プロンプト作成の悩みを解決!プロンプト作成時に参考にしたい記事まとめ

生成AIは、近年学校や企業で導入されるなど、もはや私たちの生活に無くてはならない存在となりつつあります。
生成AIに指示を出すことを「プロンプト」といい、生成AIを使いこなすうえで欠かせない要素の一つです。より的確な回答を生成させるには、いかに効果的かつ魅力的なプロンプトを作成するかが重要となります。
本記事では、プロンプト作成で参考になる記事を紹介します。「プロンプトって何?」という方はもちろん、プロンプト作成でお悩みの方も、ぜひ本記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

ChatGPTのプロンプト作成は難しくない!初心者向けのコツとコミュニケーション方法(生成AI発信ブログ)

生成AIの普及により、プロンプトという言葉を耳にするようになりました。
生成AIでコンテンツを生み出すためには、適したプロンプトを与えることが大切です。
そこで今回ご紹介するのは、プロンプトエンジニアとして活躍されているKaiさんの記事です。Kaiさんが運営している『生成AI発信ブログ』では、生成AIの分野の中でも特に「プロンプトエンジニアリング」に関する記事を豊富に紹介しています。
こちらの《ChatGPTのプロンプト作成は難しくない!初心者向けのコツとコミュニケーション方法》という記事では、[ChatGPT]のプロンプト作成について初めての方にもわかりやすく解説。ChatGPTの基本的な使い方から応用までを丁寧に説明し、プロンプト作成のコツや応用方法についても詳しく紹介されています。

記事スクショ

プロンプトは、ChatGPTに対する「お願いごと」や「質問」のことです。このプロンプトをChatGPTにしっかり伝えることで、欲しい回答を得られます。
記事では、ChatGPTとの効果的なコミュニケーションを実現するためのポイントを端的に解説。たとえば、複雑な質問を投げる場合は、「お願いを小さな部分にわける」「具体的な例を出す」といった工夫をすると良いのだそうです。
また、初心者向けに簡単に入力できる簡易プロンプトも紹介。ほかにも、さまざまなパターンのプロンプトの作り方が紹介されているので、興味がある方はぜひ記事を訪れてみてくださいね。

生成AIとの関係を深め、そのポテンシャルを最大限に活用するためには、対話の技術を磨き、AIの能力を日常生活や仕事、学習、創作活動に適用することが重要であると記事で綴られています。「具体的な目的を持ち、目的に合わせた質問やプロンプトを工夫する」ことで生成AIを活かし、日々の生活を充実させてみてはいかがでしょうか?
ぜひこちらの記事を読んで、プロンプト作成にお役立てください。

■ChatGPTのプロンプト作成は難しくない!初心者向けのコツとコミュニケーション方法
https://life-art-draw.com/chatgpt-prompt-creation-tips/
トップページ
https://life-art-draw.com/

【OpenAI直伝】ChatGPTのプロンプトを上手に書く6つのコツ(ゴートマン合同会社)

[ChatGPT]をはじめとする生成AIをうまく使いこなすには、プロンプトの書き方のコツを押さえることが重要です。プロンプトを上手に書けるようになると、生成AIがより便利に、かつ使いやすくなるでしょう。
2023年12月、ChatGPTの開発元であるOpenAI社より「ChatGPTのプロンプトの書き方のコツ」ともいえるマニュアル「Prompt engineering」が発表されました。
ゴートマン合同会社のメディア『ChatGPTマガジン』には、このマニュアルの内容を具体的なプロンプト付きで分かりやすく解説した記事《【OpenAI直伝】ChatGPTのプロンプトを上手に書く6つのコツ》が掲載されています。今回は、こちらの記事を紐解いていきましょう。

記事スクショ

記事によると、マニュアルの内容は「OpenAI社のAPIを利用してアプリケーション開発を行う開発者向け」ではありますが、一般のユーザーも非常に参考にできる内容が記されているそうです。

記事では、マニュアルに記されている以下の6つを軸に解説が進められています。
1.明確な指示を書く
2.参照テキストを提供する
3.複雑なタスクをより単純なサブタスクに分割する
4.モデルに「考える」時間を与える
5.外部ツールの使用
6.変更を系統的にテストする
上記のなかでも印象的なのが、4.モデルに「考える」時間を与えること。
ChatGPTも人間と同じように、時間を掛けて答えを導き出すことで、推論ミスを減らせるのだそうです。特に有効な手法が、段階的な推論を重ねること。中間推論のステップを経て、段階的な思考連鎖を重ねて解答に導くことで、より正確な答えを導き出せるようになるそうです。

本文では、この6つのコツについて分かりやすく細分化し、コツの解説やプロンプトの書き方について、具体的な例などを交えて説明しています。今後のプロンプトの書き方の参考になるものばかりですので、プロンプトの書き方についてお悩みの方は、ぜひ記事本文を一読してみてくださいね。
また、同社のメディア『ChatGPTマガジン』には、ChatGPTや生成AIに関する記事が多く掲載されています。生成AIについて詳しく知りたい方は、他の記事も合わせて読んでみてはいかがでしょうか?

■【OpenAI直伝】ChatGPTのプロンプトを上手に書く6つのコツ
https://www.goatman.co.jp/media/openai2023-chatgpt-prompt/
トップページ
https://www.goatman.co.jp/

GPT-4の回答を向上させる「プロンプト26の原則」とは?Bing AIで試してみた(株式会社コンピュータマネジメント)

生成AIは、私たちの生活の中で身近な存在となりつつあります。しかし「使ってみたけど、思うような回答を得られなかった」という方も多いのではないでしょうか。
生成AIを扱う上で大切なのがプロンプトです。
プロンプトとは、生成AIに入力する指示や命令を指します。プロンプト次第で、生成AIにより精度の高い結果を出力させることができるでしょう。
こちらでは、株式会社コンピュータマネジメントのブログ記事より《GPT-4の回答を向上させる「プロンプト26の原則」とは?Bing AIで試してみた》を紹介します。

記事スクショ

記事によると、2023年12月に大規模言語モデル(LLM)からより精度の高い出力結果を得るために効果的な手法をまとめた[プロンプト26の原則]についての論文が発表されたそうです。
発表者は、アブダビのモハメド・ビン・ザイード人工知能大学(MBZUAI)の研究者グループ。LLaMA-1/2、GPT-3.5/4など多様なモデルを用いて実験した結果、26種類のプロンプトテクニックを用いることで、LLMの応答品質や正確性が大幅に向上することが分かったといいます。

果たして、論文の内容がどれだけの効果を発揮できるのかー。記事では、生成AI[Bing AI]で検証した内容と結果について書かれています。中でも興味深いのは、提供したサンプル文と同じような言語や言い回しなどを保った状態で新たなテキストの生成を指示できること。たとえば、クセの強いサンプル文を提供し「全く同じ文体・表現でプロンプトについて説明して」と指示すると、クセの強さを維持した状態で説明文を出力するそうです。

記事本文では、そのほかのプロンプトに関する検証内容と結果が読めます。26種類の内容が気になる方、興味がある方は、ぜひ記事本文を読んで確かめてみてくださいね。

■GPT-4の回答を向上させる「プロンプト26の原則」とは?Bing AIで試してみた
https://www.cm-net.co.jp/blog/prompt-principles-26/
トップページ
https://www.cm-net.co.jp/

ChatGTPのプロンプトとは?使える回答を引き出すコツや例文も紹介!(Easy Streamlining Lab)

「業務効率」を改善するフリーランスチーム『Easy Streamlining Lab』では、これまで多くの企業の課題を解決してきました。
同チームには、バックオフィス業務に従事していた人材が集結。業務効率改善によりさまざまな企業の発展に全力で貢献しています。
今回は、そんなフリーランスチームが発信するブログより《ChatGPTのプロンプトとは?使える回答を引き出すコツや例文も紹介!》という記事に注目してみました。

記事スクショ

当記事では、「ChatGPTが望む形で回答をしてくれない…」という方に向け、プロンプト作成のコツや例文を紹介しています。すぐにでも活用できるコツばかりなので、プロンプト作成でお悩みの方はぜひ参考にしてみましょう。

ChatGPTでは、指示となるプロンプトが曖昧な場合、適切な情報を得られず的外れな回答が返ってくることがあるのだそう。記事では、ChatGPTを運営するOpenAI社が公式で推奨するプロンプトのルールやコツを具体例を用いて分かりやすく解説しています。
たとえば、コンテキストや結果、長さなどを「具体的かつ詳細に指示する」ことで精度の高い回答が得られるとのこと。また、特定の情報の回答が欲しい場合は「出力形式を例で明示する」と良いのだそうです。記事では、具体例として良い例・悪い例を比較して紹介しています。これまで、適切な回答が得られなかった原因も分かるかもしれないので、ぜひチェックしておきましょう。

さらに、記事では代表的なプロンプトシステムとして「深津式プロンプト」「ReActプロンプト」「ゴールシークプロンプト」の3つを紹介。ここでも、それぞれのフレームワークや手順が具体例を用いて解説されています。目的や使いやすさなどを確認して、自分に合ったやり方を見つけてみると良いでしょう。

紹介されている例を見ても分かるように、プロンプト次第でChatGPTの回答は大きく変化します。記事では、最後に「ChatGPTは便利ですが、最終的に判断するのは自身です」とも言及。判断基準にふさわしい情報を得るためにも、正しいプロンプトでChatGPTを活用することを提言しています。
プロンプト作成でお悩みの方はもちろん、より精度の高い回答を得たいという方も、ぜひこちらの記事を参考にChatGPTを活用してみてはいかがでしょうか?

■ChatGTPのプロンプトとは?使える回答を引き出すコツや例文も紹介!
https://sky-system-partners.com/prompt/
トップページ
https://sky-system-partners.com/

要約タスクで役立つ(かもしれない)プロンプトとパラメータのお話(ジーアイクラウド株式会社)

Google Cloud™をベースとしたシステム開発から運用保守までのサービスをワンストップで提供している、ジーアイクラウド株式会社。
新サービスのクイックスタート支援や受託開発のほか、クライアントが抱える課題・ニーズと向き合い、Google Cloud™認定パートナーとしての信頼を付加価値に事業を展開しています。

そんな同社に所属するエンジニアは、Google Cloud™とGoogle Workspace™を専門に取り扱うプロ集団です。
そのため、発信するブログ記事は専門性が高く、大変読み応えがあります。
今回ピックアップしたブログ記事《要約タスクで役立つ(かもしれない)プロンプトとパラメータのお話》もその中の1つ。

記事スクショ

皆さまも生成AIを利用した際に、間違った回答ではないけど期待した回答でもない、と思ったことはよくあるのではないでしょうか。こちらの記事では、以前筆者の手掛けた要約アプリについて、プロンプトの入力内容とパラメータの設定時、どんなことを心掛けて生成AIを活用したかが解説されています。

たとえば、プロンプトの場合は、大前提として「あいまいではなく明確に」「抽象的ではなく具体的に」を意識したそうです。
自身がイメージするアウトプットを得るためには、より細かな指示が必要不可欠なようで、さらに以下の3つに気をつけたといいます。

・アウトプットしてほしいフォーマットの明確化
・目的や読み手の明確化
・指示とコンテクストの分離

「フォーマットの明確化」を例に挙げると、要約タスクの目的に合わせて、アウトプットする文章量と形式に制約を与えると良いとのことです。筆者の場合は、3つの箇条書きという形式に加え、それぞれ最大150文字のアウトプット形式を指示しました。

また、プロンプト作成では要約の目的を明確にし、メインに要約してほしい部分を指定することが大切なようです。
そこで、筆者は本文内で1つの記事例を出し、「目的や読み手の明確化」の有無でAIが生成する要約にどのような違いがあるのかも検証。
こちらの検証結果が気になる方は、ぜひ本文にアクセスして違いを比べてみてください。

そのほかにも、さまざまな検証を行った結果がスクショを交えて解説されています。本文後半では、プロンプト作成のテクニックについても言及。
アプローチの仕方に迷いがある方は、ぜひアドバイスを参考に試してみてはいかがでしょうか。

■要約タスクで役立つ(かもしれない)プロンプトとパラメータのお話
https://dryaki.gicloud.co.jp/articles/prompt-engineering

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    275,185の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 7月18日(Thu)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

エンジニアにおすすめの資格は?参考になる体験記ブログを紹介

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

エンジニア

2 years ago

身体の不調は早めのケアが大切◎エンジニア・デザイナーの職業病対策まとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

エンジニアデザイナー

2 years ago

家事を楽にしたい!エンジニアが実践する家事時短術のブログまとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

エンジニア

2 years ago

一つ先を行くエンジニア・デザイナーへ!|付加価値をアップできるスキルの紹介記事まとめ

エンジニア・デザイナーとして、技術的なスキルを追求することは大事なことです。しかし、技術以外の付加価値を高めるスキルを身につけておくと、他の...

エンジニアデザイナー

6 months ago

何を着たらいい?服装でお悩みのエンジニアにおすすめの記事まとめ

企業紹介や求人などで「服装自由」「オフィスカジュアル」といったワードを見かけることはありませんか?服装に関して、比較的自由なイメージのあるI...

エンジニア

2 years ago