NEW これで名刺づくりに悩まない!名刺づくりに役立つポイント5選♪

2ヶ月前

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

※新型コロナウイルスの影響で、施設の営業日や営業時間の変更、イベントの中止・延期になっている場合がございます。お出かけ前に最新の公式情報を、必ずご確認下さい。
またお出かけの際は、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

名刺はビジネスに欠かせないツールの一つ。フリーランスの場合、自分で名刺を用意する必要があります。自分で用意するのは大変ですが、デザインやレイアウトなどを自由に選択できるというメリットもあります。
この記事では、押さえておくと便利な「名刺作りに役立つポイント」を掲載するブログ記事を紹介します。「何から準備すればいいか分からない」という方はもちろん、「個性的な名刺を作りたい!」という方にも役立つ情報が掲載されているので、よかったら参考にしてみてください。

※尚、こちらはPR記事ではございません。編集部が独自にテーマを選び、サイト担当者に許可を頂いて作成している記事です。また、記載中の内容は、執筆時の情報になります。

アプリで簡単!手書きのイラストを使った名刺を作成する方法(whoo株式会社)

「イラスト入りの名刺を作りたい」と思ったときにぜひチェックしてほしいのがこちら、《アプリで簡単!手書きのイラストを使った名刺を作成する方法》という記事です。
デザイン名刺作成サービス"whoo(フー)"が発信する『whooブログ』に掲載されています。

こちらの記事では、同社の若手メンバーが描いたハンバーガーのイラストを使って名刺を作るまでの流れを分かりやすく解説。イラストを画像データに変換する際のおすすめのスキャン方法が2通り紹介されているので、ぜひ試してみてくださいね。

standboard

"whoo(フー)"には、世界中のデザイナーが作成したデザインテンプレートが豊富に用意されています。もちろん自分の作品をデータ入稿で使用することも可能。好きなデザインテンプレートを使って作成できるのは、名刺をはじめシールや封筒、ポストカードなどたくさんあります。
また、名刺に使う紙の素材は厚みのある高品質仕様なのもうれしいポイントです。さらに、自社専用の工場で仕上げまで行っていることで、低コストのサービス提供を実現。ワンストップサービスのスピード対応で、すぐに理想の名刺を手にすることができますよ。

color

フリーランスで活躍する人は特に名前と顔を覚えてもらうことが何もよりも大事。なので、名刺を見たらすぐに顔が浮かんでくるようなオリジナリティのある名刺を作っておくとビジネスチャンスに結びつく可能性が高くなるかもしれません。
ぜひこの機会に、自作のイラストを使った世界に一つだけのオリジナルの名刺を作ってみませんか?

5size

■アプリで簡単!手書きのイラストを使った名刺を作成する方法 記事詳細
https://whoowhoo.com/blog/Illustrationscan/

印刷したら色が違う?~同じ色は作れない?~(株式会社エンター)

フリーランスで活躍するデザイナーなど、「色」にこだわって名刺を作りたいと考える人も多いでしょう。しかし、印刷を依頼したら思った通りの色にならなかったという経験をした方もいらっしゃるのでは?そこで今回は、『名刺良品』のブログ記事《印刷したら色が違う?~同じ色は作れない?~》をご紹介します。

TOPページ

名刺良品は、株式会社エンターが運営する「安い! ・早い!・ 簡単!」の三拍子揃った名刺印刷サービスで、多くのお客さまに利用されています。こちらの記事は、その名刺良品に掲載されており、印刷の色味について詳しく解説。印刷を手掛ける企業だからこそ知っている専門的な情報を得ることができます。

今回、特に取り上げたいのは、印刷会社によって名刺の色味は異なってしまうという問題について。記事によると、印刷の色は同じデータを使っても印刷会社や印刷環境によって変わってしまう性質があるそうです。こちらの記事では、その原因について分かりやすく解説。また別の記事では、納得のいく色味にするための「色校正」「特色印刷」などの対策についても触れられています。名刺を作ってから後悔しないためにも、このような問題を事前に知っておくと希望どおりの名刺を作れるかもしれませんね。
さらに名刺良品のブログには、「名刺作成のお役立ち情報」を多数掲載。満足できる名刺を作りたいフリーランスの方は、ぜひ目を通しておくと良いでしょう。

■印刷したら色が違う?~同じ色は作れない?~ 記事詳細
https://www.meishiryohin.com/blog/cat9/post-211.php

名刺に住所は不要?住所を載せないデメリットと回避方法4選(丸吉日新堂印刷株式会社)

フリーランスとして名刺を作る場合、「自宅の住所しかないけれど、住所って必ず載せないといけないの?」と悩むことはありませんか?
「住所を載せないなら、そもそも名刺を作る意味ってあるの?」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決してくれるのが、丸吉日新堂印刷会社のブログにある《名刺に住所は不要?住所を載せないデメリットと回避方法4選》という記事です。
記事には、「名刺は個人事業主・フリーランスにとって必須のアイテムである」としたうえで、「名刺に住所は必要ない?」「住所を載せないデメリット」「デメリットを回避する方法」が記載されています。
名刺に住所を載せないデメリットとは?そんなデメリットを回避する方法とは一体何でしょうか?
気になる方は、ぜひブログで答えを確認してみてくださいね。

名刺種類

丸吉日新堂印刷株式会社は、北海道札幌市豊平区にある印刷会社です。「人生は上質な人との出会いで変わる」を合言葉に、各種印刷物のデザイン・制作をはじめ、Webサイト制作や写真・動画の撮影、編集なども手掛けています。
主力事業である「エコ名刺」は、これまで捨てられていた素材を再利用し、名刺にしていることが特徴です。再利用素材はペットボトルをはじめ、オホーツクホタテ、竹・桜などの間伐材、デニム・帆布といった糸くずなどバリエーション豊か。どの素材を使おうか迷ってしまいますよ。

エコ名刺

なかでも「バナナペーパー」は、これまで廃棄されていたザンビアのオーガニックバナナの茎に古紙などを加え、日本の和紙技術を利用して作られています。世界の森林・野生動物の保護につながるほか、貧困国の雇用創出にも貢献していることから、WFTO(世界フェアトレード機関認証)より「日本初のフェアトレード認証紙」として認証を受けています。

名刺

「ちょっとユニークな名刺で他の人と差をつけたい」「環境に配慮してエコな名刺を作りたい」という方、ぜひ丸吉日新堂印刷会社のエコ名刺専門サイト『ecobe(エコビー)』もチェックしてみてはいかがでしょうか?

■名刺に住所は不要?住所を載せないデメリットと回避方法4選 記事詳細
https://www.nissindou.co.jp/post/?p=1742

フリーランス名刺をようやく作成(ものづくりレシピ)

ブログ記事ページ

今回ご紹介するのは、フリーランス歴2年のときに個人名刺を作成した伊吹さんの《フリーランス名刺をようやく作成》という記事です。名刺作成に関するこちらの記事は『ものづくりレシピ』というブログに掲載されています。

伊吹さんは、小学校時代から熱中してきた電子工作の道をまっすぐに歩み続け、現在は電子系エンジニアとして活躍。そんな日々のなかで得た知識やものづくりのノウハウなどをブログに書き留めているそうです。

今回の記事では、フリーランスとして活躍する際に「まだ名刺を作っていなくて…」という一言を相手に伝えるのはカッコ悪いのでは?と思い立って作成したときのことが綴られています。

内容は、伊吹さんが実際に名刺に記載した名前や肩書き、連絡先、キャッチコピー、保有技術・資格など、注意点やポイントの紹介。さらに、illustratorで自作したデザインに込めた思い、利用した印刷サービスについても書かれてあります。画像付きで分かりやすく説明されているので、名刺作成を検討しているフリーランスの方はぜひ目を通しておきたい記事の一つです。

『ものづくりレシピ』では、電子工作に役立つ情報やフリーランスへの取り組みに関することが掲載されているほか、趣味や副業、鉄道ネタなども紹介されています。
また、カテゴリー別に、災害に備えて太陽光発電の設計から加工・組み立てまですべて構築した話や、自作の薪ストーブを自室に設置するまでの話、鉄道の旅を歴史を交えて綴った記事などもあり、伊吹さんの多趣味な一面にも触れることができますよ。
フリーランスエンジニアの日常をちょっと覗いてみませんか?

■フリーランス名刺をようやく作成 記事詳細
https://monorepi.jp/archives/1824

名刺は用紙で差別化することもできる!種類や選び方のポイントをご紹介!(株式会社第一製版印刷)

名刺は、名前や連絡先などを相手に伝える役割を果たす他、企業の事業内容や商品、コンセプトなどを印象づけるツールとして利用されます。
業界や職種などによっても異なりますが、名刺といえば「91×55mm」の白い用紙に印刷されているものが一般的。印刷される用紙にはさまざまな種類があり、デザインや内容だけでなく、その質感や触り心地で渡す相手にさまざまな印象を与えることができます。

名刺選択イメージ

こちらの『名刺名人』のブログ記事《名刺は用紙で差別化することもできる!種類や選び方のポイントをご紹介!》では、名刺で使用される用紙の種類や選び方について丁寧に解説。名刺名人は、第一製版印刷社が運営する名刺専門サービスで、デザイン名刺からプロ仕様の名刺まで幅広いデザインに対応した名刺を作ることができます。
記事によると、名刺に使用される用紙には多くの種類があり、その特徴も一つひとつ異なるそうです。例えば「コート紙」であれば、インクのしみ込みが浅く、発色が鮮やかなため、写真やイラストの印刷に向いているとのこと。また、つや消しが施された「マット紙」は、文字が読みやすいという特徴があり、ビジネス用名刺のスタンダードになっているそうです。

記事では、種類だけでなく用紙の厚さや色味についても言及。薄い用紙はスタイリッシュな印象を与え、一方厚めの用紙は高級感や重厚な印象を与えるなど、厚さによってもさまざまな印象を与えることができるそう。さらに同じ白の用紙でも、微妙な色味で印象が変わることも記事には書かれています。
名刺からは無意識に多くの印象を受け取っており、用紙もそれに大きく関わってきます。特に自ら仕事を獲得するフリーランスにとって、相手に与える印象はとても重要です。デザインや内容だけでなく、用紙にも拘ってみるとより良い名刺が作れるかもしれません。

■名刺は用紙で差別化することもできる!種類や選び方のポイントをご紹介! 記事詳細
https://meishimeijin.com/blog/choose_paper

フリーランス案件が毎日更新!👇

今すぐ会員登録する

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

あなたにピッタリ
フリーランス案件が見つかる

  • 110万件以上のフリーランス案件から一括検索

    10万件以上のフリーランス案件から一括検索

  • 2あなたの経験やスキルに適した案件をメールでお知らせ

    マイページに入力して頂いた経験や希望条件に合わせて、ご希望にマッチした案件をメールでお送りするので効率的な案件探しが可能です。

    あなたのプロフィールからおすすめの求人・案件

今すぐ無料登録

フリーランスの案件を検索する

都道府県を選択
  • 関東

  • 北海道・東北

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 中国

  • 四国

  • 九州・沖縄

その他のコンテンツ

これで名刺づくりに悩まない!名刺づくりに役立つポイント5選♪