画像生成AIを使いこなそう!プロンプトに関するお役立ち記事まとめ

生成AIの利用が活発化している昨今、プライベートや仕事で使ったことがあるという人も増えているでしょう。生成AIでコンテンツを生み出す際に重要なのが、AIへの指示となる「プロンプト」です。

今回はプロンプトに関する情報の中から、画像生成AIを利用する際に役立つ記事を集めてみました。画像を生成するためのプロンプト作成のコツや、画像からプロンプトを推定する方法など、画像生成AIを使いこなしたい方におすすめの記事となっています。ぜひご覧ください。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

ChatGPTのStable Diffusion用プロンプト作成法【例文付き】(Adcal)

Webマーケティング支援やオウンドメディア制作支援、Web広告の立案・運用代行などの事業を展開している、株式会社アドカル。SEO・MEO対策はもちろん、消費者理解を徹底したWebマーケティング戦略の提案や、円滑かつスピード感のあるコミュニケーションを実施しており、確実にWeb集客に繋がる満足度の高いサービスが喜ばれています。

そうしたWeb集客に強みを持つ同社は、運営するサイトでも惜しみなく知識とノウハウを発信しています。
その中の1つが、こちらの《ChatGPTのStable Diffusion用プロンプト作成法【例文付き】》という記事です。

記事スクショ

当該記事では、画像生成AI[Stable Diffusion]に興味がある方へ、AIチャットサービス[ChatGPT]を活用してプロンプトを作成する方法とメリット、またマーケティングにどう活かすのかについても解説されています。
Stable Diffusion自体は、ユーザーの入力する指示やイメージの説明に基づいて画像を生成することが可能。
ただ、自身がイメージする画像を正確に創出するには、的確なプロンプトの策定が必要です。さらに、複数の画像を生成したい場合は、都度プロンプト作成に時間を取られかねません。その点、ChatGPTを使って時短でプロンプト作成できるのであれば、使わない手はないでしょう。

そこで役立つのが、記事中で提示されているオリジナルのフォーマットです。同フォーマットは、ChatGPTでStable Diffsuion用のプロンプトを作成する際に活用でき、必要に応じて一部分を変更し自在に使えます。
記事では、現実味のある人物像を創出するためのプロンプト例が紹介されており、フォーマットの7つの項目に詳細を記述することでペルソナを設定。
たとえば、画像生成の肝となる構成の概要や、民族・人種、年齢範囲、表情などを指定します。このとき、最適なプロンプトだけでなく、ネガティブプロンプトの策定も指示するようです。
プロンプト作成で設定する条件や、具体的な指示内容は記事に詳細が綴られているので、くまなく確認してみてください。

こうしてChatGPTで作成したプロンプトは、Stable Diffusionを活用したWebサイト[DreamStudio]に入力することで、ほぼイメージ通りの画像を生成できるのだとか。
試しに、フォーマットを活用して出力したプロンプトで画像を生成した様子が3パターン紹介されています。
結果が気になる方は、プロンプト作成の解説や、マーケティング活用方法と併せて読んでみてはいかがでしょうか。

■ChatGPTのStable Diffusion用プロンプト作成法【例文付き】
https://www.adcal-inc.com/column/chatgpt-stable/
トップページ
https://www.adcal-inc.com/

【StableDiffusion】プロンプトの書き方とコツ|5つのベストプラクティス【画像生成AI】(学びが人生を豊かにする 自由探求ブログ)

生成AIを使った画像生成の方法は、プロンプトで指示することから始まります。わずかな表情や角度などもプロンプトで指示するため、生成後に思ったような画像じゃなかった…そんな経験をした人も少なくないでしょう。
そこで今回ご紹介するのは《【StableDiffusion】プロンプトの書き方とコツ|5つのベストプラクティス【画像生成AI】》という記事です。

記事スクショ

こちらの記事では、[StableDiffusion]を使用した画像生成AIのプロンプトについて、重要性と最適な使用方法を詳しく解説しています。
筆者のミスタさんいわく、プロンプトはAIの出力を大きく左右するそうです。
本記事では「半角カンマ区切り」「単語の協調」といったシンプルなテクニックだけでなく「プロンプト応用文法」「追加モデルの読み込み」など、ワンランク上のプロンプトの使い方も多数紹介しています。
そのほか、プロンプトの作成における9つの原則原理とそれに基づく以下5つのベストプラクティスも提案しています。

  • 画像を構成する重要な要素を指定する
  • 重要なトークンは最初に、全体像から詳細化する順番で並べる
  • 要素の塊でBREAKを使用する
  • 品質関連の単語は複数並べる
  • 強調表現は出来るだけ控えめにする

これらをもとに、実際に美女の画像生成を作成するSTEPを実例で解説しています。気になる方は、記事で詳細をチェックしましょう。

筆者は「シンプルな正解などなく、試行錯誤が必要な分野ですが、本記事で少しでも良い画像生成ができるようになれば」と記事で語っています。
生成AIを追求したい方はもちろん、これから始める方にも参考になる内容でしょう。
また、StableDiffusionについて興味がある方も、参考になる記事が多数あるので、一度サイトを訪問してみてくださいね。

■【StableDiffusion】プロンプトの書き方とコツ|5つのベストプラクティス【画像生成AI】
https://lifehack-freeinquiry.com/sd-prompt-syntax-knowhow/

【Leonardo. AI】プロンプトを作る3つの方法とコツを解説!(IT.Lifestyle.up)

さまざまな画像生成AIサービスが登場する中、高い人気を誇っているのが[Leonardo.AI]です。今回は、Leonardo.AIを使った画像生成に関する記事をご紹介します。

取り上げるのは、プロンプト作成とLeonardo.AIの使用について書かれた記事《【Leonardo.AI】プロンプトを作る3つの方法とコツを解説!》です。

記事スクショ

記事の筆者は、普段SEOコンサルタントとして活躍する、いくらとうにさん。筆者は、ブログ『IT.Lifestyle.up』でAIに関する情報を発信しており、生成AIの記事も多く執筆しています。

画像生成AIで思いどおりの成果物を生み出すためには、適切なプロンプトを作成することが何よりも重要です。記事では、筆者が実際にプロンプトを作り、Leonardo.AIで画像を生成する過程を紹介。
まず最初の工程であるプロンプト作成では、「Leonardo.AIのプロンプトを簡単に作る方法」として以下3つ挙げています。

  • ChatGPTなどのツールを使用する方法
  • プロンプトメーカーを使用する方法
  • Prompt Generationを使用する方法

今回は、3つの中からツールを使用する方法でプロンプトを作成。無料でGPT-4が利用できる「wrtn(リートン)」というツールを用いて作成しています。記事では、実際に作成されたプロンプトも載っているのでぜひご覧ください。
そして、作成されたプロンプトを使ってLeonardo.AIに指示を出し、画像を生成。画像は、思い描いた世界観のある成果物になったようです。
記事では、このほかにもプロンプトに忠実な画像を生成できるコツも紹介されています。ぜひ併せてチェックしておきましょう。

Leonardo.AIは、英語表記のため躊躇ってしまう人も多いとのこと。しかし、筆者は「一度慣れてしまえば初心者でも使いやすいツール」と語っています。
画像生成AIの初心者の方や、プロンプト作成にお悩みの方は、ぜひ記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

■【Leonardo. AI】プロンプトを作る3つの方法とコツを解説!
https://it-lifestyle-up.com/2023/12/27/leonardo-ai-three-prompts/
トップページ
https://it-lifestyle-up.com/

Midjourneyコマンド「/describe」の使い方 / 画像からプロンプトを生成する方法をご紹介!(株式会社AITech)

画像生成ができる有名なツールの1つに[Midjourney]が挙げられます。Midjourneyは、文章や画像で指示することにより、思い通りの画像を生成できるサービスです。
そこで今回は、Midjourneyのコマンドの1つ「/describe」について詳しく解説する『Midjourneyコマンド「/describe」の使い方 / 画像からプロンプトを生成する方法をご紹介!』という記事をご紹介します。

記事スクショ

こちらのブログを運営しているのは、株式会社AITech。同社では、生成AI研修プログラム提供や生成AI導入支援、AIメディア運営、Chatbotシステム開発を展開しています。
記事によると、Midjourneyのコマンド「/describe」を用いることで画像からプロンプトを生成できるとのこと。そのため、この機能を使うと、どのような要素をプロンプトに入れれば良いのかを見ることができ、学びにつながるそうです。記事では、実際に画像を使ってプロンプトを生成する手順を解説。さらに、生成されたプロンプトから新たに画像を生成するところまで紹介しています。
また、describe機能はパラメーターを変えて、雰囲気の違う画像も生成できるのだそう。記事では、その様子も画像付きで確認できるので、プロンプトスキルを上げたい方には興味深い内容となっています。気になる方は、記事を隅々までチェックしてくださいね。

プロンプト画像

同社のブログには、Midjourneyに関する記事がほかにも多数あります。基本的な操作を紹介する記事をはじめ、今回とは別の機能を紹介している記事もあり、Midjourneyに興味がある方にとっては情報収集にぴったりではないでしょうか。
また、ChatGPT、LLMなどの記事も多数掲載されており、どれも専門性が高く、読み応えがある内容となっています。
そのほか、同社では「生成AI(GPTs)ハッカソン」というユニークなイベントも開催しているのだそう。生成AIの社会実装を目的に、生成AIの可能性を広げる取り組みを行っています。興味がある方は、サイトを訪れてみてくださいね。

イベントの様子

■Midjourneyコマンド「/describe」の使い方 / 画像からプロンプトを生成する方法をご紹介!
https://aitechworld.info/midjourney-describe/

画像からプロンプト(呪文)を解析する方法を解説(るんるんスケッチ)

プロンプト情報が消えて困ったり、ほかの方が描いたイラストのプロンプトを知りたいと思ったりしたことはありませんか?
そんな方にシェアしたいのが《画像からプロンプト(呪文)を解析する方法を解説》というお役立ちブログ記事です。

記事スクショ

執筆しているのは、フリーランスエンジニアとして活躍中の千鳥 るんさん。ブログサイト『るんるんスケッチ』にて、画像生成AIで描いたイラストを用いた解説記事を多数発信しています。
当記事でもイラストを使ってわかり易く解説されており、一読することでプロンプト解析のヒントになるでしょう。

記事内では、画像からプロンプトを推定する方法を紹介。その際に用いられたのは、無料でさまざまな画像を手軽に生成できる[Stable Diffusion]という画像生成AIです。こちらでは、筆者が Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)を使って[Interrogate CLIP]と[Interrogate DeepBooru]で解析した内容が綴られています。
それぞれで解析を行った際のプロンプトの結果は記事内で確認してみてくださいね。2つの解析結果から、アニメ系の画像生成にInterrogate DeepBooruをおすすめする理由を知ることができますよ。使い方についてもイラスト付きで詳しく説明されているので、手順を再確認したい方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

画像生成AIを活用していると、「どこまで正確にプロンプトを抽出できるのか」と気になっている方も多いことでしょう。そこで、記事の後半では、「プロンプト解析の正確性」について考察した内容が紹介されています。筆者が行ったのは、表現が難しいとされる「髪型」と「表情」の2つ。NovelAIで生成した画像を使い、どのようなプロンプトを抽出できるのかを試しました。その結果、「適切に抽出できたら、創作にも役立ちそう」と感じたそうです。
表情のプロンプト抽出については別記事でも詳しく解説されているので、思い通りの表情を描きたい方はそちらもぜひご覧ください。

■ 画像からプロンプト(呪文)を解析する方法を解説
https://runrunsketch.net/clip-interrogator/

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    275,185の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 7月18日(Thu)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

エンジニアにおすすめの資格は?参考になる体験記ブログを紹介

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

エンジニア

2 years ago

身体の不調は早めのケアが大切◎エンジニア・デザイナーの職業病対策まとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

エンジニアデザイナー

2 years ago

家事を楽にしたい!エンジニアが実践する家事時短術のブログまとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

エンジニア

2 years ago

一つ先を行くエンジニア・デザイナーへ!|付加価値をアップできるスキルの紹介記事まとめ

エンジニア・デザイナーとして、技術的なスキルを追求することは大事なことです。しかし、技術以外の付加価値を高めるスキルを身につけておくと、他の...

エンジニアデザイナー

6 months ago

何を着たらいい?服装でお悩みのエンジニアにおすすめの記事まとめ

企業紹介や求人などで「服装自由」「オフィスカジュアル」といったワードを見かけることはありませんか?服装に関して、比較的自由なイメージのあるI...

エンジニア

2 years ago