メタバースへの理解を深めるチャンス!エンジニアがお届けする記事まとめ

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

人がアバターを介してネットの世界でやり取りができるメタバース空間。3次元の仮想空間で繰り広げられる世界観はまさに異次元です。エンジニアのなかには「メタバース開発に携わりたい」と新規事業への参入を目指す方も増えつつあります。
そこで、こちらではメタバースに関する情報ブログに注目。メタバースの活用方法や将来性、VR資格に関する記事を集めてみました。エンジニアの方々の記事を参考に、ぜひメタバースへの理解を深めてみてはいかがでしょうか。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

メタバースが『第3の売り場』になる。 業界別の活用ケースと導入メリット(バルテス・モバイルテクノロジー株式会社)

近年、ニュースやメディアなどでメタバース(仮想空間)について見聞きすることが増えました。一部でビジネスにも活用されていますが、どのように活用されているのか気になる方、メタバースを利用してみたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
こちらでは、モバイルアプリ開発やVR/AR 3D開発サービスを手掛けるバルテス・モバイルテクノロジー株式会社のブログより《メタバースが『第3の売り場』になる。 業界別の活用ケースと導入メリット》を紹介します。

不動産、住宅のメタバース活用

「メタバースは新たなビジネスチャンスをもたらす」と考えている同社。誰もが簡単にメタバース空間を移動できるプラットフォーム「VMVerse」を開発・提供し、顧客のビジネス拡大に寄与しています。
記事では、同社がメタバースでのビジネス展開に注目する理由を解説。その一つとして「お客さまやユーザーと直接的な対話ができる」ということを述べています。メタバースはECショップと違い、接客や面談、カウンセリングなど直接的なやり取りが可能です。相手の所在地に関係なく営業活動、イベントなどを開催できるため、今までアプローチがしづらかった層にも手厚く対応できるようになるといいます。
一方、メタバースは認知度こそ高けれど、利用者が伸び悩んでいるという課題もあるとのこと。とある専門機関の調査によると、メタバースの認知度が約43%であるのに対し、利用経験は約5%しかないということが分かりました。しかし、メタバース利用経験者の約6割が買い物・課金を行ったという報告もあり、今後BtoC市場で大いに活用できるといえそうです。

小売り、リテールのメタバース活用

記事本文では、実際にメタバースを導入した企業の例をはじめ、同社のサービス「VMVerse」の活用事例を紹介しています。気になる方はぜひ、記事本文を一読してみてはいかがでしょうか。
また同社のブログでは、メタバースや3DCGに関する技術記事を多く掲載しています。MonacaやPWAなどに関する記事も読めるので、気になる方は他の記事もチェックしてみてくださいね。

■メタバースが『第3の売り場』になる。 業界別の活用ケースと導入メリット
https://www.valtes-mt.co.jp/vmt-tech-blog/20231220/2981/

メタバースとは結局何なのか?VRアプリエンジニアが解説(株式会社エム・ソフト)

最近、巷でよく聞くようになった「メタバース」。VRやARなどの仮想空間で活動できるものだということはザックリと理解できるものの、具体的に何ができて、どのように利用されているのかが分からない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、ビジネス向けARソリューションサービス「BIZ-AR」を提供する株式会社エム・ソフトのブログより《メタバースとは結局何なのか?VRアプリエンジニアが解説》を紹介します。

記事スクショ

ブログを執筆したのは、当時新卒1年目だったエンジニアのinoueさん。執筆当時に話題となっていた「メタバース」に強く興味を持ち、業務の中での情報収集の一環として「メタバース」の勉強を始めたそうです。

実は、メタバース自体は2000年代から存在していたとのこと。しかし、当時はコンピューターの処理性能やインターネット速度が低く、システムを利用できるユーザーが限られていたことから、ブームが起きなかったのではないかと話しています。
2010年代に入り、Oculus Quest(オキュラスクエスト)をはじめとするVR機器が登場。コンピューターの性能やインターネット速度の発達や、SNSやオンライン会議などのコミュニケーションツールが多様化したこともあり、メタバースの利用人口は徐々に増加しているそうです。
2020年、新型コロナウィルスの感染防止対策として「人と直接会うこと」が制限されるように。対面でのコミュニケーションの代用として、メタバースが注目されるようになったといいます。

記事本文には、メタバースの定義や歴史のほか、国内でメタバースがどのように活用されているかなどについて書かれています。記事の最後に「今後メタバースはどうなるのか」についても書かれていますので、興味がある方はぜひブログを一読してみてくださいね。

■メタバースとは結局何なのか?VRアプリエンジニアが解説
https://biz-ar.jp/news/blog/2022/03/about-metaverse/

【メタバースエンジニアが語る】上級バーチャルリアリティ技術者になる方法(ぷんぬの森)

記事スクショ

バーチャルリアリティを系統的に学んだことの証明となるVR技術者認定試験。合格すると「上級バーチャルリアリティ技術者」の称号を与えられる資格です。
そこで今回注目したのは、《【メタバースエンジニアが語る】上級バーチャルリアリティ技術者になる方法》という記事。VR・ARエンジニアとして活躍中のぷんぬさんが発信しているブログ記事です。

現在、VR・ARのベンチャー企業に勤めているぷんぬさん。現職に転職するきっかけとなったのは、大学時代から思い描いていた「ホログラム投影を自分の手で実現したい」という夢を叶えるためなのだそう。そんな筆者が目指した資格の一つがVR技術者認定試験です。

試験対策として筆者が取り組んだのは、日本バーチャルリアリティ学会から出版されている「バーチャルリアリティ学」という書籍の読破と、同学会が発信している過去問をひたすら解くこと。試験範囲は書籍を対象としており、試験問題もほぼ過去問から出ているそうです。
筆者自身は3年以上遡って過去問を解いたおかげで、9割ほどは知っている問題だったとのこと。対策する際は数年前から遡ってみるとよいかもしれませんね。
また、試験範囲である【セオリーコース】と【アプリケーションコース】の2種類の認定試験についての内容も記事内で触れられています。事前にチェックしておくべき申込みに関する情報や、試験当日のことについても記載されているので、受験前に大まかに把握しておきたい方はぜひ目を通しておくとよいでしょう。

最後に、上級バーチャルリアリティ技術者の試験に挑戦したことで多くのことを得られた、と語るぷんぬさん。今後もVR・ARエンジニアとして、ブログサイト『ぷんぬの森 』にてさまざまなブログ記事を発信される予定とのことです。
「VR,AR,MRの違い」や「メタバースとWeb3」といったメタバース関連の記事も多数発信されているので、興味がある方は当記事と合わせてぜひチェックしてみてくださいね。

■【メタバースエンジニアが語る】上級バーチャルリアリティ技術者になる方法
https://punnnu.com/relatedvr/virtualrealityqualification/

メタバースとは何?どんなビジネスが展開?マーケティング分野でのメタバース活用も解説!(株式会社シャノン)

近年、広く知られるようになった「メタバース」ですが、それが一体どのようなものなのか、そして私たちの生活にどのような影響を与えるのかなど、深く理解する人はまだ多いとはいえません。今回取り上げるのは、そんなメタバースについて分かりやすく解説した記事《メタバースとは何?どんなビジネスが展開?マーケティング分野でのメタバース活用も解説!》です。

記事スクショ

ブログを運営する株式会社シャノンは、マーケティングオートメーションやイベント管理システムを手掛けるほか、子会社の株式会社ジクウが開発しているメタバースイベントサービス「ZIKU」も提供しています。記事では、メタバースの基礎知識だけでなく、ビジネスへの展開、そしてマーケティング分野での活用について分かりやすく紹介されています。

記事ではまず、メタバースの意味や歴史、テクノロジーについて解説。メタバースが注目されるようになった背景にも触れられています。
また、メタバースはさまざまなビジネスでも活用されており、「バーチャル店舗」「メタバースオフィス」「メタバースイベント」などの実際の活用事例も紹介。メタバースの市場規模は、今後さらに拡大するだけでなく、メインストリームを制した企業はアメリカの大手IT企業にも並ぶ、あるいはとって替わる可能性もあるとも記載されています。

加えて、同社のメタバースイベントサービスを例に挙げ、マーケティング分野におけるメタバースの活用についても紹介。これから活用されるBtoBマーケティングでの例が挙げられており、「これからどう展開するかは未知数」というメタバースの活用方法をさらに深く知ることができます。
同記事は、メタバースについてビジネスやマーケティングの観点から分かりやすく丁寧に紹介されているため、メタバースを知りたい方だけではなく、これからメタバースをビジネスに活用したいとお考えの方にもぜひ目を通していただきたい記事となっています。

■メタバースとは何?どんなビジネスが展開?マーケティング分野でのメタバース活用も解説!
https://www.shanon.co.jp/blog/entry/metaverse/

簡単60秒!あなたにピッタリの案件が届く 無料会員登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    251,042の案件を保有しており、エンジニアやクリエイター向けを中心にたくさんの案件を一括検索可能です。

    ※ 4月20日(Sat)更新

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの案件・求人

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

あわせて読みたい関連記事

エンジニアにおすすめの資格は?参考になる体験記ブログを紹介

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

エンジニア

2 years ago

身体の不調は早めのケアが大切◎エンジニア・デザイナーの職業病対策まとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

エンジニアデザイナー

2 years ago

家事を楽にしたい!エンジニアが実践する家事時短術のブログまとめ

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、...

エンジニア

2 years ago

一つ先を行くエンジニア・デザイナーへ!|付加価値をアップできるスキルの紹介記事まとめ

エンジニア・デザイナーとして、技術的なスキルを追求することは大事なことです。しかし、技術以外の付加価値を高めるスキルを身につけておくと、他の...

エンジニアデザイナー

3 months ago

何を着たらいい?服装でお悩みのエンジニアにおすすめの記事まとめ

企業紹介や求人などで「服装自由」「オフィスカジュアル」といったワードを見かけることはありませんか?服装に関して、比較的自由なイメージのあるI...

エンジニア

2 years ago