱いましたが、そのうちPHPはJavaに次いで2番目に多く、19.3%となりました。件数でみると約600件です。

PHPはWebサービスの開発で広く利用されている言語であるため、プログラム言語全体の中でみると、案件数は多めとなっています。

PHPのリモート案件の数はどれくらい?

PHPを利用してサービス開発を行う場合、基本的にはチームで作業を進めるため、原則として企業で業務を行う形となります。そのため、リモート案件の件数はさほど多くないのが現状です。

しかしながら、時代の変化にともなってリモートワークの導入が進みつつあることから、リモート可能な案件も徐々に増えています。また、出勤が必要となる案件であっても、出勤は週2日のみで、残りの週3日はリモートが可能という案件もみられます。

フルリモートの働き方にこだわらなければ、一部リモート可能な案件を選ぶ方法もあるので、柔軟に対応することも検討してみましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

PHPの将来性

PHPは将来的にみると安定的といえます。その理由は、ホームページ制作で利用されるソフトウェアのWordPressはPHPで書かれているためです。

WordPressは世界で広く利用されており、日本においても多くのユーザーが利用しています。それを踏まえると、PHPの需要は今後も十分に見込めるとみられます。

そのほか、PHPはサーバサイド開発においても利用されています。現在では、サーバサイド開発においてはRubyやPythonが利用されるケースが増えていますが、PHPは習得が容易なこともあり、現在でもPHPを利用する事例は多く見受けられます。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

PHPエンジニアの案件獲得は知人からの紹介を活用する方法も

PHPのフリーランスが案件を獲得する主な方法としては以下のものがあります。

フリーランスエージェントの利用
クラウドソーシングサイトの利用
知人からの紹介

PHPにおけるフリーランスエージェントの利用

フリーランスエージェントとは、フリーランスのスキルや働き方に応じて適切な案件を紹介するサービスです。高単価案件や在宅勤務が可能な案件など、要望に添った案件を探すことができます。

また、フリーランスエージェントを利用すると、案件を探すために個人で営業をする必要がなくなるほか、契約に関する事務的な手続きも依頼できるので、エンジニアとしての業務に集中することができます。

PHPにおけるクラウドソーシングサイトの利用

クラウドソーシングサイトとは、不特定多数の人々が仕事の発注・受注を行えるサイトのことです。インターネットを介した仕事の受発注が行われており、希望する仕事があれば応募して発注者と契約して業務を請け負います。

クラウドソーシングサイトは、フリーランスエージェントと比べると手軽に利用できますが、案件の量はやや少なめとなっています。

PHPにおける知人からの紹介

そのほか、エンジニアとしての経験が豊富で人脈を持っていれば、知人から案件を紹介してもらう方法もあります。横のつながりを活用することから、フリーランスエージェントやクラウドソーシングサイトのように手数料が発生しません。

PHPの業務経験が長ければ、知人からの紹介で案件を獲得することも一つの方法です。

ただし、この方法はあくまでも顔が広く、人脈を持っているエンジニアでなければ有効ではありません。経験年数が短い場合は案件を紹介してもらいにくいため、フリーランスエージェントの利用が適しています。

また、PHPは個人レベルの利用も盛んであるため、WordPressを利用したサイトを設立する知人の手助けをするといった副業によって収入を得ることも可能です。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

PHP案件で求められるスキル・レベル

PHPエンジニアが行う業務はWebサイトの制作であるため、PHPが使いこなせるだけでなく、Web制作に関連した言語を使いこなすことも求められます。

例えば、JavaScript、CSS3、HTML5のほか、WordPressを制作する場合に使用するjQueryに関する知識は持っておいた方が良いでしょう。

そのほか、PHPフレームワークを使いこなすことができれば、プログラミングの作業を効率的に行えるため、案件を受けやすくなります。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

PHP案件の報酬額の相場はどれくらい?

レバテックフリーランスサイトによると、PHPフリーランスの報酬単価の相場は1か月あたり72万円です。

報酬単価はプログラミング言語によって異なり、Go言語のように1か月あたり82万円のものもあれば、COBOLのように61万円のものもあります。PHPフリーランスの報酬単価は、プロジェクト言語全体の中では中位にあるといえます。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

PHPの登録案件の事例

レバテックフリーランスのサイトを参考にすると、PHPエンジニア向けの登録案件の事例としては、以下のものがあります。

旅行業向けイベント管理システム開発:55万円/月
求めるスキル:PHP、MySQLを利用した開発経験あり
学習塾向け入退室管理システム保守:70万円/月
求めるスキル:PHP環境での開発経験3年、システム保守経験あり
オークションシステム開発
求めるスキル:PHPの開発経験2年以上、Laravelを用いた開発経験あり

上記の案件は一例となります。このほかにもPHPエンジニア向けとして数多くの案件があるので、自分自身のスキルに見合った案件を探してみましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

まとめ

PHPは、主にWeb制作の現場で使用されていますが、ゲーム開発の現場においても使用されることがあります。Web制作においては、PHP以外にRubyやPythonの利用も広がっているものの、PHPはWordPressを構築する際にも使われていることから、今後も引き続き需要があるものと見込まれます。

PHPで案件を獲得する場合は、フリーランスエージェントを利用する方法が最適です。なお、フリーランスとしての経験が長く、人脈を持っている場合は知人から仕事を紹介してもらう方法もあります。

PHPの案件数はプログラミング言語全体の中でみると多い部類に入ります。自分自身のスキルを伸ばし、PHPの案件の獲得を目指しましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

その他のコンテンツ

PHPの案件を獲得するための方法は?どんな業務で使用される?