イメージ通りのデザイン制作・依頼をするために実践したいコミュニケーションの取り方をご紹介!

a month ago

デザイン制作・依頼をする際に気をつけたいのが、制作側とクライアント側の相互間で誤解や認識のズレが生じないようにすることです。もしも、完成品がクライアントの要望やイメージとはかけ離れたものであれば、双方にとってその労力と時間は無意味なものとなってしまうかもしれません。そこで、本記事では双方のコミュニケーションを円滑に行うためのポイントや、伝え方の工夫、やり取りで気をつけたいことなどをまとめた記事を集めました。ぜひ参考にして、実践してみてはいかがでしょうか。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

デザイン仕事のヒアリング。打ち合わせ。必ず、聞くべきこと。質問。ゴールのヒント。(「デザイン勉強」ブログ)

受託したデザインを手掛ける際、依頼主であるクライアントとの打ち合わせの段階でヒアリングに不備があると、理想形とはかけ離れた成果物を納品してしまいかねません。
クライアントが求めるデザインをしっかりと形にするためには、このヒアリングが非常に重要で、肝でもあります。

記事スクショ

そこで、ぜひ一読していただきたいのが、こちらの『「デザイン勉強」ブログ』です。
筆者は、現役のグラフィックデザイナーとして活躍中の、“アトオシとデザイン”さん。
デザイン制作仕事の傍ら、メディア出演や書籍執筆などマルチな活動を通して、非デザイナー向けに分かりやすくグラフィックデザインの考え方やコツを伝えています。
ブログ記事《デザイン仕事のヒアリング。打ち合わせ。必ず、聞くべきこと。質問。ゴールのヒント。》では、まさにクライアントへ抜けもれなくヒアリングするためのポイントが記載されていました。

筆者は、クライアントが思い描くイメージを具体的に形にするためには、初回の打ち合わせ段階でデザインの「概要」と「方向性」を聞く必要があるといいます。
たとえば、デザインの概要の場合は、つくりたいもの、制作する目的、納品希望のスケジュール、掲げる目標などを確認し、デザインをつくる目的とゴールを意識すると良いのだそう。

記事スクショ

また、デザインの方向性を定めるうえで、ブランドの「圧倒的特長」と、感じてほしい「デザインの印象」を聞き出し、既存デザインの中から「方向性が近いもの」を選んでもらうことで、クライアントのイメージを汲み取ることができるようです。
その際に大事にしたいのが“コミュニケーション”で、やり取りの中で見せるクライアントのほんの少しのリアクションをいかに察知し捉えるかが大きなデザインのヒントになるとのこと。
これらの詳細については、具体的な質問の仕方とともに、記事にて確認してみてください。
「クライアントとのヒアリングで何をどこまで詰めると良いかわからない」「会話で相手のイメージを引き出す方法が知りたい」という方は、解決の糸口が見つかることでしょう。

■デザイン仕事のヒアリング。打ち合わせ。必ず、聞くべきこと。質問。ゴールのヒント。
https://design-benkyo.com/design-work-hearing/

【1分だけ時間をください】コミュニケーションを円滑にする!修正指示の適切な依頼方法とは?!(株式会社 a general studio)

記事スクショ

「修正指示」とは、デザインやプロジェクトにおける修正や変更を指示する手法を意味します。今回は、そんな修正指示について書かれた記事『【1分だけ時間をください】コミュニケーションを円滑にする!修正指示の適切な依頼方法とは?!』に注目してみました。

記事が掲載されているのは、株式会社 a general studio (アジェネラルストゥディオ)の企業ブログ。同社は、Webコンサルティング事業を展開しており、主に国内の中小企業をデジタルマーケティング技術でサポートしています。
こちらの記事では、修正指示のメリットとデメリット、そして注意点などについて解説。修正指示を行うことで「より満足度の高い結果」を得られるのだそうです。

記事によると、修正指示には以下3つのメリットがあるとのこと。
・効率的なコミュニケーション
・デザインの最適化
・迅速な調整と改善

たとえば、修正指示では具体的な指摘や要望を書面に残すため、意図が明確になり、誤解やすれ違いを防ぐことができるのだそう。これにより、デザイナーとクライアントは「効率的なコミュニケーション」を図ることができ、修正プロセスも円滑に進められると紹介されています。
ほかにも、要望に合わせて最適化できたり、迅速な対応ができたり、デザインを行う上で修正指示を利用するメリットはかなり大きいようです。

一方、記事では修正指示を行うデメリットについても解説。その一つに、クライアントの要望により、デザイナーのクリエイティブな自由度が低下してしまうといった懸念点を挙げています。
さらに、修正指示の注意点や料金体系についても詳しく解説。特に修正指示の料金体系は、フリーランスの収入にも関わることなのでぜひチェックしておきましょう。

記事の最後では、「クライアントとデザイナーは協力し合いながら、プロジェクトの目標達成に向けて効果的な修正指示を実現していくこと」が重要とまとめられています。良いデザインを生み出したい方や、プロジェクトを円滑に進めたい方は、記事を参考に修正指示を利用してみてはいかがでしょうか?

■【1分だけ時間をください】コミュニケーションを円滑にする!修正指示の適切な依頼方法とは?!
https://ageneralstudio.com/blog/2425-3/

デザイナーと協力して名刺を作成するためのコミュニケーション方法(CAPPAN STUDIO)

60年以上続く活版印刷の熟練の技と熱い魂を引き継ぎ、最新鋭の印刷技術との融合によって「cappan」として独自の印刷技術を提供している、CAPPAN STUDIO。
同事業部が運営するサイトでは、これまで培ったノウハウをもとに、印刷やデザイン関連の興味深い情報を発信しています。

その中から、今回注目したのはこちらの《デザイナーと協力して名刺を作成するためのコミュニケーション方法》という記事。
当該記事では、営業ツールとして名刺作成を考えているエンジニアやフリーランスの方も参考になる、名刺作成時のデザイナーとの有益なコミュニケーションの取り方について解説されています。

記事スクショ

記事によると、より効果的でプロフェッショナルな名刺を作成するには、デザイナーとの関係性の構築は欠かせないのだそう。
依頼者は、デザイナーの視点とプロセスを理解し、明確で具体的にコミュニケーションを取り、デザイナーの専門知識と労働に対して継続的に敬意を持つことで、良好な関係性を築けるといいます。

そのほか、依頼者は要件提示の方法やチェックバックの方法、修正のリクエスト方法、デザインの校了・印刷のプロセスを十分に理解し、それぞれの工程において、都度デザイナーとの認識や方向性の確認をすることが大事なようです。

裏を返せば、デザイナーは定期的なコミュニケーションにより、具体的なデザインニーズを汲み取り、デザインの目的やブランドの背景情報を正確に理解したうえで適宜改善を施し、より洗練されたデザインを提示できるということでしょう。

フリーランスデザイナーが一貫して全ての工程を行う場合も然り、依頼者との意思疎通が上手くいっていないと、当初イメージしたものとはかけ離れた成果物を納める結果となってしまいかねません。
依頼者とデザイナー両者が、納得できるデザインを施した名刺を完成させるためにも、ぜひ当該記事から各工程での適切なコミュニケーション方法のヒントを得て実践してみてはいかがでしょうか。

■デザイナーと協力して名刺を作成するためのコミュニケーション方法
https://cappan.co.jp/archives/11442

デザインを依頼する際の4つのポイント(カルネデザイン)

仙台・宮城を拠点に、オンラインにて全国各地からのWebサイト制作や印刷物デザインの依頼に対応している、カルネデザイン。
何より、依頼者の思い描くデザインを確実に形にすることを信念とし、表現する工夫と女性デザイナーならではの感性で、より魅力的に伝えられるデザインを施し提供しています。

記事スクショ

デザイナーは、依頼者が思い描くものとは異なる印象を与えるデザインを提案することがないよう、さまざまな点に注意を払っているものです。
一方で、依頼者側も制作会社やデザイナーへデザインを依頼する際は、やり取りに注意をする必要があるかもしれません。

同デザイン事務所が運営するサイトの記事《デザインを依頼する際の4つのポイント》を読んでみても、やはりいくつかのポイントをおさえることで依頼者とデザインを施す側の意思疎通が叶い、満足のいく制作物の完成へと繋がるようです。

記事によると、たとえば希望のデザインのイメージをしっかりと伝えることがまずは大切なのだそう。
美容師さんへなりたい髪型をオーダーするように、デザインを依頼する際も参考となるホームページや画像、雑誌などを用いて希望のイメージに近いデザインをデザイナーへ伝えることで、理想とするイメージを共有しやすいといいます。

また、デザインの目的を伝えておくことも大切なポイントなのだとか。
ホームページからの問い合わせを増やしたい、集客に繋がるデザインにしたいといった具体的な目的を明確にデザイナーへ伝えることで、焦点を絞って目的に沿った制作ができるようです。

そのほかにも、いくつか知っておきたいポイントがあるので、詳しくは記事をご覧ください。
いずれにしても、依頼者は制作会社やデザイナーへ希望・不明点を伝える際は、制作開始前に行うことがスムーズに進めるために大切とのこと。
イメージ通りのデザインで制作してもらうためにも、ぜひ記事を参考に伝え方を実践してみてはいかがでしょうか。

■デザインを依頼する際の4つのポイント
https://carnet.jp/blog/0011

デザイナーとのやり取りって、どうやればいいの?スムーズor嫌われる対応を正直にお伝えします!(Mond Brand)

デザイン制作では、制作者とクライアントが意見を交わしながら制作することが醍醐味の1つでもあります。
一方で、やり取りがなかなかスムーズにいかないケースもあるようです。
そこで、今回ぜひご紹介したいのが《デザイナーとのやり取りって、どうやればいいの?スムーズor嫌われる対応を正直にお伝えします!》という記事です。

記事スクショ

こちらの記事を書いたのは、Mond Brandの川口 朋香さん。Mond Brandのデザイン制作では、クライアントとの連絡手段は基本的にオンラインなのだそうです。記事では、自身の経験を踏まえたアドバイスを「デザイナーに嫌われるパターンとちょっとした伝え方の工夫」として、以下のようにランキング形式で紹介しています。

1位:作った後に要望を後出しされる
2位:直してほしい時だけ連絡がくる
3位:見積もりの後から要望が増える

これらは、川口さんがこれまでデザイナーとして活動する中で実際に困ったと感じたことなのだそう。このような経験を踏まえ、依頼者と制作者ともにマナーを守ることが大切と感じたと記載されています。
記事では、ランキングごとに事例やその対策を細かく紹介しているので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

後半には「相手に配慮できない人が商売がうまくいくはずがない」という考えのもと「個人事業では望まないお取引を断るのもポイント」ということも記述しています。
しかし、こちらの記事にある内容については、頻繁に起こるケースではなく、川口さんのクライアントは「とても丁寧に接してくださる」方がほとんどなのだそう。最後には、良い取引関係を築くためには、誠意を持って接することが不可欠とまとめられています。
すでにフリーランスで依頼を受けている方や、これからスタートする方など、クライアントとの良い関係を築くための参考になるかもしれません。
ぜひご一読ください。

■デザイナーとのやり取りって、どうやればいいの?スムーズor嫌われる対応を正直にお伝えします!
https://yourbrand.mondbrand.net/column/1004/

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    239,229の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 3月5日(Tue)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

身体の不調は早めのケアが大切◎エンジニア・デザイナーの職業病対策まとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

エンジニアデザイナー

2 years ago

もっとデザインの幅を広げたい方にオススメ◎デザインのヒントになるブログ記事まとめ

デザインの仕事をしていると、「いいデザインが思い浮かばない」「デザインがうまく行かない」「似たようなデザインばかりになってしまう」という悩み...

学習デザイナー

2 years ago

一つ先を行くエンジニア・デザイナーへ!|付加価値をアップできるスキルの紹介記事まとめ

エンジニア・デザイナーとして、技術的なスキルを追求することは大事なことです。しかし、技術以外の付加価値を高めるスキルを身につけておくと、他の...

エンジニアデザイナー

a month ago

デザイン力を上げるコツとは?ぜひ取り入れたくなるスキルアップ法の記事まとめ

Webデザイナーとして「もっとデザイン力を上げたい!」という思いから、日々さまざまな努力を重ねている人も多いことでしょう。デザイナーによって...

Webデザイナーデザイナー

2 years ago

もっと仕事に集中したい!集中力アップに関する記事まとめ

仕事は、効率的に且つ集中して進めたいものです。しかし、何時間もPCに向かって仕事をするエンジニアやデザイナーの場合、「集中しつづけられない」...

エンジニアデザイナー

a year ago