NEW 身体の不調は早めのケアが大切◎エンジニア・デザイナーの職業病対策まとめ

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。
またお出かけの際は、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

エンジニアやデザイナーは仕事柄、眼精疲労や肩こり、頭痛、腰痛など、デスク作業ならではの職業病に悩んでいる人も多いことでしょう。PC画面と向き合う時間が長くなればなるほど、身体のさまざまな部分に不調が現れてきやすいです。
仕事や私生活に支障をきたしてしまう前にケアしておくことが大切。そこで今回は、現役エンジニア・デザイナーがおすすめする職業病対策法をご紹介します。
まずは気軽に取り入れられそうなケア方法から試してみませんか?

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

IT系エンジニアがオススメする目のケア6選(株式会社マーベリックス)

IT業界で活躍するエンジニアたちは、疲れ目やかすみ目など眼精疲労を感じたことがある人も多いでしょう。ITの知識や技術はもちろん必須ですが、目も大事な商売道具の一つです。
そこで今回は、眼精疲労を改善したい方に向けた《IT系エンジニアがオススメする目のケア6選》という記事に着目してみました。こちらの記事は、北海道札幌市にあるホームページ制作・Webシステム開発会社『マーベリックス』が発信するブログに掲載されています。

会社ロゴ

記事を書かれているのは、同社でディレクターなどの業務をオールマイティに担当するタロウさん。実際にタロウさんが試している眼精疲労対策法のほか、社内エンジニアたちが実践している方法も紹介されています。

オススメケア6選の中でノーコストで気軽に取り入れられるのが、「目のストレッチ」と「新緑のリフレッシュタイム」。どちらも仕事の合間や休憩時間などにすぐ実践できる魅力的な方法です。
コストは少しかかるけど、癒やしを求めている方にオススメなのが「ホットアイマスク」。ホットアイマスクは2種類ピックアップされており、手軽に目も心もホッとできるそうです。その他に、涙に近い成分の目薬を冷蔵庫で冷やして使用する、といった対策法もオススメの一つとして紹介されています。

こまめにケアをすることは大事ですが、やっぱり本格的にリフレッシュしたいときにはプロのお世話になるのが一番です。タロウさんが癒やしを求めて通っているのは「ヘッドスパ」のお店。目と頭をメインにほぐしてもらえる眼精疲労コースもあり、毎回爆睡してしまうほどの気持ちよさを体感できるそうですよ。

眼精疲労のケアを怠ってしまうと悪化を招く恐れもあります。エンジニアにとって目は大切です。日々のケアを欠かさないためにも、自分に合う対策法を見つけて適度にリフレッシュしましょう!

■IT系エンジニアがオススメする目のケア6選 記事詳細
https://ma-vericks.com/eye-care/

デザイナーは腱鞘炎対策を!それでもMacのMagic Mouseを使い続ける?(Design no 123)

記事スクショ画像

デザイナーの仕事に携わる人は、キーボードよりもマウスを触っている時間のほうが長いですよね。そんなデザイナーの職業病の一つとしてよく聞かれるのが手首の腱鞘炎です。利き手は長時間マウスを握っているので、思った以上に負担がかかっているはず…。手首の組織が炎症を起こして腱鞘炎を発症してしまうと仕事が進められないため、しっかりと対策することが大事です。

今回ご紹介するデザイナーのとっぽさんも毎日酷使する自身の手首を心配したうちの一人。毎日夕方になると手首に違和感を感じていたことから、ずっと手にしているマウスが要因ではないかと思い、作業環境を変えてみたそうです。
その実体験が『Design no 123』というブログサイトの記事、《デザイナーは腱鞘炎対策を!それでもMacのMagic Mouseを使い続ける?》にて紹介されています。

四六時中マウスを握っていると考えると、たしかに手首への負担はかなり大きいかもしれませんね。しかも、マウスを握った状態の手首はひねった状態になっているそうで、マウスの軽さや形が重要だと伝えているとっぽさん。デザイン性が高いマウスもたくさんありますが、やはり機能性を重視して選ぶことが大切だと書かれています。

しかし、最終的にとっぽさんが日常使いしているのはマウスではなくペンタブ(ペンタブレット)。たまたま身近にあったペンタブを使ってみたら思った以上に勝手が良く、続けて使用していたら手首が痛くないことに気づいて、それ以降使い続けているそうですよ。作業環境が大きく変わるため慣れるまでは少し時間がかかるとのことですが、ペンタブへの移行も選択肢の一つとしておすすめされています。
デザイナーのみなさん、この機会に自身の作業環境を見直してみませんか?

■デザイナーは腱鞘炎対策を!それでもMacのMagic Mouseを使い続ける? 記事詳細
https://1karadesign.com/kenshouen/

眼精疲労でWebデザイナー廃業寸前だった私が続けている「8つの対策」(Writehack.)

記事スクショ画像

エンジニアやデザイナーの職業病ともいわれている「眼精疲労」。放っておくと、肩こりや頭痛、めまいなど心身に不調が現れてしまいます。
みなさんは、眼精疲労の対策をしていますか?
今回は、Webデザイナー・ライターとして活動するHiraQさんのブログ『Writehack.』から《眼精疲労でWebデザイナー廃業寸前だった私が続けている「8つの対策」》という記事をご紹介します。

HiraQさんは、都内の広告代理店に勤務するWebデザイナー・ライターです。
職業上、PCやスマートフォン、タブレットと一日中向き合う毎日で、眼精疲労や目のストレスと上手に付き合いながら生活しています。
実は、過去に眼精疲労をきっかけとするさまざまな不調に悩まされたことがあったそうです。一時は仕事を休業せざるをえなくなるほど症状が悪化し、廃業を考えることもあったといいます。

そんなHiraQさんが続けている眼精疲労対策とは、一体何でしょうか?
ブログには、HiraQさんが実際に経験した眼精疲労の諸症状と、今やっている眼精疲労対策、使用しているアイテムについて書かれています。今すぐ取り入れられそうな内容もあるので、気になる方はぜひブログを一読してみてくださいね。

また、HiraQさん曰く「安易な判断で眼精疲労を放置してはダメ」とのこと。
「ただの疲れ目じゃない気がする」「仕事や生活に支障が出るようになってきた」など自覚がある方は、医療機関を受診することを呼びかけられています。

■眼精疲労でWebデザイナー廃業寸前だった私が続けている「8つの対策」 記事詳細
https://writehack.site/category-column-eye-health/

「マウスだこ」を回避! 道具とフォームを考える(アシアル株式会社)

記事スクショ画像

マウスを使って作業をするデザイナーの多くが何かしらの職業病に悩んでいるようですが、今回は「マウスだこが痛い!」と手首への負担について考察された記事をご紹介します。

お届けする内容は、《「マウスだこ」を回避! 道具とフォームを考える》というもの。掲載されているのは、システム構築・アプリ開発やプログラミング教育などの事業を手掛けるアシアル株式会社の社員が発信する『技術と想いのたけをつづるブログ』です。
今回はデザイナーの小高さんによる自身の実体験と、他メンバーへのリサーチ情報が綴られています。

同社では仕事用の道具を自由に選べる制度があり、小高さんはmagic mouseというマウスを使って作業をしていました。しかし、手首を支点にマウスを動かすことでいつの間にかマウスだこができ、痛みを覚えるようになったとのこと。そこで、マウスだこを回避するための方法を考えてみたそうです。

筆者が考えた方法は、「道具を変える」「フォームを変える」の2つ。とはいえ、道具を変えるのは慣れが必要であり、フォームを改善するのも難しい…。そこで、社内の他メンバーはどんな道具やフォームで仕事をしているのか、リサーチした情報からも考察しています。
リサーチ情報によると、エンジニアにはマウスを使わない派が多数いたり、マウスなしでトラックパッドのみで作業をしている凄腕デザイナーがいたりなど、人によっていろいろなスタイルがあることがわかりました。これらの結果を踏まえたうえで、筆者はまず作業環境を整えるために手首をサポートするリストレストから試してみることにしたそうです。
作業環境を大きく変えるのは仕事の効率性にも関わってくるので、さまざまな方法を参考にしつつ自分に合うスタイルを探してみてはいかがでしょうか。

■「マウスだこ」を回避! 道具とフォームを考える 記事詳細
https://blog.asial.co.jp/1652

【体験談】ITエンジニア(デスクワーク)に転職して肉体的に悩まされたことと対処法(ひきわけブログ~中卒が大手企業で働いてみた~)

中卒からシステムエンジニアのキャリアを築いているひきわけさん。システムエンジニアになるまでは、自動車整備士や新聞配達などの肉体労働をしていたそうです。
システムエンジニアになり初めてデスクワークを経験し、さまざまな症状に悩まされたといいます。
今回、ひきわけさんのブログより《【体験談】ITエンジニア(デスクワーク)に転職して肉体的に悩まされたことと対処法》をご紹介します。

記事紹介画像

ひきわけさんはシステムエンジニアとして転職した当初、さまざまな肉体的不調に悩まされたとのこと。中でも以下の3つについては、「これからデスクワークを始める方はぜひ気をつけて欲しい」と話しています。

・脱水症状
肉体労働では自然に汗をかき喉が渇くため、無意識に水分補給をしたくなりますが、デスクワークでは汗をかかず喉が渇かないため、水分補給のタイミングが分からなくなるそうです。
ひきわけさんの場合、頭痛や筋肉の痙攣、力が出なくなるなどの症状があったとのこと。当初は原因が分からずしばらくこの症状に悩まされたそうですが、後に脱水症状が原因であることが判明しました。

・眼精疲労
ひきわけさんが脱水症状の次に悩まされたのが、眼精疲労です。
転職してから頭痛と吐き気の症状に悩まされることが増え、どの病院で診察してもらえばよいか分からず複数の病院を受診した結果、眼科で「眼精疲労とドライアイ」と診断されたといいます。

・運動不足
これまで1日中身体を動かす仕事をしていたのが一転、デスクに向かい1日中座っている状態に。体重増加や肩こり、体力低下などの症状が出たそうです。

このように、さまざまな症状に悩まされたひきわけさんですが、果たしてどうやってこれらの症状を解決していったのでしょうか?
記事には、これらの症状に対する詳しい対処法が書かれています。とくに脱水症状について、水分が不足すると現れる症状や、誰でも実践できる水分対策について書かれています。気になる方はぜひ一読してみてはいかがでしょうか?

■【体験談】ITエンジニア(デスクワーク)に転職して肉体的に悩まされたことと対処法 記事詳細
https://hikiwakeblog.com/gaten-it-kiotuketai/

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

その他のコンテンツ

身体の不調は早めのケアが大切◎エンジニア・デザイナーの職業病対策まとめ