NEW エンジニアとして副業を始めることは可能?案件の獲得方法は?

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

エンジニアが副業に向いている理由

働き方改革の一環で、国レベルで兼業・副業を促進する動きが本格化しました。この影響で副業を解禁する企業も増えており、副業を検討するエンジニアも増えてきたのではないでしょうか。

エンジニアと副業は以下の点から相性が良いと考えられます。

  • 他職種と比べて高単価の副業案件が多い
  • 在宅リモートで仕事ができる

一般的に、副業では本業ほどは稼げないどころか、隙間時間の活用と考えても低い水準の収入しか得られないこともあります。これに対し、エンジニアの副業は条件の良い案件も多く、職種としては副業向きであると言えるでしょう。

エンジニアの副業には高いスキルと専門性が求められることもあり、一般的にイメージされる副業とは条件が異なります。専門的なスキルが求められる仕事は誰にでもできるわけではなく、報酬が良くなるのは当然とも言えます。

エンジニアの副業はPCとインターネットの環境があればできるものが多いですし、近年ではZoomやWebExといった優秀なビデオ会議アプリケーションも普及しています。これらのことから、エンジニアの副業はリモートワークと好相性であり、土日などの空いた時間に自宅での対応がしやすくなっています。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

副業をするメリット、デメリット

エンジニアにとって、副業はトライする価値が十分あるものです。とはいえ、副業にはデメリットも存在します。そこで、副業のメリットとデメリットを確認しましょう。

他社での経験

エンジニアの副業の中で魅力が大きいのは、自社とは異なる環境や文化のもとでの経験を積めることでしょう。業務内容が同じであっても、細かなところに違いがあることも多です。コミュニケーションの仕方を始め、細かなところではコーディングのルールやテスト手法の違いなど、違いはたくさんあります。

異なる文化での経験を積むことで、良い面を自社にフィードバックし、業務をブラッシュアップすることも可能です。さらに、自身のスキルや経験を客観視することにもつながるので、将来的な独立や転職に役立てることができます。

新しい人脈の構築

自社だけでエンジニアとして働いている場合、人的なつながりはある程度固定されてしまいますが、副業を行うことで、社外の人とのつながりができます。

新しい人脈から新たな知見を獲得することもありますし、直接的ではないにしても、仕事を進めて行く上での考え方の幅を広げる機会にもなります。

合わないクライアントからの撤退も容易

副業で、仕事の関係は今回限りにしたいと思ってしまうようなクライアントの案件を請けることもあります。我慢して継続して案件を請けることも、一回限りで撤退することも自由であるのは、案件数の多いエンジニアの副業であるからこそ可能な判断とも言えます。

フリーランスへの足がかりになる

将来的に独立を考えているエンジニアにとって、その足がかりとなるのは大きな魅力と言えます。多くの工程をひとりでこなす、フリーランスとしての仕事の進め方を身につけるまたとない機会となります。

さらに、副業で構築した人脈は、本業での人脈同様独立後大いに役立つこともあります。フリーランスにとって人脈は大きな財産なので、副業でも良好な人間関係を構築するよう心がけておきましょう。

デメリットには十分注意を

ただし、エンジニアの副業にはデメリットもあります。まず、副業のために時間をきちんと確保する必要がある点です。副業と言っても、本業と同等の責任が発生することは言うまでもありません。

副業の時間は、本業における残業の増加に相当すると認識しておくべきです。労働時間の増加となりますので、睡眠時間など健康管理には十分注意して下さい。

副業が忙しくなり時間をとられるなどして、本業に悪影響を及ぼす可能性もあります。結果として本業での評価が下落したら、何のための副業なのかという話にもなりかねません。逆に本業が忙しくなって副業に影響を及ぼすこともあります。仕事時間の管理は注意して行いましょう。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

副業を開始する方法

実際に副業を始めるためには、どのようなことを行えば良いのでしょうか。副業開始前にいろいろやるべきことがあるのではないか、そのように考えるエンジニアも多いはずです。

実際に、副業開始前に行うべきことはそう多くありません。詳しく説明していきます。

就業規則で副業可能かを確認する

会社にだまって副業を始めても、知られなければ大丈夫と考える人もいるかもしれません。社員の副業について、会社は思っている以上に把握しているものですし、実際に内緒の副業が明るみに出て、懲戒を受ける可能性もあります。

まずは、会社が副業を認めているのかを就業規則を見て確認しましょう。読んでもよくわからない場合は、質問するなどして確認して下さい。働き方改革の関係で、副業を認める企業は増加傾向にあります。

さて、副業自体がOKであったとしても、以下の点については詳細な確認が必要です。

  • 競合他社での副業は可能か
  • 情報漏えいに関する規定

副業そのものは認めていても、競合他社への副業は認められていない会社もあります。情報漏えいに関する規定は、注意深く確認して下さい。業務上知り得た秘密などはオープンにしないことは当然のことですが、万が一他社に漏えいしてしまった場合は、損害賠償を請求される可能性もあります。

会社側のみならず、社員も守る必要があるのが就業規則です。それに違反してしまった場合、懲戒処分を受ける可能性があります。注意レベルで済めばいいのですが、減給や降格、場合によっては解雇処分となることもありますので、ここの確認は念入りに行って下さい。

副業に捻出可能な時間を検討する

副業を行うにあたって、重要なのは本業や生活に影響を与えないことです。よって、副業を行うために使うことができる時間がどの程度あるのかを事前に検討しておく必要があります。

本業の繁忙期について、期間がある程度予測できるものであれば、それを考慮した上で副業に割り当てる時間を決めましょう。なお、副業のクライアントにはあらかじめ「副業の立場であり、本業を優先して動くことになる」と伝えておくことで、本業が忙しい際にはそちらを優先する旨の了承を得やすくなる可能性があります。

生活や本業あっての副業です。無理なく、継続できる範囲での時間設定を行いましょう。

スキルシート・職務経歴書の作成

エンジニアの副業で重要なのは、自身が持つスキルの把握です。そのために効果的なのがスキルシートや職務経歴書の作成で、エンジニアとしてどのようなスキルを持っているのかを再確認し、的確に把握することが可能になります。

作成したスキルシートは案件探しにおいても重要な武器として利用できます。正確かつ具体的な記述を心がけましょう。それにより、ミスマッチを回避することも可能になります。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

案件を獲得する方法

副業を開始するための準備ができたら、最初に行うのは案件の獲得です。案件探しには思いの外時間がかかることがありますので、できる限り効率的に行うことをおすすめします。

案件探しにはいくつかの方法があり、それぞれのポイントを説明していきます。

エージェントの活用

エンジニアの副業探しに、まず検討したいのがエージェントの利用です。副業に最適な稼働日が週2日程度の案件や、リモートワークでの対応が可能といった案件もありますので、まずはアプローチしてみましょう。

必要に応じ、スキルシートを提示しましょう。エージェントの担当者が、適切な案件を探し出しやすくなります。

エージェントを利用して案件を探したいという方はこちらのページを参考にしてみてください。

クラウドソーシングの利用

クラウドソーシングサイトには、エンジニア向けの副業案件が数多く掲載されています。急いで案件を探している場合は、利用を検討しましょう。大手のクラウドソーシングであれば案件数は多く、エンジニア以外の仕事も豊富です。

注意点として、クラウドソーシングサイトの案件はエージェントに比較して単価が低くなることがあります。副業であっても一定以上の収入を得たい場合は、エージェントを利用することをおすすめします。

スキルマーケット、ビジネスSNSの活用

スキルマーケットサイトでも、副業を見つけることが可能です。スキルマーケットは数多くありますが、総合型と呼ばれるエンジニアとしての技術も出品できるサイトを利用がおすすめです。また、SNSも活用しましょう。中でもビジネスSNSと呼ばれるサイトでは、副業を見つけるチャンスも多くなります。

自身での営業、知人からの紹介

人脈が豊富なエンジニアの場合、自身で営業を行うという方法もあります。クラウドソーシングサイトやスキルマーケットの手数料はかなり大きいのですが、直接営業を行えばその心配はありません。

知人から副業の紹介を受けることができれば、そちらも活用するといいでしょう。自身のことをよく知る人からの紹介であれば、ミスマッチなどを少なくすることも可能です。

なお、これらの形で副業を得る場合、金額や稼働時間などの条件面を細部まで決めておくことをおすすめします。知人を介するとそういった話をしづらくなるものですが、契約書のような形で書面に残しておくことが大切です。

エンジニアが始めやすい副業とは

エンジニアが副業を探す場合、豊富な種類の案件があります。このことは、案件探しに時間がかかることを意味しますので、探す分野は絞ったほうがいでしょう。エンジニア経験者が最初の副業としてチョイスするのに適した分野のうち、代表的なものを以下に示します。

  • WEBサービス制作
  • プログラミング講師
  • テクニカルライティング

Webサービス制作は経験が比較的浅いエンジニアでも、副業として始めやすいものです。画面側を作成するフロントエンドエンジニアと、インフラ周りを担当するバックエンドエンジニアとしての仕事があり、両立できると高い報酬を得やすくなります。

プログラミング講師も、注目すべき分野のひとつです。エンジニア人材の不足が指摘されており、育成の重要性も高まっています。慣れているはずのプログラミングであっても、それを人に教えるにはより深い理解が必要になりますから、スキルアップにも適した副業とも言えます。

テクニカルライティングも、エンジニアとしての経験を活かせる副業です。経験に基づいて専門的な記事を作成します。報酬はさほど高くありませんが、経験や知識を文字にすることは、エンジニアには欠かせない伝達能力を強化することになりますので、本業に活かしやすい副業です

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

副業を行う際の注意点

副業を行うことで、本業だけを行ってきた時とは、仕事面はもちろん、生活面でもいろいろな変化が起きます。比較的イメージしやすいものはいいのですが、イメージが難しいこともあります。あらかじめ心得ておきたいポイントを示します。

時間管理

大切なのは、本業に悪影響を及ぼさないことです。土日などの休日や、平日夜に仕事をすることで確実に疲労度は増します。スケジュールによっては、睡眠時間を削らざるを得なくなることもあります。本業の評価を下げることはもちろん、健康を害することがあってはなりません。

あくまで、本業あっての副業です。副業を始める前段階で、副業に割り当て可能な時間を検討するのは、持続的に副業を行うために、大きな意味を持ちます。

プライベートタイムへの配慮も忘れないで下さい。特に同居家族がいるエンジニアの場合は、作業部屋を確保できたとしても、家族が物音に注意を払うことが必要になるかも知れません。休日等に自宅で仕事をすることが、家族に負担を強いる可能性も考えましょう。

副業を行うと、必然的に家族との時間も減少することになります。やろうとしている副業のスタイルが、自身のライフプランに沿ったものかどうかという点も考慮しましょう。

確定申告

見落としがちなポイントですが、副業での所得が年間20万円を超えた場合は、確定申告が必要になります。確定申告を怠ってしまった場合、無申告加算税や延滞税といった重いペナルティが課されることがありますので、確実に行うようにして下さい。

確定申告の手続きは、経験がないと戸惑うことも多くなります。日頃から会計ソフトを利用して副業収入と経費を管理しましょう。エージェントを利用している場合は、確定申告のサポートを受けることができる場合もあります。

心がけ

副業を行う場合に、心がけておくべきポイントがいくつかあります。

  • 案件を選ぶなら固定報酬制を優先する
  • 低単価案件への手出しは控える
  • スキルアップ意識を忘れない

副業は、限られた時間の中での対応が必要です。時給案件の場合、期待したほどの収入にならないこともあります。固定報酬制の案件を、効率よくこなしていきましょう。

低単価の案件は、収入アップにも寄与しにくくなります。プライベートの時間を犠牲にした対価が低ければ、モチベーションが続きません。副業が見つからないと言っても、低単価の案件は可能な限り回避しましょう。

副業は、本業では難しいチャレンジの場でもあります。スキルアップの意識を持ちましょう。高単価の副業案件を受注するためには、高度な専門性が欠かせませんから、収入アップを目指すという面からも、スキルアップの意識を持つことをおすすめします。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

未経験でも副業エンジニアになれる?

未経験の状態から、副業エンジニアになることはできるのでしょうか?これに対する答えは、副業エンジニアを目指す人の経験により変わります。

  • エンジニア経験あり、副業経験なしの場合は十分可能
  • エンジニア経験なしの場合は困難

副業エンジニアは即戦力が求められる傾向が強く、エンジニア経験のない人がチャレンジしても、案件を得ることができる可能性は高くありません。いっぽうで、エンジニア経験はあるものの副業経験がない人には、案件受注のチャンスがあります。

エンジニア未経験者から副業エンジニアになるには

エンジニア未経験者は、実績作りから始める必要があります。実績作りの王道は、企業でエンジニアとしての経験を積むことです。完全に未経験の場合は、まずスクールでプログラミングを学んでから、企業での経験を積むことをおすすめします。

さまざまな事情により、スクールに通えない、企業での経験も積めないという場合は、まずクラウドソーシングサイトを利用しましょう。クラウドソーシングでの募集案件は、未経験でも可というものもありますので、その中でも難易度の低いものをこなして行きます。

こういった案件をある程度の数こなすことで、実績ができます。次の段階として、実績をもとに営業をかけて行くのですが、営業の場はSNSなどのネット上が主体となります。SNSでの案件募集は一定程度存在するため、クラウドソーシングを利用した実績作りの段階からチェックしておき、興味を持った書き込みには返信しておくことで、クライアントが認知してくれることもあります。

さらなる実績を積み重ねることで、案件紹介を受ける人あるいは企業が現れるようになれば、もう立派な副業エンジニアと言えます。ただし、このクラウドソーシングから始める方法は、大変な手間と時間が必要になる可能性が高いということは、認識しておいて下さい。

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

まとめ

情報社会の発達に伴うエンジニアの不足傾向は、今後も続くことが予想されます。働き方改革による副業推進の流れからも、副業エンジニアの需要が高まる可能性は大きいと言えます。

エンジニアにとっても、フルリモートでの対応が可能な案件が多い副業を行うことにより、大きなメリットを得ることが可能です。副業に伴って注意すべき点はもちろんありますが、それらをクリアし、本業にも好影響をもたらすようチャレンジして行きたいものです。

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

その他のコンテンツ

エンジニアとして副業を始めることは可能?案件の獲得方法は?